FC2ブログ
ホーム   »  2018年11月
Archive | 2018年11月
このブログ『予算会計を学ぶ』では、日々配信している無料の【予算会計メールマガジン】の内容を一部公開していきます。
内容をご覧いただき、是非メルマガ登録お願いします。

無料の予算会計メールマガジンの登録はコチラ




ブログ 予算会計を学ぶ 第1712回 「月曜日テーマ:予算会計クイズ_Q159」


予算会計エクスプレス事業関連が多忙を極めており、
当面、配信は不定期とさせていただきます。

申し訳ありません。


━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━
本日のINDEX
━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━

1.「月曜日テーマ:予算会計クイズQ159」

<曜日別配信内容>

月曜日:予算会計クイズ 
火曜日:『企業予算編成マニュアル』解説
水曜日:業績予想の修正理由一覧
木曜日:予算実務知識Q&A
金曜日:予算実務のポイント


2.編集後記  

<ほっと川柳>

「 アルゼンチン
   杏奈(アンナ)の舞台
     感動す! 」


保育園の役員を一緒にやっている
中学時代の友人は奥様が
日本のアルゼンチンタンゴの第一人者である
冴木杏奈さんを長年支援しており、
時々誘われ、コンサートへ出かける。

86歳になる母と家内が二人で観にゆくこともある。

家内には感謝している。

先週の土曜日は、3枚チケットを買ったので
私も行くことになった。

仕事は多忙を極めているが、何とか時間に間に合った。

三越劇場での日本アルゼンチン外交樹立120周年記念
「南十字星へのプレリュード」の舞台だった。


・・・編集後記

――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.「月曜日テーマ:予算会計クイズQ159」
――――――――――――――――――――――――――――――――――

(予算会計クイズ159)

Q. 下記のホテル別月次損益計画表の4月の宿泊売上予算を算定しなさい。

4月の土日祭日数=10日・・・(1)
4月の平日日数 =20日・・・(2)
営業部屋数=100部屋・・・(3)
土日祭日の予定OCC:Occupancy Ratio(稼働率)=90%・・・(4)
平日の  予定OCC:Occupancy Ratio(稼働率)=80%・・・(5)
土日祭日の部屋単位の平均宿泊単価=20千円・・・(6)
平日  の部屋単位の平均宿泊単価=10千円・・・(7)

【解答・解説】

4月の土日祭日の売上予算
=(3)100部屋×(4)90%×(6)20千円×(1)10日=18,000千円・・・(8)
4月の平日の売上予算
=(3)100部屋×(5)80%×(7)10千円×(2)20日=16,000千円・・・(9)
4月売上予算=(8) 18,000千円+(9)16,000千円=34,000千円



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
2.「編集後記」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

<ほっと川柳>

「 アルゼンチン
   杏奈(アンナ)の舞台
     感動す! 」


保育園の役員を一緒にやっている
中学時代の友人は奥様が
日本のアルゼンチンタンゴの第一人者である
冴木杏奈さんを長年支援しており、
時々誘われ、コンサートへ出かける。

86歳になる母と家内が二人で観にゆくこともある。

家内には感謝している。

先週の土曜日は、3枚チケットを買ったので
私も行くことになった。

仕事は多忙を極めているが、何とか時間に間に合った。

三越劇場での日本アルゼンチン外交樹立120周年記念
「南十字星へのプレリュード」の舞台だった。

アルゼンチンの首都ブエノスアイレスの特別区ラ・ボカで育ったマルタ(長女)、
アナ(次女)、エバ(三女)、マリア(四女)のロペス家の四姉妹は、早くに母を亡くし、
父レオポルドが4人の娘を男手ひとつで育てた。
「北の空には北極星があるが、南の空には目印がなかったので、船乗りは4つの
南十字星を頼りに後悔をしていた。
 おまえたち4人はまさに南十字星だ」というのが父レオポルドの口ぐせだった。
 中でも、次女のアナは歌がうまく、街中でも有名で、父レオポルドは「いつか
みんなにお前の歌声を届けなさい」と言っていた。

 17歳の祭りの日、アナの歌声を聴いた芸能プロダクションを名乗る男がデビュー
の話を持ちかける。

 アナはデビューをしたいと懇願するが、父レオポルドは大反対し、勘当を言い渡した。
 アナは家を飛び出して18年が経過していた。

  アナは国民的歌手になって人気絶頂だったが、貧しい人たちを助ける為のアナ基金の
不正流用が発覚し、アナは失踪していた。

 三女のエバは父レオポルドと共に暮らしていたが、他の姉妹たちはそれぞれの道を歩み、
長年バラバラな人生を送っていた。

 生活の資金は隣の夫婦が宝くじに当たったということで家賃や食費や学費を支援してくれた、

 そんな時、男手ひとつで四姉妹を育てて来たレオポルドが余命宣告を受け、エバが二人の姉と
妹に手紙を出して四姉妹がロペス家に集まってくることになる

父と大喧嘩をして家を飛び出し、その後、国民的歌姫となったアナは、18年振りの帰郷。

マルタ(長女)もマリア(四女)も薄情なアナ(次女)へ嫌味をはく。

アナはその批判の言葉を受け入れる。

そんな時、隣の夫婦がアナとの約束を打ち明ける。

17歳で家を出たアナは隣の夫婦と、家族の様子を教える代わりにアナの近況も教える約束をし、
定期的に手紙をくれた。

デビューを夢見て都会に出たが、その話はでっち上げでキャバレーで歌わされることになり、
逃げ出したが、帰る場所もないので、路上で歌を歌っていた。
ある日、お店で歌を歌ってくれないかという話が来て、毎日ステージで歌った。

噂が広がり、著名なプロデューサーの目にとまり、デビューすることになり、たちまち
国民的人気歌手になる。 貧しい人たちを支援するアナ基金を立ち上げる。
多くの人たちからの募金が集まっていた。

ある日、芸能記者が事務所の前に群がっている。

アナはプロデューサーに訳を聞く。

プロデューサーは答える。

「新しい事業に失敗し、アナ基金のお金を流用した」

アナはあまりのショックで失踪し、また声が出来なくなる。

マルタ(長女)もマリア(四女)は家を出たアナを探しにゆく。

波止場にいたアナ(次女)に謝り、抱き合う。

そこに父レオポルド危篤の知らせが入り、家に戻る。

隣の夫婦が最後の秘密を打ち明ける。

毎月の家賃や生活費や学費のお金はみんなアナが
送金し続けたお金で、アナからは内緒にする約束だったと。

父レオポルドは「最後にアナを歌が聞きたい」と
つぶやく。

アナは「歌いたいけど声が出なくなってしまった」と打ち明ける。

マルタ(長女)もエバ(三女)もマリア(四女)も
「アナなら歌える。自分を信じて」と訴える。

アナはたどたどしい歌声で歌い始める。
やがて本来の歌声に戻った。

四姉妹はは父レオポルドと抱き合う。

父レオポルドは最後にこう言う。

「お前たち4姉妹は南十字星だ。
 これからそれぞれの新しい一歩を
 踏み出してくれ。わしはいつも
 見守っているよ」


父レオポルドは旅立つ。

悲しみの中、アナはもう一度ゼロから
歌手を始めることを誓う。


とても感動的な舞台だった。

ロングランでやってほしいと思った。

母も家内も感動していた。

精神的な疲れを取る、最高の薬は
「感動」だなと思った。

===【 PR 】===================================

◇有報「経営者による対目標分析」の開示事例セミナー(無料)

1.分析結果と特徴点
2.投資家との対話促進の観点からの望ましい開示事例
3.計画開示の開示方法のあり方と課題

【追加開催】

11月21日(水)

14:30~17:00
(株)スリー・シー・コンサルティング

URL: https://yosankaikei.jp/seminar/

============================================


===【 PR 】===================================

【予算会計エクスプレス製品サイト】
https://yosankaikei.jp/?utm_source=yosankaikei

【月例セミナーのご案内】

無料予算実務演習 【基礎編】
 
1.中期経営計画の作成演習
2.次年度予算の作成演習
3.予実管理の作成演習
4.着地予想の作成演習
電卓持参

・予算会計エクスプレスのデモ説明
 (日本初の予算を仕訳化するシステム【特許取得】)


11月9日(金)

14:30~17:00
(株)スリー・シー・コンサルティング

是非、お気軽にご参加下さい。

セミナー内容・申込みはこちらか
      ↓
http://www.3cc.co.jp/seminar/top.php



============================================


===【 PR 】===================================

改訂増補「予算会計」(清文社)<共著>

-連結キャッシュ・フロー予算 の構築-
〈特徴〉
予算PL・BS・CF・資金計画の月次・部門別・予実管理・着地予想・
連結までのプロセス解説(数値連動)

はじめに
https://www.3cc.co.jp/user/files/2015.12kaiteizouho.yosankaikei.hajimeni.pdf

アマゾン
https://amzn.to/2dbzlQL

マイナスの評価コメントも読んでみて下さい。

============================================



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



実践編「予算会計会員」サービスのトピックス

下記の資料がダウンロードできます。

・「改訂増補 予算会計」(清文社)の全体が鳥瞰できる「予算作成・管理フロー図」

・改訂増補「予算会計」の演習版(EXCEL)

 第1問「実績予想:売上高」(EXCEL)
 第2問「実績予想:売掛金」(EXCEL)

・改訂増補「予算会計」の理解のポイント解説資料:中期経営計画管理資料(EXCEL)

・改定増補「予算会計」対応のエクセル資料演習問題1、2に対応しております。

構成は下記の通りです。

NO.1実績予想:担当者別相手先別販売計画表(田辺雄一・W社)
NO.2実績予想:担当者別相手先別販売計画表(鈴木一也・Z社)
NO.3実績予想:全社販売計画書
NO.4実績予想:損益計算書
NO.5次期予算編成方針:1.当期実績の概況と課題
NO.6実績予想:商品仕入兼在庫計画書
NO.7実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(田辺雄一・W社)
NO.8実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(鈴木一也・Z社)
NO.9実績予想:全社売上代金回収計画書
NO.10実績予想:消費税等計画書
NO.11実績予想:月次資金計画書
NO.12実績予想:比較貸借対照表
NO.13実績予想:キャッシュ・フロー組替仕訳
NO.14実績予想:キャッシュ・フロー計算書

第3問「予算編成方針:目標利益の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第4問「予算編成方針:目標売上高の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第5問「予算作成:売上高関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第6問「予算作成:売掛金・月次売上代金回収収入」(問題編・解説編・EXCEL)
第7問「予算作成:CF(直接法)「営業収入」関係・
   CF(間接法)売上債権の増減額関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第8問「予算作成:月次予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第9問「予算作成:部門別予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第10問「予算作成:連結予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第11問「当期実績予想:仕入高・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第12問「当期実績予想:買掛金関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第13問「予算編成方針:売上原価・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)

実践型のEXCEL計算シートもダウンロードできます。

・取締役会提出用「月次予実報告書(月次発生ベース)」
・取締役会提出用「月次予実報告書(月次累計ベース)」
・取締役会提出用「月次予算報告書(業績予想報告含む)」
・取締役会提出用「月次着地予想報告書(業績予想修正報告含む)」

・設例と図表による企業予算編成マニュアル<清文社>の第1章~第3章
 (リニューアル)

システム化等、より実践的な取組みに関心のある会計人の方
こちらから登録できます
   ↓
https://www.3cc.co.jp/yosanmember/top.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

スポンサーサイト

ブログ 予算会計を学ぶ 第1713回 「火曜日テーマ:『企業予算編成マニュアル』解説」


━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━
本日のINDEX

1.「火曜日テーマ:『企業予算編成マニュアル』解説」

<曜日別配信内容>

月曜日:予算会計クイズ 
火曜日:『企業予算編成マニュアル』解説
水曜日:業績予想の修正理由一覧
木曜日:予算実務知識Q&A
金曜日:予算実務のポイント

2.編集後記  
━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━


ほっと川柳

「 RPA
会計人の
     必須スキル!」


本日の日経新聞にこんな記事が掲載された。

ソフトバンク、6800人配置転換
通信部門から新規事業へ


ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は5日記者会見し、携帯電話の通信料金を
値下げすることを明らかにした。
2019年度から格安ブランドのワイモバイルの料金を1~2割程度下げる。

通信事業に携わる従業員約6800人を新規事業に配置転換し、RPA
(ロボティック・プロセス・オートメーション)に置き換えてコストを削減する。

・・・編集後記


====================================

● 予算会計メルマガ

【絶版】「企業予算編成マニュアル」<共著>(清文社)
「予算編成方針と中期経営計画について」(P31~35)


===================================

● 予算会計メルマガ 

メルマガ 予算会計を学ぶ 【絶版】「企業予算編成マニュアル」<共著>
(清文社)(1)「現状のまま推移した場合の3年後の企業の姿」の予測と
「3年後のあるべき企業の姿<中期経営目標>」の決定

 2000年発刊なので、陳腐化している部分についてはコメントを付し、
読み替えていただけるようにして行きたいと考えています。

 また、関連予算基礎データも同時に提供してゆきます。

メルマガ 予算会計を学ぶ 【絶版】「企業予算編成マニュアル」<共著>
(清文社)(1)「現状のまま推移した場合の3年後の企業の姿」の予測と
「3年後のあるべき企業の姿<中期経営目標>」の決定「企業予算編成マニュアル」
<共著>(清文社)のP31~35


【1】「収益構造面」


 企業の収益構造を簡便に説明する手法として、

「限界利益図表」があります。

利益は売上高から費用を差し引いて計算されます。
 
 この費用を

「a:売上高に比例して増減する性格を持つ費用」と、

「b:売上高の増減と関係なく行って額発生する性格を持つ費用」

 に区分します。

 a:前者を「変動費」、b後者を「固定費」という。

 例えば、売上原価や販売手数料等がa:「変動費」、

賃借料や減価償却費等が b:「固定費」

 に該当します。

 このことを前提として「利益算定式」を展開していくと、

以下の関係が成立します。

 売上高 -費用           =利益

 売上高 -(a:変動費+b:固定費)=利益

 売上高 -(a:変動費)        =利益+(b:固定費)

 (c:限界利益)            =利益+(b:固定費)


 (c:限界利益)が「ゼロ」の場合には、

「(c:限界利益)=(b:固定費)」となります。

 (c:限界利益)=売上高×{(c:限界利益)÷売上高}
  
        =売上高×「限界利益率」      


∴ 売上高×「限界利益率」       =(b:固定費)

  損益分岐点売上高 = (b:固定費)÷「限界利益率」


 上記の関係を図表で表したものを「限界利益図表」という。

 残念ながら、ブログでは図示することができない。


 上記の点を前提として

「中期経営計画策定のプロセス」を表したものが

 次の「(1)収益構造ギャップの把握」です。


 設例の企業モデルに基づいて説明すると、次の様になります。


1.「現状」:当社の現状の収益構造は、

  「売上高:2,850百万円」「限界利益率:24%」「経常損失:54百万円」

  です。

 自社の経営分析および経営環境の分析をすると、

 現状のまま推移した場合には、

 人件費等の増加により、「(b:固定費):1,000百万円」に増加します。

 特にA商品の価格競争が激化することにより、

 「限界利益率:15%」に大きく低下します。

 さらに「販売数量」も伸び悩み、「売上高:3,000百万円」となり、

 結果として、「経常損失:550百万円」となる見込みです。

 ・・・A:「現状のまま推移した場合の3年後の企業の姿」


2.経営理念および経営方針の観点から、

  自社の中期的安定成長を図る為には

  3年後の「(b:固定費):1,000百万円」に抑え、

  「限界利益率:30%」 「売上高:5,700百万円(倍増)」

「経常利益:1,100百万円」

の実現を目指す必要があります。

 ・・・B:「3年後のあるべき企業の姿:中期目標」


 A:「現状のまま推移した場合の3年後の企業の姿」

          と

 B:「3年後のあるべき企業の姿:中期目標」

          の差が

 「収益構造のギャップ」です。



【2】「財務構造面」

 企業にとって「資金」とは、人にたとえれば「血液」です。

 どんなに元気である人でも、血液の流れが止まれば死んでしまいます。

 しかし、その原因は日々の過労、ストレスや暴飲暴食等の蓄積にあり、

徐々に健康が害されてきた結果です。

 企業にとっても将来、資金が流れなくならない様に、

常に財務状況をチェックすることが必要です。

 財務構造を簡潔に把握する方法として、

フロー面からみた「経常収支比率(経常収入÷経常支出×100%)」

および「貸借対照表」を用いて考察することにします。


 この点を前提として、

「中期経営計画策定プロセス」を表したものが

次の「財務構造ギャップの把握」です。


設例に基づいて説明すると、次の様になります。


1.「現状」:当社の現状の財務構造は、

「経常収支比率:95%」

貸借対照表より、

「流動比率(流動資産÷流動負債×100%):128%」であり、

資金繰りが厳しく、負債割合も高い状態にあります。


 自社の経営分析および経営環境の分析より、

 現状のまま推移した場合には、

 3年後は収益悪化(価格競争激化)により

「経常損失」の状況に陥ると予想しています。

 その結果、

 「経常収支比率:87%」「流動比率:55%」

 と極めて危険な状態になると予想しています。

 ・・・A:「現状のまま推移した場合の3年後の企業の姿」


2.経営理念および経営方針の観点から、
 
自社の健全な財務状況を確保するためには、

3年後の

「経常収支比率:120%」「流動比率:200%」を

目指す必要があります。

 ・・・B:「3年後のあるべき企業の姿:中期目標」


 A:「現状のまま推移した場合の3年後の企業の姿」

          と

 B:「3年後のあるべき企業の姿:中期目標」

          の差が

 「財務構造のギャップ」です。


         ~ 続く ~

予算会計メルマガ読者は、今回までの予算編成作成シートを
ダウンロードできます。

読取用EXCELファイル




2.編集後記  




ほっと川柳

「 RPA
会計人の
     必須スキル!」


本日の日経新聞にこんな記事が掲載された。

ソフトバンク、6800人配置転換
通信部門から新規事業へ


ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は5日記者会見し、携帯電話の通信料金を
値下げすることを明らかにした。
2019年度から格安ブランドのワイモバイルの料金を1~2割程度下げる。

通信事業に携わる従業員約6800人を新規事業に配置転換し、RPA
(ロボティック・プロセス・オートメーション)に置き換えてコストを削減する。

IoT関連など成長が見込まれる新規事業に振り向ける(5日、決算発表する孫会長兼社長)
菅義偉官房長官が8月に日本の携帯電話料金について「今より4割程度下げる余地がある」と
述べたことを受け、NTTドコモは、19年度から通信料金を2~4割程度下げると表明した。
KDDI(au)は、「同じ規模で追随することはない」(高橋誠社長)としながらも、
さらなる値下げに含みを持たせている。

19年には楽天が携帯事業者として参入し、格安スマートフォン(スマホ)並みの料金を
提供する見込みだ。
今回、ソフトバンクもワイモバイルでの値下げに踏み込んだことで、携帯料金を巡る値下げ
競争はさらに広がる可能性がある。

ソフトバンクはメインブランドで9月から端末と通信の料金を切り離した「分離プラン」を導入した。
孫氏は会見で「すでに25~30%の値下げをしたという認識だ」と述べた。ワイモバイル以外の
さらなる値下げについては明言しなかったが、政府の要請については「たゆまない努力を続けていく」
と繰り返した。

料金の引き下げ実現のため、業務の効率化を進める。柱が通信事業にRPAを活用することによる
コスト削減だ。

孫氏は通信事業に関わる社員のうち4割を新規事業に配置転換することを明らかにした。
通信子会社ソフトバンクの全社員、1万7200人のうち単純計算で6800人が対象となる。
人員削減はせず、人工知能(AI)やあらゆるモノがネットにつながるIoT関連など、成長が
見込まれる新規事業に振り向ける。すでに非通信の分野を強化しており、こうした流れを加速させる。

通信子会社は12月中にも東京証券取引所への上場を控えており、値下げをしても増益を確保できる
体制を整え投資家の理解を求める。

                            (以上)

「通信事業に携わる従業員約6800人を新規事業に配置転換し、RPA(ロボティック・プロセス・
オートメーション)に置き換えてコストを削減する。」という点のインパクトは大きい。

主として定型的な事務作業になるだろう。その典型は会計業務だ。

会計人は、

「RPA化により仕事をなくして行くのか」

「RPAを使いこなして、業務改善の中心的役割を担ってゆくのか」

という二者択一を迫られそうだ。


===【 PR 】===================================

◇有報「経営者による対目標分析」の開示事例セミナー(無料)

1.分析結果と特徴点
2.投資家との対話促進の観点からの望ましい開示事例
3.計画開示の開示方法のあり方と課題

【追加開催】

11月21日(水)

14:30~17:00
(株)スリー・シー・コンサルティング

URL: https://yosankaikei.jp/seminar/

============================================


===【 PR 】===================================

【予算会計エクスプレス製品サイト】
https://yosankaikei.jp/?utm_source=yosankaikei

【月例セミナーのご案内】

無料予算実務演習 【基礎編】
 
1.中期経営計画の作成演習
2.次年度予算の作成演習
3.予実管理の作成演習
4.着地予想の作成演習
電卓持参

・予算会計エクスプレスのデモ説明
 (日本初の予算を仕訳化するシステム【特許取得】)


11月9日(金)

14:30~17:00
(株)スリー・シー・コンサルティング

是非、お気軽にご参加下さい。

セミナー内容・申込みはこちらか
      ↓
http://www.3cc.co.jp/seminar/top.php

============================================


===【 PR 】===================================

改訂増補「予算会計」(清文社)<共著>

-連結キャッシュ・フロー予算 の構築-
〈特徴〉
予算PL・BS・CF・資金計画の月次・部門別・予実管理・着地予想・
連結までのプロセス解説(数値連動)

はじめに
https://www.3cc.co.jp/user/files/2015.12kaiteizouho.yosankaikei.hajimeni.pdf

アマゾン
https://amzn.to/2dbzlQL

マイナスの評価コメントも読んでみて下さい。

============================================


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



実践編「予算会計会員」サービスのトピックス

下記の資料がダウンロードできます。

・「改訂増補 予算会計」(清文社)の全体が鳥瞰できる「予算作成・管理フロー図」

・改訂増補「予算会計」の演習版(EXCEL)

 第1問「実績予想:売上高」(EXCEL)
 第2問「実績予想:売掛金」(EXCEL)

・改訂増補「予算会計」の理解のポイント解説資料:中期経営計画管理資料(EXCEL)

・改定増補「予算会計」対応のエクセル資料演習問題1、2に対応しております。

構成は下記の通りです。

NO.1実績予想:担当者別相手先別販売計画表(田辺雄一・W社)
NO.2実績予想:担当者別相手先別販売計画表(鈴木一也・Z社)
NO.3実績予想:全社販売計画書
NO.4実績予想:損益計算書
NO.5次期予算編成方針:1.当期実績の概況と課題
NO.6実績予想:商品仕入兼在庫計画書
NO.7実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(田辺雄一・W社)
NO.8実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(鈴木一也・Z社)
NO.9実績予想:全社売上代金回収計画書
NO.10実績予想:消費税等計画書
NO.11実績予想:月次資金計画書
NO.12実績予想:比較貸借対照表
NO.13実績予想:キャッシュ・フロー組替仕訳
NO.14実績予想:キャッシュ・フロー計算書

第3問「予算編成方針:目標利益の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第4問「予算編成方針:目標売上高の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第5問「予算作成:売上高関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第6問「予算作成:売掛金・月次売上代金回収収入」(問題編・解説編・EXCEL)
第7問「予算作成:CF(直接法)「営業収入」関係・
   CF(間接法)売上債権の増減額関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第8問「予算作成:月次予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第9問「予算作成:部門別予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第10問「予算作成:連結予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第11問「当期実績予想:仕入高・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第12問「当期実績予想:買掛金関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第13問「予算編成方針:売上原価・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)

実践型のEXCEL計算シートもダウンロードできます。

・取締役会提出用「月次予実報告書(月次発生ベース)」
・取締役会提出用「月次予実報告書(月次累計ベース)」
・取締役会提出用「月次予算報告書(業績予想報告含む)」
・取締役会提出用「月次着地予想報告書(業績予想修正報告含む)」

・設例と図表による企業予算編成マニュアル<清文社>の第1章~第3章
 (リニューアル)

システム化等、より実践的な取組みに関心のある会計人の方
こちらから登録できます
   ↓
https://www.3cc.co.jp/yosanmember/top.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


ブログ 予算会計を学ぶ 第1714回 「水曜日テーマ:業績予想修正一覧298」



━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━
本日のINDEX
━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━

1.「水曜日テーマ:業績予想修正一覧NO.298」

<曜日別配信内容>
月曜日:予算会計クイズ 
火曜日:『企業予算編成マニュアル』解説
水曜日:業績予想の修正理由一覧
木曜日:予算実務知識Q&A
金曜日:予算実務のポイント

2.編集後記  


ほっと川柳

「 東から
西へ、予算の
旅ガラス❗️」

最近は、予算会計エクスプレスの営業に
全国を飛び回っている。

「もう少し若かったらなぁ〜」とも思うが
半分はエンジョイしている。



・・・編集後記


――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.「水曜日テーマ:業績予想修正一覧NO.298」
――――――――――――――――――――――――――――――――――

「業績予想修正理由一覧NO.298」(累計2,980社)


1 建設業 <東一>(3月決算)[上席執行役員財務部長]

<第2Q予想修正>

・売上高のうち、工事売上高が減少したことにより工事売上利益額が減少したこと(-)
・完成引渡しする工事が当初予想より減少し受注先との精算が下期にずれ込んだことなどにより、
工事売上利益率が低下したこと(-)
・配電線工事において、九州電力からの発注などが下期にずれ込んだことにより、
売上高及びそれに伴う工事売上利益額が減少したこと(-)

上記より、各利益下方修正。(売上高不変)

〈通期予想修正〉

(1)電気工事・空調管工事において第3四半期以降に完成引渡工事が増加することで、
以下の利益の増加を見込んでいる
・工事売上高の増加に伴う、工事売上利益額の増加(+)
・受注先との精算が行われる工事の増加による、工事売上利益率の改善(+)

(2)配電線工事において、上期からずれ込んだ工事量の増量などにより、売上高及び
利益の改善を見込んでいることなど(+)

上記より、各利益上方修正。



2 卸売業<東一>(3月決算)[経営管理部長]

<通期業績予想修正>

・第2四半期累計期間の連結業績は、繊維事業、化学品事業、機械事業の
各セグメントともに好調に推移したこと(+)
・特に化学品事業全般及び中国事業が好調に推移したこと(+)
・株式会社小桜商会をはじめとしたM&A 子会社の連結寄与等(+)

上記の当第2四半期累計期間の連結業績を踏まえ、各利益上方修正。


3 その他金融<東一>(3月決算)[取締役執行役員]〈非連結〉

<第2Q予想修正>

・保証事業につきましては、家賃保証サービスにかかる新規契約は順調に推移した
ものの、賃貸借契約に係る退去が想定を上回ったことなどにより更新保証料が
計画を下回ったこと(-)
・医療費用保証サービスについては、想定していた取組みの一部立ち上がりが
遅れたことなど(-)
・上記より、保証事業の売上高は対計画比2%減の726 百万円となる見込であること(-)
・ソリューション事業につきましては、受託件数が想定を下回ったことなどにより、
ソリューション事業の売上高は、対計画比12%減の780 百万円となる見込であること(-)

上記より、売上高下方修正。

・オペレーションに係る人件費を中心に費用を当初計画に対して抑制したものの、
売上高の減少による影響をカバーできないこと(-)

上記より、各利益下方修正。

<通期業績予想修正>

・第2四半期累計期間の業績を踏まえて、通期業績予想に関しましても、上期の進捗
及び実績を反映し、保証事業の売上高は対計画比5%減の1,483 百万円、
ソリューション事業の売上高は、対計画比11%減の1,666 百万円となる見込で
あること(-)
・損益面につきましても、売上高の減少による影響により、営業利益、経常利益及び
  当期純利益についても、当初計画を下回る見込みとなること(-)

上記より、売上高及び各利益下方修正。

4 電気機器 <東一>(3月決算)[管理統括本部管理本部経理部長]

<第2Q予想修正>

・流通在庫を勘案し中国での液晶テレビの販売を抑制する等、「量から質へ」の
体質改善に取り組みんだこと(-)
・台風による物流への影響等があったこ(-)

上記より、売上高下方修正。

・体質改善が着実に進んでいること(+)

上記より、営業利益上方修正。

<コメント>

営業利益が上方修正しているが、何故、経常利益が不変であり、
親会社に帰属する四半期純利益が上方修正になっていいるのかについての
理由は明示されていない。


5 機械<東一>(3月決算)[取締役執行役員経理財務部長]

<第2Q予想修正>

・ホールガーメント横編機の導入は堅調に進んだものの、先進国アパレル向け
OEM 生産拠点のバングラデシュでは、不安定な国内政治情勢を受けてコンピュータ
横編機の設備投資が低調となったこと(-)
・近年、アジア市場で拡大してきたシューズ生産向けのコンピュータ横編機も
競争環境の厳しさが増すなかで想定以上の売り上げの落ち込みとなったこと(-)

上記より、売上高下方修正。

・販管費が増加したこと等(-)

上記より、各利益下方修正。

<通期業績予想修正>

・下半期においても、これら市場の急速な回復が見込みにくいこと(-)
・米中貿易摩擦の影響や中東のトルコにおける通貨安の影響等、不透明感が
高まっている状況を踏まえること(-)、

上記より、 第2四半期の状況と合わせて、売上高及び各利益下方修正。

なお、下半期における想定為替レートは1ドル110円、1ユーロ130円としております。


6 化学 <東一>(3月決算)[執行役]

<第2Q予想修正>

・売上高につきましては、防虫剤における今春の衣替えシーズンの前倒しや、
 今春に発売した消臭芳香剤の新コンセプト商品の販売が低迷したこと等(-)

 上記より、売上高下方修正。

・売上計画の未達や、原材料及び商品の仕入価格の高騰等(-)

 上記より、各利益下方修正。
 
<通期業績予想修正>

・第2 四半期累計期間の業績(-)
・海外における消臭芳香剤の新製品発売の遅れ(-)
・下期以降見込んでおりました施策が当初の想定を下回る見込みであること(-)

上記より、売上高及び各利益下方修正。


7 サービス<東一>(3月決算)[取締役副社長管理本部長]

<第2Q予想修正>

・当第2四半期連結会計期間においては、四半期単位での過去最多となる
 212件(譲渡・譲受は別カウント)のM&A仲介を成約したこと(+)
・これにより、当第2四半期連結累計期間(半期)における成約件数は385件となり、
 前年同期間(半期)の380件から5件増加し、同期間(半期)においても過去最多
 の案件成約となったこと(+)

上記より、売上高及び各利益上方修正。


8 繊維製品 <東一>(3月決算)
[取締役上席疾駆役員コーポレート部門担当経営管理部長]

<第2Q予想修正>

・繊維部門において、子会社である新内外綿株式会社をはじめとする原糸販売事業が
 国内需要低調であったこと(-)、
・海外向け販売について進捗が遅れていることなど(―)
・ユニフォーム事業においては、販売は好調に推移しましたが、原燃料価格の上昇が
 収益に影響を及ぼしたこと(-)

上記より、売上高及びカk利益下方修正。

<通期業績予想修正>

 同様の理由により、売上高及び各利益下方修正。


9 電気機器<東一>(3月決算)[取締役管理本部長]

<第2Q予想修正>

・電解水素水整水器の直販部門が好調に推移したため、昨年9月に販売開始した
 新製品の生産数が増加し、原価率が大幅に改善したこと(+)

上記より、売上高及び各利益上方修正。

<通期業績予想修正>
上記と同様の修正。


10 化学 <東一>(12月決算)[常務取締役]

<通期予想修正>
 
・台湾の合弁事業プロジェクトの中止に伴う特別損失の計上予定(-)

上記より、親会社株主に帰属する当期純利益下方修正。



予算会計メルマガ読者は、業績予想修正理由一覧NO.1~NO.298までの2,980社一式
ダウンロードできます。

読取用EXCELファイル



~つづく~

                     以 上

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

2.「編集後記」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

ほっと川柳

「 東から
西へ、予算の
旅ガラス❗️」

 最近は、予算会計エクスプレスの営業に
全国を飛び回っている。

「もう少し若かったらなぁ〜」とも思うが
半分はエンジョイしている。

初めて訪れる場所も多い。

「日本は広いな〜」とあらためて感じる。

ふうてんの寅次郎の様な心境だ。

でも、何よりお客様との商談の駆け引きが
面白い。

受注できる時もあれば、失注することもある。

運が味方することもあれば、運に見放される場合もある。

この雰囲気、なんか経験したことがある。

そうだ❗️麻雀(マージャン)だ❗️

高校時代に授業をサボって、熱中した
麻雀(マージャン)だ。

こんなところでもつながっているというのは
実に笑える。

人生に無駄ということはないんだなと
あらためて感じる。

ただ、あの時の様な若さはないので
死なない程度にゲームを楽しむことが
大事だろう。






===【 PR 】===================================

◇有報「経営者による対目標分析」の開示事例セミナー(無料)

1.分析結果と特徴点
2.投資家との対話促進の観点からの望ましい開示事例
3.計画開示の開示方法のあり方と課題

【追加開催】

11月21日(水)

14:30~17:00
(株)スリー・シー・コンサルティング

URL: https://yosankaikei.jp/seminar/

============================================


===【 PR 】===================================

【予算会計エクスプレス製品サイト】
https://yosankaikei.jp/?utm_source=yosankaikei

【月例セミナーのご案内】

第1部 無料特別予算実務演習 【基礎編】  大好評いただいております。

1.中期経営計画の作成演習(目標ROEから目標利益の算定・固定費の変動費化・
             変動費の固定費化)
2.次年度予算の作成演習 (予算組織の変更に伴う配賦・社内取引・連結処理)
3.予実管理の作成演習  (予算原因と実績原因に区分する)
4.着地予想の作成演習  (予実差異原因に連動して見込値を作成する)

電卓持参

第2部 予算会計エクスプレスのデモ説明
 (日本初の予算を仕訳化するシステム【特許取得】)

【日程】11月9日(水)

是非、お気軽にご参加下さい。

セミナー内容・申込みはこちらか
      ↓
http://3cc.co.jp/seminar/top.php

============================================




□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



実践編「予算会計会員」サービスのトピックス

下記の資料がダウンロードできます。

・「改訂増補 予算会計」(清文社)の全体が鳥瞰できる「予算作成・管理フロー図」

・改訂増補「予算会計」の演習版(EXCEL)

 第1問「実績予想:売上高」(EXCEL)
 第2問「実績予想:売掛金」(EXCEL)

・改訂増補「予算会計」の理解のポイント解説資料:中期経営計画管理資料(EXCEL)

・改定増補「予算会計」対応のエクセル資料演習問題1、2に対応しております。

構成は下記の通りです。

NO.1実績予想:担当者別相手先別販売計画表(田辺雄一・W社)
NO.2実績予想:担当者別相手先別販売計画表(鈴木一也・Z社)
NO.3実績予想:全社販売計画書
NO.4実績予想:損益計算書
NO.5次期予算編成方針:1.当期実績の概況と課題
NO.6実績予想:商品仕入兼在庫計画書
NO.7実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(田辺雄一・W社)
NO.8実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(鈴木一也・Z社)
NO.9実績予想:全社売上代金回収計画書
NO.10実績予想:消費税等計画書
NO.11実績予想:月次資金計画書
NO.12実績予想:比較貸借対照表
NO.13実績予想:キャッシュ・フロー組替仕訳
NO.14実績予想:キャッシュ・フロー計算書

第3問「予算編成方針:目標利益の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第4問「予算編成方針:目標売上高の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第5問「予算作成:売上高関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第6問「予算作成:売掛金・月次売上代金回収収入」(問題編・解説編・EXCEL)
第7問「予算作成:CF(直接法)「営業収入」関係・
   CF(間接法)売上債権の増減額関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第8問「予算作成:月次予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第9問「予算作成:部門別予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第10問「予算作成:連結予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第11問「当期実績予想:仕入高・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第12問「当期実績予想:買掛金関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第13問「予算編成方針:売上原価・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)

実践型のEXCEL計算シートもダウンロードできます。

・取締役会提出用「月次予実報告書(月次発生ベース)」
・取締役会提出用「月次予実報告書(月次累計ベース)」
・取締役会提出用「月次予算報告書(業績予想報告含む)」
・取締役会提出用「月次着地予想報告書(業績予想修正報告含む)」

・設例と図表による企業予算編成マニュアル<清文社>の第1章~第3章
 (リニューアル)

システム化等、より実践的な取組みに関心のある会計人の方
こちらから登録できます
   ↓
https://www.3cc.co.jp/yosanmember/top.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ブログ 予算会計を学ぶ 第1715回 「月曜日テーマ:予算会計クイズ_Q160」


━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━
本日のINDEX
━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━

1.「月曜日テーマ:予算会計クイズQ160」

<曜日別配信内容>

月曜日:予算会計クイズ 
火曜日:『企業予算編成マニュアル』解説
水曜日:業績予想の修正理由一覧
木曜日:予算実務知識Q&A
金曜日:予算実務のポイント


2.編集後記  

ほっと川柳

「 保育園
70周年
感謝の日❗️」

実家の近くにある保育園の監事を引き受けて5年になる。
昨日、創立70周年の記念式典が開かれた。

・・・編集後記

――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.「月曜日テーマ:予算会計クイズQ160」
――――――――――――――――――――――――――――――――――

(予算会計クイズ160)

下記の円ベースの7月の予実差異はいくらか?
また、為替差損益はいくらか?

海外連結子会社:ABC.INC
月次予実報告書
(月)7月   (単位)千US$
 予算  実績 差異
売上高  100  105 +5

予算作成時の
US$想定為替レート:120円

7月の実績ベースの
US$平均為替レート:110円

売上高の実績の内、25千US$は
親会社(提出会社)に対する取引高で
取引時の為替レート108円であった。

【解答・解説】

7月の売上高の予算額(円)
=100千US$×120円=12,000,000円・・・(1)

7月の親会社向け以外の売上高(円)
=(105千US$-25千US$)×110円
=8,800,000円・・・(2)

7月の親会社向けの売上高(円)
=25千US$×108円=2,700,000円・・・(3)

為替差損益
=25千US$×(110円-108円)
=50,000円

7月の実績売上高
=(2) 8,800,000円+(3) 2,700,000円
=11,500,000円・・・(4)

予実差異(円)
=(4)11,500,000円-(1) 12,000,000円
=△500,000円



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
2.「編集後記」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

ほっと川柳

「 保育園
70周年
感謝の日❗️」

実家の近くにある保育園の監事を引き受けて5年になる。
昨日、創立70周年の記念式典が開かれた。

戦後間もなく、工場が立ち並び、三勤務体制で
お父さんもお母さんも働いていた。
「子供の泣き声がうるさくて眠れない」
「子供を預けられないと、働けない」
「子供同士で遊ばせてたら、川て溺れた事件もあるから、大人がちゃんと見てもらえる
場所ないかしら」・・・

1947年、そんな地域の切実な声から、土手での青空保育が始まる。

都の払下げのバスを寄付金で購入し、みんなで引っ張って運んだというから、驚きだ。

その後、地元の支援を得て、土地を借り、園舎が建設された。都の認可も得た。

資金繰りや台風による浸水や赤痢事件など、
立ち上げの10年はまさに保育の為の死闘だったに違いない。

中国のことわざがある。

「最初に井戸を掘った人への感謝を忘れてはいけない」

70年のあゆみの話を聞いて、感動された小説家の方がこれを出版したいということになり、
来年発刊される様です。

創立からの10年の寸劇を観たり、初代園長が「子供たちには本物を」という信念で、
お金が苦しい中、購入したドイツ製のピアノを今年修繕し、そのピアノに合わせ歌う子供たちを
見ていると、

「お金では買えない、大切な物がある」

と心底思う。



===【 PR 】===================================

◇有報「経営者による対目標分析」の開示事例セミナー(無料)

1.分析結果と特徴点
2.投資家との対話促進の観点からの望ましい開示事例
3.計画開示の開示方法のあり方と課題

【追加開催】

11月21日(水)

14:30~17:00
(株)スリー・シー・コンサルティング

URL: https://yosankaikei.jp/seminar/

============================================


===【 PR 】===================================

改訂増補「予算会計」(清文社)<共著>

-連結キャッシュ・フロー予算 の構築-
〈特徴〉
予算PL・BS・CF・資金計画の月次・部門別・予実管理・着地予想・
連結までのプロセス解説(数値連動)

はじめに
https://www.3cc.co.jp/user/files/2015.12kaiteizouho.yosankaikei.hajimeni.pdf

アマゾン
https://amzn.to/2dbzlQL

マイナスの評価コメントも読んでみて下さい。

============================================



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



実践編「予算会計会員」サービスのトピックス

下記の資料がダウンロードできます。

・「改訂増補 予算会計」(清文社)の全体が鳥瞰できる「予算作成・管理フロー図」

・改訂増補「予算会計」の演習版(EXCEL)

 第1問「実績予想:売上高」(EXCEL)
 第2問「実績予想:売掛金」(EXCEL)

・改訂増補「予算会計」の理解のポイント解説資料:中期経営計画管理資料(EXCEL)

・改定増補「予算会計」対応のエクセル資料演習問題1、2に対応しております。

構成は下記の通りです。

NO.1実績予想:担当者別相手先別販売計画表(田辺雄一・W社)
NO.2実績予想:担当者別相手先別販売計画表(鈴木一也・Z社)
NO.3実績予想:全社販売計画書
NO.4実績予想:損益計算書
NO.5次期予算編成方針:1.当期実績の概況と課題
NO.6実績予想:商品仕入兼在庫計画書
NO.7実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(田辺雄一・W社)
NO.8実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(鈴木一也・Z社)
NO.9実績予想:全社売上代金回収計画書
NO.10実績予想:消費税等計画書
NO.11実績予想:月次資金計画書
NO.12実績予想:比較貸借対照表
NO.13実績予想:キャッシュ・フロー組替仕訳
NO.14実績予想:キャッシュ・フロー計算書

第3問「予算編成方針:目標利益の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第4問「予算編成方針:目標売上高の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第5問「予算作成:売上高関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第6問「予算作成:売掛金・月次売上代金回収収入」(問題編・解説編・EXCEL)
第7問「予算作成:CF(直接法)「営業収入」関係・
   CF(間接法)売上債権の増減額関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第8問「予算作成:月次予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第9問「予算作成:部門別予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第10問「予算作成:連結予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第11問「当期実績予想:仕入高・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第12問「当期実績予想:買掛金関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第13問「予算編成方針:売上原価・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)

実践型のEXCEL計算シートもダウンロードできます。

・取締役会提出用「月次予実報告書(月次発生ベース)」
・取締役会提出用「月次予実報告書(月次累計ベース)」
・取締役会提出用「月次予算報告書(業績予想報告含む)」
・取締役会提出用「月次着地予想報告書(業績予想修正報告含む)」

・設例と図表による企業予算編成マニュアル<清文社>の第1章~第3章
 (リニューアル)

システム化等、より実践的な取組みに関心のある会計人の方
こちらから登録できます
   ↓
https://www.3cc.co.jp/yosanmember/top.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


ブログ 予算会計を学ぶ 第1716回 「火曜日テーマ:『企業予算編成マニュアル』解説」


━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━
本日のINDEX

1.「火曜日テーマ:『企業予算編成マニュアル』解説」

<曜日別配信内容>

月曜日:予算会計クイズ 
火曜日:『企業予算編成マニュアル』解説
水曜日:業績予想の修正理由一覧
木曜日:予算実務知識Q&A
金曜日:予算実務のポイント

2.編集後記  
━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━


<ほっと川柳>

「 人生は
   遊びと仕事の
     天秤(てんびん)か?」


私は9月25日生まれの「てんびん座」だ。

そのことを意識したことはなかったが、
最近は「人生は天秤(てんびん)だな~」と思うのだ。


生れてから20代前半までのポリーシーは

「今しか出来ないこと、すなわちいかに遊び尽くすか?」

だった。

・・・編集後記


====================================

● 予算会計メルマガ

【絶版】「企業予算編成マニュアル」<共著>(清文社)
「予算編成方針と中期経営計画について」(P35・36)


===================================

● 予算会計メルマガ 

【絶版】「企業予算編成マニュアル」<共著>(清文社)
 中期経営計画「(2) ギャップを埋める為の中期経営戦略」

 2000年発刊なので、陳腐化している部分についてはコメントを付し、
読み替えていただけるようにして行きたいと考えています。

 また、関連予算基礎データも同時に提供してゆきます。


 【絶版】「企業予算編成マニュアル」<共著>(清文社)
 中期経営計画「(2) ギャップを埋める為の中期経営戦略」
「企業予算編成マニュアル」<共著>(清文社)のP35・36

「収益構造ギャップ」と「財務構造ギャップ」を埋めるために
「中期経営戦略」を策定します。


[1]「収益構造の改善」

 1.「売上高増加のためのポイント」

  [1]「新規地域への販売拡大」

  [2]「既存製品の改良による他分野への転用」

  [3]「新製品の開発」

  [4]「販売技術の向上、販売協力体制の確立」


[コメント1]

<共通項目(以下同じ)>

(1) 「経営理念」に支えられた組織風土と方向性に立脚していること
(2) 「収益の継続性を支えて来た『ビジネスの土』に根ざしていること」
(3) 「社員のベクトル一本化の為の利益還元ルールの明確化すること」
(4) 「Creation(創造)を積極的に行うインセンティブを促進する
報奨制度の整備」
(5) 「戦略実行の為の人材スキル育成」
(6) 「リスクの洗い出しと事前リカバリー策」

<個別項目>

(7)「収益」については、特に「いかに固定収益化するか」が重要です。
例えば、納品後の「保守料」を継続的に得られる様にすることなどです。
  また、製品納入後、発展的に、付随的に注文が得られる様な仕組みに
することなどです。

(8)「収益」については、「顧客の口コミで広がって行くこと」が最善です。
その為には、お客様に「感動を与える」商品やサービスでなければ
なりません。

(9)「収益」については、
「お客様の心の中にある本音に耳を傾けること」です。
  シンガーソングライターの松任谷由美さん(ユーミン)が
昔こんなことをラジオで話していました。
「喫茶店に長時間いて、女学生たちの会話に耳を傾けて、
  それをヒントにして曲を作ります」と。
   単なる上辺の情報でなく、
「お客様の心の本音のつぶやきに耳を傾ける」ことが重要です。
最近はインターネットで「ツイッター(つぶやき)」が
普及し始めているので、
「自社商品やマーケット関連のつぶやきに耳を傾ける」ことも
一つの方法かもしれません。

(10) [1]「新規地域への販売拡大」については、
下記の点留意すべきかと考えます。
  a.「新規地域へ実際に行って、歩き回り、
五感で感じることを大切にすること」
b.「国際化を視野に入れること」
c.「上記に関するリスクとリカバリー策を明確化すること」

(11) [2]「既存製品の改良による他分野への転用」については、
下記の点留意すべきかと考えます。
  a.「既存製品の本質的機能を明確化すること」
b.「他分野の特徴を踏まえて、転用化の手順を明確化すること」
c.「上記に関するリスクとリカバリー策を明確化すること」

(12) [3]「新製品の開発」については、下記の点留意すべきかと考えます。
  a.「新たな価値創造に繋がるテーマを選定すること」
b.「ユーザと協力して開発して行くこと」
c.「上記に関するリスクとリカバリー策を明確化すること」

(13) [4]「販売技術の向上、販売協力体制の確立」については、
下記の点留意すべきかと考えます。
  a.「営業マンのスキル・特質や販売代理店の特質や
成功例と失敗例を分析すること」
b.「既存の常識にとらわれないで、新たな営業方法を開発して行くこと」
c. 「上記に関するリスクとリカバリー策を明確化すること」


 2.「限界利益率上昇のためのポイント」

  [1]「限界利益率の高い製品へ製品構造を変化させていくこと」

  [2]「値引き幅の抑制、クレーム等の発生率の低下」

  [3]「外注費の抑制および内生化(外注から自社製造へ切り替えること)」

  [4]「原材料仕入単価の逓減」

  [5]「不良品発生率の抑制」


[コメント2]

(14) [1]「限界利益率の高い製品へ製品構造を変化させていくこと」
については、下記の点留意すべきかと考えます。
  a.「安定的に限界利益率を確保できる製品分野の投資
(人材・資金・設備)を重視すること」
b.「長期的に限界利益率がマイナスの製品については、
お客様へご迷惑をかけない形で、合理的に撤退すること」
c.「上記に関するリスクとリカバリー策を明確化すること」

(15) [2]「値引き幅の抑制、クレーム等の発生率の低下」については、
下記の点留意すべきかと考えます。
  a.「値引き幅を抑制する代わりに、お客様へどんなメリットを
与えるかを考えること」
b.「お客様が迷わずに使える手順を平素に可視化し、
使用上の留意点等も明確化すること」
c. 「上記に関するリスクとリカバリー策を明確化すること」

(16)  [3]「外注費の抑制および内生化
(外注から自社製造へ切り替えること)」については、
下記の点留意すべきかと考えます。
  a.「製造部門への人事異動等による人員補充等による
リソース確保すること」
b.「創造力のある外注スタッフの社員化を図ること」
c. 「上記に関するリスクとリカバリー策を明確化すること」

(17)  [4]「原材料仕入単価の逓減」については、
下記の点留意すべきかと考えます。
  a.「多様の仕入ルートをリサーチして、コストダウンを図れる仕入先を
選定すること」
b.「上記仕入先選定にあたっては、品質管理と納期管理の水準も同時に
評価すること」
c. 「上記に関するリスクとリカバリー策を明確化すること」

(18) [5]「不良品発生率の抑制」については、
下記の点留意すべきかと考えます。
  a.「工員間のスキル差を埋める為に、チーム制等で
OJT教育して行くこと」
b.「手作業による生産性が低く、大量な製品を正確かつ
スピーディーに作る必要がある場合は、
『製造ラインの自動化』を図ること」
c. 「上記に関するリスクとリカバリー策を明確化すること」


 3.「固定費の抑制」

  [1]「事務経費の節減」

  [2]「支払利息負担の抑制」

  [3]「人件費の抑制」


[コメント3]

(19) [1] 「事務経費の節減」については、
下記の点留意すべきかと考えます。
  a.「ゼロベースで、事業活動に必要なコストのみに限定すること」
b.「社員のモチベーションダウンにならない為のインセンティブ
(削減額の一定割合の還元等)を考慮すること」
c. 「上記に関するリスクとリカバリー策を明確化すること」

(20) [2] 「支払利息負担の抑制」については、
下記の点留意すべきかと考えます。
  a.「銀行等の借換交渉により、金利負担の軽減を図ること」
   「連結子会社の借入金について、親会社で一本化交渉して、
金利負担軽減図ること」
b.「デフレ下なので、運用資金の一部を
借入金の返済原資に充てること」
c. 「上記に関するリスクとリカバリー策を明確化すること」

(21) [3] 「人件費の抑制」については、
下記の点留意すべきかと考えます。
  a.「賞与のウエイトを高めて、固定費を変動費化すること」
b.「時間外手当を抑制すること。
定期的ローテーションや会議の短縮化により、
業務の無駄を削減して行くこと」
c.「上記に関するリスクとリカバリー策を明確化すること」


[2]財務構造の健全化

  [1]「固定資産の流動化」

  [2]「有利子負債の圧縮」

  [3]「増資」

  [4]「売上代金回収の早期化」

  [5]「在庫水準の適正化」


[コメント4]

(22) [1] 「固定資産の流動化」については、
下記の点留意すべきかと考えます。
  a.「例えば、遊休土地や本社ビルの売却による資金化など」
b.「固定資産の売却による損失計上による納付税額の
圧縮効果も加味すること」
c.「上記に関するリスクとリカバリー策を明確化すること」

(23) [2] 「有利子負債の圧縮」については、
下記の点留意すべきかと考えます。
  a.「資産売却に伴う資金を有利子負債の一括返済原資に充当すること」
b.「各部門の予算目標値に部門別営業キャッシュ・フローを入れて、
会社全体で営業キャッシュ・フローの最大化を図り、
一括返済原資に充当して行くこと」
c.「上記に関するリスクとリカバリー策を明確化すること」


(24) [3] 「増資」については、下記の点留意すべきかと考えます。
  a.「長期的な事業シナジーが得られる引受先を選定すること」
b.「株式評価、特にオフバランスの価値をどう理解してもらえるかが
重要であること」
c.「上記に関するリスクとリカバリー策を明確化すること」


(25) [4] 「売上代金回収の早期化」については、
下記の点留意すべきかと考えます。
  a.「営業部門の目標及び人事評価等において、
営業キャッシュ・フローのウエイトを重点に置くこと」
b.「得意先にとって、決済条件の短縮化の代わりに得られる
メリットを明確に伝えること」
c.「上記に関するリスクとリカバリー策を明確化すること」


(26) [5] 「在庫水準の適正化」については、
下記の点留意すべきかと考えます。
  a.「営業部門の目標及び人事評価等において、
営業キャッシュ・フローのウエイトを重点に置き、
過剰在庫抑制のインセンティブを醸成すること」
b.「製造部門は、柔軟な生産調整が可能な仕組みを構築すること」
c.「上記に関するリスクとリカバリー策を明確化すること」

                         以   上

         ~ 続く ~
         ~ 続く ~

予算会計メルマガ読者は、今回までの予算編成作成シートを
ダウンロードできます。

読取用EXCELファイル

https://www.3cc.co.jp/user/files/2018.11.13.P35-36.cyuukei3_yosankaikei .xlsx


2.編集後記  

<ほっと川柳>

「 人生は
   遊びと仕事の
     天秤(てんびん)か?」


私は9月25日生まれの「てんびん座」だ。

そのことを意識したことはなかったが、
最近は「人生は天秤(てんびん)だな~」と思うのだ。


生れてから20代前半までのポリーシーは

「今しか出来ないこと、すなわちいかに遊び尽くすか?」

だった。

 子供の頃のいたずらに始まり、高校時代の雀荘通い、
大学時代は車で通い、自由奔放な生活を送っていた。
1ドル260円の時代だったが、米国のランゲージスクール
にも2回行った。

世の中の常識である勉強とは一線を画していた。

人生の最初の坂は、雀荘通いをして高校をほぼ最下位で卒業した後、
二浪目の時に「今までさんざん遊んで親にも迷惑かけたんだから、
真剣に勉強して大学に入らないとバチが当たるよな~」と思った。


二番目の坂は、鉄鋼商社の経理を辞めて、公認会計士二次試験を
受験した時だ。
「学生時代、あれだけ遊んで来て何も勉強して来なかった訳だから、
 罪滅ぼしに必死に勉強して合格しなきゃな~」と思った。

三番目は、監査法人を辞めて、会社を起業した時だ。

「自分の人生振り返れば、反権威で自由奔放に生きてきた訳だから
 やっぱりサラリーマンは向かないんだよな。
 自由の為のには自己責任を負わなければならないんだから、命がけで
 勝負し、エンジョイしないとな。」


私は人生の坂道は3つだと思っていたが、4番目があった。

予算会計エクスプレス事業の軌道に乗せることだ。

「今まで多くの人たちに助けられ、支えられて来た。
 その人たちへの感謝とせめてもの恩返しは
 『会社の命を消さない』ことだろう。

 私が引退した後も会社が経営理念に基づき持続的に成長する為の
 礎(いしずえ)を築くことが私の最後の仕事だと思っている。」

今は、過去の思い出たちに励まされて日々努力を積み重ねているように
感じる。

若い人たちにはこう言いたい。

「許される時代にたくさんの遊びと脱線をしなさい!」

「そして遊んだ量の分だけ、命がけで仕事をしなさい!」

===【 PR 】===================================

◇有報「経営者による対目標分析」の開示事例セミナー(無料)

1.分析結果と特徴点
2.投資家との対話促進の観点からの望ましい開示事例
3.計画開示の開示方法のあり方と課題

【追加開催】

11月21日(水)

14:30~17:00
(株)スリー・シー・コンサルティング

URL: https://yosankaikei.jp/seminar/

============================================


===【 PR 】===================================

改訂増補「予算会計」(清文社)<共著>

-連結キャッシュ・フロー予算 の構築-
〈特徴〉
予算PL・BS・CF・資金計画の月次・部門別・予実管理・着地予想・
連結までのプロセス解説(数値連動)

はじめに
https://www.3cc.co.jp/user/files/2015.12kaiteizouho.yosankaikei.hajimeni.pdf

アマゾン
https://amzn.to/2dbzlQL

マイナスの評価コメントも読んでみて下さい。

============================================


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



実践編「予算会計会員」サービスのトピックス

下記の資料がダウンロードできます。

・「改訂増補 予算会計」(清文社)の全体が鳥瞰できる「予算作成・管理フロー図」

・改訂増補「予算会計」の演習版(EXCEL)

 第1問「実績予想:売上高」(EXCEL)
 第2問「実績予想:売掛金」(EXCEL)

・改訂増補「予算会計」の理解のポイント解説資料:中期経営計画管理資料(EXCEL)

・改定増補「予算会計」対応のエクセル資料演習問題1、2に対応しております。

構成は下記の通りです。

NO.1実績予想:担当者別相手先別販売計画表(田辺雄一・W社)
NO.2実績予想:担当者別相手先別販売計画表(鈴木一也・Z社)
NO.3実績予想:全社販売計画書
NO.4実績予想:損益計算書
NO.5次期予算編成方針:1.当期実績の概況と課題
NO.6実績予想:商品仕入兼在庫計画書
NO.7実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(田辺雄一・W社)
NO.8実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(鈴木一也・Z社)
NO.9実績予想:全社売上代金回収計画書
NO.10実績予想:消費税等計画書
NO.11実績予想:月次資金計画書
NO.12実績予想:比較貸借対照表
NO.13実績予想:キャッシュ・フロー組替仕訳
NO.14実績予想:キャッシュ・フロー計算書

第3問「予算編成方針:目標利益の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第4問「予算編成方針:目標売上高の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第5問「予算作成:売上高関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第6問「予算作成:売掛金・月次売上代金回収収入」(問題編・解説編・EXCEL)
第7問「予算作成:CF(直接法)「営業収入」関係・
   CF(間接法)売上債権の増減額関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第8問「予算作成:月次予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第9問「予算作成:部門別予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第10問「予算作成:連結予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第11問「当期実績予想:仕入高・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第12問「当期実績予想:買掛金関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第13問「予算編成方針:売上原価・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)

実践型のEXCEL計算シートもダウンロードできます。

・取締役会提出用「月次予実報告書(月次発生ベース)」
・取締役会提出用「月次予実報告書(月次累計ベース)」
・取締役会提出用「月次予算報告書(業績予想報告含む)」
・取締役会提出用「月次着地予想報告書(業績予想修正報告含む)」

・設例と図表による企業予算編成マニュアル<清文社>の第1章~第3章
 (リニューアル)

システム化等、より実践的な取組みに関心のある会計人の方
こちらから登録できます
   ↓
https://www.3cc.co.jp/yosanmember/top.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


ブログ 予算会計を学ぶ 第1717回 「水曜日テーマ:業績予想修正一覧299」


━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━
本日のINDEX
━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━

1.「水曜日テーマ:業績予想修正一覧NO.299」

<曜日別配信内容>
月曜日:予算会計クイズ 
火曜日:『企業予算編成マニュアル』解説
水曜日:業績予想の修正理由一覧
木曜日:予算実務知識Q&A
金曜日:予算実務のポイント

2.編集後記  


ほっと川柳

「 常識を
越えたサムライ
二刀流! 」

世の中の人の99%は、「常識の中で」生きている。

「常識をぶち壊して新しい常識を生み出そう」とする挑戦者は1%にも満たないに違いない。



・・・編集後記


――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.「水曜日テーマ:業績予想修正一覧NO.299」
――――――――――――――――――――――――――――――――――

「業績予想修正理由一覧NO.299」(累計2,990社)


1 電気機器 <東一>(3月決算)[広報IR室長]

<第2Q予想修正>

・生産地国通貨が急激に従前の想定よりも対ドル安となり為替差益が発生したこと(+)

上記より、経常利益および親会社株主に帰属する四半期純利益上方修正。

〈コメント〉

売上高下方修正及び営業利益上方修正の具体的な理由は明示されていない。

〈通期予想修正〉

・上半期の実績および各地域の市況動向等を踏まえること(-)

上記より、売上高下方修正。

・損益につきましては、素材市況や生産地国通貨の為替相場が従前の想定よりも
 好転していますが、売上予想を見直したこと(±)

営業利益は前回予想を据え置く。

・上半期に為替差益を計上(+)

上記より、経常利益および親会社株主に帰属する当期純利益上方修正。


2 その他製品 <東一>(3月決算)[取締役 常務執行役員連結管理本部長]

<第2Q予想修正>

・定番商品である「リカちゃん」「プラレール」関連商品や、トレーディングカード
 ゲーム「デュエル・マスターズ」などの販売が好調に推移していること(+)
・人気商品となったサプライズドール「L.O.L. サプライズ!」をはじめとしたガールズ
 関連商品が好評を博したこと(+)
・次世代ベーゴマ「ベイブレードバースト」の海外向け輸出なども増加したこと(+)
・一部商品の第2四半期への先行納品があったことなど(+)

上記より、売上高及び各利益上方修正。

〈通期予想修正〉

・第2四半期(累計)連結業績予想の修正及び足元の好調な販売動向を踏まえること(+)

上記より、売上高及び各利益上方修正。


3 卸売業 <東一>(3月決算)[常務執行役員 経営企画室長]

<第2Q予想修正>

・猛暑による影響や、夏以降に相次いだ自然災害に伴う、小売店舗の臨時休業や
 インバウンドツーリストの一時的な減少の影響など(-)
・女性の社会進出などの生活スタイル変化にあわせた付加価値商品の浸透や小売業・
 メーカーとの連携強化(+)

上記より、売上高上方修正。

・中期経営計画の中で進めている品質を伴った生産性向上の取組みの成果など(+)
・販売費及び一般管理費の対売上高比率が計画を下回ったこと(+)

 上記より、売上高及び各利益上方修正。


4 サービス業 <東一>(3月決算)[取締役経営管理統括本部長]

<第2Q予想修正>

・主力事業の供給力強化や語学(教育)事業、中国(グローバル)事業の構造改革に
 遅れが生じ、売上高、営業利益、経常利益が計画値を下回る見通しとなったこと(-)

・グローバル事業におけるグループ再編(中国現地の地域事業会社8社との合弁解消)に
 より発生した関係会社売却損益(6.179百万円)や、投資有価証券売却損等の発生(-)

上記より、売上高及び各利益上方修正。

5 情報通信業<東一>(3月決算)[社長室長]

<第2Q予想修正>

・堅調な受注環境(+)
・本年1月に子会社化しました株式会社フェスの本社移転(2018年7月23日
 移転完了)や、前期のソフトウエア開発にかかるアフターコスト(製品保証引当金、
 注)の計上等の費用負担はあったこと(-)
・プロジェクト管理の強化による生産性向上や収益性改善に向けた各種施策が効果を
 あげたこと(+)

 上記より、売上高及び各利益上方修正。

〈通期予想修正〉

・第2四半期までの業績動向を踏まえること(+)

上記より、売上高及び各利益上方修正。


6 サービス業(3月決算)[経営企画室長]

<第2Q予想修正>

・営業施策の強化や、テクノロジストの高付加価値業務への配属を推し進めたこと
 により、稼働率・平均契約単価は高水準を維持してきたこと(+)
・技術系人材の獲得競争が激化している中、新規採用の強化を図ってまいりましたが、
 計画どおりのテクノロジスト確保は厳しく、人材不足により受注案件に対応し
 きれない状況にあったこと(-)

 上記より、売上高上方修正。

・前期より継続して全社を挙げた業務効率化による販売費及び一般管理費の
 抑制を推し進め、利益確保に努めまたこと(+)

上記より、各利益上方修正。

 なお、通期の業績予想につきましては、現時点では期初の予想値を据え置き、
今後の市況や業績動向を踏まえ修正が必要と判断された場合には、速やかに
開示いたします。


7 食料品 <東一>(3月決算)[広報IR部長]

<第2Q予想修正>

・主に乳飲料、ヨーグルト等の売上高が当初計画に未達となったこと(-)
・価格改定の取り組みや費用の効率化に努めましたこと(+)

上記より、売上高及び各利益下方修正。

〈通期予想修正〉

・第2四半期までの実績および今後の市場状況の見通しから、
下期見通しを引き下げること(-)
・原材料価格の上昇が当初計画を下回る見込みであること(+)
・販売促進費をはじめとした各経費の効率化に取り組むこと(+)
・上記より、下期営業利益計画を据え置くこと(±)

上記より、売上高及び各利益下方修正。


8 化学 <東一・名一>(3月決算)[取締役経理部長]

<第2Q予想修正>

・各セグメント共に順調であること(+)
・特に米国シンテック社を中心とする塩ビ・化成品事業、及び半導体シリコン事業が、
 業績を大きく伸長させていること(+)

上記より、売上高及び各利益上方修正。


9 電気機器 <東一>(3月決算)[執行役員経営戦略部長]

<第2Q予想修正>

・海外市場において、米州、アジア州は順調に推移したものの、欧州、アフリカ地域が
 低調だったこと(-)

上記より、売上高下方修正。

・全社的に売上総利益率の改善に取り組んだこと(+)
・販管費が一部第3四半期以降への期ずれを含め、当初の想定を下回る見通しと
 なったこと(+)
・ドル円の為替相場が当初の想定よりも円安傾向に振れたこと等(+)
・為替差益の計上(+)

上記より、各利益上方修正。


10 機械 <東一>(3月決算)[経営企画本部経理部長]

<第2Q予想修正>

(1) 第2四半期(累計)連結業績予想

・電子産業・その他の一般産業を中心に活発な設備投資が続き、企業の生産活動も
 堅調に推移する中、水処理エンジニアリング事業における国内・中国の電子
 産業分野、一般産業分野及び機能商品事業において売上が伸長したものの、
 台湾の電子産業分野において、当期間に売上を見込んでいた大型プロジェクトの
 売上計上が下期以降にずれ込むことが影響したこと(-)

上記より、売上高下方修正。

・国内及び中国の電子産業分野の大型プロジェクトを中心に受注環境の改善や
 原価低減等の効果によって利益率が改善したこと(+)

上記より、各利益上方修正。

 (2) 通期連結業績予想

・水処理エンジニアリング事業において大型案件の受注が続く電子産業分野の
 売上拡大が見込まれ、一般産業分野・機能商品事業においても堅調な推移が
 見込まれること(+)
・電子産業分野を中心とした大型プロジェクトの利益率改善が見込まれること(+)

 上記より、売上高及び各利益上方修正。


予算会計メルマガ読者は、業績予想修正理由一覧NO.1~NO.299までの2,990社一式
ダウンロードできます。

読取用EXCELファイル


https://www.3cc.co.jp/user/files/18.11.16gyousekisyuuseiriyuu.data299+.yosankaikei.xlsx


~つづく~

                     以 上

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

2.「編集後記」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

ほっと川柳

「 常識を
越えたサムライ
二刀流! 」

世の中の人の99%は、「常識の中で」生きている。

「常識をぶち壊して新しい常識を生み出そう」とする挑戦者は1%にも満たないに違いない。

最初に海外に鮨屋を出店した人は、「欧米人は生魚は食べない」という常識を打ち破った。
今は世界中でお鮨は愛されている。

最初に水を販売した人は、「水はタダ」という常識を破った。
今、水道水を飲む人はほとんどいない。

大谷選手は、大リーグで打者とピッチャーの二刀流に挑戦した。

当初、多くのメディアは不可能と思っていた。

でも、二刀流をやってのけ、新人王に輝いた。

大谷フィーバーが起きている。

大谷選手の素晴らしい点は、謙虚であり、
それでいて挑戦を楽しんでいる点だ。

無心の境地で刀を抜くサムライに似ている。

歴史は1%の名もなき挑戦者によって塗り替えられて行くのだろう。

===【 PR 】===================================

◇有報「経営者による対目標分析」の開示事例セミナー(無料)

1.分析結果と特徴点
2.投資家との対話促進の観点からの望ましい開示事例
3.計画開示の開示方法のあり方と課題

【追加開催】

11月21日(水)

14:30~17:00
(株)スリー・シー・コンサルティング

URL: https://yosankaikei.jp/seminar/

============================================


===【 PR 】===================================

【予算会計エクスプレス製品サイト】
https://yosankaikei.jp/?utm_source=yosankaikei

【月例セミナーのご案内】

第1部 無料特別予算実務演習 【基礎編】  大好評いただいております。

1.中期経営計画の作成演習(目標ROEから目標利益の算定・固定費の変動費化・
             変動費の固定費化)
2.次年度予算の作成演習 (予算組織の変更に伴う配賦・社内取引・連結処理)
3.予実管理の作成演習  (予算原因と実績原因に区分する)
4.着地予想の作成演習  (予実差異原因に連動して見込値を作成する)

電卓持参

第2部 予算会計エクスプレスのデモ説明
 (日本初の予算を仕訳化するシステム【特許取得】)

【日程】11月9日(水)

是非、お気軽にご参加下さい。

セミナー内容・申込みはこちらか
      ↓
http://3cc.co.jp/seminar/top.php

============================================




□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



実践編「予算会計会員」サービスのトピックス

下記の資料がダウンロードできます。

・「改訂増補 予算会計」(清文社)の全体が鳥瞰できる「予算作成・管理フロー図」

・改訂増補「予算会計」の演習版(EXCEL)

 第1問「実績予想:売上高」(EXCEL)
 第2問「実績予想:売掛金」(EXCEL)

・改訂増補「予算会計」の理解のポイント解説資料:中期経営計画管理資料(EXCEL)

・改定増補「予算会計」対応のエクセル資料演習問題1、2に対応しております。

構成は下記の通りです。

NO.1実績予想:担当者別相手先別販売計画表(田辺雄一・W社)
NO.2実績予想:担当者別相手先別販売計画表(鈴木一也・Z社)
NO.3実績予想:全社販売計画書
NO.4実績予想:損益計算書
NO.5次期予算編成方針:1.当期実績の概況と課題
NO.6実績予想:商品仕入兼在庫計画書
NO.7実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(田辺雄一・W社)
NO.8実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(鈴木一也・Z社)
NO.9実績予想:全社売上代金回収計画書
NO.10実績予想:消費税等計画書
NO.11実績予想:月次資金計画書
NO.12実績予想:比較貸借対照表
NO.13実績予想:キャッシュ・フロー組替仕訳
NO.14実績予想:キャッシュ・フロー計算書

第3問「予算編成方針:目標利益の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第4問「予算編成方針:目標売上高の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第5問「予算作成:売上高関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第6問「予算作成:売掛金・月次売上代金回収収入」(問題編・解説編・EXCEL)
第7問「予算作成:CF(直接法)「営業収入」関係・
   CF(間接法)売上債権の増減額関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第8問「予算作成:月次予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第9問「予算作成:部門別予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第10問「予算作成:連結予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第11問「当期実績予想:仕入高・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第12問「当期実績予想:買掛金関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第13問「予算編成方針:売上原価・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)

実践型のEXCEL計算シートもダウンロードできます。

・取締役会提出用「月次予実報告書(月次発生ベース)」
・取締役会提出用「月次予実報告書(月次累計ベース)」
・取締役会提出用「月次予算報告書(業績予想報告含む)」
・取締役会提出用「月次着地予想報告書(業績予想修正報告含む)」

・設例と図表による企業予算編成マニュアル<清文社>の第1章~第3章
 (リニューアル)

システム化等、より実践的な取組みに関心のある会計人の方
こちらから登録できます
   ↓
https://www.3cc.co.jp/yosanmember/top.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ブログ 予算会計を学ぶ 第1718回 「月曜日テーマ:予算会計クイズ_Q151~160」


━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━
本日のINDEX
━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━

1.「月曜日テーマ:予算会計クイズQ151~160」

<曜日別配信内容>

月曜日:予算会計クイズ 
火曜日:『企業予算編成マニュアル』解説
水曜日:業績予想の修正理由一覧
木曜日:予算実務知識Q&A
金曜日:予算実務のポイント


2.編集後記  

ほっと川柳

「 稲盛氏
   キャッシュベーースの
    経営へ! 」


「キャッシュ・フロー経営なのに
 何故、目標がキャッシュ・フロー予算ではなく
 PL予算のままになっているのか?」という疑問は
 監査法人時代の1996年から始まっている。

・・・編集後記

――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.「月曜日テーマ:予算会計クイズQ151~160」
――――――――――――――――――――――――――――――――――

(予算会計クイズ151~160)

(予算会計クイズ151 )

Q.下記の資料に基づき以下の(1)と(2)の問いに答えなさい。
(1)次期戦略案Aと次期戦略案Bを比較し、営業利益はどちらがいくら大きくなるか?
(2)次期戦略案Aと次期戦略案Bを比較し、損益分岐点売上高はどちらがいくら
小さくなるか?

[次期戦略案A](直販営業・自社運送・固定広告費)
商品事業部
・販売単価=100千円・・・(A1)
・販売数量=3,500個・・・(A2)
・仕入単価=40千円・・・(A3)
・営業人員数=20人・・・(A4)
・一人当たり平均年間給与= 7,000千円・・・(A5)
・その他人件費(固定費)=20,000千円・・・(A6)
・保管・運送費(固定費)  =30,000千円・・・(A7)
・その他経費(固定費) =15,000千円・・・(A8)

[次期戦略案B](販売代理店営業へ切替・運送業者委託へ切替・変動広告費へ切替)
商品事業部
・販売代理店仕切単価=70千円・・・(B1)
・販売数量=3,500個・・・(B2)
・仕入単価=40千円・・・(B3)
・営業人員数=20人は他事業部へ人事異動・・・(B4)
・その他人件費(固定費)=20,000千円・・・(B5)
・1個当たり運賃:1千円・・・(B6)
・1個当たりアフリエイト営業委託費:10千円・・・(B7)
・その他経費(固定費) =15,000千円・・・(B8)


(予算会計クイズ152 )

Q.下記の資料に基づき、A製品事業の「固定費の変動費化」戦略による事業利益
増加額はいくらか?

[現状の場合の次期事業利益]

販売単価 = 500千円・・・(1)
固定費  =60,000千円・・・(2)
変動費単価= 50千円・・・(3)
次期販売数量= 120個・・・(4)

[固定費の変動費化戦略]

直販体制から販売代理店政策
⇒A製品事業の営業マンはB製品事業へ人事異動
⇒営業マン人件費計=40,000千円・・・(5)
販売手数料率:20%・・・(6)
次期販売数量は変わらないと仮定・・・(7)


(予算会計クイズ153 )

Q.下記の資料に基づき、「販売代理店政策」から「直販体制政策」へ
切り替えた場合の事業利益はいくらになるか?


[現状の場合(販売代理店政策)の次期事業利益]

定  価 =1,000千円・・・(1)
仕切価格 =50%   ・・・(2)
固定費  =30,000千円・・・(3)
変動費単価= 200千円・・・(4)
次期販売数量= 600個・・・(5)

「直販体制政策」に切り替えた場合の
追加人件費(固定費)=40,000千円・・・(6)

追加販売費 =20,000千円・・・(7)

実勢販売単価=900千円・・・(8)



(予算会計クイズ154 )

Q.下記の資料に基づき、円建ての利益を計算しなさい。

海外連結子会社A社

販売単価      1千US$・・・(1)
販売数量      1,000個・・・(2)
売上原価率       50%・・・(3)
変動販売費率      10%・・・(4)
人件費    200千US$・・・(5)
その他経費 100千US$・・・(6)

次期想定為替レート
        =110円/US$・・・(7)


(予算会計クイズ155 )

Q.下記の資料に基づき、A商品の次期の4月~6月仕入高予算額合計を計算しなさい。
1.決算月:3月
2.営業部の受注計画
当期  2月:(1)60個(受注実績) 3月:(2)70個
次期  4月:(3)80個 5月:(4)90個 6月:(5)100個
3.受注から納品までの平均リードタイム:(6)2カ月
4.次期首着地予想数量:(7)90個
5.適正在庫数量:(8)120個
6.次期仕入単価:(9)200千円


(予算会計クイズ156)

Q.下記の資料に基づき、A製品のa原材料の次期4月の原材料仕入高を計算しなさい。
1.決算月:3月
2.営業部のA製品の売上計画
次期  4月:(1)80個 
3.次期首A製品予想数量:(2)90個
4.A製品の適正在庫数量:(3)120個
5.A製品関する生産計画は下記の通り
  A製品1個当たりa原材料:(4)9本
  A製品の歩留まり率:(5) 90%
A製品4月初仕掛品換算数量:(6)4個
  A製品4月末仕掛品換算数量:(7)5個
6. a原材料:4月の月初原材料在庫数量:(8) 900 本
4月の月末原材料在庫数量:(9) 1,000本
       4月の月次間接原材料消費数量:(10) 290本
8.次期a原材料仕入単価:(11)200千円



(予算会計クイズ157)

Q.下記の海外子会社の下記資料に基づき、円建ての
5月の予実差異額はいくらか?

1-1.予算PL(外貨建て)

科  目    4月      5月

売上高   (1)100千US$ (2)120千US$

予算作成時
想定為替レート (3) 110円/US$

1-2.予算PL(円貨建て)

科  目    4月      5月
       (1)×(3)     (2)×(3)
売上高   (4)11,000千円 (5)13,200千円


2-1.実績PL(外貨建て)

科  目    4月      5月    5月累計

売上高   (6)95千US$  (7)110千US$ (8)205千US$

月次平均
為替レート (9)115円/US$ (10) 120円/US$

月次累計平均
為替レート (9)115円/US$ (11) 118円/US$

2-2.実績PL(円建て)【発生ベース】

科  目    4月       5月
       (6)×(8)      注1
売上高   (11)10,925千円




(予算会計クイズ158)

Q.下記の海外子会社の下記資料に基づき、円建ての
5月の予実差異額と為替影響差異はいくらか?

1-1.予算PL(外貨建て)

科  目    4月      5月

売上高   (1)100千US$ (2)120千US$

予算作成時
想定為替レート (3) 110円/US$

1-2.予算PL(円貨建て)

科  目    4月      5月
       (1)×(3)     (2)×(3)
売上高   (4)11,000千円 (5)13,200千円


2-1.実績PL(外貨建て)

科  目    4月      5月    5月累計

売上高   (6)95千US$  (7)110千US$ (8)205千US$

月次平均
為替レート (9)115円/US$ (10) 120円/US$

月次累計平均
為替レート (9)115円/US$ (11) 118円/US$

2-2.実績PL(円建て)【発生ベース】

科  目    4月       5月
       (6)×(8)      注1
売上高   (11)10,925千円





(予算会計クイズ159)

Q. 下記のホテル別月次損益計画表の4月の宿泊売上予算を算定しなさい。

4月の土日祭日数=10日・・・(1)
4月の平日日数 =20日・・・(2)
営業部屋数=100部屋・・・(3)
土日祭日の予定OCC:Occupancy Ratio(稼働率)=90%・・・(4)
平日の  予定OCC:Occupancy Ratio(稼働率)=80%・・・(5)
土日祭日の部屋単位の平均宿泊単価=20千円・・・(6)
平日  の部屋単位の平均宿泊単価=10千円・・・(7)


(予算会計クイズ160)

下記の円ベースの7月の予実差異はいくらか?
また、為替差損益はいくらか?

海外連結子会社:ABC.INC
月次予実報告書
(月)7月   (単位)千US$
 予算  実績 差異
売上高  100  105 +5

予算作成時の
US$想定為替レート:120円

7月の実績ベースの
US$平均為替レート:110円

売上高の実績の内、25千US$は
親会社(提出会社)に対する取引高で
取引時の為替レート108円であった。

予算会計メルマガ読者には解答・解説が配信されます。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
2.「編集後記」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

ほっと川柳

「 稲盛氏
   キャッシュベーースの
    経営へ! 」


「キャッシュ・フロー経営なのに
 何故、目標がキャッシュ・フロー予算ではなく
 PL予算のままになっているのか?」という疑問は
 監査法人時代の1996年から始まっている。

 3年がかりでEXCELマクロで製造業をベースに
月次キャッシュ・フロー計算書自動作成モデルを
作成し、この内容をまとめて「企業予算編成マニュアル」を
発刊し、4回増刷し、今は絶版になっている。
その後、卸売業ベースの「予算会計」、さらに連結ベースに
した「改訂増補 予算会計」を発刊した。
いずれも清文社からだ。

2016年、予算を自動仕訳化し、月次PL・BS・CF・資金
予算を自動作成する予算システム、「予算会計エクスプレス」を
リリースした。(特許取得)

それでも、多くの企業は以前としてPL経営のままになっている。

それでもキャッシュ・フロー経営を実践して来ている経営者はいる。

代表が稲盛氏だろう。

ダイヤモンドンラインから抜粋する。


孫、本田、稲盛、御手洗はどう考えたのか?
著名経営者の財務哲学を知る

週刊ダイヤモンド編集部

・・・略・・・

自ら強い財務へのこだわりを持っているのが、京セラやKDDIの前身のDDIを起こし、
近年では日本航空を再生させた稲盛和夫氏だ。

 稲盛氏は「会計を知らずして、真の経営はできない」(本誌03年5月17日号)と説く。

 稲盛氏は27歳で京セラを創業。その翌年の3月末に利益が出たため、株主に配当しようと思い、
経理部長にもうかったおカネはどこにあるのかと尋ねた。


「私の会計学の基本原則は『キャッシュベースの経営』にあります。会計の原点
である『キャッシュ』に着目して、それをベースに経営判断を行う」(稲盛氏)

 一方で、大企業の経営者は大きな組織の中で歯車の一つとして教育されるから、
会計や経営を習得する機会がない。

財務諸表を経理部に作成してもらい説明を受け、理解したつもりになっている。

ビジネスの原型を体験していないから会計が分からない──。稲盛氏はそう警鐘
を鳴らしている。

 経営者が経営判断を下すためには、まず自社の実態を正確につかむ必要がある。

 「経営を飛行機の操縦にたとえると、経営数字はコックピットにある計器盤の数字に
相当します。
計器盤の見方がわからなければ、飛行機がどこを飛んでいるかさえわかりません」(同)

・・・略・・・

稲盛氏の説く『キャッシュベースの経営』が世に広がることを望む。

微力ではあるが、予算会計エクスプレス事業を通じて支援し続けて行きたいと考
える。


===【 PR 】===================================

◇有報「経営者による対目標分析」の開示事例セミナー(無料)

1.分析結果と特徴点
2.投資家との対話促進の観点からの望ましい開示事例
3.計画開示の開示方法のあり方と課題

【追加開催】

11月21日(水)

14:30~17:00
(株)スリー・シー・コンサルティング

URL: https://yosankaikei.jp/seminar/

============================================


===【 PR 】===================================

改訂増補「予算会計」(清文社)<共著>

-連結キャッシュ・フロー予算 の構築-
〈特徴〉
予算PL・BS・CF・資金計画の月次・部門別・予実管理・着地予想・
連結までのプロセス解説(数値連動)

はじめに
https://www.3cc.co.jp/user/files/2015.12kaiteizouho.yosankaikei.hajimeni.pdf

アマゾン
https://amzn.to/2dbzlQL

マイナスの評価コメントも読んでみて下さい。

============================================



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



実践編「予算会計会員」サービスのトピックス

下記の資料がダウンロードできます。

・「改訂増補 予算会計」(清文社)の全体が鳥瞰できる「予算作成・管理フロー図」

・改訂増補「予算会計」の演習版(EXCEL)

 第1問「実績予想:売上高」(EXCEL)
 第2問「実績予想:売掛金」(EXCEL)

・改訂増補「予算会計」の理解のポイント解説資料:中期経営計画管理資料(EXCEL)

・改定増補「予算会計」対応のエクセル資料演習問題1、2に対応しております。

構成は下記の通りです。

NO.1実績予想:担当者別相手先別販売計画表(田辺雄一・W社)
NO.2実績予想:担当者別相手先別販売計画表(鈴木一也・Z社)
NO.3実績予想:全社販売計画書
NO.4実績予想:損益計算書
NO.5次期予算編成方針:1.当期実績の概況と課題
NO.6実績予想:商品仕入兼在庫計画書
NO.7実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(田辺雄一・W社)
NO.8実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(鈴木一也・Z社)
NO.9実績予想:全社売上代金回収計画書
NO.10実績予想:消費税等計画書
NO.11実績予想:月次資金計画書
NO.12実績予想:比較貸借対照表
NO.13実績予想:キャッシュ・フロー組替仕訳
NO.14実績予想:キャッシュ・フロー計算書

第3問「予算編成方針:目標利益の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第4問「予算編成方針:目標売上高の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第5問「予算作成:売上高関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第6問「予算作成:売掛金・月次売上代金回収収入」(問題編・解説編・EXCEL)
第7問「予算作成:CF(直接法)「営業収入」関係・
   CF(間接法)売上債権の増減額関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第8問「予算作成:月次予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第9問「予算作成:部門別予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第10問「予算作成:連結予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第11問「当期実績予想:仕入高・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第12問「当期実績予想:買掛金関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第13問「予算編成方針:売上原価・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)

実践型のEXCEL計算シートもダウンロードできます。

・取締役会提出用「月次予実報告書(月次発生ベース)」
・取締役会提出用「月次予実報告書(月次累計ベース)」
・取締役会提出用「月次予算報告書(業績予想報告含む)」
・取締役会提出用「月次着地予想報告書(業績予想修正報告含む)」

・設例と図表による企業予算編成マニュアル<清文社>の第1章~第3章
 (リニューアル)

システム化等、より実践的な取組みに関心のある会計人の方
こちらから登録できます
   ↓
https://www.3cc.co.jp/yosanmember/top.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ブログ 予算会計を学ぶ 第1719回 「火曜日テーマ:『企業予算編成マニュアル』解説」


━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━
本日のINDEX

1.「火曜日テーマ:『企業予算編成マニュアル』解説」

<曜日別配信内容>

月曜日:予算会計クイズ 
火曜日:『企業予算編成マニュアル』解説
水曜日:業績予想の修正理由一覧
木曜日:予算実務知識Q&A
金曜日:予算実務のポイント

2.編集後記  
━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━


<ほっと川柳>

「 BSは
   PL暴走
     悪化する! 」


社長の頭を占める99%は
「いかに売上を上げるか?」にある。

なぜなら、売上を上げて行かなければ
大事な社員に給与を払えず、会社の
命も奪われるからである。

・・・編集後記


====================================

● メルマガ 予算会計を学ぶ

【絶版】「企業予算編成マニュアル」<共著>(清文社)P38・39
 「3.予算編成方針の着眼点」

● 編集後記

===================================


● メルマガ 予算会計を学ぶ

【絶版】「企業予算編成マニュアル」<共著>(清文社)P38・39
 「3.予算編成方針の着眼点」

 2000年発刊なので、陳腐化している部分についてはコメントを付し、
読み替えていただけるようにして行きたいと考えています。

 また、関連予算基礎データも同時に提供してゆきます。


第722回 【絶版】「企業予算編成マニュアル」<共著>(清文社)P38・39
NO.21 「3.予算編成方針の着眼点」

 「予算編成方針」とは、「中期経営計画」を前提として、次年度の各部門の予算編成
手続きを会社として進むべき方向に集約できるようにするための体系的な基準をいう。

 予算編成方針の策定にあたり、留意すべき主な点は以下のとおりです。

1.予算編成方針は、予算委員会等で十分なヒアリング・検討を行い、経営者のみなら
ず、すべての従業員からコンセンサスを得られるものであること。

2.「中期経営計画」の当年度プログラムを実現するものであること。

3.当期予算・実績分析の反省点・課題を十分に反映したものであること。

4.次年度の経済動向、業界動向、市場動向等を十分に分析した上で策定すること。

5.客観的に達成可能な内容であること。

6.目標達成に対するインセンティブの向上を図ること。


 予算編成方針の策定方法には、

「A:目標売上高、目標利益を定めて、トップダウン型で行っていく方法」と、

「B:現場から次期予想数値を積み上げて次期売上高、次期利益を定める
ボトムアップ型で行っていく方法」の2つの考え方がある。

 どちらの方法が望ましいかは、業界、取扱い製品、経営スタンスの違いにより、
個々の会社が判断することになる。

 ただし、「A:トップダウン型の予算編成」では、無理な予算水準が提示されて
しまう危険性があり、逆に「B:ボトムアップアップ型の予算達成」では安全な
予算水準となり、高い目標達成意識が失われる危険性があると言える。
 
できれば、予算編成方針策定の段階で、経営者と現場責任者との十分なコンセンサスを
図って、目標売上高、目標利益を定めることが望ましいと考える。

[コメント]


(1)次年度の目標数値は、売上高や経常利益以外にも例えば、下記の指標を利用する場合がある
と考えます。

 1.営業利益
 2.当期純利益
 3.ROE(比率)
 4.ROA(比率)
 5.FCF(比率)
 6.営業活動によるキャッシュ・フロー
 7.現金及び現金同等物増加額

 
(2)次年度の目標数値として、財務諸表数値や財務比率以外の下記の様な指標が示される場合も
あります。

 1.目標歩留まり率
 2.クレーム発生比率
 3.特許出願件数
 4.目標シェア
 5.契約継続維持率
 6.環境効率・・・注1

注1:環境効率={(基本機能)×(標準使用期間)}
÷(ライフサイクル全体における温室効果ガスの排出量)

(3)連結経営をする場合、連結子会社の予算編成方針と連結グル-プの予算編成方針との調整を
図る必要があると考えます。

(4)経済環境の変化(為替レート、カントリーリスク、法規制、競争市場の変化など)があるので、
「予算の前提となる条件が変化するリスク」を洗い出し、「リスクが生じた場合のリカバリー方針」
を 明確化しておく必要があるのではないかと考えます。

(5)目標売上高は、「営業力」「市場動向」等を分析し、客観的な根拠資料に基づいて算定します。
「A:当期のまま推移した場合の売上高」「B:あるべき次年度の売上高」「C:リスクが発生した
場合の売上高」の3通りは作成すべきかと考えます。

 Cを前提として、目標利益を得るための次年度費用削減を図るべきかと考えます。

                         以   上
   ~ 続く ~



2.編集後記  

<ほっと川柳>

「 BSは
   PL暴走
     悪化する! 」


社長の頭を占める99%は
「いかに売上を上げるか?」にある。

なぜなら、売上を上げて行かなければ
大事な社員に給与を払えず、会社の
命も奪われるからである。

社長が第一線に立って営業をしているうちは、
マーケットを肌で感じて日々動いているので
経営判断は的確だ。

でも、会社が大きくなり、権限を委譲し、
マーケットからの距離が生まれる中
売上目標達成のみを指示して行くようになると、
知らぬ間に「会社が病気になっている」ことが
少なくない。

BS(貸借対照表)は、会社の健康状態を表す
カルテのようなものである。

PL売上志向が進み、病に陥り、健全な成長が
出来なくなる事態になるのである。

会社が大きくなるに伴い、短期的なPL主義ではなく
中長期的成長の為のBS中心の経営が大切である。

キャノンの前会長である御手洗氏の経営はまさに
BS志向であろう。


ダイヤモンドンラインから抜粋する。

孫、本田、稲盛、御手洗はどう考えたのか?
著名経営者の財務哲学を知る

週刊ダイヤモンド編集部

・・・略・・・

売り上げ至上主義から脱却

 「経営をよくするということは、バランスシートをよくすること」
(本誌03年1月11日号)と指南するのは、御手洗冨士夫・キヤノン会長(当時は
社長)だ。

PLは半期や1年の結果を表すもので、利益をつくり出すのは簡単。
しかし、バランスシートはそのPLが何年分も蓄積された結果で、会社の実力はバ
ランスシートにこそ如実に反映されている。つまり、「バランスシート改善は長
い時間をかけなければできることではない」(御手洗氏)のだ。

 当時、日本企業に色濃く残っていた売り上げ至上主義をスパッと切り捨て、
バランスシート改善を最優先すべしと説いた。

 「無理をして売上を伸ばそうとして増産を続け、ムダな在庫を抱え込み、
キャッシュフローを悪化させることほど愚かしいことはありません。
損益計算書の数字を作るためにバランスシートを悪化させるのでは、本末転倒」(同)

 実際、御手洗氏は社運を懸けたといわれた製品「FLCD」(強誘電性液晶)という
製品などの事業をバッサリと切った。
「赤字事業からの撤退で売上高は740億円くらい減りましたが、(中略)収支は
260億円改善しました」(同)。

 同時に、バランスシート改善の重要性やキャッシュフロー経営、在庫減らしの醍醐味、
赤字事業は許されないことなどを、役員や部長に繰り返し説き続けていたという。

トップが財務に対して確固たる考えを持つと同時に、社員に浸透させることも重
要なのだ。

・・・略・・・


BSの会社の健康状態を中・長期的に改善するためには、営業キャッシュ・フロー
の最大化を目指し、将来の成長分野へ継続的に投資する真のキャッシュ・フロー
経営が求められる。

===【 PR 】===================================

◇有報「経営者による対目標分析」の開示事例セミナー(無料)

1.分析結果と特徴点
2.投資家との対話促進の観点からの望ましい開示事例
3.計画開示の開示方法のあり方と課題

【追加開催】

11月21日(水)

14:30~17:00
(株)スリー・シー・コンサルティング

URL: https://yosankaikei.jp/seminar/

============================================


===【 PR 】===================================

改訂増補「予算会計」(清文社)<共著>

-連結キャッシュ・フロー予算 の構築-
〈特徴〉
予算PL・BS・CF・資金計画の月次・部門別・予実管理・着地予想・
連結までのプロセス解説(数値連動)

はじめに
https://www.3cc.co.jp/user/files/2015.12kaiteizouho.yosankaikei.hajimeni.pdf

アマゾン
https://amzn.to/2dbzlQL

マイナスの評価コメントも読んでみて下さい。

============================================


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



実践編「予算会計会員」サービスのトピックス

下記の資料がダウンロードできます。

・「改訂増補 予算会計」(清文社)の全体が鳥瞰できる「予算作成・管理フロー図」

・改訂増補「予算会計」の演習版(EXCEL)

 第1問「実績予想:売上高」(EXCEL)
 第2問「実績予想:売掛金」(EXCEL)

・改訂増補「予算会計」の理解のポイント解説資料:中期経営計画管理資料(EXCEL)

・改定増補「予算会計」対応のエクセル資料演習問題1、2に対応しております。

構成は下記の通りです。

NO.1実績予想:担当者別相手先別販売計画表(田辺雄一・W社)
NO.2実績予想:担当者別相手先別販売計画表(鈴木一也・Z社)
NO.3実績予想:全社販売計画書
NO.4実績予想:損益計算書
NO.5次期予算編成方針:1.当期実績の概況と課題
NO.6実績予想:商品仕入兼在庫計画書
NO.7実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(田辺雄一・W社)
NO.8実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(鈴木一也・Z社)
NO.9実績予想:全社売上代金回収計画書
NO.10実績予想:消費税等計画書
NO.11実績予想:月次資金計画書
NO.12実績予想:比較貸借対照表
NO.13実績予想:キャッシュ・フロー組替仕訳
NO.14実績予想:キャッシュ・フロー計算書

第3問「予算編成方針:目標利益の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第4問「予算編成方針:目標売上高の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第5問「予算作成:売上高関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第6問「予算作成:売掛金・月次売上代金回収収入」(問題編・解説編・EXCEL)
第7問「予算作成:CF(直接法)「営業収入」関係・
   CF(間接法)売上債権の増減額関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第8問「予算作成:月次予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第9問「予算作成:部門別予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第10問「予算作成:連結予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第11問「当期実績予想:仕入高・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第12問「当期実績予想:買掛金関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第13問「予算編成方針:売上原価・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)

実践型のEXCEL計算シートもダウンロードできます。

・取締役会提出用「月次予実報告書(月次発生ベース)」
・取締役会提出用「月次予実報告書(月次累計ベース)」
・取締役会提出用「月次予算報告書(業績予想報告含む)」
・取締役会提出用「月次着地予想報告書(業績予想修正報告含む)」

・設例と図表による企業予算編成マニュアル<清文社>の第1章~第3章
 (リニューアル)

システム化等、より実践的な取組みに関心のある会計人の方
こちらから登録できます
   ↓
https://www.3cc.co.jp/yosanmember/top.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
プロフィール

公認会計士・税理士 児玉厚

Author:公認会計士・税理士 児玉厚
-----------------------------------

はじめまして、児玉厚と申します。

私は、「予算会計」という新たな学問分野があっても良いのではないかと思っています。みなさんと一緒に、良い意味での「キャッチボール」をしながら、「予算会計」という分野を創っていければと思っています。


【自己紹介】
児 玉 厚(公認会計士・税理士)

<略歴> 

商社財務部の経理マン、
    監査法人の会計監査人、
         そして企業経営者に



昭和57年埼玉大学経済学部卒業。

神鋼商事㈱財務部、東陽監査法人を経て、
ゼロから起業を決意し、現在は、(株)スリー
・シー・コンサルティング
 代表取締役。


「決算報告エクスプレス・宝決算Ⅹプレス
(開示決算自動化システム)」<特許取得>

どれかひとつの立場に偏らず、全てを歩んできたからこそ見出すことができた「本質」を、みなさんにお伝えし、共有し、新しい時代における経理部の形、会計の世界を創造したいと真剣に考えています。


<主要著書>
『会社法決算書完全作成ガイド』
『開示決算ガイドブック』
『企業予算編成マニュアル』(清文社)
『有価証券報告書完全作成ガイド』(清文社)
『予算会計』(清文社)
 NEW!『<改定増補>予算会計』(清文社)

お知らせ
▼連載のお知らせ(11/2~)
税務研究会の「経営財務」にて3週連載します
 『キャッシュ・フロー予算制度構築』
第1回 損益予算からキャッシュ・フロー予算へ
第2回 キャッシュ・フロー予算の理解
第3回 キャッシュ・フロー予算制度構築の実務的ポイント
▼新刊発売のお知らせ
『<改定増補>予算会計』
キャッシュフロー予算作成プロセスの全体像が理解できる!
企業における目標管理の構築、実績の適正性を担保するために重要な財務諸表の作成手順を具体的に解説
新たに「応用編」を追加し、消費税率アップ等を織り込んだ最新版
 
book

カレンダー(月別)
10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
【カテゴリーツリー】
登録フォーム
20141127110808807.jpg


氏名
姓: 名:
E-Mail ※



ご登録いただきました個人情報につきまして

※「予算会計メールマガジン」は、いつでも配信解除できるようにしております。
 その都度お届けするメールマガジンの文末に、常に配信解除URLを設置しております。

※ご登録いただきました情報は、予算会計メールマガジンの配信以外では一切利用いたしません。
 よって、予算会計メールマガジン以外の不必要な情報が届くことは一切ございません。
リンク
ogo_mini.gif


kaijikaikeiblog.jpg


zaimu.gif


seibunsha.jpg


メール
kaijikaikeiblog.jpg
著書に関するご質問もお受けしています。
メールでお気軽にお問い合わせください。