FC2ブログ
ホーム   »  未分類  »  20200629(月曜日)ブログ予算会計を学ぶ 第2072回 「月曜日テーマ:予算会計クイズ_Q64」
このブログ『予算会計を学ぶ』では、日々配信している無料の【予算会計メールマガジン】の内容を一部公開していきます。
内容をご覧いただき、是非メルマガ登録お願いします。

無料の予算会計メールマガジンの登録はコチラ




20200629(月曜日)ブログ予算会計を学ぶ 第2072回 「月曜日テーマ:予算会計クイズ_Q64」

━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━
本日のINDEX
━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━

1.「月曜日テーマ:予算会計クイズ_Q64」

<曜日別配信内容>

月曜日:予算会計クイズ 
火曜日:『企業予算編成マニュアル』解説
水曜日:業績予想の修正理由一覧
木曜日:予算実務知識Q&A
金曜日:予算実務のポイント

ほっと川柳

「 大学生
ZOOM交流
夢発進 」

仕事の合間を縫って
6月27日土曜日の19時から
経営者と大学生とのZOOM交流会に
参加した。

3名の経営者と20数名の地方大学生
との意見交換の場になっていた。

・・・編集後記・・・

――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.「月曜日テーマ:予算会計クイズ」
――――――――――――――――――――――――――――――――――

予算会計力クイズ64(予算売上高の計算その46)

Q64下記資料より次期売上高を計算しなさい。
<単位:百万円>(端数四捨五入)
標準コンサル事業:標準化による予定工数期間の短縮化
予定作業工数期間:第1本目=(1)3カ月、第2本目
:(2)2カ月、第3本目以降=(3)1カ月、
(4)次期中間末に新チーム増設、教育期間=(5)3カ月
期首受注=(5)1件、新規受注=(6)16件、
受注単価=(7)10百万円

120 150 170 180


【解説】

次年度にコンサルチームが消化できる契約本数
=第1本目:1+第2本目:1+{12-(1)3-(2)2}
=9本・・・(8)
新コンサルチームが消化できる契約本数
=12-6(上期)-(5)3=3本・・・(9)
次年度消化契約可能本数合計
=9本+3本=12本・・・(10)
次期消化対象の受注件数合計
=(5)1件+(6)16=17件・・・(11)
(10)12本<(11)17本
次期売上高
=(7)10百万円×(10)12本=120百万円





――――――――――――――――――――――――――――――――――
編集後記
――――――――――――――――――――――――――――――――――

ほっと川柳

「 大学生
ZOOM交流
夢発進 」

仕事の合間を縫って
6月27日土曜日の19時から
経営者と大学生とのZOOM交流会に
参加した。

3名の経営者と20数名の地方大学生
との意見交換の場になっていた。

大学生はみんなイキイキしており、
真面目に就活を考えている。

大学1・2年生も参加していた。

「若いっていいな〜」と素直に
感じた。

自分の大学生の時代を思い出すと
恥ずかしくなる。

雀荘通いやドライブや、とにかく
遊びに遊んでいた。

勉強はゼロで、社会に出て何を
するかの目標は全くなかった。

とにかく、海外に出たいという
ことだけで鉄鋼商社に入った。

結局、運命のいたずらか
一人だけ経理の辞令をもらい、
今日に至っている。

大学生との意見交換で
とても反響があった点があった。

ある大学生から
こんな質問を受けた。

大学生
「もし、児玉社長が大学生だったら
どんな就活を行いますか?」

児玉

「もし、私が大学生に戻れるとしたら、
大学1年生で仲間と会社を起業する
と思います。

自分で会社を起こすと
資金繰りや営業や新規開発や多く
のことを失敗しながら、ホンモノを
感じ、自分自身の器量を広げて
行けると思うんです。

この生きたドラマをエントリー
シートに書いたら、読んだ
人事採用担当者は感銘を受け、
『会ってみたい』とても思うと
思うんです。」

大学生から多くの質問を受けた。

一人一人の輝く瞳に
たくさんの夢が輝いているように感じた。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


■□━【目 次】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
                               □
株式会社スリー・シー・コンサルティング主催
「【基礎編】PL予算実務WEBセミナー」(7月15日水曜日)
「【応用編】CF予算実務WEBセミナー」(7月22日水曜日)
開催のお知らせ
                                 □
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

株式会社スリー・シー・コンサルティングより「【基礎編】PL予算実務WEB
セミナー」及び「【応用編】CF予算実務WEBセミナー」の開催をご案内いた
します。

経営の本質は「お金」と「人」です。実績財務諸表のテーマは「お金の流
れを明確にするか」にありますが、予算財務諸表のテーマは「目標に向か
っていかに人を動かすか」にあります。

投資家の関心は「持続的成長するか否か」にあります。
その情報が「中期経営計画」です。
いくら利益が出ていても営業キャッシュ・フローがマイナスであれば、成
長分野へ継続的な投資が出来ず、中期経営目標が未達に終わります。
中期経営計画の合理性はキャッシュ・フロー計画によって担保されます。

また、コロナ感染拡大が多くの企業の資金繰り悪化を招いております。
すべての企業の経営者の最優先の経営課題は「着地予想キャッシュ・フロ
ー管理(決算予想)」になっています。

さらに、この点は「減損すべきか否か」の監査論点の回答にもなります。

本セミナーは、上記の課題への対応として用意しました。
ZOOMにて開催いたしますので、ぜひともご参加ください。



■開催日時:【基礎編】PL予算実務WEBセミナー
      2020年7月15日(水)15:00~17:00
           
【応用編】CF予算実務WEBセミナー
2020年7月22日(水)15:00~17:00

■定  員:各開催回とも50名

■対  象:IPO及び上場会社並びに非上場会社の経営企画担当者

■セミナー概要:
【基礎編】PL予算実務WEBセミナー
・中期経営計画、予算作成、予実管理及び着地予想の流れ
・制度会計と管理会計(予算会計)の違い
・業種別の売上高・売上原価のKPI による計画式の考察
・何故、予算の精度が向上しないのか?
・組織変更の考察
・財管不一致の場合の予実管理対応
・予算改善対応策のポイント 

【応用編】CF予算実務WEBセミナー

・予算会計学(予算仕訳→予算元帳→予算財務諸表)とは
・当期着地予想BS作成
・予算PL・BS・CF・資金計画の作成
・着地予想PL・BS・CF・資金計画の作成
・部門別管理可能CFの作成

■講  師:株式会社スリー・シー・コンサルティング
(TAKARA&COMPANY(旧:宝印刷)グループ)
  代表取締役 児玉 厚(公認会計士)

■申込方法:下記URLより、各開催回ごとに「申し込み」にアクセスし、
必要事項をご入力の上WEBにてお申し込みください。
セミナー当日、開始10分前にスリー・シー・コンサルティ
ングからセミナー受講招待メールが届きます。
メール内リンク先よりZOOM WEBセミナー受講画面にお進みください。
ZOOM参加時に、ご参加者様確認の為、氏名・メールアドレス・
会社名を入力していただきます。
ご参加者様でアンケートにご協力をいただいた方には、セミナー
の録画データ及びテキストデータを送らせていただきます。

▼詳細・お申し込みはこちらへ
https://www.3cc.co.jp/seminar/top.php

【お問い合わせ】
 株式会社スリー・シー・コンサルティング(営業部 セミナー担当)
 Mail:seminar@3cc.co.jp

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

フェイスブックグループ
予算会計を学ぶを開設しました。
https://m.facebook.com/groups/1153036438382041?ref=bookmarks

【概要】
上場会社のメーカーの予算システム化の経験を参考に、
予算作成、予実管理、着地予想、月次CF予算・着地予想化について
解説・意見交換。
前提:財管不一致・二次フェーズでCF予算

第1回.お客様の要望
第2回.ゴールの形を決める
第3回.組織階層マスタ定義(その1)「集計組織」と「入力組織」
第4回. 組織階層マスタ定義(その2)予算組織の区分定義
第5回.コストセンターのプロフィットセンター化(その1)製造部門
第6回.コストセンターのプロフィットセンター化(その2)管理部門
   【論点】 社内サービス収益の決め方
   【考察】 残業削減との関係
第7回.組織変更の考察(その1)_下期期首より部門新設の場合 
第8回.組織変更の考察(その2)_下期期首より部門廃止の場合 


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


===【 PR 】===================================

改訂増補「予算会計」(清文社)<共著>

-連結キャッシュ・フロー予算 の構築-
〈特徴〉
予算PL・BS・CF・資金計画の月次・部門別・予実管理・着地予想・
連結までのプロセス解説(数値連動)

はじめに
https://www.3cc.co.jp/user/files/2015.12kaiteizouho.yosankaikei.hajimeni.pdf

アマゾン
https://amzn.to/2dbzlQL

マイナスの評価コメントも読んでみて下さい。

============================================


スポンサーサイト



プロフィール

公認会計士・税理士 児玉厚

Author:公認会計士・税理士 児玉厚
-----------------------------------

はじめまして、児玉厚と申します。

私は、「予算会計」という新たな学問分野があっても良いのではないかと思っています。みなさんと一緒に、良い意味での「キャッチボール」をしながら、「予算会計」という分野を創っていければと思っています。


【自己紹介】
児 玉 厚(公認会計士・税理士)

<略歴> 

商社財務部の経理マン、
    監査法人の会計監査人、
         そして企業経営者に



昭和57年埼玉大学経済学部卒業。

神鋼商事㈱財務部、東陽監査法人を経て、
ゼロから起業を決意し、現在は、(株)スリー
・シー・コンサルティング
 代表取締役。


「決算報告エクスプレス・宝決算Ⅹプレス
(開示決算自動化システム)」<特許取得>

どれかひとつの立場に偏らず、全てを歩んできたからこそ見出すことができた「本質」を、みなさんにお伝えし、共有し、新しい時代における経理部の形、会計の世界を創造したいと真剣に考えています。


<主要著書>
『会社法決算書完全作成ガイド』
『開示決算ガイドブック』
『企業予算編成マニュアル』(清文社)
『有価証券報告書完全作成ガイド』(清文社)
『予算会計』(清文社)
 NEW!『<改定増補>予算会計』(清文社)

お知らせ
▼連載のお知らせ(11/2~)
税務研究会の「経営財務」にて3週連載します
 『キャッシュ・フロー予算制度構築』
第1回 損益予算からキャッシュ・フロー予算へ
第2回 キャッシュ・フロー予算の理解
第3回 キャッシュ・フロー予算制度構築の実務的ポイント
▼新刊発売のお知らせ
『<改定増補>予算会計』
キャッシュフロー予算作成プロセスの全体像が理解できる!
企業における目標管理の構築、実績の適正性を担保するために重要な財務諸表の作成手順を具体的に解説
新たに「応用編」を追加し、消費税率アップ等を織り込んだ最新版
 
book

カレンダー(月別)
06 ≪│2020/07│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
【カテゴリーツリー】
登録フォーム
20141127110808807.jpg


氏名
姓: 名:
E-Mail ※



ご登録いただきました個人情報につきまして

※「予算会計メールマガジン」は、いつでも配信解除できるようにしております。
 その都度お届けするメールマガジンの文末に、常に配信解除URLを設置しております。

※ご登録いただきました情報は、予算会計メールマガジンの配信以外では一切利用いたしません。
 よって、予算会計メールマガジン以外の不必要な情報が届くことは一切ございません。
リンク
ogo_mini.gif


kaijikaikeiblog.jpg


zaimu.gif


seibunsha.jpg


メール
kaijikaikeiblog.jpg
著書に関するご質問もお受けしています。
メールでお気軽にお問い合わせください。