FC2ブログ
ホーム   »  未分類  »  ブログ 予算会計を学ぶ 第1656回 「水曜日テーマ:業績予想修正一覧286」
このブログ『予算会計を学ぶ』では、日々配信している無料の【予算会計メールマガジン】の内容を一部公開していきます。
内容をご覧いただき、是非メルマガ登録お願いします。

無料の予算会計メールマガジンの登録はコチラ




ブログ 予算会計を学ぶ 第1656回 「水曜日テーマ:業績予想修正一覧286」


━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━
本日のINDEX
━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━

1.「水曜日テーマ:業績予想修正一覧NO.286」

<曜日別配信内容>
月曜日:予算会計クイズ 
火曜日:『企業予算編成マニュアル』解説
水曜日:業績予想の修正理由一覧
木曜日:予算実務知識Q&A
金曜日:予算実務のポイント

2.編集後記  


<ほっと川柳>

「 麻雀が
   五輪種目化?
    うそでしょ!
 」


高校2年生から雀荘生活が始まった。

おかげで大学は二浪となり、人生を遠回り
した感はある。

高校生の頃、毎日麻雀をしながら、
「これって人生の縮図なのではないか?」という
直感は、今思うと当たっている。

経営もまさに勝負事であり、麻雀から学んだことが
多い。

でも、麻雀は裏の世界であり、表舞台に出てくるものでは
ないと思っていたが、どうもそうではないようだ。

インターネットでこんな記事を目にした。


・・・編集後記


――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.「水曜日テーマ:業績予想修正一覧NO.286」
――――――――――――――――――――――――――――――――――

「業績予想修正理由一覧NO.286」(累計2,860社)


1 機械 (2月決算)[常務取締役執行役員管理部長]

<第2Q期予想修正>

・金型ではオリンピック需要を要因としたビル建材などが想定よりも好調なこと(+)
・機械装置等ではプレス設備販売が下期に予定していた案件を上期に計上する見込み
であること(+)
・その他の事業環境を勘案すること(+)

上記より、売上高及び各利益上方修正。

<通期業績予想修正>

放電加工・表面処理の航空機エンジン部品の圧縮機・燃焼器関連部品材料の入荷遅れ
など不確定要素があるため、通期連結業績予想は、前回発表の業績予想数値を据え
置いております。

2 サービス業<東一>(11月決算)[取締役管理本部担当]

<第2Q期予想修正>

売上高につきましては、概ね前回予想の通りとなりましたが、
・好調が続く人材派遣サービス(人材ソリューション事業)及び障がい者雇用支援
サービス(ビジネスソリューション事業)においては、5月度の売上が想定をさらに
上回る結果となること(+)
・販売費及び一般管理費において費用の 抑制が一部進んだこと(+)

上記より、売上高及び各利益上方修正。

<通期業績予想修正>

当社グループの当期の業績は、人材派遣サービス及び障がい者雇用支援サービスが
牽引した結果、期初 計画を上回り推移しております。また、今後につきましても、
これら主力サービスを中心に好調を維持する見込みですが、現時点では業績予想
の修正を要しない水準で進捗していることから、通期の連結業績予想は据え置いて
おります。


3 情報通信業<東一>(12月決算)[経営財務企画担当専門役員 兼 CFO]

<通期業績予想修正>

・平成30年8月からの12月までの5か月間の買収した連結子会社の業績を当社の平成
30年12月期の業績に取り込むこと(+)

上記より、連結売上高及び連結EBITDAは上方修正。

・当該買収に伴い生じるのれん及び無形固定資産の償却費などを販売費及び
一般管理費として計上すること(-)
・本M&Aに係る専門家に対するアドバイザリー手数料などを特別損失
として計上することを見込んでいること(-)

上記より、連結営業利益及び連結経常利益下方修正。

[コメント]

なお、買収した連結子会社の平成30年12月期業績予想は、現時点において入手可能な
情報及び合理的であると判断する一定の前提に基づいて当社が作成したものですが、
本件買収が完了する前の段階における精緻な予想が困難なため、レンジによる予想
としています。それに伴い、修正後の業績予想数値はレンジによる開示と致しました。

EBITDAも開示している。
EBITDA=営業利益+減価償却費+のれん償却額


4 小売業 <東一>(2月決算)[取締役管理本部長兼 総務部長]

<第2Q期予想修正>

・競合各社との価格競争・業態を超えた競争の激化などの厳しい状況にあり、
競争力強化のための販促活動に伴う値下げ販売の増加が見込まれること(-)
・加えて販売経費の増加も見込まれること(-)

 上記より、売上高及び各利益下方修正。

<通期業績予想修正>

・第2四半期連結累計期間に引き続き、販促活動による売上高や売上総利益の低下、
販売費及び一般管理費の増加が見込まれること(-)

上記より、売上高及び各利益下方修正。


5 サービス業<東一>(5月決算)[取締役管理本部長]

<通期業績予想修正>

・小売業界の大口取引先との取引が成長していること(+)
・病院等への省エネ事業提案も安定化したこと(+)

上記より、売上高及び各利益上方修正。


6 卸売業 <東一>(11月決算)[IR部長]

<第2Q期予想修正>

・国内生乳生産量の減少傾向を背景とする輸入乳製品原料の堅調な需要が継続
したこと(+)
・前年度に国内脱脂粉乳不足のため政府による複数回に渡る追加輸入入札が実施され、
そこで落札した商品の販売が進捗したこと(+)
・昨年末から年初にかけての乳製品原料相場安と円高の進行に伴い、顧客が
原料手当てを前倒しする動きが強まったこと(+)

上記より、売上高上方修正。

・当第2四半期の為替相場が円高に進行したことに伴い、為替ヘッジ効果による
為替差損が営業外損失として先行して計上されたこと(-)
・旺盛なチーズ需要に対応するため、原価の高い手持ち在庫から販売を行ったこと
や比較的利益率の低い商品の販売が進んだこと(-)

上記より、経常利益及び親会社に帰属する四半期純利益は下方修正。


<通期業績予想修正>

・下期の売上高について、前述の政府による脱脂粉乳の追加輸入の結果、足元の
不足感はいったん解消され、需要は落ち着くことを予想していること(±)
・下期の経常利益は、チーズ事業における市況上昇に伴う利益率の改善や供給に
余力のでてきた利益率の高い乳脂肪原料の販売増加により、改善を見込んで
いること(+)

以上のことから、通期予想については平成30 年1 月12 日公表の通期業績予想を
据え置いております。

[コメント]

営業利益については記載がない、

7 サービス業 <東一>(11月決算)[取締役執行役員財務企画部長]

<第2Q期予想修正>

・前期からの繰越受注業務の完成促進に加え、積極的な技術提案を行ったこと(+)
・全社員でコスト削減に努めた結果、主に「販売費及び一般管理費」が低減した
こと(+)
・一部営業外収益の計上(+)

上記より、売上高及び各利益上方修正。


8 紙・パルプ (5月決算)[取締役管理統括部長](非連結)

<通期業績予想修正>

・板紙事業において原料古紙価格と燃料価格の高騰に対処するために打ち出した
価格改定が浸透して、概ね予想どおりの方向に推移したこと(±)
・当期におきまして原料古紙価格が前期比で11.1%、燃料価格が14.6%上昇したのに
対しまして、板紙製品価格の上昇率は9.3%に留まっていること(-)

上記より、売上高及び各利益下方修正。


9 機械 <東マ>(8月決算)[専務取締役]

<通期業績予想修正>

・装置関連事業における一部の案件で、顧客の設備投資計画が前倒しで進行した
ことから、来期に予定していた太陽電池製造装置の売上が当期に計上される
見込みとなったこと(+)
・部品の販売も予定より好調となったため、前回発表した予想から495 百万円増加し、
6,456 百万円となる見込みであること(+)
・装置関連事業における作業効率および稼働率の向上による原価低減および営業努力(+)
・環境関連事業による利益貢献(+)

上記より、売上高及び各利益上方修正。


10 電気機器 <東一>(2月決算)[取締役経営企画部長]

<第2Q期予想修正>

・舶用事業、産業用事業ともに事業環境は概ね想定の範囲内で推移しており、今後も
同様に推移するものと予想していること(±)
・第1四半期連結累計期間において、生産性の向上等による売上総利益率の改善が
当初の想定以上に進んだこと(+)
・為替レートが米ドル、ユーロともに、当初想定より円安水準で推移したこと等(+)

上記より、売上高及び各利益上方修正。

なお、業績予想の前提となる第2四半期以降の為替レートにつきましては、当初の
想定レート(米ドル105円、ユーロ130円)からの変更はありません。

<通期業績予想修正>

上記理由より、売上高及び各利益上方修正。


予算会計メルマガ読者は、業績予想修正理由一覧NO.1~NO.286までの2,860社一式
ダウンロードできます。


読取用EXCELファイル


~つづく~

以 上

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 「予算会計メルマガ」のご案内

CFOや経営企画や経理の方の愛読者が多数!

是非、お気軽にご登録下さい。

月:予算会計クイズ 
火:企業予算編成マニュアル
水:業績予想の修正理由
木:予算実務知識Q&A
金:予算実務のポイント

http://www.3cc.co.jp/yosan/top.php

時事ネタの予算川柳のファンも多い!

執筆者:代表取締役 (公認会計士) 児玉 厚
(主な書籍)・改訂増補「予算会計」・
「企業予算編成マニュアル」(清文社・共著)

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




―――――――――――――――――――――――――――――――――――

2.「編集後記」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

<ほっと川柳>

「 麻雀が
   五輪種目化?
    うそでしょ!
 」


高校2年生から雀荘生活が始まった。

おかげで大学は二浪となり、人生を遠回り
した感はある。

高校生の頃、毎日麻雀をしながら、
「これって人生の縮図なのではないか?」という
直感は、今思うと当たっている。

経営もまさに勝負事であり、麻雀から学んだことが
多い。

でも、麻雀は裏の世界であり、表舞台に出てくるものでは
ないと思っていたが、どうもそうではないようだ。

インターネットでこんな記事を目にした。


麻雀をプロスポーツ化「Mリーグ」。“ゼロギャンブル宣言”で五輪正式種目へ

https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1133113.html

中林暁

2018年7月17日

 サイバーエージェントの藤田晋社長を代表理事(チェアマン)とする、麻雀の
国内プロリーグ「Mリーグ」が発足。
2018年10月1日の開幕に向けて記者会見が行なわれた。
最高顧問に就任した川淵三郎氏や、藤田チェアマンのほか、ゲストとして
俳優の田中圭さん、本郷奏多さんも来場した。

Mリーグが10月に開幕。田中圭さんと本郷奏多さんがゲストで登場

 オンライン麻雀の普及や、対戦の視聴が可能なインターネット動画配信の登場、
eスポーツのプロ化などを背景に競技麻雀の普及と発展へ向けて、麻雀の
プロスポーツ化を目指して一般社団法人のMリーグ機構が設立。

サイバーエージェント傘下のAbemaTVで24時間配信している「麻雀チャンネル」は、
AbemaTVの根幹となる
人気チャンネルに成長したという。
なお、麻雀は2022年の北京冬季オリンピックに向け、国際麻雀連盟がIOCへ室内競技
の正式種目として申請している。

 10月のMリーグ開幕に向けて、発足時点で7チームが加盟。
コナミアミューズメントによる「KONAMI 麻雀格闘倶楽部」や、サイバーエージェントの
「渋谷ABEMAS」のほか、テレビ朝日、セガサミーホールディングス、電通、博報堂DY
メディアパートナーズ、U-NEXTが参加している。


 試合数は初年度1チームにつき80試合。

赤牌、裏ドラありで、自動配牌卓を使用。
リーグ戦で上位4チームが勝ち上がり、クライマックスシリーズ(プレイオフ)で優勝を
決定する。Mリーグは全試合AbemaTVで配信する。
初年度優勝の賞金は5,000万円。詳細なルールはMリーグのサイトで案内する。

 登録選手は各チーム3人。主要5団体いずれかに所属するプロ雀士から、
ドラフト会議を経て所属選手(Mリーガー)を決定する。
選手は試合でユニフォームを着用する。ドラフト日は8月7日で、その模様はAbemaTVで
生中継される。なお、参加選手の賭博行為は禁止されている。

【参加企業・チーム】
コナミアミューズメント「KONAMI 麻雀格闘倶楽部(ファイトクラブ)
サイバーエージェント「渋谷ABEMAS(アベマズ)」
セガサミーホールディングス「セガサミーフェニックス」
テレビ朝日「EX風林火山(イーエックスフウリンカザン)」
電通「TEAM RAIDEN/雷電」
博報堂DYメディアパートナーズ「赤坂ドリブンズ」
U-NEXT「U-NEXT Pirates」


「ゼロギャンブル」でオリンピック正式種目化へ

 藤田氏はリーグ発足の理由について、自身の麻雀との深い関わりに触れつつ説明。
大学生の頃にのめり込み過ぎて留年してしまった過去や、サイバーエージェントを
立ち上げた後も企業対抗戦などを経て、プロも参加する「麻雀最強戦」で優勝した
ことなどを振り返り、「ゲームとしての面白さもさることながら、仕事や人生における
多くの気付きを得た。極限の集中力、判断力、論理的思考、勝負勘、精神力など、
会社経営のスキルにも通じる。ビジネスに必要なことは全て麻雀から学んだと言っても
過言ではない。その育ててくれた麻雀に恩返ししたい」と述べた。

藤田晋チェアマン

 Mリーグが目指すのは「麻雀のプロスポーツ競技化」と「麻雀のパーセプション
(認知/イメージ)チェンジ」。

 現在プロ団体に所属するプロ雀士は国内で数千人とされるが、博打のイメージが
強いことやルールの複雑さなどで社会的地位の向上が進まないという課題があった。
一方で2017年4月に麻雀が、チェスや囲碁と同様に「国際マインドスポーツ」として
認定されたほか、高齢者などの認知機能低下予防や能力開発に役立つ可能性があると
いう研究も発表されている。

・・・略・・・


リトル/シニア世代の育成なども掲げる

 最高顧問には川淵三郎氏が就任し、これまでサッカーのJリーグや
バスケットボールのBリーグなどの設立で培った経験を活かす。
麻雀や法律などの専門家らで構成するMリーグ運営諮問委員会も設立する。

 川淵三郎氏は発足にあたり「麻雀を競技としてプロスポーツにするという
Mリーグ設立の考えに、長年の麻雀ファンとして強く共感している。
これまでのJリーグやBリーグの立ち上げ、リーグ運営を通して培った経験を
活かして、新たなプロスポーツとして麻雀を大きく盛り上げていきたい」と
コメントしている。

・・・略・・・ (以上)

麻雀がオリンピック種目になるかもというのは驚きだ。

社長業を卒業したら、作詞・作曲活動と日本を旅することを個人目標にしていたが、
「マインドスポーツとしての麻雀」も加えて置きたいと思う。

===【 PR 】===================================

【予算会計エクスプレス製品サイト】
https://yosankaikei.jp/?utm_source=yosankaikei

【月例セミナーのご案内】

予算実務演習 【基礎編】  

1中期経営計画の作成演習
2次年度予算の作成演習
3予実管理の作成演習
4着地予想の作成演習

電卓持参

・予算会計エクスプレスのデモ説明
 (日本初の予算を仕訳化するシステム【特許取得】)


是非、お気軽にご参加下さい。

セミナー内容・申込みはこちらか
      ↓
http://www.3cc.co.jp/seminar/top.php


============================================


===【 PR 】===================================

改訂増補「予算会計」(清文社)<共著>

-連結キャッシュ・フロー予算 の構築-
〈特徴〉
予算PL・BS・CF・資金計画の月次・部門別・予実管理・着地予想・
連結までのプロセス解説(数値連動)

はじめに
https://www.3cc.co.jp/user/files/2015.12kaiteizouho.yosankaikei.hajimeni.pdf

アマゾン
https://amzn.to/2dbzlQL

マイナスの評価コメントも読んでみて下さい。

============================================


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



実践編「予算会計会員」サービスのトピックス

下記の資料がダウンロードできます。

・「改訂増補 予算会計」(清文社)の全体が鳥瞰できる「予算作成・管理フロー図」

・改訂増補「予算会計」の演習版(EXCEL)

 第1問「実績予想:売上高」(EXCEL)
 第2問「実績予想:売掛金」(EXCEL)

・改訂増補「予算会計」の理解のポイント解説資料:中期経営計画管理資料(EXCEL)

・改定増補「予算会計」対応のエクセル資料演習問題1、2に対応しております。

構成は下記の通りです。

NO.1実績予想:担当者別相手先別販売計画表(田辺雄一・W社)
NO.2実績予想:担当者別相手先別販売計画表(鈴木一也・Z社)
NO.3実績予想:全社販売計画書
NO.4実績予想:損益計算書
NO.5次期予算編成方針:1.当期実績の概況と課題
NO.6実績予想:商品仕入兼在庫計画書
NO.7実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(田辺雄一・W社)
NO.8実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(鈴木一也・Z社)
NO.9実績予想:全社売上代金回収計画書
NO.10実績予想:消費税等計画書
NO.11実績予想:月次資金計画書
NO.12実績予想:比較貸借対照表
NO.13実績予想:キャッシュ・フロー組替仕訳
NO.14実績予想:キャッシュ・フロー計算書

第3問「予算編成方針:目標利益の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第4問「予算編成方針:目標売上高の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第5問「予算作成:売上高関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第6問「予算作成:売掛金・月次売上代金回収収入」(問題編・解説編・EXCEL)
第7問「予算作成:CF(直接法)「営業収入」関係・
   CF(間接法)売上債権の増減額関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第8問「予算作成:月次予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第9問「予算作成:部門別予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第10問「予算作成:連結予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第11問「当期実績予想:仕入高・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第12問「当期実績予想:買掛金関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第13問「予算編成方針:売上原価・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)

実践型のEXCEL計算シートもダウンロードできます。

・取締役会提出用「月次予実報告書(月次発生ベース)」
・取締役会提出用「月次予実報告書(月次累計ベース)」
・取締役会提出用「月次予算報告書(業績予想報告含む)」
・取締役会提出用「月次着地予想報告書(業績予想修正報告含む)」

・設例と図表による企業予算編成マニュアル<清文社>の第1章~第3章
 (リニューアル)

システム化等、より実践的な取組みに関心のある会計人の方
こちらから登録できます
   ↓
https://www.3cc.co.jp/yosanmember/top.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
スポンサーサイト
プロフィール

公認会計士・税理士 児玉厚

Author:公認会計士・税理士 児玉厚
-----------------------------------

はじめまして、児玉厚と申します。

私は、「予算会計」という新たな学問分野があっても良いのではないかと思っています。みなさんと一緒に、良い意味での「キャッチボール」をしながら、「予算会計」という分野を創っていければと思っています。


【自己紹介】
児 玉 厚(公認会計士・税理士)

<略歴> 

商社財務部の経理マン、
    監査法人の会計監査人、
         そして企業経営者に



昭和57年埼玉大学経済学部卒業。

神鋼商事㈱財務部、東陽監査法人を経て、
ゼロから起業を決意し、現在は、(株)スリー
・シー・コンサルティング
 代表取締役。


「決算報告エクスプレス・宝決算Ⅹプレス
(開示決算自動化システム)」<特許取得>

どれかひとつの立場に偏らず、全てを歩んできたからこそ見出すことができた「本質」を、みなさんにお伝えし、共有し、新しい時代における経理部の形、会計の世界を創造したいと真剣に考えています。


<主要著書>
『会社法決算書完全作成ガイド』
『開示決算ガイドブック』
『企業予算編成マニュアル』(清文社)
『有価証券報告書完全作成ガイド』(清文社)
『予算会計』(清文社)
 NEW!『<改定増補>予算会計』(清文社)

お知らせ
▼連載のお知らせ(11/2~)
税務研究会の「経営財務」にて3週連載します
 『キャッシュ・フロー予算制度構築』
第1回 損益予算からキャッシュ・フロー予算へ
第2回 キャッシュ・フロー予算の理解
第3回 キャッシュ・フロー予算制度構築の実務的ポイント
▼新刊発売のお知らせ
『<改定増補>予算会計』
キャッシュフロー予算作成プロセスの全体像が理解できる!
企業における目標管理の構築、実績の適正性を担保するために重要な財務諸表の作成手順を具体的に解説
新たに「応用編」を追加し、消費税率アップ等を織り込んだ最新版
 
book

カレンダー(月別)
09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
【カテゴリーツリー】
登録フォーム
20141127110808807.jpg


氏名
姓: 名:
E-Mail ※



ご登録いただきました個人情報につきまして

※「予算会計メールマガジン」は、いつでも配信解除できるようにしております。
 その都度お届けするメールマガジンの文末に、常に配信解除URLを設置しております。

※ご登録いただきました情報は、予算会計メールマガジンの配信以外では一切利用いたしません。
 よって、予算会計メールマガジン以外の不必要な情報が届くことは一切ございません。
リンク
ogo_mini.gif


kaijikaikeiblog.jpg


zaimu.gif


seibunsha.jpg


メール
kaijikaikeiblog.jpg
著書に関するご質問もお受けしています。
メールでお気軽にお問い合わせください。