FC2ブログ
ホーム   »  未分類  »  ブログ 予算会計を学ぶ 第1594回 「水曜日テーマ:業績予想修正一覧274」
このブログ『予算会計を学ぶ』では、日々配信している無料の【予算会計メールマガジン】の内容を一部公開していきます。
内容をご覧いただき、是非メルマガ登録お願いします。

無料の予算会計メールマガジンの登録はコチラ




ブログ 予算会計を学ぶ 第1594回 「水曜日テーマ:業績予想修正一覧274」


━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━
本日のINDEX
━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━

1.「水曜日テーマ:業績予想修正一覧NO.274」

<曜日別配信内容>
月曜日:予算会計クイズ 
火曜日:『企業予算編成マニュアル』解説
水曜日:業績予想の修正理由一覧
木曜日:予算実務知識Q&A
金曜日:予算実務のポイント

2.編集後記  


<ほっと川柳>

「 角栄の
   日中国交
    裏安保? 
 」


今年は田中角栄生誕100年という。

官僚に操られ、マスコミに扇動され、国益のために大局的な
行動をとれない小物の政治家ばかりしかいない現代において
「もし田中角栄が生きていたら、どんな行動を取るのか」
一国民としても関心がある。

出張で地方へゆく際はほとんどが新幹線だ。
北は北海道から南は九州まで。太平洋側から日本海側まで。

これって、「田中角栄の日本列島改造政策のおかげだよな~」
と思う。

・・・編集後記


――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.「水曜日テーマ:業績予想修正一覧NO.274」
――――――――――――――――――――――――――――――――――

「業績予想修正理由一覧NO.274」(累計2,740社)


1 不動産業< 東一>(3月決算)
[常務取締役経営管理本部・財務本部管掌]

<通期予想修正>

・平成29年3月期より運用を開始いたしました地主プライベートリート投資法人が
運用する私募リート(以下、「地主リート」という。)について、平成30年3月期
(以下、「当期」という。)においても多数の投資家の方々に評価いただき順調に
地主リートへの売却が進んだこと(+)

・また地主リート以外の事業会社等への売却案件も同様に適正な価額で順調に売却
できたこと(+)

  上記より、売上高及び各利益上方修正。


2 食料品< 東一>(2月決算)[取締役CFO]

<通期予想修正>

・ M&Aが年度後半に集中したことに伴いそれらの取得費用等83百万円が発生した
こと(-)

・ 主要子会社である楽陽食品株式会社において、平成30年2月期期中より
原材料価格が高騰したことにより材料費が大幅に増加したこと(-)

・急激な受注増加に伴う労務費の増加(-)

・工場間移送に係る輸送費用が想定以上に発生したこと(-)

上記より、各利益上方修正。

〈コメント〉

売上高上方修正の具体的理由は明示されていない。


3 小売業< 東一>(8月20日決算)[管理部長]

<通期予想修正>

・当第2四半期累計期間の実績において、第1四半期会計期間は期間を通して
気温の変化が大きく、台風の影響もあったことで秋物商品の販売が苦戦した
こと(-)

・前期不振だったウィメンズ部門に関しましては、売場改革や商品の展開方法の
見直しにより改善傾向にはありましたが、十分な成果を得るには至らなかった
こと(-)

・キッズ部門に関しましては、定番商品のリニューアルを進める中、品揃えの
バランスを欠き、大きく苦戦したこと(-)

上記より、売上高及び各利益下方修正。


4電気機器 < 東一>(2月決算)[常務取締役経営企画部長]

<通期予想修正>

・舶用事業、産業用事業ともに事業環境は概ね想定の範囲内で推移していること(±)

上記より、売上高不変。

・為替レートがユーロに対して当初想定より円安で推移した等(+)

上記より、各利益上方修正。


5 繊維製品< 東一・名一>(3月決算)[常務取締役経営管理部長]

<通期予想修正>

・ファッショントレンドが合繊素材へと変化したこと(-)
・ニット素材が落ち込んだ影響を強く受けたこと(-)

上記より、売上高及び各利益下方修正。


6機械 <東一>(3月決算)[取締役管理本部長兼総務部長]

<通期予想修正>

・アミューズメント関連事業の主な販売先であるパチンコ業界は、「特定複合観光施設
区域の整備の推進に関する法律(IR 推進法)」施行に伴うのめり込み防止対策の検討、
「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行規則及び遊技機の認定
及び型式の検定等に関する規則の一部を改正する規則(平成29 年9 月4 日公布、
平成30 年2 月1 日施行)」による今後の見通し等、先行き不透明な状況が続いた
こと(-)

・新製品の投入や新規顧客の開拓を進めましたが、当初見込んでおりました周辺設備
の更新需要は本格的な回復には至らず、同関連事業の売上高ならびにセグメント
利益が落ち込むことになったこと(-)

・自動認識システム関連事業におきましては、スマートフォン向け小型電子部品や
電気自動車向けリチウム電池の需要が世界的に高まっていることを背景として、
それらの生産過程での検査に必要なX線検査装置の販売が好調に推移したこと(+)

上記より、売上高及び各利益下方修正。


7 小売業< 東一>(2月決算)[取締役管理本部長兼 総務部長]

<通期予想修正>

・スーパーマーケット事業で当連結会計年度での開店を予定しておりました店舗について、
翌連結会計年度(平成31 年2月期)へ開店が延期となったこと(-)

上記より、売上高下方修正。

・販売政策の強化によりドラッグストア事業の利益率が想定を上回る改善と
なったこと(+)

・開店の延期に伴い、設備投資等に伴う経費が計画を下回ったこと(+)

上記より、各利益上方修正。


8 情報システム事業(3月決算)[常務取締役管理本部長]

<通期予想修正>

<コメント1>

「最近の市場動向を鑑み受注活動に際しビジネスの選択を徹底したことにより、
売上高につきましては、前回予想を5.0%下回る見込みです。」という表現は、
第三者からみると
「何故、ビジネスの選択の徹底が売上高の下方修正につながるのか」が不明と考える。


・既存資源の有効的活用により生産性向上を図ったこと(+)
・販売管理費の削減に努めたこと(+)

上記より、営業利益及び当期純利益上方修正。

<コメント2>

何故経常利益は不変となり、ゼロから当期純利益が何故上方修正になったか
が不明。


9電気機器 < 東一>(3月決算)[取締役管理本部長]

<通期予想修正>

・1ユーロの平均為替レートを、前提としていた126.5 円から実勢水準の129.7 円に
変更するため(+)

上記より、売上高及び各利益上方修正。


10 情報システム事業< 東一>(3月決算)[執行役員経理部長]

<通期予想修正>

・映像関連事業においては、昨年12月公開の「8年越しの花嫁 奇跡の実話」が、
競合作品の多い正月興行において興行収入28億円の大ヒットとなったこと(+)

・演劇事業においても、歌舞伎座の1月、2月の松本幸四郎改め二代目松本白鸚、
十代目松本幸四郎、八代目市川染五郎の高麗屋親子三代の襲名披露公演を中心に
歌舞伎公演が活況を呈したこと(+)

上記より、各利益上方修正。

〈コメント〉

 売上高が下方修正になった理由が明示されていない。


予算会計メルマガ読者は、業績予想修正理由一覧NO.1~NO.274までの2,740社一式
ダウンロードできます。


読取用EXCELファイル



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 「予算会計メルマガ」のご案内

CFOや経営企画や経理の方の愛読者が多数!

是非、お気軽にご登録下さい。

月:予算会計クイズ 
火:企業予算編成マニュアル
水:業績予想の修正理由
木:予算実務知識Q&A
金:予算実務のポイント

http://www.3cc.co.jp/yosan/top.php

時事ネタの予算川柳のファンも多い!

執筆者:代表取締役 (公認会計士) 児玉 厚
(主な書籍)・改訂増補「予算会計」・
「企業予算編成マニュアル」(清文社・共著)

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

             ~つづく~

                     以 上


―――――――――――――――――――――――――――――――――――

2.「編集後記」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――


<ほっと川柳>

「 角栄の
   日中国交
    裏安保?
  」


今年は田中角栄生誕100年という。

官僚に操られ、マスコミに扇動され、国益のために大局的な
行動をとれない小物の政治家ばかりしかいない現代において
「もし田中角栄が生きていたら、どんな行動を取るのか」
一国民としても関心がある。

出張で地方へゆく際はほとんどが新幹線だ。
北は北海道から南は九州まで。太平洋側から日本海側まで。

これって、「田中角栄の日本列島改造政策のおかげだよな~」
と思う。

また、中国の今日の発展も、「日中国交」から始まっている。

中国のことわざに「最初に井戸を掘った人への恩を忘れては
いけない」という言葉があるが、まさに田中角栄がその道を
開いた。

でも、米国を飛び越えて日中国交を行ったので
米国の怒りをかい、ロッキード事件で逮捕される。

小学校卒業の学歴しか持たないのに、東大卒の官僚を束ね、
時代を越えて国益を生み出した田中角栄という政治家は
本当に凄いと思う。

とても興味深い記事を目にした。

「日中国交回復は裏安保」  角栄さんの肉声の意味と真意 (小田 敏三)
2017年10月 (日本記者クラブ)

「印象に残る世界の指導者は?」

私の質問に田中角栄元首相、角さんは間髪入れず答えた。
「周恩来だ」。「どんな点にですか?」とたたみかけると「官僚を束ねられる政治家だ」。

1983(昭和58)年9月。東京・目白の田中角栄邸応接間。
いつものように午前11時45分、早朝からの陳情時間が終わった。
私も帰り支度をしていたとき、偶然に最後の客を玄関先に送りに出てきた角さんから
声が掛かった。
「飯食っていけ。店屋物(出前)でいいか。チャーハンがいいな」。
思いもよらぬ誘い。それから1時間、幸運な2人きりの昼食となった。
だが角さんにとっては、1カ月後に5億円受託収賄罪に問われたロッキード事件の
一審判決が迫る、緊迫した時だった。

食事を取りながら、問わず語りに角さんが口を開いた。

「日中の国交回復は裏安保なんだ。新聞記者はそんなことも勉強していない」

34歳の私は9年目の駆け出し記者。角さんは65歳で政界の闇将軍。
勉強不足の駆け出し記者相手に怒るでもない、むしろ金権批判ばかりの日々にやりきれない
思いがにじんでいるようだった。

「日米安保によって日本は、国防を米国に任せ、自分たちは経済繁栄を享受できた。
これからは分からん。米ソ関係が悪いと日本に軍備の強化を要求してくる。
米国とソ連(ソビエト社会主義共和国連邦。1991年12月崩壊)、日本とソ連の間にいる
中国の数億の民が壁となれば、日本は経済繁栄を続けられる」

「日中は裏安保」。
角さんの肉声の意味と真意を確かめるべく私は、池田勇人元首相(故人)の秘書官だった
伊藤昌哉(故人)さんの元に走った。
日中国交回復交渉の際、田中首相に同行した外相が大平正芳(元首相・故人)さんであり、
大平さんの師は池田元首相である。

伊藤さんは聞くなり「本当に角さんがそう言ったのか」。
信じられないとばかりに何度も念を押された。「一字一句本当です」と言うと、感慨深そうに
語り始めた。

「池田が大平にずっと言い続けていた話だよ。日本が敗戦から立ち直り、経済繁栄を成し遂げ
たら、いずれ米国から軍備の増強を迫られる。その前に中国との国交正常化が大事だ、とな」

何度も何度もうなずきながら伊藤さん。
「そうか。大平の知恵と田中の決断があってこそ、日中国交回復は成し遂げられたんだな」

角さんの「功」と「罪」が語られるとき、いつも思い出すエピソードのひとつだ。

「日中裏安保論」から1カ月後の10月12日、「懲役4年、追徴金5億円」の実刑判決が
出された。

私は言い渡しの瞬間を間近で見た。こめかみがピクリと動き、ギュッと握りしめた拳が
みるみる赤みを増す。
被告席に戻る際、記者席に向けた鋭い眼光は怒気を含んでいた。

1984(昭和59)年6月、角さんは新潟日報の6時間インタビューに応じた。
雑談になったときだ。

「いいか! 将来、事を成すには広大なる中間地帯をつくれ。
本当の味方はせいぜい2人。
地獄の釜は狭いんだ。敵は1人でも少なくしろ」

自らに言い聞かせるように、まくし立てていたのが印象的だった。

(おだ・としぞう 新潟日報社代表取締役社長)

日中国交の背景に「日中裏安保」があったというのは驚きだ。

日本が再軍備を迫られることなく、平和と経済発展を維持することが
目的だったのか~。

後世の国民が安全で安心で豊かな暮らしが出来るように
「今決断し、行動する」のが本当の政治家なんだな~としみじみ思う。


===【 PR 】===================================

【予算会計エクスプレス製品サイト】
https://yosankaikei.jp/?utm_source=yosankaikei

【月例セミナーのご案内】

予算実務演習 【基礎編】  
1.中期経営計画の作成演習
2.次年度予算の作成演習
3.予実管理の作成演習
4.着地予想の作成演習
電卓持参

・予算会計エクスプレスのデモ説明
 (日本初の予算を仕訳化するシステム【特許取得】)


是非、お気軽にご参加下さい。

セミナー内容・申込みはこちらか
      ↓
http://www.3cc.co.jp/seminar/top.php


============================================


===【 PR 】===================================

改訂増補「予算会計」(清文社)<共著>

-連結キャッシュ・フロー予算 の構築-
〈特徴〉
予算PL・BS・CF・資金計画の月次・部門別・予実管理・着地予想・
連結までのプロセス解説(数値連動)

はじめに
https://www.3cc.co.jp/user/files/2015.12kaiteizouho.yosankaikei.hajimeni.pdf

アマゾン
https://amzn.to/2dbzlQL

マイナスの評価コメントも読んでみて下さい。

============================================


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



実践編「予算会計会員」サービスのトピックス

下記の資料がダウンロードできます。

・「改訂増補 予算会計」(清文社)の全体が鳥瞰できる「予算作成・管理フロー図」

・改訂増補「予算会計」の演習版(EXCEL)

 第1問「実績予想:売上高」(EXCEL)
 第2問「実績予想:売掛金」(EXCEL)

・改訂増補「予算会計」の理解のポイント解説資料:中期経営計画管理資料(EXCEL)

・改定増補「予算会計」対応のエクセル資料演習問題1、2に対応しております。

構成は下記の通りです。

NO.1実績予想:担当者別相手先別販売計画表(田辺雄一・W社)
NO.2実績予想:担当者別相手先別販売計画表(鈴木一也・Z社)
NO.3実績予想:全社販売計画書
NO.4実績予想:損益計算書
NO.5次期予算編成方針:1.当期実績の概況と課題
NO.6実績予想:商品仕入兼在庫計画書
NO.7実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(田辺雄一・W社)
NO.8実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(鈴木一也・Z社)
NO.9実績予想:全社売上代金回収計画書
NO.10実績予想:消費税等計画書
NO.11実績予想:月次資金計画書
NO.12実績予想:比較貸借対照表
NO.13実績予想:キャッシュ・フロー組替仕訳
NO.14実績予想:キャッシュ・フロー計算書

第3問「予算編成方針:目標利益の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第4問「予算編成方針:目標売上高の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第5問「予算作成:売上高関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第6問「予算作成:売掛金・月次売上代金回収収入」(問題編・解説編・EXCEL)
第7問「予算作成:CF(直接法)「営業収入」関係・
   CF(間接法)売上債権の増減額関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第8問「予算作成:月次予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第9問「予算作成:部門別予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第10問「予算作成:連結予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第11問「当期実績予想:仕入高・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第12問「当期実績予想:買掛金関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第13問「予算編成方針:売上原価・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)

実践型のEXCEL計算シートもダウンロードできます。

・取締役会提出用「月次予実報告書(月次発生ベース)」
・取締役会提出用「月次予実報告書(月次累計ベース)」
・取締役会提出用「月次予算報告書(業績予想報告含む)」
・取締役会提出用「月次着地予想報告書(業績予想修正報告含む)」

・設例と図表による企業予算編成マニュアル<清文社>の第1章~第3章
 (リニューアル)

システム化等、より実践的な取組みに関心のある会計人の方
こちらから登録できます
   ↓
https://www.3cc.co.jp/yosanmember/top.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


スポンサーサイト
プロフィール

公認会計士・税理士 児玉厚

Author:公認会計士・税理士 児玉厚
-----------------------------------

はじめまして、児玉厚と申します。

私は、「予算会計」という新たな学問分野があっても良いのではないかと思っています。みなさんと一緒に、良い意味での「キャッチボール」をしながら、「予算会計」という分野を創っていければと思っています。


【自己紹介】
児 玉 厚(公認会計士・税理士)

<略歴> 

商社財務部の経理マン、
    監査法人の会計監査人、
         そして企業経営者に



昭和57年埼玉大学経済学部卒業。

神鋼商事㈱財務部、東陽監査法人を経て、
ゼロから起業を決意し、現在は、(株)スリー
・シー・コンサルティング
 代表取締役。


「決算報告エクスプレス・宝決算Ⅹプレス
(開示決算自動化システム)」<特許取得>

どれかひとつの立場に偏らず、全てを歩んできたからこそ見出すことができた「本質」を、みなさんにお伝えし、共有し、新しい時代における経理部の形、会計の世界を創造したいと真剣に考えています。


<主要著書>
『会社法決算書完全作成ガイド』
『開示決算ガイドブック』
『企業予算編成マニュアル』(清文社)
『有価証券報告書完全作成ガイド』(清文社)
『予算会計』(清文社)
 NEW!『<改定増補>予算会計』(清文社)

お知らせ
▼連載のお知らせ(11/2~)
税務研究会の「経営財務」にて3週連載します
 『キャッシュ・フロー予算制度構築』
第1回 損益予算からキャッシュ・フロー予算へ
第2回 キャッシュ・フロー予算の理解
第3回 キャッシュ・フロー予算制度構築の実務的ポイント
▼新刊発売のお知らせ
『<改定増補>予算会計』
キャッシュフロー予算作成プロセスの全体像が理解できる!
企業における目標管理の構築、実績の適正性を担保するために重要な財務諸表の作成手順を具体的に解説
新たに「応用編」を追加し、消費税率アップ等を織り込んだ最新版
 
book

カレンダー(月別)
11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
【カテゴリーツリー】
登録フォーム
20141127110808807.jpg


氏名
姓: 名:
E-Mail ※



ご登録いただきました個人情報につきまして

※「予算会計メールマガジン」は、いつでも配信解除できるようにしております。
 その都度お届けするメールマガジンの文末に、常に配信解除URLを設置しております。

※ご登録いただきました情報は、予算会計メールマガジンの配信以外では一切利用いたしません。
 よって、予算会計メールマガジン以外の不必要な情報が届くことは一切ございません。
リンク
ogo_mini.gif


kaijikaikeiblog.jpg


zaimu.gif


seibunsha.jpg


メール
kaijikaikeiblog.jpg
著書に関するご質問もお受けしています。
メールでお気軽にお問い合わせください。