FC2ブログ
ホーム   »  未分類  »  ブログ 予算会計を学ぶ 第1587回 「火曜日テーマ:『企業予算編成マニュアル』解説」
このブログ『予算会計を学ぶ』では、日々配信している無料の【予算会計メールマガジン】の内容を一部公開していきます。
内容をご覧いただき、是非メルマガ登録お願いします。

無料の予算会計メールマガジンの登録はコチラ




ブログ 予算会計を学ぶ 第1587回 「火曜日テーマ:『企業予算編成マニュアル』解説」


━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━
本日のINDEX

1.「火曜日テーマ:『企業予算編成マニュアル』解説」

<曜日別配信内容>

月曜日:予算会計クイズ 
火曜日:『企業予算編成マニュアル』解説
水曜日:業績予想の修正理由一覧
木曜日:予算実務知識Q&A
金曜日:予算実務のポイント

2.編集後記  
━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━


<ほっと川柳>

「 大輔の
   復活勝利
    おめでとう!



中日・松坂大輔投手(37)が、日本球界では4241日ぶりとなる白星をつかんだ。
今季3度目の先発で6回114球、3安打でDeNA打線を1点に抑え、移籍後初勝利。
日本では西武時代の2006年9月19日ソフトバンク戦以来の勝利となった。

日本では通算109勝目、日米通算165勝目となった。

松坂は1998年に横浜高で春夏の甲子園を連覇。
2006年WBC第1回と2009年の第2回目の連覇に貢献し、2大会連続のMVP。
プロ野球では、西武で活躍し、2007年からは米大リーグのレッドソックスに移籍し、
ワールドシリーズで優勝した。

まさにスター街道を歩んできた。

====================================

● 予算会計メルマガ

「直接法(間接法)の予算キャッシュ・フロー計算書」(帳票)の完成

● 編集後記

===================================


● 予算会計メルマガ 

「直接法(間接法)の予算キャッシュ・フロー計算書」(帳票)の完成


 「企業予算編成マニュアル」<共著>(清文社)での直接法の予算キャッシュ・
  フロー計算書のP310を解説します。

 注:現在、同書の在庫はありません。

 このメルマガで内容を説明して行きます。
(18年前の出筆なので、多少アレンジします。)


(3) 次期キャッシュ・フロー計算書の作成

~つづく~


「次期キャッシュ・フロー計算書」作成のまとめを解説する。

 次期の営業部門、製造部門及び管理部門の予算基礎資料より、
「A:次期損益計算書」、「B:消費税等内訳表」
「C:次期比較貸借対照表」「D:次期株主資本等変動計算書」が
作成される。

 「C:次期比較貸借対照表」の「増減差額」を基礎として、
「A:次期損益計算書」、「B:消費税等内訳表」及び
「D:次期株主資本等変動計算書」の数値を組み合わせて
「次期キャッシュ・フロー計算書科目組替仕訳」を作成する。

「次期キャッシュ・フロー計算書科目組替仕訳」を転記して
作成したものが「【直接法】次期キャッシュ・フロー計算書」
である。

 何故、「次期キャッシュ・フロー計算書科目組替仕訳」
という方法を用いたかの理由は次の点にある。

 現実の予算実務において、次期キャッシュ・フロー計算書を
作成すると膨大なシミュレーション作業となり、次期キャッシュ
・フロー計算書」の「現金及び現金同等物の期末残高」と
「次期貸借対照表の現金及び預金-3カ月超定期預金」の金額
との整合性が取れず、原因究明のために膨大な時間を要する
ことになるだろう。
 「次期キャッシュ・フロー計算書科目組替仕訳」を使って
シミュレーションすれば、貸借不一致の仕訳に不整合の原因
があることになり、すぐに原因が発見できる。また、次期
キャッシュ・フロー計算書の作成プロセスの説明資料として
活用できる。


   「【直接法】次期キャッシュ・フロー計算書」

1.営業活動によるキャッシュ・フロー

 「営業収入」            「【1】 3,057,368千円」
 「原材料仕入・外注費等製造経費支出」「【2】△2,221,386千円」
 「人件費支出」           「【3】 △254,941千円」
 「その他の営業費支出」       「【4】 △352,359千円」
 「役員賞与の支払額」        「【5】△ 25,000千円」
 「小計」【1】~【5】計       「【6】 203,682千円」
 「利息及び配当金の受取額」     「【7】 5,798千円」
 「利息の支払額」          「【8】△122,000千円」
 「その他の営業外収入」       「【9】  2,100千円」
 「その他の営業外支出」        「【10】△1,050千円」
 「法人税等の支払額」        「【11】△96,245千円」

 「営業活動によるキャッシュ・フロー」
    【6】+【7】~【11】計   「【12】 △7,715千円」

2.投資活動によるキャッシュ・フロー

 「定期預金の預入による支出」    「【13】△160,000千円」
 「定期預金の払戻による収入」    「【14】  76,000千円」
 「有価証券の取得による支出」    「【15】    0千円」
 「有価証券の売却による収入」    「【16】    0千円」
 「有形固定資産の取得による支出」  「【17】△147,000千円」
 「有形固定資産の売却による収入」  「【18】 500,000千円」
 「投資有価証券の取得による支出」  「【19】    0千円」
 「投資有価証券の売却による収入」  「【20】    0千円」
 「貸付による支出」         「【21】    0千円」
 「貸付金の回収による収入」     「【22】    0千円」

 「投資活動によるキャッシュ・フロー」
        【13】~【22】計   「【23】 269,000千円」


3.財務活動によるキャッシュ・フロー

 「短期借入による収入」       「【24】 500,000千円」
 「短期借入金の返済による支出」   「【25】△400,000千円」
 「長期借入による収入」       「【26】    0千円」
 「長期借入金の返済による支出」   「【27】△150,000千円」
 「社債の発行による収入」      「【28】    0千円」
 「社債の償還による支出」      「【29】    0千円」
 「株式の発行による収入」      「【30】    0千円」
 「自己株式の取得による支出」    「【31】    0千円」
 「自己株式の処分による収入」    「【32】    0千円」
 「配当金の支払額」         「【33】△15,000千円」

 「財務活動によるキャッシュ・フロー」
        【24】~【33】計   「【34】△65,000千円」

4.「現金及び現金同等物に係る換算差額」 「【35】   0千円」

5.「現金及び現金同等物の増加額(または減少額)」
   【12】+【23】+【34】+【35】=「【37】196,285千円」

6.「現金及び現金同等物の期首残高」  「【38】132,082千円」

7.「現金及び現金同等物の期末残高」  「【39】328,367千円」
  【37】+【38】=【39】

 「次期キャッシュ・フロー計算書」は、次期比較貸借対照表の
「現金及び預金(3カ月超定期預金除く)の増減内訳」を示している。

営業活動によるキャッシュ・フローは、次期損益計算書の
当期純利益に対応するキャッシュ・フローを示している。
 また、小計欄は営業利益に対応するキャッシュ・フローを示して
いる。
 しかし、その差異原因は、「直接法」では明らかにならない。
 「間接法」の場合には、「差異原因」が示される。


【間接法】「キャッシュ・フロー計算書」

1.営業活動によるキャッシュ・フロー

税引前当期純利益             132,947千円

減価償却費                   78,680千円
売上債権の増減額          △13,882千円
たな卸資産の増減額       △178,954千円
仕入債務の増減額          △8,774千円
未払消費税等の増減額         1,473千円
未払金(未払営業費)の増減額        41千円
貸倒引当金の増減額           111千円
賞与引当金の増減額          1,473千円
退職給付引当金の増減額       10,456千円
役員退職慰労引当金の増減額      20,833千円
受取利息及び配当金         △5,672千円
支払利息              129,000千円
固定資産売却益             △-千円
固定資産売却損            50,000千円
固定資産除却損            5,000千円
有価証券売却益             △-千円
有価証券売却損              -千円
有価証券評価損              -千円
投資有価証券売却益           △-千円
投資有価証券売却損            -千円
投資有価証券評価損            -千円
役員賞与の支払額          △25,000千円
その他                 5,950千円

小計                 203,682千円

利息及び配当金の受取額         5,798千円
利息の支払額            △122,000千円
その他                 1,050千円
法人税等支払額           △96,245千円

営業活動によるキャッシュ・フロー  △7,715千円

 「営業活動によるキャッシュ・フロー +投資活動によるキャシュ・
フロー=フリーキャッシュ・フロー」がプラスか否かも重要な点で
ある。投資活動が営業キャッシュ・フローの範囲内で健全に行われて
いるかの判断の資料となる。

「財務活動によるキャッシュ・フロー」には、資金の調達及び
返済等の資金の流れが示される。

 有利子負債の大きい場合や巨額の投資等が必要な場合には、
特にその内容の客観性が重要となる。

 予算編成方針の「目標営業活動によるキャッシュ・フロー」が
クリアーしているかを検証する。

 総合予算書として、予算委員会へ提出する。

[コメント]
  
(1) 月次資金計画書との整合性を図る。

(2)  ある予算数値(販売単価・販売数量等)の変化が
  「次期キャッシュ・フロー計算書」にどのような変化を
  及ぼすかを深く理解する。

(3) 予算上のリスクを事前に洗い出し、対応策を検討する。

(4) 「目標営業活動によるキャッシュ・フロー」の実現に
  向けて社員の行動が自動的に連動してゆく様に、
  「評価制度」とリンクさせる。



              ~つづく~

予算会計メルマガ読者は
「直接法(間接法)の予算キャッシュ・フロー計算書」(帳票)を
含む予算帳票一式をダウンロードできます。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 「予算会計メルマガ」のご案内

CFOや経営企画や経理の方の愛読者が多数!

是非、お気軽にご登録下さい。

月:予算会計クイズ 
火:企業予算編成マニュアル
水:業績予想の修正理由
木:予算実務知識Q&A
金:予算実務のポイント

http://www.3cc.co.jp/yosan/top.php

時事ネタの予算川柳のファンも多い!

執筆者:代表取締役 (公認会計士) 児玉 厚
(主な書籍)・改訂増補「予算会計」・
「企業予算編成マニュアル」(清文社・共著)

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



   ~続く~


2.編集後記  


<ほっと川柳>

「 大輔の
   復活勝利
    おめでとう!



中日・松坂大輔投手(37)が、日本球界では4241日ぶりとなる白星をつかんだ。
今季3度目の先発で6回114球、3安打でDeNA打線を1点に抑え、移籍後初勝利。
日本では西武時代の2006年9月19日ソフトバンク戦以来の勝利となった。

日本では通算109勝目、日米通算165勝目となった。

松坂は1998年に横浜高で春夏の甲子園を連覇。
2006年WBC第1回と2009年の第2回目の連覇に貢献し、2大会連続のMVP。
プロ野球では、西武で活躍し、2007年からは米大リーグのレッドソックスに移籍し、
ワールドシリーズで優勝した。

まさにスター街道を歩んできた。

野球人生が180度変わったのは長年の肩の酷使のためだろう、2011年に右肩の手術を受ける。
その後は苦しいリハビリが続き、ドジャース、メッツに移籍したが戦力外となった。

15年にソフトバンクに入団したが昨季オフに戦力外通告を受け、現役続行を望んで退団。
今年1月の入団テストを経て中日に加わった。

昨年は2度目の手術を受けたこともあり、キャッチボールすら出来なかったという。

まさにどん底から這い上がった復活の1勝だ。

松坂大輔
「あんなに喜んだのは初めて。久しぶり過ぎて、喜び方を忘れてたのかな」

試合後、今季最多の3万6000人超が詰めかけたスタンドに向かって、
「僕のことを知らない子たちにも覚えてもらえるように、頑張る」と呼びかけた。

ウイニングボールをどうするのか尋ねられると
「実は今日は母親の誕生日なんですけど、申し訳ないですけど、
家族に渡します。(母親には)勝利というのだけプレゼントさせてください。
ボールは妻(倫世さん=43)に、(3人の)子供たちに渡したいと思います」
と苦笑いだった。

確かに松坂を支え続けたのは家族だろう。

家族の勝利でもあるのだろう。


松坂大輔の座右の銘は

「目標が、その日その日を支配する」という言葉。

これは横浜高校創立者黒土四郎が愛した詩の一節だ。

日々目標に向かって、切磋琢磨してきたからこそ
奇跡の1勝が生まれたのだろう。


「松坂大輔の第二章」を期待したい。

松坂大輔!本当におめでとう!

===【 PR 】===================================

【予算会計エクスプレス製品サイト】
https://yosankaikei.jp/?utm_source=yosankaikei

【月例セミナーのご案内】

予算実務演習 【基礎編】  
1.中期経営計画の作成演習
2.次年度予算の作成演習
3.予実管理の作成演習
4.着地予想の作成演習
電卓持参

・予算会計エクスプレスのデモ説明
 (日本初の予算を仕訳化するシステム【特許取得】)


是非、お気軽にご参加下さい。

セミナー内容・申込みはこちらか
      ↓
http://www.3cc.co.jp/seminar/top.php


============================================


===【 PR 】===================================

改訂増補「予算会計」(清文社)<共著>

-連結キャッシュ・フロー予算 の構築-
〈特徴〉
予算PL・BS・CF・資金計画の月次・部門別・予実管理・着地予想・
連結までのプロセス解説(数値連動)

はじめに
https://www.3cc.co.jp/user/files/2015.12kaiteizouho.yosankaikei.hajimeni.pdf

アマゾン
https://amzn.to/2dbzlQL

マイナスの評価コメントも読んでみて下さい。

============================================


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



実践編「予算会計会員」サービスのトピックス

下記の資料がダウンロードできます。

・「改訂増補 予算会計」(清文社)の全体が鳥瞰できる「予算作成・管理フロー図」

・改訂増補「予算会計」の演習版(EXCEL)

 第1問「実績予想:売上高」(EXCEL)
 第2問「実績予想:売掛金」(EXCEL)

・改訂増補「予算会計」の理解のポイント解説資料:中期経営計画管理資料(EXCEL)

・改定増補「予算会計」対応のエクセル資料演習問題1、2に対応しております。

構成は下記の通りです。

NO.1実績予想:担当者別相手先別販売計画表(田辺雄一・W社)
NO.2実績予想:担当者別相手先別販売計画表(鈴木一也・Z社)
NO.3実績予想:全社販売計画書
NO.4実績予想:損益計算書
NO.5次期予算編成方針:1.当期実績の概況と課題
NO.6実績予想:商品仕入兼在庫計画書
NO.7実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(田辺雄一・W社)
NO.8実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(鈴木一也・Z社)
NO.9実績予想:全社売上代金回収計画書
NO.10実績予想:消費税等計画書
NO.11実績予想:月次資金計画書
NO.12実績予想:比較貸借対照表
NO.13実績予想:キャッシュ・フロー組替仕訳
NO.14実績予想:キャッシュ・フロー計算書

第3問「予算編成方針:目標利益の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第4問「予算編成方針:目標売上高の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第5問「予算作成:売上高関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第6問「予算作成:売掛金・月次売上代金回収収入」(問題編・解説編・EXCEL)
第7問「予算作成:CF(直接法)「営業収入」関係・
   CF(間接法)売上債権の増減額関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第8問「予算作成:月次予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第9問「予算作成:部門別予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第10問「予算作成:連結予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第11問「当期実績予想:仕入高・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第12問「当期実績予想:買掛金関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第13問「予算編成方針:売上原価・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)

実践型のEXCEL計算シートもダウンロードできます。

・取締役会提出用「月次予実報告書(月次発生ベース)」
・取締役会提出用「月次予実報告書(月次累計ベース)」
・取締役会提出用「月次予算報告書(業績予想報告含む)」
・取締役会提出用「月次着地予想報告書(業績予想修正報告含む)」

・設例と図表による企業予算編成マニュアル<清文社>の第1章~第3章
 (リニューアル)

システム化等、より実践的な取組みに関心のある会計人の方
こちらから登録できます
   ↓
https://www.3cc.co.jp/yosanmember/top.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


スポンサーサイト
プロフィール

公認会計士・税理士 児玉厚

Author:公認会計士・税理士 児玉厚
-----------------------------------

はじめまして、児玉厚と申します。

私は、「予算会計」という新たな学問分野があっても良いのではないかと思っています。みなさんと一緒に、良い意味での「キャッチボール」をしながら、「予算会計」という分野を創っていければと思っています。


【自己紹介】
児 玉 厚(公認会計士・税理士)

<略歴> 

商社財務部の経理マン、
    監査法人の会計監査人、
         そして企業経営者に



昭和57年埼玉大学経済学部卒業。

神鋼商事㈱財務部、東陽監査法人を経て、
ゼロから起業を決意し、現在は、(株)スリー
・シー・コンサルティング
 代表取締役。


「決算報告エクスプレス・宝決算Ⅹプレス
(開示決算自動化システム)」<特許取得>

どれかひとつの立場に偏らず、全てを歩んできたからこそ見出すことができた「本質」を、みなさんにお伝えし、共有し、新しい時代における経理部の形、会計の世界を創造したいと真剣に考えています。


<主要著書>
『会社法決算書完全作成ガイド』
『開示決算ガイドブック』
『企業予算編成マニュアル』(清文社)
『有価証券報告書完全作成ガイド』(清文社)
『予算会計』(清文社)
 NEW!『<改定増補>予算会計』(清文社)

お知らせ
▼連載のお知らせ(11/2~)
税務研究会の「経営財務」にて3週連載します
 『キャッシュ・フロー予算制度構築』
第1回 損益予算からキャッシュ・フロー予算へ
第2回 キャッシュ・フロー予算の理解
第3回 キャッシュ・フロー予算制度構築の実務的ポイント
▼新刊発売のお知らせ
『<改定増補>予算会計』
キャッシュフロー予算作成プロセスの全体像が理解できる!
企業における目標管理の構築、実績の適正性を担保するために重要な財務諸表の作成手順を具体的に解説
新たに「応用編」を追加し、消費税率アップ等を織り込んだ最新版
 
book

カレンダー(月別)
07 ≪│2018/08│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
【カテゴリーツリー】
登録フォーム
20141127110808807.jpg


氏名
姓: 名:
E-Mail ※



ご登録いただきました個人情報につきまして

※「予算会計メールマガジン」は、いつでも配信解除できるようにしております。
 その都度お届けするメールマガジンの文末に、常に配信解除URLを設置しております。

※ご登録いただきました情報は、予算会計メールマガジンの配信以外では一切利用いたしません。
 よって、予算会計メールマガジン以外の不必要な情報が届くことは一切ございません。
リンク
ogo_mini.gif


kaijikaikeiblog.jpg


zaimu.gif


seibunsha.jpg


メール
kaijikaikeiblog.jpg
著書に関するご質問もお受けしています。
メールでお気軽にお問い合わせください。