FC2ブログ
ホーム   »  未分類  »  業績予想修正理由一覧NO.1~NO.281までの2,810社一式
このブログ『予算会計を学ぶ』では、日々配信している無料の【予算会計メールマガジン】の内容を一部公開していきます。
内容をご覧いただき、是非メルマガ登録お願いします。

無料の予算会計メールマガジンの登録はコチラ




業績予想修正理由一覧NO.1~NO.281までの2,810社一式

━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━
本日のINDEX
━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━

1.「水曜日テーマ:業績予想修正一覧NO.281」

<曜日別配信内容>
月曜日:予算会計クイズ 
火曜日:『企業予算編成マニュアル』解説
水曜日:業績予想の修正理由一覧
木曜日:予算実務知識Q&A
金曜日:予算実務のポイント

2.編集後記  


ほっと川柳

「 リベンジの
   大阪出張
    ドラマだね!
 」


昨日から大阪に入っている。

6月18日(月曜日)に出張予定だった
2社のデモ説明先が大阪の地震でキャンセルになり、
そのリベンジ訪問だ。


・・・編集後記


――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.「水曜日テーマ:業績予想修正一覧NO.281」
――――――――――――――――――――――――――――――――――

「業績予想修正理由一覧NO.281」(累計2,810社)



1 精密機器< 東一>(3月決算)[管理部門部長]

<通期予想修正>

・期末の駆け込み需要(+)
・継続したコストダウンや経費抑制の効果(+)
・税金費用の減少(+)

上記より、売上高及び各利益上方修正。


2 ガラス・土石製品
< 東一>(12月決算)[取締役執行役員管理本部長]

<第2四半期&通期予想修正>

・当第1四半期連結累計期間においては、半導体用等のエレクトロニクス分野を
中心とした旺盛な需要を背景に、価格改定をはじめとした採算性の改善が
進んだことにより限界利益が増加したこと(+)

・なお、平成20年に受注した中国高温ガス炉(HTR-PM)向け黒鉛材は、当第1四半期
連結累計期間において検収が完了し、売上3,215百万円を計上しておりますが、
当初業績予想に織込み済み(±)

上記より、売上高及び各利益上方修正。



3 電気機器< 東二>(3月決算)[上席執行役員財務統括部長]

<通期予想修正>

・システム製品を中心に伸び悩んだこと(-)

上記より、売上高下方修正。

・きめ細かい生産体制の見直しを行うとともに営業活動の効率化などに努めたこと(+)

上記より、営業利益及び経常利益不変。

・インピーダンスボンドの一部製品に不具合が発生し、製品補修費として25 億80 百万円を
特別損失に計上すること(-)

上記より、親会社株主に帰属する当期純利益下方修正。


4 サービス< JQS>(3月決算)[常務取締役]

<通期予想修正>

・計画数を上回る新規19校(内、9校は子会社化)の出店、移転4校、
増床4校の実施(+)

上記より、売上高上方修正。

・計画数を上回る新規19校(内、9校は子会社化)の出店、移転4校、増床4校の実施
に伴う設備増強と人員増、競合激化による新年度生徒募集費増、M&A実施による取得
費用及びのれん償却の計上等(-)

・不採算校の閉鎖による固定資産減損及び連結子会社ののれん追加償却等による特別損失
2億81百万円の計上(-)

上記より、各利益下方修正。


5 ゴム製品< 東一>(3月決算)[執行役員財務本部長]

<通期予想修正>

・当結会計年度の後半における当社グループの受注状況は、前回の連結業績予想の修正後も
順調に推移したこと(+)

上記より、売上高及び営業利益上方修正。

・年明けから期末にかけての円高傾向による為替差損の発生等(-)

上記より、経常利益下方修正。


・連結子会社が保有する機能品事業セグメントの生産設備について、収益性の低下により
帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失151 百万円として特別損失に
計上したこと(-)

・当社の保有する機能品事業および新事業セグメントの生産設備の一部について、収益性の
低下により帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失107 百万円として
特別損失に計上すること(-)

上記より、親会社株主に帰属する当期純利益下方修正。


6 情報通信業< 東一>(6月決算)[取締役]

<通期予想修正>

・売上面は、期初予想を上回り、順調に推移する見込み(+)
・社員人件費等の固定費率が高い当社グループにおいては売上高が予想を上回ると
利益の増加に直結することに加え、効率的なプロジェクト管理により案件利益率が
想定よりも高まることが見込まれること(+)
・第4四半期に発生する新卒社員関連の費用や、新たに入社する中途社員の人件費・
人材採用費などの費用増加(-)

上記より、売上高及び各利益上方修正。


7 化学< 東一>(3月決算)[経営企画室長]

<通期予想修正>

・為替が円高に振れたこと(-)
・リチウムイオン電池用正極材料事業に関連する販売等が想定より下回ったこと(-)
・市場における原燃料高騰の影響(-)
・為替差損及び持分法による投資損失(-)
・連結子会社の設備の減損損失の計上(-)

上記より、売上高及び各利益下方修正。


8 小売業< 東一>(3月決算)[取締役経理部長]

<通期予想修正>

・既存庖売上高が前年を上回ったものの、店舗閉鎖等の影響(-)

上記より、売上高下方修正。

・セントラルキッチンの稼働状況の改善等による原価の減少(+)
・効率化のための諸施策を実施したことによる販売及び一般管理費の減少(+)

上記より、各利益上方修正。


9 化学< 東一>(9月決算)[取締役兼常務執行役員]

<通期予想修正>

・提出会社の上期の飲料向けの売上減(-)
・提出会社の上期の顧客業界でのコストダウンの影響等(-)

・下期におきましては、提出会社の香料需要の大きい飲料の最需要期である夏場を
迎えること飲料向けやフレグランス部門での新規採用等、売上高に寄与する要因が
見込まれるものの、引き続き厳しい経営環境が継続すると予想されること(-)

上記より、売上高及び各利益下方修正。


10 卸売業< 東一>(3月決算)[執行役員管理本部長]

<通期予想修正>

・ITインフラ関連事業が予算に対し好調に推移し、特にMFP(マルチファンクション
 プリンター)、NW(ネットワーク)機器関連が収益に貢献したこと(+)

・販売費及び一般管理費において、デジタルマーケティング関連事業及びITインフラ関連
 事業ともに、効率的な資源配分を行いコスト削減に努めたこと(+)

・法人税等調整額を計上すること等(+)

上記より、売上高及び各利益上方修正。


予算会計メルマガ読者は、業績予想修正理由一覧NO.1~NO.281までの2,810社一式
ダウンロードできます。

読取用EXCELファイル
           
  ~つづく~

                     以 上

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

2.「編集後記」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――



ほっと川柳

「 リベンジの
   大阪出張
    ドラマだね!
 」


昨日から大阪に入っている。

6月18日(月曜日)に出張予定だった
2社のデモ説明先が大阪の地震でキャンセルになり、
そのリベンジ訪問だ。


昨日も1社訪問したが、予想外に商談として
好転した。

児玉「18日は大変でしたね。
   御社の施設等に影響はありませんでしたか?」

お客様「施設の方は大丈夫でした。」

児玉「それは良かったですね。
   私は新幹線が止まって、名古屋で強制的に
   降ろされてしまいましたよ。」(笑)

お客様「それは大変でしたね。」(笑)


お客様との「心の距離が少し近くなった」ような気がした。

「災い転じて福となる」とはこの事かも知れない。

今日はもう1社に訪問する。

どんな新しいドラマが生まれるのか楽しみだ。


予算は計画が大事であり、実績を計画に近づける
ことが責務になる。

でも、営業も人生もシナリオ通りに行かないから
面白いし、感動も生まれるのかも知れない。



===【 PR 】===================================

【予算会計エクスプレス製品サイト】
https://yosankaikei.jp/?utm_source=yosankaikei

【月例セミナーのご案内】

予算実務演習 【基礎編】  

1中期経営計画の作成演習
2次年度予算の作成演習
3予実管理の作成演習
4着地予想の作成演習

電卓持参

・予算会計エクスプレスのデモ説明
 (日本初の予算を仕訳化するシステム【特許取得】)


是非、お気軽にご参加下さい。

セミナー内容・申込みはこちらか
      ↓
http://www.3cc.co.jp/seminar/top.php


============================================


===【 PR 】===================================

改訂増補「予算会計」(清文社)<共著>

-連結キャッシュ・フロー予算 の構築-
〈特徴〉
予算PL・BS・CF・資金計画の月次・部門別・予実管理・着地予想・
連結までのプロセス解説(数値連動)

はじめに
https://www.3cc.co.jp/user/files/2015.12kaiteizouho.yosankaikei.hajimeni.pdf

アマゾン
https://amzn.to/2dbzlQL

マイナスの評価コメントも読んでみて下さい。

============================================


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



実践編「予算会計会員」サービスのトピックス

下記の資料がダウンロードできます。

・「改訂増補 予算会計」(清文社)の全体が鳥瞰できる「予算作成・管理フロー図」

・改訂増補「予算会計」の演習版(EXCEL)

 第1問「実績予想:売上高」(EXCEL)
 第2問「実績予想:売掛金」(EXCEL)

・改訂増補「予算会計」の理解のポイント解説資料:中期経営計画管理資料(EXCEL)

・改定増補「予算会計」対応のエクセル資料演習問題1、2に対応しております。

構成は下記の通りです。

NO.1実績予想:担当者別相手先別販売計画表(田辺雄一・W社)
NO.2実績予想:担当者別相手先別販売計画表(鈴木一也・Z社)
NO.3実績予想:全社販売計画書
NO.4実績予想:損益計算書
NO.5次期予算編成方針:1.当期実績の概況と課題
NO.6実績予想:商品仕入兼在庫計画書
NO.7実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(田辺雄一・W社)
NO.8実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(鈴木一也・Z社)
NO.9実績予想:全社売上代金回収計画書
NO.10実績予想:消費税等計画書
NO.11実績予想:月次資金計画書
NO.12実績予想:比較貸借対照表
NO.13実績予想:キャッシュ・フロー組替仕訳
NO.14実績予想:キャッシュ・フロー計算書

第3問「予算編成方針:目標利益の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第4問「予算編成方針:目標売上高の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第5問「予算作成:売上高関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第6問「予算作成:売掛金・月次売上代金回収収入」(問題編・解説編・EXCEL)
第7問「予算作成:CF(直接法)「営業収入」関係・
   CF(間接法)売上債権の増減額関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第8問「予算作成:月次予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第9問「予算作成:部門別予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第10問「予算作成:連結予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第11問「当期実績予想:仕入高・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第12問「当期実績予想:買掛金関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第13問「予算編成方針:売上原価・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)

実践型のEXCEL計算シートもダウンロードできます。

・取締役会提出用「月次予実報告書(月次発生ベース)」
・取締役会提出用「月次予実報告書(月次累計ベース)」
・取締役会提出用「月次予算報告書(業績予想報告含む)」
・取締役会提出用「月次着地予想報告書(業績予想修正報告含む)」

・設例と図表による企業予算編成マニュアル<清文社>の第1章~第3章
 (リニューアル)

システム化等、より実践的な取組みに関心のある会計人の方
こちらから登録できます
   ↓
https://www.3cc.co.jp/yosanmember/top.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
スポンサーサイト
プロフィール

公認会計士・税理士 児玉厚

Author:公認会計士・税理士 児玉厚
-----------------------------------

はじめまして、児玉厚と申します。

私は、「予算会計」という新たな学問分野があっても良いのではないかと思っています。みなさんと一緒に、良い意味での「キャッチボール」をしながら、「予算会計」という分野を創っていければと思っています。


【自己紹介】
児 玉 厚(公認会計士・税理士)

<略歴> 

商社財務部の経理マン、
    監査法人の会計監査人、
         そして企業経営者に



昭和57年埼玉大学経済学部卒業。

神鋼商事㈱財務部、東陽監査法人を経て、
ゼロから起業を決意し、現在は、(株)スリー
・シー・コンサルティング
 代表取締役。


「決算報告エクスプレス・宝決算Ⅹプレス
(開示決算自動化システム)」<特許取得>

どれかひとつの立場に偏らず、全てを歩んできたからこそ見出すことができた「本質」を、みなさんにお伝えし、共有し、新しい時代における経理部の形、会計の世界を創造したいと真剣に考えています。


<主要著書>
『会社法決算書完全作成ガイド』
『開示決算ガイドブック』
『企業予算編成マニュアル』(清文社)
『有価証券報告書完全作成ガイド』(清文社)
『予算会計』(清文社)
 NEW!『<改定増補>予算会計』(清文社)

お知らせ
▼連載のお知らせ(11/2~)
税務研究会の「経営財務」にて3週連載します
 『キャッシュ・フロー予算制度構築』
第1回 損益予算からキャッシュ・フロー予算へ
第2回 キャッシュ・フロー予算の理解
第3回 キャッシュ・フロー予算制度構築の実務的ポイント
▼新刊発売のお知らせ
『<改定増補>予算会計』
キャッシュフロー予算作成プロセスの全体像が理解できる!
企業における目標管理の構築、実績の適正性を担保するために重要な財務諸表の作成手順を具体的に解説
新たに「応用編」を追加し、消費税率アップ等を織り込んだ最新版
 
book

カレンダー(月別)
11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
【カテゴリーツリー】
登録フォーム
20141127110808807.jpg


氏名
姓: 名:
E-Mail ※



ご登録いただきました個人情報につきまして

※「予算会計メールマガジン」は、いつでも配信解除できるようにしております。
 その都度お届けするメールマガジンの文末に、常に配信解除URLを設置しております。

※ご登録いただきました情報は、予算会計メールマガジンの配信以外では一切利用いたしません。
 よって、予算会計メールマガジン以外の不必要な情報が届くことは一切ございません。
リンク
ogo_mini.gif


kaijikaikeiblog.jpg


zaimu.gif


seibunsha.jpg


メール
kaijikaikeiblog.jpg
著書に関するご質問もお受けしています。
メールでお気軽にお問い合わせください。