FC2ブログ
ホーム   »  未分類  »  ブログ 予算会計を学ぶ 第1653回 「金曜日テーマ:予算実務のポイント【予算会計物語第二編「予算会計」第3話(その8) 『次期予算作成』(その2):部門別月次予算書の作成
このブログ『予算会計を学ぶ』では、日々配信している無料の【予算会計メールマガジン】の内容を一部公開していきます。
内容をご覧いただき、是非メルマガ登録お願いします。

無料の予算会計メールマガジンの登録はコチラ




ブログ 予算会計を学ぶ 第1653回 「金曜日テーマ:予算実務のポイント【予算会計物語第二編「予算会計」第3話(その8) 『次期予算作成』(その2):部門別月次予算書の作成

━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━
本日のINDEX
━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━

1.「金曜日テーマ:予算実務のポイント」

<曜日別配信内容>

月曜日:予算会計クイズ 
火曜日:『企業予算編成マニュアル』解説
水曜日:業績予想の修正理由一覧
木曜日:予算実務知識Q&A
金曜日:予算実務のポイント


2.編集後記  


ほっと川柳

「 人格を
   育てる場こそ
    保育なり! 
 」


実家の近くにある保育園の監事になって7年目になる。

保育士の先生方のお話を聞くたびに
「保育士の先生方は本当によくやっているな?」と思う。

離職率の高い保育業界だが、
この保育園ではほとんど退職がない。

第三者機関によるアンケート結果でも「良い」と
「大変良い」を合せると約95%になり、第三者機関の
方がビックリするぐらいだ。

運動会では竹馬をやる。
竹馬の高さはみんな違う。
できる子は高く、苦手な子は低くなる。



・・・編集後記・・・

――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.「金曜日テーマ:予算実務のポイント」
――――――――――――――――――――――――――――――――――

予算実務のポイント

「予算会計物語」<2.予算会計編>
第3話(その8) 『次期予算作成』(その2):部門別月次予算書の作成


会計人は、「制度会計」を卒業して、「管理会計」に進んで行き、
「経営者の真の右腕」になってゆくべきと考えている。

でも、経営者は会計人に対して、こう言う。

「俺にわかるように一言で説明してくれ!」

会計に精通はしていない経営者に
簡潔明瞭に説明するためには、よほど
本質を理解していなければ説明できない。

そこで、半分エンジョイしながら読める様に
会話形式の「予算会計物語」を執筆して
ゆこうと考えております。


構成は下記3つから成っています。

1.実績会計編
  第1話 借方・貸方って何?
  第2話 財務諸表って何?
  第3話 何故、財務諸表を作成するのか?

  
2.予算会計編

  第1話 『何故、予算が必要なのか?』
  第2話(その1) 『目標予算はどの様に決めるか?』
           :中期経営計画とは
第2話(その2) 『目標予算はどの様に決めるか?』
   :ROEとは

  第2話(その3) 『目標予算はどの様に決めるか?』
           :目標ROEに基づく目標利益の計算
  第2話(その4) 『目標予算はどの様に決めるか?』
           :目標ROEに基づく中期経営目標の
            目標利益の計算

  第2話(その5) 『目標予算はどの様に決めるか?』
          :目標利益から事業計画への展開(その1)

  第2話(その6) 『目標予算はどの様に決めるか?』
           :目標利益から事業計画への展開(その2)

  第2話(その7) 『目標予算はどの様に決めるか?』
           :目標利益から事業計画への展開(その3)

 第2話(その8) 『目標予算はどの様に決めるか?』
           :目標利益から事業計画への展開(その4)
 
  第3話(その1) 『次期予算作成』:次期予算編成方針の作成

  第3話(その2) 『次期予算作成』:職能別組織の場合の予算PL制度の構築

  第3話(その3) 『次期予算作成』:コストセンターをプロフィットセンター化した
           場合の予算PL制度の構築

  第3話(その4) 前期比較から予算比較へ

  第3話(その5) 『次期予算作成』:職能的組織から事業部制へ移行した 
           場合の予算PL制度の構築

  第3話(その6) 事業部制からホールディングス制へ移行した場合の
           予算PL制度の構築
第3話(その7) 『次期予算作成』(その1):月次予算の必要性

第3話(その8) 『次期予算作成』(その2):部門別月次予算書の作成



3.予算改革編


本日は
「2.予算会計編」の
第3話(その8) 『次期予算作成』(その2):部門別月次予算書の作成
になります。

(登場人物)

田辺社長(2代目)

鈴木 経理部長

高橋 経理課長

鬼塚さん(ベテラン経理)

見田さん(新人経理)

会計士 児玉


~前週からのつづき~


第3話(その8) 『次期予算作成』(その2):部門別月次予算書の作成

高橋課長
「児玉さん。簡単な例で部門別の月次予算作成の流れを説明してもらう
ことは可能ですか?」

会計士 児玉
「了解です。以下演習例に従って見て行きましょう。」


「 下記の条件及び基礎資料に基づき、営業部営業第1課(A製品)
の次期の7月:月次予算損益計算書(P28)を完成させなさい。
決算月=3月(組織図より抜粋)


営業部 25人 :営業第1課(A製品):4人 営業第2課(B製品):16人
 営業管理課 5名

(予算作成のルール)
1.営業部の各営業課の計画の月次売上高は下記の計算式で計算する。
  ※年間販売数量(個)×過去3年間の月次季節変数=月次販売数量  
次期7月の月次季節変数=0.08
  月次販売数量×※製品予定単価=月次売上高 

下記の予算編成方針に従う。 
1.次期目標のROE    :  6.0 %
2.次期目標の当期純利益  :  664百万円
3.次期目標の経常利益   : 1,186百万円
4.次期目標の本社費用   : 720百万円
5.本社部門(管理部)[次期]より)
 :経営戦略→残業ゼロ化・アクションプラン:業務見直し(システム化前提)
6. 次期目標の差引事業利益合計 : 1,906百万円
  [A製品事業]
7.A製品販売単価      :  500千円
8.A製品販売数量      :  2,800個
9. A製品売上高      : 1,400百万円
10. A製品変動費       : 1,344百万円
11. A製品限界利益      :  56百万円
12. A製品固定費       :  50百万円
13. A製品事業利益      :  6百万円
14. A製品事業 ([次期]より)
 :経営戦略:固定費の変動費化&変動費単価の引き下げ
  アクションプラン:直販体制から販売代理店政策(手数料型)へ切替
          A製品事業営業マンはB製品事業へ人事異動
          (固定費の変動費化:固定費100↓・変動費単価100↑)
          製品購入型から部品購入・組立て型への変更
          (変動費単価引き下げ:変動費単価90↓)
 [B製品事業]
15. B製品販売単価     :  3,700千円
16. B製品販売数量     :  1,500個
17. B製品売上高      : 5,550百万円
18. B製品変動費       : 1,200百万円
19. B製品限界利益     : 4,350百万円
20. B製品固定費      : 2,450百万円
21. B製品事業利益     : 1,900百万円 
22. B製品事業  ([次期]より)
   :経営戦略:売上単価の引き上げ・変動費の固定化&変動費単価の引き下げ
    アクションプラン:販売代理店政策(仕切型)から直販体制へ切替
             A製品事業営業マンのB製品事業への人事異動の受け入れ
            (変動費の固定費化:固定費1,840↑:全国の展示場開設・
             営業人員増・営業効率化の為のシステム化)
【全社】
23. 売上高  : A製品=1,400百万円([次期]より)
          B製品=5,550百万円([次期]より)
合 計=6,950百万円
24. 変動費  : A製品=1,344百万円([次期]より)
          B製品=1,200百万円([次期]より)
合 計=2,544百万円
25.限界利益  : A製品= 56百万円([次期]より)
          B製品=4,350百万円([次期]より)
合 計=4,406百万円
26.固定費   : A製品= 50百万円([次期]より)
          B製品= 2,450百万円([次期]より)
合 計=2,500百万円
27. 事業利益  : A製品=  6百万円([次期]より)
          B製品=1,900百万円([次期]より)
合 計=1,906百万円

2.購買部の製品別売上原価は下記の計算式で計算し、営業部の各営業課へ
製品別に配賦する。
  予定仕入単価×月次販売数量(月次出庫数量)=売上原価配賦額  
A製品予定仕入単価=200千円

3.営業部の営業第1課(A製品)は、販売代理店政策を新たに採用し、
販売手数料は下記の様に計算する。
  予定販売手数料単価×月次販売数量=販売手数料計上予定額   
予定販売手数料単価=250千円

4.各製品の支払運賃は下記の様に計算する。
   予定支払運賃単価×月次販売数量=支払計上予定額   
予定支払運賃単価=30千円
5.営業部の月次人件費は一律@500千円と仮定する。
営業管理課の人件費は人員数を基準に製品別に配賦する。

6.営業管理課の月次その他経費は400千円と仮定する。
当該費用は人員数を基準に製品別に配賦する。

7.購買部の月次人件費は一律@400千円と仮定する。 
購買部の人員構成は5人とする。
  人員数を基準に製品別に営業各課に配賦する。    

8.購買部の月次その他経費は400千円と仮定する。
当該費用は人員数を基準に製品別営業各課に配賦する。

9.管理部の月次部門共通費の内、営業部に帰属する金額は500千円である。
  当該費用は人員数を基準に製品別営業各課に配賦する。

10. 管理部の次期本社費合計は720,000千円であり、毎月均等に発生すると仮定する。
  当該費用は人員数を基準に製品別営業各課に配賦する。

11.PC(プロフィットセンター)法人税等配賦額は税引前当期純利益に法定実効税率を
乗じて計算する。
  なお、部門別の税引前当期純利益がマイナスの場合は法人税等配賦額はゼロとする。

12.金額計算における端数は四捨五入する。比率等の%表示の数字は小数点第1位未満を
四捨五入する。

13.一人当たりの月次残業時間を20hと仮定する。


【解答】


月次予算書
営業部 営業第1課(A製品)
月:7月


NO 予算科目 金 額(千円)
1 売上高     (1) 112,000
2 月次販売数量  (2)  224 個
3 月次平均単価  (3)  500
4 売上原価配賦額(購買部)
             (4) 44,800
5 売上総利益 (5) 67,200
6 売上総利益率 (6) 60.0 %
[部門個別変動費]
7 販売手数料 (7) 56,000
8 支払運賃 (8) 6,720
9 部門個別変動費計(9) 62,720
10 限界利益 (10) 4,480
11 限界利益率 (11) 4.0 %
[部門個別固定費]
12 人件費     (12) 2,000
13 旅費交通費        150
14 広告費         100
15 通信費         80
16 水道光熱費        120
17 減価償却費        100
18 租税公課         50
19 交際費           50
20 消耗品費          120
21 雑 費            50
22 部門個別固定費計(13) 2,820
23 貢献利益(管理可能利益)
              (14) 1,660
24 貢献利益率 (15) 1.5%
[部門共通固定費]
25 営業管理課人件費配賦額
         (16)500
6 営業管理課その他配賦額
(17) 80
27 購買部人件費配賦額  (18) 400
28 購買部その他配賦額  (19) 80
29 部門共通費配賦額(管理部)
               (20) 100
30 部門共通固定費計  (21) 1,160
31 部門営業利益 (22) 500
32 部門営業利益率(23) 0.4%
33 本社費配賦額 (24) 12,000
34 部門経常利益 (25) △11,500
35 部門経常利益率(26) △10.3%
36 特別利益        -
37 特別損失          -
38 部門税引前当期純利益
          (27) △11,500
39 法定実効税率       30%
40 法人税等負担額(28)   -
41 部門純利益 (29) △11,500
42 部門純利益率 (30) △10.3%
[関連KPI]
43 月初人員数 (31)  4人
44 月次増加人員数(32)  -人
45 月次減少人員数(33)  -人
46 月末人員数 (34)  4人
47 一人当たり売上高 (35) 28,000
48 残業時間数 (36) 80h


どうですか?

ちょっと難しいですよね。・・・」

高橋課長
「実際に自分でやってみない理解が出来ないかも
知れませんね。」

会計士 児玉

「そうですね。 予算も管理会計なので、手を動かして
理解することが大事ですね。」

田辺社長
「私には細かすぎてわからんな」

会計士 児玉

「そうですよね。お時間がある時に解説を見ながら、自分で計算して
いって見て下さい。5回繰り返すことが出来ればかなり理解できる
と思いますし、月次予算書の意味がよくわかってくると思います。」

田辺社長
「そんなもんかな。 児玉さんが言うなら、素直にやってみるよ。」

会計士 児玉
「田辺社長。ありがとうございます。
それでは今日はここまでにしましょう。」
                            以 上


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
2.「編集後記」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


ほっと川柳

「 人格を
   育てる場こそ
    保育なり!
  」


実家の近くにある保育園の監事になって7年目になる。

保育士の先生方のお話を聞くたびに
「保育士の先生方は本当によくやっているな?」と思う。

離職率の高い保育業界だが、
この保育園ではほとんど退職がない。

第三者機関によるアンケート結果でも「良い」と
「大変良い」を合せると約95%になり、第三者機関の
方がビックリするぐらいだ。

運動会では竹馬をやる。
竹馬の高さはみんな違う。
できる子は高く、苦手な子は低くなる。

運動会では担任の保育士の先生が
一人一人の「できる様になったドラマ」を解説する。

「〇〇ちゃんは最初竹馬がイヤでやらなかったです。
 ある時、〇〇くんが『一緒に練習しよう』と誘われて
 毎日二人で練習していたんです。
 最初はうまく出来なかったんですが、ある日、前に
 進むことが出来たんです。
 二人で抱き会って喜んでいました。
 それから○○ちゃんは自信をつけて、毎日練習を重ねて
 今日の日を迎えました。・・・」

観ている大人の方が涙を流してしまいそうになる。

70年前に土手の空地で「青空保育」から始まった。

卒園者の中に小説家の方が「この保育園をテーマに
小説にしたい」というオファーが来ているという。

70周年の記念誌を作るにあたり、
各理事・監事宛てに100文字内の文章を書いてほしい
との依頼を受けた。

下記の内容の文章を送った。

「社会は問題解決能力とコミュニケーション能力を持つ人間を求めている。
この能力は何処で身につくのか?
それは自然の中で自由に遊び、暖かく見守られる保育の場で生まれる。
これを実践するが〇〇保育園である。
                       監事 児玉 厚 」


まさに「人格を育てる場が保育なんだな~」と思った。



===【 PR 】===================================

【予算会計エクスプレス製品サイト】
https://yosankaikei.jp/?utm_source=yosankaikei

【月例セミナーのご案内】

予算実務演習 【基礎編】  
1.中期経営計画の作成演習
2.次年度予算の作成演習
3.予実管理の作成演習
4.着地予想の作成演習
電卓持参

・予算会計エクスプレスのデモ説明
 (日本初の予算を仕訳化するシステム【特許取得】)


是非、お気軽にご参加下さい。

セミナー内容・申込みはこちらか
      ↓
http://www.3cc.co.jp/seminar/top.php


============================================


===【 PR 】===================================

改訂増補「予算会計」(清文社)<共著>

-連結キャッシュ・フロー予算 の構築-
〈特徴〉
予算PL・BS・CF・資金計画の月次・部門別・予実管理・着地予想・
連結までのプロセス解説(数値連動)

はじめに
https://www.3cc.co.jp/user/files/2015.12kaiteizouho.yosankaikei.hajimeni.pdf

アマゾン
https://amzn.to/2dbzlQL

マイナスの評価コメントも読んでみて下さい。

============================================


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



実践編「予算会計会員」サービスのトピックス

下記の資料がダウンロードできます。

・「改訂増補 予算会計」(清文社)の全体が鳥瞰できる「予算作成・管理フロー図」

・改訂増補「予算会計」の演習版(EXCEL)

 第1問「実績予想:売上高」(EXCEL)
 第2問「実績予想:売掛金」(EXCEL)

・改訂増補「予算会計」の理解のポイント解説資料:中期経営計画管理資料(EXCEL)

・改定増補「予算会計」対応のエクセル資料演習問題1、2に対応しております。

構成は下記の通りです。

NO.1実績予想:担当者別相手先別販売計画表(田辺雄一・W社)
NO.2実績予想:担当者別相手先別販売計画表(鈴木一也・Z社)
NO.3実績予想:全社販売計画書
NO.4実績予想:損益計算書
NO.5次期予算編成方針:1.当期実績の概況と課題
NO.6実績予想:商品仕入兼在庫計画書
NO.7実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(田辺雄一・W社)
NO.8実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(鈴木一也・Z社)
NO.9実績予想:全社売上代金回収計画書
NO.10実績予想:消費税等計画書
NO.11実績予想:月次資金計画書
NO.12実績予想:比較貸借対照表
NO.13実績予想:キャッシュ・フロー組替仕訳
NO.14実績予想:キャッシュ・フロー計算書

第3問「予算編成方針:目標利益の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第4問「予算編成方針:目標売上高の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第5問「予算作成:売上高関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第6問「予算作成:売掛金・月次売上代金回収収入」(問題編・解説編・EXCEL)
第7問「予算作成:CF(直接法)「営業収入」関係・
   CF(間接法)売上債権の増減額関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第8問「予算作成:月次予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第9問「予算作成:部門別予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第10問「予算作成:連結予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第11問「当期実績予想:仕入高・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第12問「当期実績予想:買掛金関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第13問「予算編成方針:売上原価・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)

実践型のEXCEL計算シートもダウンロードできます。

・取締役会提出用「月次予実報告書(月次発生ベース)」
・取締役会提出用「月次予実報告書(月次累計ベース)」
・取締役会提出用「月次予算報告書(業績予想報告含む)」
・取締役会提出用「月次着地予想報告書(業績予想修正報告含む)」

・設例と図表による企業予算編成マニュアル<清文社>の第1章~第3章
 (リニューアル)

システム化等、より実践的な取組みに関心のある会計人の方
こちらから登録できます
   ↓
https://www.3cc.co.jp/yosanmember/top.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
スポンサーサイト
プロフィール

公認会計士・税理士 児玉厚

Author:公認会計士・税理士 児玉厚
-----------------------------------

はじめまして、児玉厚と申します。

私は、「予算会計」という新たな学問分野があっても良いのではないかと思っています。みなさんと一緒に、良い意味での「キャッチボール」をしながら、「予算会計」という分野を創っていければと思っています。


【自己紹介】
児 玉 厚(公認会計士・税理士)

<略歴> 

商社財務部の経理マン、
    監査法人の会計監査人、
         そして企業経営者に



昭和57年埼玉大学経済学部卒業。

神鋼商事㈱財務部、東陽監査法人を経て、
ゼロから起業を決意し、現在は、(株)スリー
・シー・コンサルティング
 代表取締役。


「決算報告エクスプレス・宝決算Ⅹプレス
(開示決算自動化システム)」<特許取得>

どれかひとつの立場に偏らず、全てを歩んできたからこそ見出すことができた「本質」を、みなさんにお伝えし、共有し、新しい時代における経理部の形、会計の世界を創造したいと真剣に考えています。


<主要著書>
『会社法決算書完全作成ガイド』
『開示決算ガイドブック』
『企業予算編成マニュアル』(清文社)
『有価証券報告書完全作成ガイド』(清文社)
『予算会計』(清文社)
 NEW!『<改定増補>予算会計』(清文社)

お知らせ
▼連載のお知らせ(11/2~)
税務研究会の「経営財務」にて3週連載します
 『キャッシュ・フロー予算制度構築』
第1回 損益予算からキャッシュ・フロー予算へ
第2回 キャッシュ・フロー予算の理解
第3回 キャッシュ・フロー予算制度構築の実務的ポイント
▼新刊発売のお知らせ
『<改定増補>予算会計』
キャッシュフロー予算作成プロセスの全体像が理解できる!
企業における目標管理の構築、実績の適正性を担保するために重要な財務諸表の作成手順を具体的に解説
新たに「応用編」を追加し、消費税率アップ等を織り込んだ最新版
 
book

カレンダー(月別)
11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
【カテゴリーツリー】
登録フォーム
20141127110808807.jpg


氏名
姓: 名:
E-Mail ※



ご登録いただきました個人情報につきまして

※「予算会計メールマガジン」は、いつでも配信解除できるようにしております。
 その都度お届けするメールマガジンの文末に、常に配信解除URLを設置しております。

※ご登録いただきました情報は、予算会計メールマガジンの配信以外では一切利用いたしません。
 よって、予算会計メールマガジン以外の不必要な情報が届くことは一切ございません。
リンク
ogo_mini.gif


kaijikaikeiblog.jpg


zaimu.gif


seibunsha.jpg


メール
kaijikaikeiblog.jpg
著書に関するご質問もお受けしています。
メールでお気軽にお問い合わせください。