FC2ブログ
ホーム

「誰でも、早く、正確に」作成できる理論が整っていない予算編成。予算編成に携わる全ての人に対して、新たな予算財務諸表の作成理論を提示し、そしてみなさんと一緒に、良い意味での「キャッチボール」をしながら、「予算会計」という分野を試行錯誤しながら、創っていければと思っています。

このブログ『予算会計を学ぶ』では、日々配信している無料の【予算会計メールマガジン】の内容を一部公開していきます。
内容をご覧いただき、是非メルマガ登録お願いします。

無料の予算会計メールマガジンの登録はコチラ




20190823(金曜日)ブログ 予算会計を学ぶ 第1876回 


━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━
本日のINDEX
━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━

1.「金曜日テーマ:予算実務のポイント」

<曜日別配信内容>

月曜日:予算会計クイズ 
火曜日:『企業予算編成マニュアル』解説
水曜日:業績予想の修正理由一覧
木曜日:予算実務知識Q&A
金曜日:予算実務のポイント


2.編集後記  


ほっと川柳

「 3匹の
ネコはファミリー
日々ドラマ!」

我が家には3匹のネコがいる。

モモ(長女)、ミミ(次女)、ルイ(長男)。

・・・編集後記・・・

――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.「金曜日テーマ:予算実務のポイント」
――――――――――――――――――――――――――――――――――


第3話(その16)IPO準備上の実務上の留意点(その5)

会計士 児玉

「 IPO準備実務においては、まず第一に「社長の意識変革」が
必要であることをお話しました。

前回まで下記の点を説明しました。

⑴ 「My Company」から「Your Company」へ

⑵ 「直観的経営」から「数値に基づく経営」へ

⑶ 「投資者保護」の意味を理解する

⑷  「税務基準」から「公正な会計基準」へ

今日は下記の点を見て行きましょう。

⑸ 「前期比較主義」から「計画主義」へ 」



前期比較から計画比較へ

会計士児玉

「田辺社長は今まで目標はどうやって
決めていますか?」

田辺社長

「そうだな〜。当期の目標は売上高は前期比較
○%増とか、費用は前期比○%減という感じかな〜、利益は当 前期比○%増だな〜。」

「銀行も前期比の成長率で見ているからネ!」


会計士児玉

「確かにそうですネ。
でも、IPOする場合は、『My Company から Your Companyへ』変わり、
 投資家から選ばれる会社になって行かなければ、株価が下がってゆき、投資家さらに
 その背後にある顧客の信頼も失うことにあります。」

田辺社長

「 投資家は何を基準に株式を買いたいと思うんですか? 」


会計士児玉

「 投資家の関心は『持続的成長する会社か否か』という点になります。」

田辺社長

「投資家は何で見てそれを判断するんですか?」

会計士児玉

「 3カ年の中期経営計画になります。 」

田辺社長

「 3年も先のことわからないですよ。 」

会計士児玉

「 田辺社長の会社が今まで通り経営を進めると、3年後の損益は
  どうなると思いますか?」

田辺社長

「・・・市場の競争が激しくなっているので、販売単価は下がり続ける
 るので、売上高は減少してゆくだろうな~。・・・12億円ぐらいかな~。
 それに人件費が上がって来ているので、赤字になってしまうかも知れない
 なら~。当期純損失1億円になるかも知れないな~。
 ・・・まずいですな~」

会計士児玉

「 田辺社長が3年後に目指したい売上高と税引後利益は?」


田辺社長 

「 そうだな~。 売上高は前期実績の1.5倍の20億円にしたいし、
  税引後利益は前期実績の3千万円から5億円にしたいな~。」

会計士児玉

「このまま推移した場合の3年後の姿と3年後のあるべき姿にはギャップが
 ありますよね。

 売上高は20億円ー12億円 =8億円
 税引後利益は5億円ー△1億円=6億円

 このギャップをどう埋めるかが『中期経営戦略』になります。
 売上高20億円と税引後利益5億円が『中期経営目標』になります。」

田辺社長

「 売上高や税引後利益のギャップを埋める為の中期経営戦略って
  例えばどういう戦略になりますか?」

会計士児玉

「例えば、社長の会社の基礎技術を生かした新製品の開発・販売したり、
 既存製品の他の地域や海外への販路拡大など。
 残業ゼロ化や管理業務の合理化を図り、コストを削減する。
 限界利益率の低い製品については固定費を変動費化し、限界利益率の
 高い製品については変動費を固定費化し、限界利益の拡大を図る。
 こんな感じです。」

田辺社長

「 新製品開発についてはアイディアがあるので是非やりたいけど、
  お金が必要になるでしょ。」

高橋課長

「 銀行からの資金調達は難しいと思いますよ。  」


会計士児玉

「 まず合理的な中期経営計画を作成することが鍵になります。 」

「この中期経営計画に基づいて、増資計画を立てて、第三者割当
 増資の引き受けを主要顧客やベンチャーキャピタル等に
 打診してゆくこともあります。
 また、中期経営計画に基づいて、銀行などに追加借入れを打診
 することもあります。
 上場後の株主構成が安定化する様に資本政策を組むことも大事です。」

「3カ年の中期経営計画は短期利益計画になります。
 この短期利益計画(アクションプラン含む)に基づいて、次期予算が
 作成され、月次で予実比較し、差異原因を分析し、改善を行って
 ゆく「Plan(計画)⇒Do(実行)⇒Check(比較検証)⇒Action(改善)
 サイクル」を合理的に回し、説明できるようにすることが大事になります。」

「 従って、過去に基づく『前期比較主義』から未来志向の『計画比較主義』に
  社長の考えも変えていただくことが必要になります。」

田辺社長

「・・・投資家から信頼される様になるためには致し方ないよな~。
 俺の頭も『計画比較主義』に変えてゆくよ!」


会計士児玉


「流石に田辺社長ですね。切り替えが速いですね。」

「今日はここまでにしておきましょう。」




・・・つづく・・・


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
2.「編集後記」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


ほっと川柳

「 3匹の
ネコはファミリー
日々ドラマ!」

我が家には3匹のネコがいる。

モモ(長女)、ミミ(次女)、ルイ(長男)。

モモは、他界した義母が公園でカラスに襲われそうだったところを
助けて家にやって来た。

ミミとルイは、家内が以前都内のお寺の花屋に
勤めていた際、多くのネコの世話をしていたが、境内で泣く子猫を
見つけ、家で世話をしてそのまま一緒に暮らしている。

3匹は人間の様にみんな性格が違う。

モモはおとなしく、おっとりした性格。

ミミはおてんばで気が強い。

ルイはぽわ〜んとした性格のお坊ちゃんタイプだ。

中でもミミはとてもユニークだ。

家内がガス点検の業者さんと立ち話をしていると、ミミが間に入って、
見上げながら話を聞いている。

全然人見知りしないし、好奇心旺盛である。

また、ミミはとても食いしん坊で、食べ物に対する執着心は凄まじい。

中でも焼き魚には異常な執着心なので、我が家では焼き魚は
食べられない。

特に驚かされることがある。

ミミはお腹が減ると、家内の膝の上に乗って
「にゃ〜」と鳴いて、意思表示していた。

家内が「ミミちゃん、ゴハン?」「ゴハンでしょ」と繰り返していたら、
ミミが「ゴハン」って言うようになったからビックリ。

家内のお友達が家に遊びに来ると、「ミミちゃん、ゴハンって言えるんだ」
と驚いている。

夜は家内と一緒にベットで寝ている。

家内がなくなったら、フランダースの犬のように、3匹のネコが天国に連れて
行くんだろうなと思う。(笑)

毎日、ネコのドラマが繰り広げられている。

どれだけ心が癒されているかは知れない。

家内と娘と私の三人と3匹のネコ、合わせ家族になっている
と思う。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



===【 PR 】===================================

改訂増補「予算会計」(清文社)<共著>

-連結キャッシュ・フロー予算 の構築-
〈特徴〉
予算PL・BS・CF・資金計画の月次・部門別・予実管理・着地予想・
連結までのプロセス解説(数値連動)

はじめに
https://www.3cc.co.jp/user/files/2015.12kaiteizouho.yosankaikei.hajimeni.pdf

アマゾン
https://amzn.to/2dbzlQL

マイナスの評価コメントも読んでみて下さい。

============================================


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



実践編「予算会計会員」サービスのトピックス

下記の資料がダウンロードできます。

・「改訂増補 予算会計」(清文社)の全体が鳥瞰できる「予算作成・管理フロー図」

・改訂増補「予算会計」の演習版(EXCEL)

 第1問「実績予想:売上高」(EXCEL)
 第2問「実績予想:売掛金」(EXCEL)

・改訂増補「予算会計」の理解のポイント解説資料:中期経営計画管理資料(EXCEL)

・改定増補「予算会計」対応のエクセル資料演習問題1、2に対応しております。

構成は下記の通りです。

NO.1実績予想:担当者別相手先別販売計画表(田辺雄一・W社)
NO.2実績予想:担当者別相手先別販売計画表(鈴木一也・Z社)
NO.3実績予想:全社販売計画書
NO.4実績予想:損益計算書
NO.5次期予算編成方針:1.当期実績の概況と課題
NO.6実績予想:商品仕入兼在庫計画書
NO.7実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(田辺雄一・W社)
NO.8実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(鈴木一也・Z社)
NO.9実績予想:全社売上代金回収計画書
NO.10実績予想:消費税等計画書
NO.11実績予想:月次資金計画書
NO.12実績予想:比較貸借対照表
NO.13実績予想:キャッシュ・フロー組替仕訳
NO.14実績予想:キャッシュ・フロー計算書

第3問「予算編成方針:目標利益の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第4問「予算編成方針:目標売上高の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第5問「予算作成:売上高関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第6問「予算作成:売掛金・月次売上代金回収収入」(問題編・解説編・EXCEL)
第7問「予算作成:CF(直接法)「営業収入」関係・
   CF(間接法)売上債権の増減額関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第8問「予算作成:月次予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第9問「予算作成:部門別予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第10問「予算作成:連結予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第11問「当期実績予想:仕入高・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第12問「当期実績予想:買掛金関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第13問「予算編成方針:売上原価・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)

実践型のEXCEL計算シートもダウンロードできます。

・取締役会提出用「月次予実報告書(月次発生ベース)」
・取締役会提出用「月次予実報告書(月次累計ベース)」
・取締役会提出用「月次予算報告書(業績予想報告含む)」
・取締役会提出用「月次着地予想報告書(業績予想修正報告含む)」

・設例と図表による企業予算編成マニュアル<清文社>の第1章~第3章
 (リニューアル)

システム化等、より実践的な取組みに関心のある会計人の方
こちらから登録できます
   ↓
https://www.3cc.co.jp/yosanmember/top.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

スポンサーサイト



20190822(木曜日)予算会計メルマガ第1875回

###name1### 様

おはようございます。児玉です。

メルマガ 予算会計を学ぶ をお届けします。


━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━
本日のINDEX
━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━

1.「木曜日テーマ:予算実務のポイント」

<曜日別配信内容>

月曜日:予算会計クイズ 
火曜日:『企業予算編成マニュアル』解説
水曜日:業績予想の修正理由一覧
木曜日:予算実務知識Q&A:「予算会計学」
金曜日:予算実務のポイント


2.編集後記  

ほっと川柳

「 業績の
連動報酬
見直し化 」

昨日は、有報改正:役員賞与等とMD&Aの関係の
セミナーを開催した。

当日欠席のメールをいただいた上場会社等が
6社ほどありましたが、出席していただいた
みなさんには真剣に聞いていただいた。

2019年3月決算期の上場会社等の有価証券報告書
において、役員賞与等の業績連動型の役員報酬の開示が
求められている。

特に、業績連動の指標に関する目標と実績の
開示が求めれている点は重要だ。

・・・編集後記につづく

――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.「木曜日テーマ:予算実務Q&A:予算会計学NO.26」
――――――――――――――――――――――――――――――――――

<予算会計学NO.26>(差異原因を元帳で管理する方法)


予算会計エクスプレスに関連して下記の3つの特許を取得している。


1.予算仕訳を自動作成し、予算元帳、予算試算表を経て「予算財務諸表」を自動作成する機能
2.資金予算仕訳を自動作成し、資金予算元帳を経て「月次資金計画書」を自動作成する機能
3.非会計数値KPI(受注高・人員数・ユーザー数・在庫数など)も自動仕訳し、予算元帳を経て
「非会計数値の増減データ」を自動作成する機能


実はこの他に特許申請中のものがある。

それは予算元帳を使って「1年間の差異原因」を表現する方法である。

ちょっと、例を見て見よう。

例えば、3月決算で4月の売上高が予算:100百万円に対し、実績が90百万円
だったとしよう。

月次予実差異損益計算書は下記の様になる。

      月次予実差異損益計算書
4月
              単位:百万円
予算科目  予 算  実 績  差 異  差異率

売上高   100    90    △10 △10%

・・・略・・・


差異原因が下記の通りだったとする。

(予算原因)
実勢価格が予算価格に対し、10%下落したこと
:△40百万円
改善策:略

(実績原因)
甲社受注分60百万円の納期が顧客の要請により、6月に
ずれ込んだ為:△60百万円
改善策:略

手順1 予実差異勘定(売上高)[借方]と予実差異原因勘定(売上高)
    [貸方]を科目設定する。

手順2 下記の予算仕訳を計上する。

予算仕訳(振替仕訳)NO.1
4.30 予実差異勘定(売上高) △100百万円
      /予実差異原因勘定(売上高) △100百万円
〈摘要〉
4月 売上高の予実差異 予算100百万円 実績 90百万円 
差異 △10百万円

予算仕訳(振替仕訳)NO.2
4.30 予実差異原因勘定(売上高) △40百万円
      /予実差異原因勘定(売上高) △40百万円
〈摘要〉
(予算原因)
実勢価格が予算価格に対し、10%下落したこと
:△40百万円

予算仕訳(振替仕訳)NO.3
4.30 予実差異原因勘定(売上高) △60百万円
      /予実差異原因勘定(売上高) △60百万円
〈摘要〉
(実績原因)
甲社受注分60百万円の納期が顧客の要請により、6月に
ずれ込んだ為:△60百万円



予算元帳
区分:非会計数値
科目:予実差異原因勘定(売上高)
貸借:貸方科目
数量表示:名

日付 借 方 貸 方 残 高  摘  要
   百万円 百万円 百万円

4.30 △100 △100 4月 売上高の予実差異
予算100百万円
実績 90百万円
差異 △10百万円

4.30  △40  △40 △100 (予算原因)
実勢価格が予算価格に対し、
10%下落したこと:
:△40百万円
(改善策)略


4.30  △60  △60 △100 (実績原因)
甲社受注分60百万円の納期が
顧客の要請により、6月に
ずれ込んだ為:△60百万円

5月~翌3月までも同様


予実差異原因勘定(売上高)の元帳形式で1年間の差異原因が
閲覧できることになる。

これは受注高や販売数量等のKPIも同じである。

~つづく~


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
2.「編集後記」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


ほっと川柳

「 業績の
連動報酬
見直し化 」

昨日は、有報改正:役員賞与等とMD&Aの関係の
セミナーを開催した。

当日欠席のメールをいただいた上場会社等が
6社ほどありましたが、出席していただいた
みなさんには真剣に聞いていただいた。

2019年3月決算期の上場会社等の有価証券報告書
において、役員賞与等の業績連動型の役員報酬の開示が
求められている。

特に、業績連動の指標に関する目標と実績の
開示が求めれている点は重要だ。

任意の100社有報分析によれば、
目標と実績を開示している会社は
24社に止まっている。

また、固定報酬のみの為、業績連動報酬の
記載をしていない会社が49社もある。

投資家から見れば、業績が増えても減っても
役員報酬が変わらないということは、
経営者が持続的成長への強いミッションを
持っていない会社と判断してもおかしくない
と考える。

世界的には役員報酬は業績連動型報酬が
主流だが、日本はこの点が遅れている。

ただ、業績連動報酬のあり方の見直しは
かなり進んでいるようだ。

日経新聞は次のように伝えている。
東証1部企業、報酬委員会の設置が5割超 三菱自なども


東京証券取引所1部に上場する企業のうち、役員の報酬について決めたり助言し
たりする「報酬委員会」を設ける企業が7月に初めて5割を超えた。コーポレート
ガバナンス(企業統治)の充実が求められるなか、日産自動車の元会長、カルロ
ス・ゴーン被告による不正報酬問題が発生した。報酬委員会の広がりは役員報酬
の透明性を高める第一歩になりそうだ。

報酬委員会は経営陣から独立した立場から、最高経営責任者(CEO)や取締役な
どの報酬額について議論したり決定したりする。権限や社内の位置付けは企業に
よって異なるが、東証などが定めるコーポレートガバナンス・コードの2018年6
月の改定によって設置が求められた。


東証によれば、1部上場企業のうち報酬委員会を設置する企業は前年より333社増
え1125社。52%を占めて過去最高になった。


この1年では三菱自動車やファナック、ゼンショーホールディングスなどが報酬
委員会を取り入れた。三菱自動車の委員会は5人で、うち4人が社外取締役。委員
長も社外取締役が務め、メンバーは「事業の方向性を踏まえながら、報酬の水準
や構成、業績連動の仕組みなど報酬全般を審議する」という。

コーポレート・ガバナンスの枠組みの一つで、社外取締役を中心とした委員会が
重要事項を決める「指名委員会等設置会社」では、会社法で報酬委員会の導入が
義務づけられている。こうした企業は東証1部の3%。大半の企業では任意の組織
として設けている。

株式市場では業績と経営者の報酬が連動する仕組みを求める声が目立つ。新たに
報酬委員会を設置した企業では、伊藤園は役員報酬の一部を、本業で稼いだ資金
を示す「営業キャッシュフロー」や自己資本利益率(ROE)などをもとに決めて
いる。

ミネベアミツミは売上高と営業利益の中期経営計画目標に対する達成度に応じ、
報酬額を決定する。企業の中長期的な成長と報酬が連動する仕組みだ。

報酬委員会を設置する企業は増えたが、課題を指摘する声もある。渋谷展由弁護
士は「業績と報酬を連動させる仕組みが、きちんと機能している例はまだ少ない」
と話す。報酬コンサルティング会社ペイ・ガバナンス日本の阿部直彦代表は、
「導入した仕組みについて検証し、必要に応じて見直すことも重要」としている。
(以上)

伊藤園が「営業キャッシュ・フロー」や自己資本利益率(ROE)などをもとに決め
ている点は高く評価されるべきだろう。

利益が出ていても、キャッシュを生んでいなければ、成長分野への持続的な投資が
出来ず、結果として持続的成長が出来ない。

中期経営計画の目標が達成出来ないことになり、投資家の期待を裏切ることになる。

有価証券報告書の記載においては、MD&Aにおいて、計画実績の差異分析を
丁寧に説明し、その結果を受けて、業績連動型報酬の説明がなされるべき
と考える。

MD&Aの記載において、約4分の3の上場会社が計画実績比較分析をせずに
前期比較分析のみの開示になっている点は非常に問題だと考える。

経営者の意思決定は前期比較分析によってなされているのだろうか?

毎月の経営会議や取締役会への経営分析報告は予実差異分析で行われている
のであって、前期比較分析をしている訳ではない。

つまり、経営意思決定の実態と異なる内容を有報で開示していることになる。

前期比較主義による経営は成り行きの未来をつくることは出来ても、
あるべき未来の中期経営計画の目標には至らない。

つまり、投資家の期待に背くことになると言える。

MD&Aの開示において、中期経営計画の実現に向けて、PDCAサイクルが正しく
開示されるようになってゆくことを切に期待する。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

マンガでも納得!

・「キャッシュ・フロー予算」(上場審査編)
  PL脳からCF脳へ進化せよ!

・「キャッシュ・フロー予算」(機関投資家編)
  信頼の鍵はCF予算

https://www.3cc.co.jp/yosan/manga.php

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



===【 PR 】===================================

改訂増補「予算会計」(清文社)<共著>

-連結キャッシュ・フロー予算 の構築-
〈特徴〉
予算PL・BS・CF・資金計画の月次・部門別・予実管理・着地予想・
連結までのプロセス解説(数値連動)

はじめに
https://www.3cc.co.jp/user/files/2015.12kaiteizouho.yosankaikei.hajimeni.pdf

アマゾン
https://amzn.to/2dbzlQL

マイナスの評価コメントも読んでみて下さい。

============================================


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


実践編「予算会計会員」サービスのトピックス

下記の資料がダウンロードできます。

・「改訂増補 予算会計」(清文社)の全体が鳥瞰できる「予算作成・管理フロー図」

・改訂増補「予算会計」の演習版(EXCEL)

 第1問「実績予想:売上高」(EXCEL)
 第2問「実績予想:売掛金」(EXCEL)

・改訂増補「予算会計」の理解のポイント解説資料:中期経営計画管理資料(EXCEL)

・改定増補「予算会計」対応のエクセル資料演習問題1、2に対応しております。

構成は下記の通りです。

NO.1実績予想:担当者別相手先別販売計画表(田辺雄一・W社)
NO.2実績予想:担当者別相手先別販売計画表(鈴木一也・Z社)
NO.3実績予想:全社販売計画書
NO.4実績予想:損益計算書
NO.5次期予算編成方針:1.当期実績の概況と課題
NO.6実績予想:商品仕入兼在庫計画書
NO.7実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(田辺雄一・W社)
NO.8実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(鈴木一也・Z社)
NO.9実績予想:全社売上代金回収計画書
NO.10実績予想:消費税等計画書
NO.11実績予想:月次資金計画書
NO.12実績予想:比較貸借対照表
NO.13実績予想:キャッシュ・フロー組替仕訳
NO.14実績予想:キャッシュ・フロー計算書

第3問「予算編成方針:目標利益の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第4問「予算編成方針:目標売上高の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第5問「予算作成:売上高関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第6問「予算作成:売掛金・月次売上代金回収収入」(問題編・解説編・EXCEL)
第7問「予算作成:CF(直接法)「営業収入」関係・
   CF(間接法)売上債権の増減額関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第8問「予算作成:月次予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第9問「予算作成:部門別予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第10問「予算作成:連結予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第11問「当期実績予想:仕入高・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第12問「当期実績予想:買掛金関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第13問「予算編成方針:売上原価・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)

実践型のEXCEL計算シートもダウンロードできます。

・取締役会提出用「月次予実報告書(月次発生ベース)」
・取締役会提出用「月次予実報告書(月次累計ベース)」
・取締役会提出用「月次予算報告書(業績予想報告含む)」
・取締役会提出用「月次着地予想報告書(業績予想修正報告含む)」

・設例と図表による企業予算編成マニュアル<清文社>の第1章~第3章
 (リニューアル)

システム化等、より実践的な取組みに関心のある会計人の方
こちらから登録できます
   ↓
https://www.3cc.co.jp/yosanmember/top.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


―【登録内容変更/配信停止】―――――――――――――――――――――

内容変更:https://1lejend.com/stepmail/edit.php?no=xxzzkh
配信停止:https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=101100

――――――――――――――――――――――――――――――――――

―【発行者情報】――――――――――――――――――――――――――

 発行者 公認会計士 児玉 厚 
 運 営 株式会社スリー・シー・コンサルティング(http://3cc.co.jp)
連絡先 k.yosan.kaikei@3cc.co.jp
――――――――――――――――――――――――――――――――――

ブログ予算会計を学ぶ  第1874回 「水曜日テーマ:業績予想修正一覧335」


━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━
本日のINDEX
━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━

1.本日のテーマ「業績予想修正一覧NO.335」

2.編集後記  


ほっと川柳

「 計画の
開示時代が
加速する️ 」


本日、2019年度版第2回目の
有報改正「役員賞与等とMD&Aの関係」
セミナーが開催される。

今日はポイントを簡単に説明する。

1.有価証券報告書は制度会計から
管理会計へシフトしている

・・・編集後記


――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.「水曜日テーマ:業績予想修正一覧NO.335」
――――――――――――――――――――――――――――――――――


「業績予想修正理由一覧NO.335」(累計3,350社)


1.卸売業<JQS>( 6月決算)[取締役管理本部長]

(通期業績予想修正)

・カーライフ関連事業において、原油価格高騰に伴う増収効果(+)
・コスト削減(+)
・不採算給油所閉鎖(+)
・住宅・生活関連事業の不動産部門において、建売分譲物件の取扱いが増加したこと(+)
・電設資材事業において、公共、民間ともに受注が増加した増収増益となりました。

上記より、売上高及び各利益上方修正。


2.卸売業<東二>(12月決算)[管理本部長]

(第2四半期業績予想修正)

・海外中古車輸出販売事業は当初予定していた販売台数を上回ることができたこと(+)

上記より、売上高上方修正。

・国内事業においては、増税前の駆け込み需要が伸び悩んだこと、価格競争の激化により
 利益率の低下につながったことから、売上総利益額が当初予想していた数値より94 百万円
 下回る見込みであること(-)

・販売費及び一般管理費において、人員増による費用及び販売活動に係る費用が期初予定
 より26 百万円上回る見込みであること(-)

・貸倒引当金繰入額が37 百万円計上となること(-)

・営業外収益において貸倒引当金戻入益が29百万円計上される見込みであること(+)

上記より、各利益下方修正。


3.鉄鋼<東二>( 3月決算)[専務取締役]

(第2四半期業績予想修正)

・自動車部門での受注が増加したこと(+)
・原価低減の効果(+)
・予定していた工事を後半期に変更した影響等(-)

上記より、売上高及び各利益上方修正。


4.非鉄金属<東一>( 3月決算)[広報部長]

(第2四半期業績予想修正)

・前回発表予想(2019 年5 月9 日)に対し、機能材料セグメントの主要製品である
 スマートフォン向けのキャリア付極薄銅箔や電子材料用金属粉の販売量の減少が
 見込まれること(-)
・金属価格が想定を下回って推移していること(-)
・それに伴う在庫要因の悪化等(-)

上記より、売上高及び各利益下方修正。


5.サービス業<東一>( 12月決算)[財務経理部統括]

(第2四半期業績予想修正)

・当社のサービスをご利用頂く婚活会員数が堅調に推移したこと(+)
・経費削減等(+)

上記より、売上高及び各利益上方修正。


6.化学<東一>( 3月決算)[取締役財務本部長]

(第2四半期業績予想修正)

・販売面では、酸化チタンの輸出や機能材料の電子部品向け販売の減収(-)、
・欧州向けを中心に農薬の販売が伸びるなど(+)

 上記より、売上高下方修正。

・円高ユーロ安による為替差損(-)
・連結財務諸表における税効果額見直しに伴う法人税等調整額の影響など(-)

上記より、各利益下方修正。


7.情報・通信業( 6月決算)[執行役員]

(通期業績予想修正)

・新規案件の獲得に伴うライセンス販売が好調に推移したこと(+)
・既存顧客の追加開発案件の売上増等(+)

上記より、売上高上方修正。

・中途採用増強に伴う採用費の増加等(-)

上記より、各利益下方修正。


8.化学<東一>( 12月決算)[広報・I R室長]

(第2四半期業績予想修正)

・印刷インキ事業において、欧米のパッケージ関連は順調に拡販が進んだものの、
 アジアのパッケージ関連が需要の弱含みや競争の激化などにより、当初予想に比べて
 伸び悩んだこと(-)
・日本の印刷情報関連がデジタル化の進展や印刷用紙の供給不足による影響などを受けて
 低調であったことなど(-)

上記より、売上高下方修正。

・コスト削減を推し進めた結果、印刷インキ事業のアジア及び米州において、当初予想を
 上回る効果が実現したことなど(+)

上記より、各利益上方修正。


9.輸送用機器<東一>( 3月決算)[財務本部長]

(通期業績予想修正)

・2019 年7月1日にEquipment Depot, Inc.(旧商号 Pon Material
 Handling NA, Inc.) の全株式を取得し連結子会社化したことに
 伴い同社(グループ会社含む)の第2~4四半期会計期間の業績
 見込を織り込んだこと(+)

上記より、売上高上方修正。

・同様に同連結子会社の取得時ののれん等償却額、統合費用、負債の利息費用やその他の金融
 費用を織り込んだこと(-)

上記より、各利益下方修正。


10.電気機器<東一>( 3月決算)[執行役員管理本部経理部長]

(通期業績予想修正)

・米中貿易摩擦の影響を受けた不透明な経済情勢から来る自動車市場の減速を背景に、
 主として車載向けの販売が当初予想を下回ること(-)
・通信関連機器向け、アミューズメント向けの販売が減少する見通しであること(-)
・自動車市場の減速からくる受注および売上高の減少により、日本においては生産工場の
 稼働率の低下が見込まれること(-)
・東南アジアにおいては増産投資に伴う費用負担が重荷となること(-)

上記より、売上高及び各利益下方修正。


予算会計メルマガ読者は、業績予想修正理由一覧NO.1~NO.335までの3,350社一
式ダウンロードできます。


読取用EXCELファイル NO.1~NO.300


読取用EXCELファイル NO.300~NO.335



~つづく~

                     以 上

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

2.「編集後記」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

ほっと川柳

「 計画の
開示時代が
加速する️ 」


本日、2019年度版第2回目の
有報改正「役員賞与等とMD&Aの関係」
セミナーが開催される。

今日はポイントを簡単に説明する。

1.有価証券報告書は制度会計から
管理会計へシフトしている

投資家の関心は過去ではなく将来にある。

IFRSの本質は、「将来キャッシュ・フローの予測に資する」点にある。

⑴ 予測主義

有価証券報告書には多くの予測概念が
含まれている。

1.時価主義
2.減損評価
3.繰延税金資産の回収可能性
4.退職給付会計
5.資産除去債務
など

予測によって財務諸表数値が歪められる
リスクが高まっており、監査上の重要監査項目になっている。


⑵ マネジメントアプローチ

セグメント情報は、連結財務諸表数値と異なっていても、
実際の経営意思決定に利用されているセグメント情報の
内容を開示することが求められている。
【管理会計化】


⑶ MD&A関連の有価証券報告書改正の
タイムスケジュール

MD&A関連の有価証券報告書改正を時系列で
示すと下記のようになる。

2017年3月期より
:[1]経営方針の開示

2018年3月期より
:[2]MD&Aの開示

MD&A:Management Discussion Analysis

2019年3月期より
:[3]株主総利回りの推移の開示
TSR:Total Shareholder Return

[4]業績連動報酬の開示
(経営指標の目標と実績の開示)

2020年3月期より
:[5]経営方針に経営戦略等の追加

[6]MD&AにCF分析追加

2021年3月期より
[7]監査報告書のKAMの開示

KAM:Key Audit Matters


⑷[2]MD&Aの開示が求められる理由と
計画比較主義

投資家の最大の関心は
「持続的成長する会社か否か」になる。

その判断材料として「中期経営計画」が
重要になる。

従って、
「中期経営計画の基礎となる当期計画に照らして
どのように進捗しているか」のPDCAサイクルの内容を
丁寧に投資家に説明する必要がある。

MD&A開示が導入された理由はここにある。


【MD&A開示の問題点】

ほぼ全ての上場会社は月次で予実分析をして
経営会議や取締役会へ報告し、経営意思決定を
行なっている。

⑵ マネジメントアプローチの観点から、
MD&Aは計画比較で開示しなければならない。

にもかかわらず、2018年3月期のMD&Aの
開示を見ると、計画比較で開示している会社は
全体の4分の1にとどまり、4分の3は前期比較の
開示だけ記載している。

この傾向は2019年度も続いている。

背景は、内閣府令第3号様式で主として
前期比較開示を強制し、計画比較は推奨に
止まっている点に起因すると考える。

しかしながら、計画比較で開示しない姿勢は
投資家の対話に後ろ向きの会社として評価され、
投資対象から外れ、株価が下がる潜在的リスクを
抱えてると考える。


⑸[3]株主総利回り(TSR)の推移の
開示の意味

株主総利回りとは、株式投資により得られた収益
(配当とキャピタルゲイン)を投資額(株価)で
割った比率を指す。

経営者の通信簿になる。

TSRが100を超える場合は、投資家に
利益をもたらしている。
→経営者の評価:◯

TSRが100を切る場合は、投資家に
損をさせている。
→経営者評価:✖️

⑹ [4]業績連動報酬の開示
(指標の目標と実績の開示)の意味

中期経営計画に沿って、経営者が合理的に
経営をしているかの開示内容(MD&A開示・
TSR等)に照らして役員報酬が合理的かを
投資家がチェック出来る様にするという点に
ある。

業績連動報酬の経営指標の目標と実績の
開示が求められている。

この目標と実績の差異原因はMD&Aにおいて
具体的に記載されるべきである。

⑺[5]経営方針に経営戦略等の追加の意味

実質的に「中期経営計画」を開示することを
意味する。

⑻ [6]MD&AにCF分析追加の意味

中期経営計画の合理性はキャッシュ・フロー
によって担保される。

例えば、利益は出ていても、キャッシュ・フローが
マイナスであれば、成長分野へ投資することが
出来ないことになる。

持続的成長を目指す中期経営計画は絵に描いた
餅になる。

全社員がいかにキャッシュを増やすかを
考えて行動する仕組みにするためには
PL予算からCF予算へ進化させる必要がある。

例えば、下記のようなCF予実比較を
して行くべきと考える。

部門別PL&管理可能FCF(例)

 部門:営業第1課 月次:5月

科 目 予 算 実 績 差異  差異原因等

【PL】

売上高 100 90 △10 新製品販売計画未達
費 用 80 85 △ 5 クレーム費用発生
部門利益 20 5 △15

【管理可能営業CF】

売上債権の増減  
△ 6 △26  △20 不良債権の発生
たな卸資産の増減
10 △14  △24 販売計画未達
減価償却費
15 15  - 計画通り
仕入債務の増減
16 10  △ 6 緊急現金仕入など

管理可能営業CF
55 △10 △65

【管理可能FCF】

固定資産の取得支出
△25 △35  △10 新規営業所開設
固定資産の処分収入
5 3   2 処分見積差額

管理可能投資CF
△20 △32 △12
     

管理可能FCF
35 △42 △77


業績評価の予算達成度のウエイト例

部門利益 20%

管理可能営業CF 50%

管理可能FCF 30%


CF実績は原則として会計操作が出来ない
ので、CF予算制度は不正会計の芽を摘む
という効果もある。

⑼[7]監査報告書のKAMの開示の意味

KAM対象事項のほとんどが減損等の
予測項目になる。

すなわち、予測項目について具体的にどのような
監査を行ったかを具体的に書くので、
予測項目の監査が今まで以上に厳しくなる。

予算数値の合理性が問われる。

(10)投資者保護と宝印刷グループの
IT支援サービス

有価証券報告書の目的は投資者保護である。

投資者保護の本質は次の3点になる。

・正確性
・迅速性
・公平性

公平性はインサイダー取引の禁止であり、
適時開示すると、インサイダー取引発生期間が
みじかくなる。

従って、要約すると、「正確性」と「迅速性」になる。

実績開示の正確性と迅速性を担保する
システムが「X-Smart.Advance&Basic」
であり、導入実績は間もなく1,000社になる。

一方、計画開示の正確性と迅速性を担保する
システムが予算会計エクスプレスになる。

両システムとも開発元は株式会社スリー・シー・
コンサルティングになる。
但し、X-Smart.Advance&Basicは共同開発
になる。

(11)予算会計エクスプレスとは

予算会計エクスプレスの運用範囲は
下記の通り。単体予算だけでなく、
連結予算の対応も出来る。

項目 月次 月次 月次
予算 予実 着地
作成 管理 予想

PL ◯ ◯ ◯

KPI ◯ ◯ ◯

BS ◯ ◯ ◯

CF ◯ ◯ ◯

資金 ◯ ◯ ◯

上記を実現するための
「予算の自動仕訳化」、
WEB入力→予算仕訳→予算元帳→予算FS
の仕組みを特許取得しており、オンリーワンの
システムである。

EXCEL予算との比較

EXCEL予算
→四則演算・集計計算の検証に膨大な時間が
かかる。

予算会計エクスプレス
→自動計算ではなく、自動転記になるので
検証作業から解放される。

EXCEL予算
→予算科目の内訳が明示されないので
予算の立て方の何が問題だっのかを
分析出来ない。

予算会計エクスプレス
→全ての予算科目は予算元帳に内訳明細が
表示され、入力画面(根拠資料添付機能あり)に
ドリルダウン出来る。

EXCEL予算
→積み上げ予算作成出来るのはPLのみ

予算会計エクスプレス
→PLだけでなく、BS・CF・資金の
予算作成と着地予想が早く正確に
自動作成出来る。


もし、ご関心がありましたら
お気軽にお声がけ下さい。




□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

マンガでも納得!

・「キャッシュ・フロー予算」(上場審査編)
  PL脳からCF脳へ進化せよ!

・「キャッシュ・フロー予算」(機関投資家編)
  信頼の鍵はCF予算

https://www.3cc.co.jp/yosan/manga.php

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



===【 PR 】===================================

改訂増補「予算会計」(清文社)<共著>

-連結キャッシュ・フロー予算 の構築-
〈特徴〉
予算PL・BS・CF・資金計画の月次・部門別・予実管理・着地予想・
連結までのプロセス解説(数値連動)

はじめに
https://www.3cc.co.jp/user/files/2015.12kaiteizouho.yosankaikei.hajimeni.pdf

アマゾン
https://amzn.to/2dbzlQL

マイナスの評価コメントも読んでみて下さい。

============================================


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



実践編「予算会計会員」サービスのトピックス

下記の資料がダウンロードできます。

・「改訂増補 予算会計」(清文社)の全体が鳥瞰できる「予算作成・管理フロー図」

・改訂増補「予算会計」の演習版(EXCEL)

 第1問「実績予想:売上高」(EXCEL)
 第2問「実績予想:売掛金」(EXCEL)

・改訂増補「予算会計」の理解のポイント解説資料:中期経営計画管理資料(EXCEL)

・改定増補「予算会計」対応のエクセル資料演習問題1、2に対応しております。

構成は下記の通りです。

NO.1実績予想:担当者別相手先別販売計画表(田辺雄一・W社)
NO.2実績予想:担当者別相手先別販売計画表(鈴木一也・Z社)
NO.3実績予想:全社販売計画書
NO.4実績予想:損益計算書
NO.5次期予算編成方針:1.当期実績の概況と課題
NO.6実績予想:商品仕入兼在庫計画書
NO.7実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(田辺雄一・W社)
NO.8実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(鈴木一也・Z社)
NO.9実績予想:全社売上代金回収計画書
NO.10実績予想:消費税等計画書
NO.11実績予想:月次資金計画書
NO.12実績予想:比較貸借対照表
NO.13実績予想:キャッシュ・フロー組替仕訳
NO.14実績予想:キャッシュ・フロー計算書

第3問「予算編成方針:目標利益の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第4問「予算編成方針:目標売上高の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第5問「予算作成:売上高関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第6問「予算作成:売掛金・月次売上代金回収収入」(問題編・解説編・EXCEL)
第7問「予算作成:CF(直接法)「営業収入」関係・
   CF(間接法)売上債権の増減額関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第8問「予算作成:月次予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第9問「予算作成:部門別予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第10問「予算作成:連結予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第11問「当期実績予想:仕入高・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第12問「当期実績予想:買掛金関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第13問「予算編成方針:売上原価・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)

実践型のEXCEL計算シートもダウンロードできます。

・取締役会提出用「月次予実報告書(月次発生ベース)」
・取締役会提出用「月次予実報告書(月次累計ベース)」
・取締役会提出用「月次予算報告書(業績予想報告含む)」
・取締役会提出用「月次着地予想報告書(業績予想修正報告含む)」

・設例と図表による企業予算編成マニュアル<清文社>の第1章~第3章
 (リニューアル)

システム化等、より実践的な取組みに関心のある会計人の方
こちらから登録できます
   ↓
https://www.3cc.co.jp/yosanmember/top.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

20190820(火曜日)ブログ予算会計を学ぶ 第1873回 「火曜日テーマ:『企業予算編成マニュアル』解説」


━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━
本日のINDEX
━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━

1.「火曜日テーマ:『企業予算編成マニュアル』解説」

<曜日別配信内容>

月曜日:予算会計クイズ 
火曜日:『企業予算編成マニュアル』解説
水曜日:業績予想の修正理由一覧
木曜日:予算実務知識Q&A
金曜日:予算実務のポイント


2.編集後記  


ほっと川柳

「 資金・キャッシュ
   着地予想の
    システム化!  」

今日は8月20日で、来月はもう9月になる。

時の流れは本当に早い。

2016年10月1日に予算会計エクスプレスを
リリースして3年になる。

ずっと営業をして来た。

七転び八起きと言った道のりだった。

でも、ここに来て、予算会計エクスプレスが
売れ始めて来た様に感じる。


・・・編集後記・・・

――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.「火曜日テーマ:『企業予算編成マニュアル』解説」
――――――――――――――――――――――――――――――――――

企業予算編成マニュアル(清文社)

※2000年発刊なので、陳腐化している部分についてはコメントを付し、
 読み替えていただけるようにして行きたいと考えています。

「販売部門予算編成プロセス」「7 担当者別販売計画表の作成」(続その4)

[1]「担当者別販売計画表を作成する」

【作成目的】
…略…

【ポイント】
…略…

【作成例】


[1]:「担当者別販売計画表<営業マン:鈴木一也>」

 手順1.「製品別次期市場予想と販売数量増加率予想」の把握
:「A製品」

  ・市場の次期予想成長率 =「△2%」…(1)
・次期市場の占有率増加率=「 5%」…(2)
・次期販売数量増加率=(100%+△2%)×(100%+5%)‐100%
              =「2.9%」…(3)

 手順2.「製品別次期市場予想と販売数量増加率予想」の把握
:「B製品」

  ・市場の次期予想成長率 =「 10%」…(4)
・次期市場の占有率増加率=「 10%」…(5)
・次期販売数量増加率=(100%+10%)×(100%+10%) ‐100%
              =「21.0%」…(6)

手順3.「A製品販売先:Y社」に対する「当期実績」を記入する。
    但し、1~3月は実績予想である。

    売掛金回収条件:「20日締翌月末2カ月手形回収」…(7)

   月    販売個数   販売金額

  4月     77個    84,700千円
  5月     72個    79,200千円

6月~12月   …略…    …略…

 翌1月     53個    58,300千円
 翌2月     60個    66,000千円
 翌3月     58個    63,800千円

当期年度累計 (8)773個   (9)850,300千円

 当期のY社へのA製品の平均販売単価は、
 (9)850,300千円÷(8)773個=「@1,100千円/1個」…(10)


手順4.「A製品販売先:Y社」に対する「次期予想販売数量」を
記入する。

A製品の次期販売数量増加率=「2.9%」…(3)なので、

  Y社に対するA製品の次期販売数量を概算計算する。

 (当期実績:(8)773個)×(100%+(3):2.9%)
 =795個⇒1桁目切上げ処理⇒「800個」…(11)

  「(11)800個」を基礎として、次年度の各月の「予想販売数量」
 を記入する。

   月    販売個数

次期4月     80個…例:注文書より
  5月     75個…例:注文書より

6月~12月   …略…    …略…

 翌1月     55個…例:得意先Y社の次期販売予想ヒアリング
 翌2月     65個…例:得意先Y社の次期販売予想ヒアリング
 翌3月     60個…例:得意先Y社の次期販売予想ヒアリング

当期年度累計 (11)800個 


手順5.「A製品販売先:Y社」に対する「次期の月次の予想販売数
量の根拠」を記入し、関連資料を添付する。

・4・5月の予想販売数量は、受注済次期納品予定の注文書より記入
 (別紙参照)
・その他は、得意先の販売予測等をヒアリングし、次期市場動向分析、
 当年度の季節変数等を加味して算定


手順6.「A製品販売先:Y社」に対する「予想販売単価」の設定を
    行う。また、その根拠資料を明示する。
  
 「予想販売単価:@1,000千円/1個…(12)」とする。

 単価予想の根拠:「市場動向予測分析および得意先との交渉より」
         …(13)


手順7.「A製品販売先:Y社」に対する「月次販売金額」を計算・
    記入する。

    月次販売金額=月次販売数量×(12):@1,000千円/1個

   月    販売個数   販売金額

次期4月     80個    80,000千円
  5月     75個    75,000千円

6月~12月   …略…    …略…

 翌1月     55個    55,000千円
 翌2月     65個    65,000千円
 翌3月     60個    60,000千円

当期年度累計 (11)800個  (14)800,000千円


手順8.「A製品販売先:Y社」に対する「次年度の売掛金回収条件」
を記入する。
    便宜上、当期と同様にする。

   売掛金回収条件:「20日締翌月末2カ月手形回収」…(7)=(15)

   P217の「担当者別売上代金回収計画表<鈴木一也>
(A製品)」へ繋がる。


 営業マン:鈴木一也さんのB製品のO社についても手順3から手順8
の手続を同様に行う。

B製品の次期販売数量増加率=「21.0%」…(6)なので、

  O社に対するB製品の次期販売数量を概算計算する。

 (当期実績:(16)323個)×(100%+(6):21.0%)
 =391個⇒1桁目切上げ処理⇒「400個」…(17)

次期売掛金回収条件:20日締翌々月末10日振込入金…(18)

次期B製品予想販売単価=@1,250千円/1個…(19)

   月    販売個数   販売金額

次期4月     25個    31,250千円
  5月     25個    31,250千円

6月~12月   …略…    …略…

 翌1月     35個    43,750千円
 翌2月     40個    50,000千円
 翌3月     45個    56,250千円

当期年度累計 (17)400個  (20)500,000千円


手順9.「A製品販売先:Y社」及び「B製品販売先:O社」
に対する営業マン:鈴木一也さんの「次期行動目標」を
具体的に記入する。

1.O社の神奈川新工場への製造装置納入を落札する。

2.O社は、当期10月と2月の納品分の決済が先方担当者のミスで
 2カ月遅れの入金があったので、決済について先方担当者と十分
 に連絡をとる。

3.Y社については、競合メーカーのセールスがかなり強引なもの
 になってきているので、当該メーカーの製品内容等を十分に検討
 した上で、策を講じる。

4.得意先および最終ユーザーのニーズに関する情報を収集し、
  製造部門へ円滑に情報提供する。

5.スポットで新規受注がある場合には、相手先の与信状況を
  十分に検討する。


手順10.営業マン:鈴木一也さんは、「担当者別販売計画表」に捺印
し、上司の営業部長に「客観性」「予算達成」等の観点よ
り、レビューを受け、承認印をもらう。


 営業マン:山田太郎さんについても、上記手順に従って、「担当者
別販売計画表」を作成する。

A製品・X社:「販売個数:1,000個」
       「販売金額 1,000,000千円」

B製品・Z社:「販売個数:500個」
       「販売金額  625,000千円」


営業マン:鈴木一也さんと山田太郎さんの「担当者別販売計画表」
の合算より、「製品別販売計画書」が作成される。



          ~続く~

             
○●○ 解説/コメント ○●○


(1) 月次予想販売数量の達成の「具体的な行動計画」を明示する。

(2) 「月次販売数量が変動するリスク」を具体的に洗い出し、
  その対応策を事前準備する。

(3) 製品別の月次販売数量は、製品の出荷数量なので、製造部門の
  生産計画等との十分なすり合わせを行う。

(4) 営業活動によるキャッシュ・フローの改善の観点からは、売掛金
回収条件の短縮化を図る必要がある。

        ~続きより~




・・・つづく・・・


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
2.「編集後記」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


ほっと川柳

「 資金・キャッシュ
   着地予想の
    システム化!  」

今日は8月20日で、来月はもう9月になる。

時の流れは本当に早い。

2016年10月1日に予算会計エクスプレスを
リリースして3年になる。

ずっと営業をして来た。

七転び八起きと言った道のりだった。

でも、ここに来て、予算会計エクスプレスが
売れ始めて来た様に感じる。

直近の予算会計エクスプレスの単体予算の
運用範囲は下記の通りである。


革命的予算システム「予算会計エクスプレス」
【特許取得】️

<予算会計エクスプレスの運用範囲(単体版)>

予算作成 予実管理 着地予想

PL ◯ ◯ ◯

KPI ◯ ◯ ◯

BS ◯ ◯ ◯ 注1

CF ◯ ◯ ◯ 注1

資金    ◯ ◯ ◯ 注1

【予算会計エクスプレス製品サイト】

https://yosankaikei.jp/?utm_source=yosankaikei


上図の注1が示すように、

「着地予想の月次予算BSが瞬時に作成できること」

「着地予想の月次予算CFが瞬時に作成できること」

「着地予想の月次資金計画(資金繰り表)が瞬時に作成できること」

が高い評価をいただいている。


上場会社やIPO準備会社や非上場会社の経営企画責任者や
CFOの方と予算業務の課題について打ち合わせをしていると、
経営そのものの話なので、実に深い話になるし、生きた管理会計の
実務を学べる。私にとっては宝の様な時間だ。

先日、非上場会社の女性の経営企画責任者の方からこんなお言葉を
いただいた。

「 資金繰り管理は社長がやっていたんです。
 最近、私が引き継ぐことになり、EXCELで管理していて不毛な作業に
忙殺されているんです。

 先日、社長にあって、御社の予算システムの導入を直訴したんです。
 
『私の個人のお金を払っても導入したい』と言ったら、社長から

 『それはダメだよ』と言われたんです。(笑)・・・」

 『個人のお金を払っても導入したい』という言葉はあまりに予想外で
 感動した。

 本当に感謝の言葉しかない。

 営業にウルトラCはないので、会社としては、愚直に丁寧な営業を地道に
積み重ねて行きたいと考える。もちろん、地道で丁寧な導入支援作業と
サポート業務も。



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

マンガでも納得!

・「キャッシュ・フロー予算」(上場審査編)
  PL脳からCF脳へ進化せよ!

・「キャッシュ・フロー予算」(機関投資家編)
  信頼の鍵はCF予算

https://www.3cc.co.jp/yosan/manga.php

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



===【 PR 】===================================

改訂増補「予算会計」(清文社)<共著>

-連結キャッシュ・フロー予算 の構築-
〈特徴〉
予算PL・BS・CF・資金計画の月次・部門別・予実管理・着地予想・
連結までのプロセス解説(数値連動)

はじめに
https://www.3cc.co.jp/user/files/2015.12kaiteizouho.yosankaikei.hajimeni.pdf

アマゾン
https://amzn.to/2dbzlQL

マイナスの評価コメントも読んでみて下さい。

============================================


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



実践編「予算会計会員」サービスのトピックス

下記の資料がダウンロードできます。

・「改訂増補 予算会計」(清文社)の全体が鳥瞰できる「予算作成・管理フロー図」

・改訂増補「予算会計」の演習版(EXCEL)

 第1問「実績予想:売上高」(EXCEL)
 第2問「実績予想:売掛金」(EXCEL)

・改訂増補「予算会計」の理解のポイント解説資料:中期経営計画管理資料(EXCEL)

・改定増補「予算会計」対応のエクセル資料演習問題1、2に対応しております。

構成は下記の通りです。

NO.1実績予想:担当者別相手先別販売計画表(田辺雄一・W社)
NO.2実績予想:担当者別相手先別販売計画表(鈴木一也・Z社)
NO.3実績予想:全社販売計画書
NO.4実績予想:損益計算書
NO.5次期予算編成方針:1.当期実績の概況と課題
NO.6実績予想:商品仕入兼在庫計画書
NO.7実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(田辺雄一・W社)
NO.8実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(鈴木一也・Z社)
NO.9実績予想:全社売上代金回収計画書
NO.10実績予想:消費税等計画書
NO.11実績予想:月次資金計画書
NO.12実績予想:比較貸借対照表
NO.13実績予想:キャッシュ・フロー組替仕訳
NO.14実績予想:キャッシュ・フロー計算書

第3問「予算編成方針:目標利益の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第4問「予算編成方針:目標売上高の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第5問「予算作成:売上高関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第6問「予算作成:売掛金・月次売上代金回収収入」(問題編・解説編・EXCEL)
第7問「予算作成:CF(直接法)「営業収入」関係・
   CF(間接法)売上債権の増減額関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第8問「予算作成:月次予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第9問「予算作成:部門別予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第10問「予算作成:連結予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第11問「当期実績予想:仕入高・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第12問「当期実績予想:買掛金関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第13問「予算編成方針:売上原価・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)

実践型のEXCEL計算シートもダウンロードできます。

・取締役会提出用「月次予実報告書(月次発生ベース)」
・取締役会提出用「月次予実報告書(月次累計ベース)」
・取締役会提出用「月次予算報告書(業績予想報告含む)」
・取締役会提出用「月次着地予想報告書(業績予想修正報告含む)」

・設例と図表による企業予算編成マニュアル<清文社>の第1章~第3章
 (リニューアル)

システム化等、より実践的な取組みに関心のある会計人の方
こちらから登録できます
   ↓
https://www.3cc.co.jp/yosanmember/top.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

20190819(月曜日)ブログ予算会計を学ぶ 第1872回 「月曜日テーマ:予算会計クイズ_Q27」


━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━
本日のINDEX
━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━

1.「月曜日テーマ:予算会計クイズ_Q27」

<曜日別配信内容>

月曜日:予算会計クイズ 
火曜日:『企業予算編成マニュアル』解説
水曜日:業績予想の修正理由一覧
木曜日:予算実務知識Q&A
金曜日:予算実務のポイント


2.編集後記  


ほっと川柳

「 コンプラは
  ネット総会で
     加速する!  」


会社の中で、社長の方針に「NO」を言える社員や役員が
言えるだろうか?

事業を知らない社外取締役や社外監査役も「NO」を言え
ないケースがほとんどだろう。

一体誰が経営者の暴走を止められるだろうか?

それは取締役の選任権・解任権を持つ株主だろう。

株主が議決権を行使できる場が株主総会である。


・・・編集後記・・・

――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.「月曜日テーマ:予算会計クイズ」
――――――――――――――――――――――――――――――――――

予算会計力クイズ27 (予算売上高の計算その9)

Q27下記の当期資料を前提として次期売上高を計算しなさい。
<単位:百万円>(端数切捨て)

売場面積当たりの1日当たり売上高
=(1)50千円/平方メートル
営業日数=(2)25日
1店舗の売場面積=(3)200平方メートル
店舗数=(4)50店舗

【解答選択】
1,250 12,500 15,000 150,000

【解答・解説】

1店舗当たりの1日当たり売上高
=(1)50千円×(3)200平方メートル
=10,000千円=10百万円・・・(5)

1店舗当たりの月次売上高
=(5)10百万円×(2)25日=250百万円・・・(6)

全店舗の月次売上高=(6)250百万円×(4)50店舗
=12,500百万円・・・(7)

全店舗の次期売上高
=(7)12,500百万円×12カ月=150,000百万円


・・・つづく・・・


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
2.「編集後記」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


ほっと川柳

「 コンプラは
  ネット総会で
     加速する!  」


会社の中で、社長の方針に「NO」を言える社員や役員が
言えるだろうか?

事業を知らない社外取締役や社外監査役も「NO」を言え
ないケースがほとんどだろう。

一体誰が経営者の暴走を止められるだろうか?

それは取締役の選任権・解任権を持つ株主だろう。

株主が議決権を行使できる場が株主総会である。

昔はかなり形骸化されていたが、最近は徐々に「モノ言う株主」が
増えて来ている。

でも、北海道に住んでいる株主が東京で開催される定時株主総会に
旅費交通費を負担して、出席するだろうか?

東京に住む株主は少額の旅費交通費で定時株主総会に出席できる。

このように株主に平等に権利行使の機会が与えられていないことは
会社法上の株主平等の原則に反すると考える。

でも、この状況を打破するネット株主総会へ動き出しそうである。

日経新聞は次のように伝えている。


株主総会、ネットで「出席」
質問や議決権行使可能に 経産省など、指針作成へ



企業の株主がインターネット経由で株主総会に出席できるよう、経済産業省など
が企業向けの指針をつくる。議論の視聴だけでなく、質問や議決権の行使も法律
的に問題なくできるようにする。株主の利便性を高めると同時に、総会当日まで
に議案の結論が決まっているなど形骸化しがちな株主総会の活性化を狙う。

株主総会をネットで中継し、幅広い人に視聴してもらおうとする企業は増えてい
る。ただ株主が質問や議決権の行使など、会社法で総会への「出席」にあたる行
為までできるケースはない。

ネット出席が可能になれば遠隔地に住む株主も気軽に参加でき、複数の会社の総
会への出席もしやすくなる。事前に議決権を行使するのではなく、当日の議論を
聞いた上で議案の賛否を表明することもしやすい。

会社法は株主総会で現実の開催場所を設けることを規定する一方、ネット経由の
出席を禁じてはいない。それでも企業の導入が少ないのは、具体的なルールが曖
昧で、運営の仕方によっては議決結果を巡って株主から訴訟をおこされるといっ
た懸念もあるためだ。

経産省は8月中に株主総会のネット開催について検討会を立ち上げる。法務省や
弁護士、投資家、産業界の関係者らが参加する。会社法の法律的な解釈を進め、
今秋にもネット総会の運営指針を公表する。早ければ2020年6月の総会シーズン
から実用化をめざす。

指針にはネット経由でも現実の会場と同様の即時性や安定性を確保するための対
策を盛り込む方向だ。中継が不安定にならない通信環境の確保やサイバー攻撃へ
の対応、ネットで出席する株主の厳格な本人確認などを盛り込むことを検討する。

膨大な質問が一気に寄せられても議事運営に支障が出ないよう、文字数を制限し
た専用の記入フォームを用意することも検討を進める。会社側は指針に沿って総
会を運営していれば、後から訴訟などのトラブルが起こるリスクを減らせる。

米国では株主総会へのネット出席が普及している。2000年にデラウェア州が法律
でオンラインのみの総会を認めるなど、大半の州で広まっている。17年には200
社超がネット出席型で総会を開いた。米フォード・モーターはネットで質問を受
け付け、その場で対応しきれない回答はホームページに掲載した。

政府は将来的に、国内でも完全にネットのみで総会を実施できるようにすること
も視野に入れる。ただこの場合、現実の会場が必要とする会社法の改正が必要と
なる。ネットを使えない人との不公平なども生じる恐れがあり、慎重に検討する。

                   (以上)


もし、ネット定時株主総会が実現したら、どう変わるのだろうか?

今まで委任状で賛否を提示していた株主が、各議案についての
リアルな質疑により、賛否を決めることになるので、取締役の選任決議
の賛否に大きな影響を及ぼす可能性がある。

取締役の高い説明責任能力が求められるだろう。

会社法第438条 では、事業報告、計算書類および連結計算書類が
報告議案になっているが、会社法を改正して、すべての株主が高い関心を
持つ下記の内容を報告事項に加えるべきと考える。

・中期事業計画(ローリング修正含む)

・次年度予算書


皆さんが株主だったら、どう考えますか?


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

マンガでも納得!

・「キャッシュ・フロー予算」(上場審査編)
  PL脳からCF脳へ進化せよ!

・「キャッシュ・フロー予算」(機関投資家編)
  信頼の鍵はCF予算

https://www.3cc.co.jp/yosan/manga.php

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



===【 PR 】===================================

改訂増補「予算会計」(清文社)<共著>

-連結キャッシュ・フロー予算 の構築-
〈特徴〉
予算PL・BS・CF・資金計画の月次・部門別・予実管理・着地予想・
連結までのプロセス解説(数値連動)

はじめに
https://www.3cc.co.jp/user/files/2015.12kaiteizouho.yosankaikei.hajimeni.pdf

アマゾン
https://amzn.to/2dbzlQL

マイナスの評価コメントも読んでみて下さい。

============================================


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



実践編「予算会計会員」サービスのトピックス

下記の資料がダウンロードできます。

・「改訂増補 予算会計」(清文社)の全体が鳥瞰できる「予算作成・管理フロー図」

・改訂増補「予算会計」の演習版(EXCEL)

 第1問「実績予想:売上高」(EXCEL)
 第2問「実績予想:売掛金」(EXCEL)

・改訂増補「予算会計」の理解のポイント解説資料:中期経営計画管理資料(EXCEL)

・改定増補「予算会計」対応のエクセル資料演習問題1、2に対応しております。

構成は下記の通りです。

NO.1実績予想:担当者別相手先別販売計画表(田辺雄一・W社)
NO.2実績予想:担当者別相手先別販売計画表(鈴木一也・Z社)
NO.3実績予想:全社販売計画書
NO.4実績予想:損益計算書
NO.5次期予算編成方針:1.当期実績の概況と課題
NO.6実績予想:商品仕入兼在庫計画書
NO.7実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(田辺雄一・W社)
NO.8実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(鈴木一也・Z社)
NO.9実績予想:全社売上代金回収計画書
NO.10実績予想:消費税等計画書
NO.11実績予想:月次資金計画書
NO.12実績予想:比較貸借対照表
NO.13実績予想:キャッシュ・フロー組替仕訳
NO.14実績予想:キャッシュ・フロー計算書

第3問「予算編成方針:目標利益の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第4問「予算編成方針:目標売上高の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第5問「予算作成:売上高関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第6問「予算作成:売掛金・月次売上代金回収収入」(問題編・解説編・EXCEL)
第7問「予算作成:CF(直接法)「営業収入」関係・
   CF(間接法)売上債権の増減額関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第8問「予算作成:月次予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第9問「予算作成:部門別予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第10問「予算作成:連結予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第11問「当期実績予想:仕入高・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第12問「当期実績予想:買掛金関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第13問「予算編成方針:売上原価・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)

実践型のEXCEL計算シートもダウンロードできます。

・取締役会提出用「月次予実報告書(月次発生ベース)」
・取締役会提出用「月次予実報告書(月次累計ベース)」
・取締役会提出用「月次予算報告書(業績予想報告含む)」
・取締役会提出用「月次着地予想報告書(業績予想修正報告含む)」

・設例と図表による企業予算編成マニュアル<清文社>の第1章~第3章
 (リニューアル)

システム化等、より実践的な取組みに関心のある会計人の方
こちらから登録できます
   ↓
https://www.3cc.co.jp/yosanmember/top.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


プロフィール

公認会計士・税理士 児玉厚

Author:公認会計士・税理士 児玉厚
-----------------------------------

はじめまして、児玉厚と申します。

私は、「予算会計」という新たな学問分野があっても良いのではないかと思っています。みなさんと一緒に、良い意味での「キャッチボール」をしながら、「予算会計」という分野を創っていければと思っています。


【自己紹介】
児 玉 厚(公認会計士・税理士)

<略歴> 

商社財務部の経理マン、
    監査法人の会計監査人、
         そして企業経営者に



昭和57年埼玉大学経済学部卒業。

神鋼商事㈱財務部、東陽監査法人を経て、
ゼロから起業を決意し、現在は、(株)スリー
・シー・コンサルティング
 代表取締役。


「決算報告エクスプレス・宝決算Ⅹプレス
(開示決算自動化システム)」<特許取得>

どれかひとつの立場に偏らず、全てを歩んできたからこそ見出すことができた「本質」を、みなさんにお伝えし、共有し、新しい時代における経理部の形、会計の世界を創造したいと真剣に考えています。


<主要著書>
『会社法決算書完全作成ガイド』
『開示決算ガイドブック』
『企業予算編成マニュアル』(清文社)
『有価証券報告書完全作成ガイド』(清文社)
『予算会計』(清文社)
 NEW!『<改定増補>予算会計』(清文社)

お知らせ
▼連載のお知らせ(11/2~)
税務研究会の「経営財務」にて3週連載します
 『キャッシュ・フロー予算制度構築』
第1回 損益予算からキャッシュ・フロー予算へ
第2回 キャッシュ・フロー予算の理解
第3回 キャッシュ・フロー予算制度構築の実務的ポイント
▼新刊発売のお知らせ
『<改定増補>予算会計』
キャッシュフロー予算作成プロセスの全体像が理解できる!
企業における目標管理の構築、実績の適正性を担保するために重要な財務諸表の作成手順を具体的に解説
新たに「応用編」を追加し、消費税率アップ等を織り込んだ最新版
 
book

カレンダー(月別)
07 ≪│2019/08│≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
【カテゴリーツリー】
登録フォーム
20141127110808807.jpg


氏名
姓: 名:
E-Mail ※



ご登録いただきました個人情報につきまして

※「予算会計メールマガジン」は、いつでも配信解除できるようにしております。
 その都度お届けするメールマガジンの文末に、常に配信解除URLを設置しております。

※ご登録いただきました情報は、予算会計メールマガジンの配信以外では一切利用いたしません。
 よって、予算会計メールマガジン以外の不必要な情報が届くことは一切ございません。
リンク
ogo_mini.gif


kaijikaikeiblog.jpg


zaimu.gif


seibunsha.jpg


メール
kaijikaikeiblog.jpg
著書に関するご質問もお受けしています。
メールでお気軽にお問い合わせください。