FC2ブログ
ホーム

「誰でも、早く、正確に」作成できる理論が整っていない予算編成。予算編成に携わる全ての人に対して、新たな予算財務諸表の作成理論を提示し、そしてみなさんと一緒に、良い意味での「キャッチボール」をしながら、「予算会計」という分野を試行錯誤しながら、創っていければと思っています。

このブログ『予算会計を学ぶ』では、日々配信している無料の【予算会計メールマガジン】の内容を一部公開していきます。
内容をご覧いただき、是非メルマガ登録お願いします。

無料の予算会計メールマガジンの登録はコチラ




ブログ 予算会計を学ぶ 第1729回 「火曜日テーマ:『企業予算編成マニュアル』解説」


━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━
本日のINDEX

1.「火曜日テーマ:『企業予算編成マニュアル』解説」

<曜日別配信内容>

月曜日:予算会計クイズ 
火曜日:『企業予算編成マニュアル』解説
水曜日:業績予想の修正理由一覧
木曜日:予算実務知識Q&A
金曜日:予算実務のポイント

2.編集後記  
━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━


ほっと川柳

「 リスクとる
   ツッパリと経営
     似てるかな? 」


10月のとある日曜日、自宅で仕事をしていた。

妻と娘がテレビを見ていた。

「つっぱることが男のたった一つの勲章だって
 今日まで信じて生きてきた・・・」という
懐かしい歌が流れてきた。「男の勲章」だ。

学ラン・ツッパリの40年以上前の恰好で
歌っている。

・・・編集後記

====================================

● メルマガ 予算会計を学ぶ

【絶版】「企業予算編成マニュアル」<共著>
(清文社) P47・48の(4)「予算編成方針策定のプロセス」
:「予算委員会」(会話形式その1)

● 編集後記

===================================


● メルマガ 予算会計を学ぶ


【絶版】「企業予算編成マニュアル」<共著>
(清文社) P47・48の(4)「予算編成方針策定のプロセス」
:「予算委員会」(会話形式その1)


            ~続く~


(18年前の出筆なので、多少アレンジします。)

★ 同書の予算関連の「表」は、
「予算会計メルマガ」を通じて、定期的に配信して行く予定です。


(2) 予算委員会(設例に基づく説明)

 1月15日 第1回予算委員会を開催した。

 社長、専務およびその他取締役、経営企画室長、営業部長、製造部長、
管理部長が参加した。

【専務(議長)】
「お忙しい中お集りいただき、ありがとうございます。
今日の議題は、当期の実績報告・部門業績報告、および予算制度
の見直しについてです。
 では、経営企画室長より概況の説明をしてもらいます。」

【経営企画室長】
「当社の全社実績について報告させていただきます。
お手元の『当期損益計算書』『当期貸借対照表』『当期製造原価報告書』
および『当期剰余金処分方針』は、12月末の全社残高試算表に各部門の
1~3月までの実績予想を加えて算定したものです。
なお、『当期剰余金処分方針』の配当額および役員賞与額は、社長より
ご指示を受けた額にしております。
 当期の売上高は28億円で、前期比0.5%の減少、予算達成比率98.7%
となっております。
 売上総利益は7億10百万円、売上総利益率は24.9%と、前期比12.0%
低下しております。
 営業利益は70百万円、営業利益率は2.4%と、前期比13.4%低下して
おります。
 経常損益ベースでは、54百万円の損失となっており、予算経常利益
1億円を1億54百万円下回っています。
 特別利益に固定資産売却益を2億円計上し、最終の税引後当期純利益は
68百万円となっております。
 当期の概況としては以上です。」

[コメント1]

(1)予算編成時は決算前なので、当期の実績が確定していないので、
実績予想により当期予算実績の差異分析および報告を行う必要があります。
この実績予想の予測精度により、大きく左右されます。

(2)上記の設例には入っていませんが、「キャッシュ・フロー計算書
分析」も含めてゆくべきと考えます。




【専務(議長)】
「では、この原因および次期への課題については、各担当部長より
説明していただきたいと思います。
 まず、販売部長、お願いします。」

【販売部長】
「当期の売上高は、上期は好調に推移しましたが、後発企業による
A製品の値引きによる販売拡大の影響を受け、下期は失速し、
このことが予算達成できなかった理由です。
 また、得意先は、A製品(機械装置)を搭載して最終ユーザーに
納入しておりますが、輸出先、特に中国向けの製品が市況提供に
より伸び悩んでいることも一因となっております。
 さらに次期もこの傾向が続くものと思われます。
 B製品については、3年前に市場導入したものですので、
次期以降も成長すると思われますが、市場規模自体がまだ小さい
ので、売上全体に対する構成比率は次期も引き続き低水準にあると
思われます。」

【社長】
「他の得意先への拡販、または既存の製品を他分野へ転用すること
により、売上高の拡大を図ることはできないのか。」

【販売部長】
「当社の製品はもともと既存得意先メーカーの工作機械に対応して
設計した制御装置ですので、他社メーカーの工作機械にはそのまま
使用できませんし、既存得意先の競争相手とも重なることより困難
です。
 他分野への転用については、既存得意先で現在医療器械開発に
着手しておりますので、現在の制御装置を改良して対応させること
により、新たな市場を起こすこと可能と考えます。しかし、これが
実際の販売対象になるには2年ほどかかりますので、すぐに次期の
売上高には繋がりません。
 予算未達成の原因についてコメントさせていただきます。
 前年8月に製造部門の納期遅れにより、30百万円のキャンセルが
生じたことも売上高が予算を達成できなかった一因です。
 次に販売費用についてですが、予算を大きくオーバーした主たる
原因は、クレーム関係費用が予算比45%増加の1億42百万円となっ
たことです。これは、作動不良、納期遅れ、品質不良等により最終
ユーザが被った損失を得意先とともに負担した金額です。
 この点については、当社製品の信用にもかかわる問題ですので、
製造部門とともに得意先と定期的協議を行っていくつもりです。」

【社長】
「クレーム原因について、もう少し具体的に説明してくれたまえ。」

【販売部長】
「当社製品の品質不良、納期遅れもありますが、ほとんどが最終
ユーザーの生産ラインと当社制御装置搭載の工作機械との電気系統
のコンタクト不良等が主因となっております。
 この点に関しては、最終ユーザーの生産ラインの状況の違いにより
生じるわけですが、現在この問題をクリアーする為の方針を検討中
です。」


[コメント2]

(1)「予算差異原因の事象は、予算編成時には『予算リスク』として
把握できなかったのか」については検討が必要と考えます。

(2)「上記の『予算リスク』について、予算編成時に『合理的なリカバリ
ー策』が検討され、その上で発生したものなのか」についても検討が
必要と考えます。

(3)特定の得意先への依存度が高い点は、経営上のリスクそのものなので
「収益構造の在り方や営業戦略」については掘り下げて検討する必要が
あると考えます。

                         以   上

         ~ 続く ~

2.編集後記  

ほっと川柳

「 リスクとる
   ツッパリと経営
     似てるかな? 」


10月のとある日曜日、自宅で仕事をしていた。

妻と娘がテレビを見ていた。

「つっぱることが男のたった一つの勲章だって
 今日まで信じて生きてきた・・・」という
懐かしい歌が流れてきた。「男の勲章」だ。

学ラン・ツッパリの40年以上前の恰好で
歌っている。

主役の三橋と伊藤だ。

「今どき、ツッパリの学園ドラマ?」と最初は
首を傾げていた。

でも、役者がみんなイイ味出していて、実に
面白い。家族中でハマって12月16日の最終回
までずっと楽しみに観ていた。

ふと45年前の高校時代を思い出す。

ビートたけしの母校でもある都立足立高校だ。

眼を飛ばしてくるツッパリが多かった。

目が合えば、ケンカが始まる。

友人の友人がヤンキーで、だけどなかなか
いい奴で仲良くなることもあった。

でも、カバンの底には護身用の鉄パイプを
入れていた。

授業をサボって、雀荘通いの毎日だった。

ある日、麻雀仲間の友人のナナハンのバイクに
乗り、西新井にある友人の自宅へ行った。

友人が言う。

「この辺、〇〇高校のやつらがたくさんいるんだ。
 奴らヤバイんだよ。
 ケンカでやられたら、平気で家に火をつけるからな・・・」

帰りのバス停に向かう途中、友人が突然
「児玉!逃げろ!」と叫ぶ。

振り返ると、そり上げた頭で洋ランを来た
10人ぐらいが木刀を握って走って来る。

猛ダッシュで逃げた思い出がある。

でも、ふと思うのだ。

学生時代もリスクの中で生きていたんだな~。

これも現在の経営者の道とどこか繋がっている
のかも知れない。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

マンガでも納得❗️

「キャッシュ・フロー予算」(上場審査編)

PL脳からCF脳へ進化せよ❗️

https://www.3cc.co.jp/images/yosan/CF_manga_jyoujyouhen.pdf

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■






===【 PR 】===================================

改訂増補「予算会計」(清文社)<共著>

-連結キャッシュ・フロー予算 の構築-
〈特徴〉
予算PL・BS・CF・資金計画の月次・部門別・予実管理・着地予想・
連結までのプロセス解説(数値連動)

はじめに
https://www.3cc.co.jp/user/files/2015.12kaiteizouho.yosankaikei.hajimeni.pdf

アマゾン
https://amzn.to/2dbzlQL

マイナスの評価コメントも読んでみて下さい。

============================================


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



実践編「予算会計会員」サービスのトピックス

下記の資料がダウンロードできます。

・「改訂増補 予算会計」(清文社)の全体が鳥瞰できる「予算作成・管理フロー図」

・改訂増補「予算会計」の演習版(EXCEL)

 第1問「実績予想:売上高」(EXCEL)
 第2問「実績予想:売掛金」(EXCEL)

・改訂増補「予算会計」の理解のポイント解説資料:中期経営計画管理資料(EXCEL)

・改定増補「予算会計」対応のエクセル資料演習問題1、2に対応しております。

構成は下記の通りです。

NO.1実績予想:担当者別相手先別販売計画表(田辺雄一・W社)
NO.2実績予想:担当者別相手先別販売計画表(鈴木一也・Z社)
NO.3実績予想:全社販売計画書
NO.4実績予想:損益計算書
NO.5次期予算編成方針:1.当期実績の概況と課題
NO.6実績予想:商品仕入兼在庫計画書
NO.7実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(田辺雄一・W社)
NO.8実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(鈴木一也・Z社)
NO.9実績予想:全社売上代金回収計画書
NO.10実績予想:消費税等計画書
NO.11実績予想:月次資金計画書
NO.12実績予想:比較貸借対照表
NO.13実績予想:キャッシュ・フロー組替仕訳
NO.14実績予想:キャッシュ・フロー計算書

第3問「予算編成方針:目標利益の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第4問「予算編成方針:目標売上高の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第5問「予算作成:売上高関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第6問「予算作成:売掛金・月次売上代金回収収入」(問題編・解説編・EXCEL)
第7問「予算作成:CF(直接法)「営業収入」関係・
   CF(間接法)売上債権の増減額関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第8問「予算作成:月次予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第9問「予算作成:部門別予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第10問「予算作成:連結予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第11問「当期実績予想:仕入高・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第12問「当期実績予想:買掛金関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第13問「予算編成方針:売上原価・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)

実践型のEXCEL計算シートもダウンロードできます。

・取締役会提出用「月次予実報告書(月次発生ベース)」
・取締役会提出用「月次予実報告書(月次累計ベース)」
・取締役会提出用「月次予算報告書(業績予想報告含む)」
・取締役会提出用「月次着地予想報告書(業績予想修正報告含む)」

・設例と図表による企業予算編成マニュアル<清文社>の第1章~第3章
 (リニューアル)

システム化等、より実践的な取組みに関心のある会計人の方
こちらから登録できます
   ↓
https://www.3cc.co.jp/yosanmember/top.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



スポンサーサイト

ブログ 予算会計を学ぶ 第1728回 「月曜日テーマ:予算会計クイズ_Q2」


━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━
本日のINDEX
━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━

1.「月曜日テーマ:予算会計クイズQ2」

<曜日別配信内容>

月曜日:予算会計クイズ 
火曜日:『企業予算編成マニュアル』解説
水曜日:業績予想の修正理由一覧
木曜日:予算実務知識Q&A
金曜日:予算実務のポイント


2.編集後記  

ほっと川柳

「平尾夢
  神戸製鋼
   祝優勝!」


37年前に大学を卒業し、神戸製鋼グループの鉄鋼商社
神鋼商事株式会社へ入社した。

新入社員の研修で神戸製鋼所の加古川工場へ行った。
「真っ赤に燃える溶鉱炉の迫力に圧倒された」ことを
昨日のことのように覚えている。

会社の同好会でラグビーを作り、無謀にも社会人チームと
試合したこともあった。

100キロぐらいの相手が猛進する中、恐怖を感じながら
正面からタックルした。軽い脳震盪を起こした。

仲間と声をかけて、前進する瞬間は「戦国時代の合戦」の様だった。


・・・編集後記

――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.「月曜日テーマ:予算会計クイズQ2」
――――――――――――――――――――――――――――――――――

(予算会計クイズQ.2 )

Q2  次期売掛金(消費税等率=8%)の決済条件が「未締2カ月後入金」である場合、
次期3月の「月次資金計画書」の「月次営業収入」の金額を計算しなさい。
【制限時間30秒】

  <前提1> 販売数量:4~12月 累計110個

         翌1月:20個、2月:30個、3月40個  予想販売単価 100円
<解答選択肢>

2,160 3,240 4,000 4,320

A2 2,160円

【解説】

決済条件が「未締2カ月後入金」なので、売上月の
2カ月後に売掛金が回収されます。
従って、翌3月の月次売上代金回収収入は
2カ月前の翌1月の売掛金発生額となります。
翌3月の月次売上代金回収収入
={翌1月売上高:(翌1月の販売個数:20個)×予想販売単価
100円}×(1+0.08<消費税率>)=2,160円


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
2.「編集後記」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


ほっと川柳

「平尾夢
  神戸製鋼
   祝優勝!」


37年前に大学を卒業し、神戸製鋼グループの鉄鋼商社
神鋼商事株式会社へ入社した。

新入社員の研修で神戸製鋼所の加古川工場へ行った。
「真っ赤に燃える溶鉱炉の迫力に圧倒された」ことを
昨日のことのように覚えている。

会社の同好会でラグビーを作り、無謀にも社会人チームと
試合したこともあった。

100キロぐらいの相手が猛進する中、恐怖を感じながら
正面からタックルした。軽い脳震盪を起こした。

仲間と声をかけて、前進する瞬間は「戦国時代の合戦」の様だった。

28歳の時、会社を辞めた。

でも、会社や仲間を愛する気持ちは今も変わっていない。

1989年から1995年の日本選手権で平尾主将率いる神戸製鋼所が
7連覇した時代は自分のことの様に嬉しかった。

V7を達成した2日後、阪神・淡路大震災が発生した。

溶鉱炉の日が消える危機の中、ラグビーチームの様に
みんなの力で復活した。

翌年の全国社会人大会準々決勝でサントリーに20-20ながらトライ数で下回り、
8連覇を逃していた。

2000年1月30日、第52回全国社会人ラグビー大会決勝で増保輝則主将率いる
神戸製鋼が、ワールドを35-26で下し、7連覇以来となる5年ぶりの優勝を果たした。

日本ラグビー代表監督であった平尾誠二氏が2年前に胆管細胞がんで亡くなった。

あまりの若さとスターの輝きが消えてしまうショックに日本中が見舞われた。

今年、神戸製鋼所が3連覇に臨むサントリーを55対5の大差で下し、
18大会ぶりに優勝した。

前川主将の手には故・平尾誠二氏の遺影があった。

平尾魂は確かに生きている。

来年の日本開催のラグビーワールドカップで躍動する日本チームの姿が
楽しみだ。

神戸製鋼!優勝おめでとう!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

↓ 漫画を見てみて下さい。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

マンガでも納得❗️

「キャッシュ・フロー予算」(上場審査編)

PL脳からCF脳へ進化せよ❗️

https://www.3cc.co.jp/images/yosan/CF_manga_jyoujyouhen.pdf

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


===【 PR 】===================================

改訂増補「予算会計」(清文社)<共著>

-連結キャッシュ・フロー予算 の構築-
〈特徴〉
予算PL・BS・CF・資金計画の月次・部門別・予実管理・着地予想・
連結までのプロセス解説(数値連動)

はじめに
https://www.3cc.co.jp/user/files/2015.12kaiteizouho.yosankaikei.hajimeni.pdf

アマゾン
https://amzn.to/2dbzlQL

マイナスの評価コメントも読んでみて下さい。

============================================


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


実践編「予算会計会員」サービスのトピックス

下記の資料がダウンロードできます。

・「改訂増補 予算会計」(清文社)の全体が鳥瞰できる「予算作成・管理フロー図」

・改訂増補「予算会計」の演習版(EXCEL)

 第1問「実績予想:売上高」(EXCEL)
 第2問「実績予想:売掛金」(EXCEL)

・改訂増補「予算会計」の理解のポイント解説資料:中期経営計画管理資料(EXCEL)

・改定増補「予算会計」対応のエクセル資料演習問題1、2に対応しております。

構成は下記の通りです。

NO.1実績予想:担当者別相手先別販売計画表(田辺雄一・W社)
NO.2実績予想:担当者別相手先別販売計画表(鈴木一也・Z社)
NO.3実績予想:全社販売計画書
NO.4実績予想:損益計算書
NO.5次期予算編成方針:1.当期実績の概況と課題
NO.6実績予想:商品仕入兼在庫計画書
NO.7実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(田辺雄一・W社)
NO.8実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(鈴木一也・Z社)
NO.9実績予想:全社売上代金回収計画書
NO.10実績予想:消費税等計画書
NO.11実績予想:月次資金計画書
NO.12実績予想:比較貸借対照表
NO.13実績予想:キャッシュ・フロー組替仕訳
NO.14実績予想:キャッシュ・フロー計算書

第3問「予算編成方針:目標利益の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第4問「予算編成方針:目標売上高の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第5問「予算作成:売上高関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第6問「予算作成:売掛金・月次売上代金回収収入」(問題編・解説編・EXCEL)
第7問「予算作成:CF(直接法)「営業収入」関係・
   CF(間接法)売上債権の増減額関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第8問「予算作成:月次予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第9問「予算作成:部門別予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第10問「予算作成:連結予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第11問「当期実績予想:仕入高・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第12問「当期実績予想:買掛金関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第13問「予算編成方針:売上原価・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)

実践型のEXCEL計算シートもダウンロードできます。

・取締役会提出用「月次予実報告書(月次発生ベース)」
・取締役会提出用「月次予実報告書(月次累計ベース)」
・取締役会提出用「月次予算報告書(業績予想報告含む)」
・取締役会提出用「月次着地予想報告書(業績予想修正報告含む)」

・設例と図表による企業予算編成マニュアル<清文社>の第1章~第3章
 (リニューアル)

システム化等、より実践的な取組みに関心のある会計人の方
こちらから登録できます
   ↓
https://www.3cc.co.jp/yosanmember/top.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ブログ 予算会計を学ぶ 第1727回 「水曜日テーマ:業績予想修正一覧301」


━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━
本日のINDEX
━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━

1.「水曜日テーマ:業績予想修正一覧NO.301」

<曜日別配信内容>
月曜日:予算会計クイズ 
火曜日:『企業予算編成マニュアル』解説
水曜日:業績予想の修正理由一覧
木曜日:予算実務知識Q&A
金曜日:予算実務のポイント

2.編集後記  


<ほっと川柳>

「確認状
  発送業務
   集中化!」


37年前、鉄鋼商社の経理に配属された。

デスクワークが苦痛で、唯一外に出られる仕事が
監査法人へ残高確認状を持ってゆくことだった。

当時は残高確認状の発送も回収も会社が行っていた。

今は監査法人が行うことが義務付けられている。

でも、監査法人もリスクが拡大する中、監査業務が
拡大し、ブラック企業化してきていると言われている。

・・・編集後記


――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.「水曜日テーマ:業績予想修正一覧NO.301」
――――――――――――――――――――――――――――――――――

「業績予想修正理由一覧NO.301」(累計3,010社)


1ゴム製品 <東二>(3月決算)[取締役常務執行役員]

〈通期予想修正〉

・第3四半期連結累計期間の業績は、北米は日系メーカーが得意としてきたセダン車
の需要が減少した影響を受けましたが、アセアン地域は二輪車を中心に好調に推移
したこと(+)
・第3四半期連結累計期間の利益については北米でのパワステ用ホースの受注減、
アセアン地域の為替の影響等により、売上ほど伸びはなく、ほぼ前年並みとなった
こと(±)

・第4四半期は、米中の貿易戦争による世界景気の下振れ、英国のEU離脱問題の行方
など、懸念事項はあるものの、概ね第3四半期の傾向が続くものと予想していること
(+)

上記より、売上高、営業利益及び経常利益上方修正。

・ニチリンベトナムの増産に伴う新工場建設および跡地活用計画に則し、旧工場建屋等
 の減損300 百万円を計上する予定であること(-)

上記より、親会社株主に帰属する当期純利益は下方修正。

 なお、上海日輪汽車配件有限公司の中国新会社(蘇州日輪汽車部件有限公司)への
事業移転に伴う上海日輪汽車配件有限公司での経済補償金については、現時点では
来期計上となる見込みであります。


2 卸売業<東二>(3月決算)[経理部長]

〈通期予想修正〉

・冷鮭鱒・冷マグロなどの価格高騰による流通量の減少、並びに、カツオ・マアジ等
 国内鮮魚の天候不順による取扱い減少(-)
・上半期において、豊洲市場移転前の築地市場内冷蔵庫の閉鎖費用が嵩み、貸倒費用の
 積み増し等もあって損益が悪化したこと(-)

上記より、売上高及び各利益下方修正。


3 化学<東二>(3月決算)[管理部部長]

<第2Q予想修正>

・電子産業用などで売上高が減少となったこと(-)
 上記より、売上高下方修正。

・経費節減など(+)
 上記より、各利益下方修正。


〈通期予想修正〉

また、通期の連結業績予想につきましては、現在精査中であり、今後修正の必要が
生じた場合は速やかにお知らせいたします。


4 その他製品<東一>(3月決算)[取締役管理本部本部長]

〈通期予想修正〉

・住宅業界におきましては、平成 29 年の夏ごろより連続して前年同期に比べ
 減少傾向にあった新設住宅着工戸数は、上半期も若干の減少傾向となったこと(-)
・今年の夏から連続して発生した自然災害の復旧対応により、更に職人不足問題が
 深刻さを増し、工期の遅れが業界の課題となっていること(-)

・海外子会社工場の操業度の低下を招き、経費等の増加も加わり厳しい業績と
 なっていること(-)
・ニュージーランドの連結子会社が所有する山林から出材される良質な「無垢材」を
 活用し、付加価値の高い商品を効率的に生産し、より収益性の向上を図る為、
 海外子会社の事業を再編し、新たな設備投資や生産移管などに取り組み、
 この一環として海外子会社の一部の工場で発生した事業再編損を特別損失に計上
 したこと(-)

上記より、売上高及び各利益下方修正。


5 化学 <東一>(3月決算)[執行役員財務経理部長]

<第2Q予想修正>

・売上高につきましては概ね順調に推移したこと(+)
 上記より、売上高上方修正。

・中国から東南アジアへの生産シフトが加速するなか、中国での営業利益が減少しまし
 たが、東南アジアにおいて旺盛な需要を捉えることにより海外子会社全体の利益水準は
 順調に推移したこと(+)
・原油価格の高騰に伴い、日本における営業利益が原材料及び資材価格の上昇、物流
 コストの増加等により利益が減少したこと(-)

上記より、各利益下方修正。

〈通期予想修正〉

・売上高は堅調に推移する見込み(±)

・第2四半期連結累計期間までの業績及び今後の見通しを踏まえること(-)

上記より、各利益下方修正

6卸売業 <東一・名一>(3月決算)[取締役副社長]

〈通期予想修正〉
・当第2四半期連結累計期間の業績につきましては、概ね順調に推移し、売上高及び
 各利益共に計画を上回る結果となったこと(+)
・下期の業績予想を据え置きすること(±)

上記より、売上高及び各利益上方修正。


7 サービス業<東一>(3月決算)[取締役経営企画本部長]

〈通期予想修正〉

・当初、中期経営計画に基づく先行的開発に伴う開業準備費用等約19億円のほか、
 お客様満足度向上のための大規模リニューアル費用約8億円の負担により、通期での
 営業利益成長率を前期比7.0%増と見込んでおりましたが、自然災害による影響を克服し、
 主力事業である寮事業、ホテル事業が安定的に成長したことに加え、不動産流動化の
 推進も寄与する結果となり、前期比9.3%増となる見通しとなったこと(+)

上記より、各利益上方修正。


8 電気機器<東一>(3月決算)[管理本部長]

〈通期予想修正〉

・当第2 四半期連結累計期間の業績は、OA機器・情報機器関連は減少しましたが、
 猛暑によるエアコン向けセンサの需要増や下半期に想定していた売上高の一部前倒し
 もあり、家電関連及び自動車・産業機器関連の売上高は、上半期予想を上回る結果
 であったこと(+)
・下半期については、米中の貿易摩擦の中、韓国を主とする自動車関連の販売が不透明
 であることやOA機器関連のメーカー在庫調整が予測され、上半期に比べやや弱くなる
 見込みであること(-)
・為替相場も円安に推移すると予想されることや、引き続き生産性を向上させる見込み
 であること(+)

上記より、売上高不変、各利益上方修正。

なお、下半期における想定為替レートは、見直し(米ドル:106 円→112 円)を行っております。


9 鉱業<東一・福上>(3月決算)[執行役員 経理部担当]

〈通期予想修正〉

・第2四半期連結累計期間の業績及び下期の業績見通しを踏まえ業績の見直しを行った
 結果による石炭価格の上昇など(+)
・下期にかけてインドネシアにおける PT GerbangDaya Mandiri(以下 GDM 社)坑内
 掘り炭鉱の開発にかかる事業収支計画を見直す予定であり、当社の連結子会社で
 ある MMI Indonesia Investments Pty Ltd 社が保有する GDM 社株式及びのれん計上
 額約 17億円について、再評価による特別損失の発生も懸念されるため業績予想に織り
 込んでいること(-)

上記より、売上高及び各利益上方修正。


10 小売業 <東一>(3月決算)[経営企画部 ゼネラルマネージャー]

〈通期予想修正〉

・当第2四半期連結累計期間におきまして、レンタル商材の軟調や前期における新機種
 のゲーム機器発売等が活況であったことから前年対比では減収となりましたが、出店
 計画が順調に進んだこともあり、リユース商材が大きく伸長し、グループ全体での
 粗利率が計画よりも向上したことで、売上総利益は想定を上回る推移となったこと(+)
・販売費及び一般管理費につきましては、顧客接点の拡充を図るべくフォーマット開発を
 含む出店の継続、及び販売・買取のさらなる促進を実施することで前年対比では増加す
 るものの、同時に既存店における省電力化やセルフレジの導入台数を増やすことで、
 オペレーション効率化を継続し抑制することが寄与する見通しであること(+)

上記より、売上高不変、各利益上方修正。



予算会計メルマガ読者は、業績予想修正理由一覧NO.1~NO.301までの3,010社一式
ダウンロードできます。

読取用EXCELファイル


~つづく~

                     以 上

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

2.「編集後記」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

<ほっと川柳>

「確認状
  発送業務
   集中化!」


37年前、鉄鋼商社の経理に配属された。

デスクワークが苦痛で、唯一外に出られる仕事が
監査法人へ残高確認状を持ってゆくことだった。

当時は残高確認状の発送も回収も会社が行っていた。

今は監査法人が行うことが義務付けられている。

でも、監査法人もリスクが拡大する中、監査業務が
拡大し、ブラック企業化してきていると言われている。

従って、残業規制を図る上でも監査業務の効率化を
積極的に行っているという。

今日の日経新聞にこんな記事が掲載されている。

4大監査法人が新会社
債権・債務の確認 共通化

4大監査法人のEY新日本、トーマツ、あずさ、PwCあらたは12日、
共同出資の「会計監査確認センター合同会社」(東京・新宿)を11月30日に立ち
上げたと発表した。監査を担当する顧客企業の債権や債務の確認が容易にできる
システムを開発する。差別化の必要がない業務を集約し、各監査法人が不正会計
のチェックなどの業務に集中できるようにする。

開発するシステムでは顧客企業の取引で発生した売掛金などの債権と、買掛金などの
債務の残高をデータ化する。こうした情報は確認状を郵送するなどして取得して
いたため、会計士や監査を受ける企業の作業が軽減される。2019年のサービス開
始を目指す。

新会社の社長にはトーマツ出身の丸地肖幸氏が就任した。
出資比率は「監査法人の規模に応じた」(丸地社長)とし、出資総額は8350万円。
取引状況の確認サービスは「他の監査法人や個人の会計事務所にも導入を促した
い」(同)という。  (以上)


会計監査確認センター合同会社には上場会社や非上場大会社の約9割前後の債権・
債務と回答額や差異情報が集まることになる。

世の中の人の目線から見ると、「単純監査業務は一法人で行い、不正会計のチェック
は各監査法人で行って差別化する意味ってあるの?」「監査法人は一つでいいの
ではないか?」と思う様に感じる。

私個人は、公認会計士の「士」は「サムライ」であり、「個人として責任を負う
自由業であって欲しい」と思っている。

しかしながら、金融庁の方針は組織的監査で、監査法人の統合を促している。

監査がつまらなくなり、若い会計士が監査法人が辞めて、一般企業にゆく
流れが増えている。

私個人の気持ちとは裏腹になるが、
今の流れを進めるのであれば究極は下記の二者択一になるのではないだろうか?

選択1 「監査は公務であり、独立性確保を重視する」ならば、
    監査法人は一つにし、国家公務員となり、法的強制調査権を与えてゆく。
    

選択2 「競争を促し、監査の質を高めてゆく」ことを重視するならば、
    公認会計士の資格の有無を外して、監査法人を自由に新設できるように
    する。(監査法人を公認会計士の独占業務にしない)

AI化が進めば、監査の不正摘発は主としてAIが担うことになるだろう。

その時に、公認会計士の役割はどういうものになるのだろうか?

個人的には、「財務諸表監査から経営監査へ、事後監査から事前監査へ、
重点がシフトしてゆく」のではないかと思う。

すなわち、経営者が暴走しないための事前チェック機能である。

例えば、取締役会への出席という方法もあるだろう。

経営監査という視点で言えば、資格の有無は関係ない。

実質的なチェック機能を果たし、経営者からも信頼されるかという点が
重要になる。

そういう意味で選択2を示した。

皆さんはどうお考えになりますか?


===【 PR 】===================================

【予算会計エクスプレス製品サイト】
https://yosankaikei.jp/?utm_source=yosankaikei

【月例セミナーのご案内】

第1部 無料特別予算実務演習 【基礎編】  大好評いただいております。

1.中期経営計画の作成演習(目標ROEから目標利益の算定・固定費の変動費化・
             変動費の固定費化)
2.次年度予算の作成演習 (予算組織の変更に伴う配賦・社内取引・連結処理)
3.予実管理の作成演習  (予算原因と実績原因に区分する)
4.着地予想の作成演習  (予実差異原因に連動して見込値を作成する)

電卓持参

第2部 予算会計エクスプレスのデモ説明
 (日本初の予算を仕訳化するシステム【特許取得】)

【日程】11月9日(水)

是非、お気軽にご参加下さい。

セミナー内容・申込みはこちらか
      ↓
http://3cc.co.jp/seminar/top.php

============================================




□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



実践編「予算会計会員」サービスのトピックス

下記の資料がダウンロードできます。

・「改訂増補 予算会計」(清文社)の全体が鳥瞰できる「予算作成・管理フロー図」

・改訂増補「予算会計」の演習版(EXCEL)

 第1問「実績予想:売上高」(EXCEL)
 第2問「実績予想:売掛金」(EXCEL)

・改訂増補「予算会計」の理解のポイント解説資料:中期経営計画管理資料(EXCEL)

・改定増補「予算会計」対応のエクセル資料演習問題1、2に対応しております。

構成は下記の通りです。

NO.1実績予想:担当者別相手先別販売計画表(田辺雄一・W社)
NO.2実績予想:担当者別相手先別販売計画表(鈴木一也・Z社)
NO.3実績予想:全社販売計画書
NO.4実績予想:損益計算書
NO.5次期予算編成方針:1.当期実績の概況と課題
NO.6実績予想:商品仕入兼在庫計画書
NO.7実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(田辺雄一・W社)
NO.8実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(鈴木一也・Z社)
NO.9実績予想:全社売上代金回収計画書
NO.10実績予想:消費税等計画書
NO.11実績予想:月次資金計画書
NO.12実績予想:比較貸借対照表
NO.13実績予想:キャッシュ・フロー組替仕訳
NO.14実績予想:キャッシュ・フロー計算書

第3問「予算編成方針:目標利益の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第4問「予算編成方針:目標売上高の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第5問「予算作成:売上高関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第6問「予算作成:売掛金・月次売上代金回収収入」(問題編・解説編・EXCEL)
第7問「予算作成:CF(直接法)「営業収入」関係・
   CF(間接法)売上債権の増減額関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第8問「予算作成:月次予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第9問「予算作成:部門別予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第10問「予算作成:連結予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第11問「当期実績予想:仕入高・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第12問「当期実績予想:買掛金関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第13問「予算編成方針:売上原価・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)

実践型のEXCEL計算シートもダウンロードできます。

・取締役会提出用「月次予実報告書(月次発生ベース)」
・取締役会提出用「月次予実報告書(月次累計ベース)」
・取締役会提出用「月次予算報告書(業績予想報告含む)」
・取締役会提出用「月次着地予想報告書(業績予想修正報告含む)」

・設例と図表による企業予算編成マニュアル<清文社>の第1章~第3章
 (リニューアル)

システム化等、より実践的な取組みに関心のある会計人の方
こちらから登録できます
   ↓
https://www.3cc.co.jp/yosanmember/top.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ブログ 予算会計を学ぶ 第1726回 「火曜日テーマ:『企業予算編成マニュアル』解説」


━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━
本日のINDEX

1.「火曜日テーマ:『企業予算編成マニュアル』解説」

<曜日別配信内容>

月曜日:予算会計クイズ 
火曜日:『企業予算編成マニュアル』解説
水曜日:業績予想の修正理由一覧
木曜日:予算実務知識Q&A
金曜日:予算実務のポイント

2.編集後記  
━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━


ほっと川柳

「 有報は
   セグメント発の
     管理会計化! 」


法定開示書類に関するセミナーは
少なくとも6年はやっていない。

専ら予算関連セミナーだけをしてきた。

IPO実務検定会員向けに12月19日に行うことになった。

http://www.zaimuhoukoku.jp/seminar/20181219/seminar181219.pdf

予算実務に関しては良いのだが、「セグメント開示実務」も含まれている。

テキストを作成するにあたり、久しぶりにセグメント会計基準を読み直して見た。

・・・編集後記

====================================

● メルマガ 予算会計を学ぶ

【絶版】「企業予算編成マニュアル」<共著>(清文社)P45・46
「4.予算編成方針策定プロセス(その4)」

● 編集後記

===================================


● メルマガ 予算会計を学ぶ

【絶版】「企業予算編成マニュアル」<共著>(清文社)P45・46
 「4.予算編成方針策定プロセス(その4)」

 2000年発刊なので、陳腐化している部分についてはコメントを付し、
読み替えていただけるようにして行きたいと考えています。

 また、関連予算基礎データも同時に提供してゆきます。


 【絶版】「企業予算編成マニュアル」<共著>(清文社)P45・46
 「4.予算編成方針策定プロセス(その4)」


            ~続く~


2.経営企画室長は、各部門の部長から、次期部門損益の概況予測を
ヒアリングし、次期目標税引前利益の実現可能性・合理性を多角的に
検討・協議する。

[コメント1]

(1)各部門の部長は、「できるだけ売上高や利益を低く」主張する傾向に
あり、「全社利益>部門利益合計」の差が拡大し、目標利益が決まら
ない可能性があります。
各部長が「高い目標に挑戦する」ことを促進する人事評価の仕組みを
作ることが必要と考えます。

3.経営企画室長は、各部門の部長より次年度に発生する設備投資、
設備の除却・売却、人員の増減、その他の主な費用の増減について
ヒアリングを行う。

[コメント2]

(1) 中期経営計画に基づく異動と次年度の異動による損益を
 合理的な基礎資料に基づいて算定します。


4.経営企画室長は、次年度管理部門の本社費の目標額を設定する。
 なお、本社費には、管理部門の一般管理費以外に税金、特別損益
 および営業外損益を含んでいる。

a:(項目):「次期法人税、住民税及び事業税」
  (金額):「62百万円」
  (算定根拠等:前回のGより転記)

b:(項目):「特別利益」
(金額):「-百万円」
(算定根拠等:ヒアリング検討資料より)

c:(項目):「特別損失」
(金額):「55百万円」
(算定根拠等:ヒアリング検討資料より)

d:(項目):「営業外収益」
(金額):「△7百万円」
(算定根拠等:当期実績検討資料より)

e:(項目):「営業外費用」
(金額):「130百万円」
(算定根拠等:当期実績検討資料より)

f:(項目):「本社一般管理費」
(金額):「256百万円」
(算定根拠等:当期実績検討資料より)

a~f合計=「本社費計:496百万円」・・・H


[コメント3]

(1)上記設例では、すべての部門共通費を「本社費」として
  いますが、各部門へ配賦することが合理的ではない金額は
配賦不能の全社費用として処理します。

(2) 特別損益については、固定資産除却損等の様に合理的に
予測できるものと投資有価証券売却損益などの様には合理的
に算定できないものがあるので、どこまで含めるかは予算
マニュアル等で合理的基準を設定することが望ましいと
考えます。

(3)上記本社費のうち、支払利息などは合理的に資金負担に
基づいて、各部門の費用に賦課する場合もあります。


5.経営企画室長は、次期目標利益に本社費の目標額を加え、
全社部門営業利益を算出する。

 C:「次期目標利益:70百万円」+H:「本社費計:496百万円」
 =「全社部門営業利益:566百万円」・・・I

[コメント4]

(1)「全社部門営業利益」は、各部門が直接責任を負う
営業利益の合計を示す。


6.経営企画室長は、全部門利益を全部門数の2で割り、これを
販売部門目標利益および製造部門目標利益とする。
 当社では、製造部門と販売部門の規模がほぼ同程度であること、
相互の緊密な協力関係が不可欠であることより、目標部門利益を
同額としている。

 項 目   【  販売部門  】 【  製造部門  】

目標貢献利益
の分割割合      50%         50%

部門目標
貢献利益の算定  I:566百万円    I:566百万円
         ×0.5         ×0.5
        =「283百万円」    =「283百万円」

[コメント5]

(1) 各部門から見て、公平な本社費の合理的基準をルール
として確立させる様にすべきと考えます。


7.当社は販売部門が1つなので、全社の目標売上高が販売部門
目標売上高となる。

 「販売部門目標売上高」=「29億円」

[コメント6]

(1)「部門売上高合計-部門間内部売上高=全社売上高」の等式が
  成り立つことを検証する必要があります。


8.経営企画室長は、上記内容をまとめて予算編成方針案を作成する。

[コメント7]

(1) 予算管理規程で決められている予算編成方針案作成部門・責任者が
  行うことになります。


手順4:「経営企画室長は、予算編成方針案を予算委員会に提出し、
各部門の部長により多角的にその妥当性を検討し、修正等を
経て承認を受ける。」

[コメント8]

(1) 部門利益を主張し合うのではなく、経営理念に従って部門調整
 を積極的に図ることを促進させる人事評価制度を作ることが重要か
 と思います。

手順5:「経営企画室長は、予算編成方針案を取締役会へ提出し、多角的
    にその妥当性を検討した上で承認を得る。」

[コメント9]

(1) 取締役会では、社外取締役などにより、目標売上高、目標利益の
 実現可能性やリスクの説明を求められることがあるので、第三者に
 理解してもらえる様に根拠資料を整備する必要があると考えます。

(2) 取締役会議事録として、株主や会社債権者の閲覧対象になるので
第三者への公開を前提とした記述を行う必要があると考えます。



手順6:「経営企画室長は、確定した『全社予算編成方針』および
    『全社予算編成スケジュール表』を各部門の部長へ示達
    する。
  

[コメント10]

(1) 「全社予算編成方針」に基づいて、
各部門は「部門予算編成方針」を作成します。

(2) 「全社予算編成スケジュール」に基づいて
 各部門は「部門予算編成スケジュール」を作成します。


                         以   上
         ~ 続く ~

2.編集後記  

ほっと川柳

「 有報は
   セグメント発の
     管理会計化! 」


法定開示書類に関するセミナーは
少なくとも6年はやっていない。

専ら予算関連セミナーだけをしてきた。

IPO実務検定会員向けに12月19日に行うことになった。

http://www.zaimuhoukoku.jp/seminar/20181219/seminar181219.pdf

予算実務に関しては良いのだが、「セグメント開示実務」も含まれている。

テキストを作成するにあたり、久しぶりにセグメント会計基準を読み直して見た。

一方で、経営者の目標分析セミナーは好評で、12月7日で6回目の開催をした。

セミナーの中で、こういう話をしている。

投資家が望んでいる開示情報は、「過去より将来」である。
「持続的成長をする会社か否か」が投資家の最大の関心事である。
それを示すのが「中期経営計画」であり、「中期経営計画に基づいてPDCA
サイクルが有効に機能しているか」の開示を求めている。
 従って、従前の「前期比較」ではなく、「計画比較」が重要になる。

でも、内閣府令第3号様式は「前期比較」を主として、「計画比較」を従たる
カタチで記載していることもあり、計画比較分析をしている3月決算の上場会社
は初年度は24%に留まっている。

しかしながら、基本的には「有価証券報告書は過去の制度会計から未来の管理会
計へ」進んでいる。


セグメント会計基準によれば、2010年4月1日開始する事業年度から
国際財務報告基準や米国基準で採用されている「マネジメントアプローチ」を採用
することを明示している。(セグメント会計基準45項)

1.最高経営意思決定機関が経営上の意思決定を行い、また、企業の業績を評価
するために使用する事業部、部門、子会社または他の内部単位に対応する企業の
構成単位に関する情報を提供します。

2.最高経営意思決定機関が業績を評価するために使用する報告において、特定
の金額を配分している場合にのみ、当該金額を構成単位に配分します。

3.セグメント情報を作成するために採用する会計方針は、最高経営意思決定機
関が資源を配分し、業績を評価するための報告の中で使用するものと同一にしま
す。


端的に言えば、経営会議や取締役会で使われる予実管理の組織単位ということに
なる。

有価証券報告書の管理会計化はここから始まって、経営者による目標分析へ繋がっ
ているのだな~と感じた。


===【 PR 】===================================

改訂増補「予算会計」(清文社)<共著>

-連結キャッシュ・フロー予算 の構築-
〈特徴〉
予算PL・BS・CF・資金計画の月次・部門別・予実管理・着地予想・
連結までのプロセス解説(数値連動)

はじめに
https://www.3cc.co.jp/user/files/2015.12kaiteizouho.yosankaikei.hajimeni.pdf

アマゾン
https://amzn.to/2dbzlQL

マイナスの評価コメントも読んでみて下さい。

============================================


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



実践編「予算会計会員」サービスのトピックス

下記の資料がダウンロードできます。

・「改訂増補 予算会計」(清文社)の全体が鳥瞰できる「予算作成・管理フロー図」

・改訂増補「予算会計」の演習版(EXCEL)

 第1問「実績予想:売上高」(EXCEL)
 第2問「実績予想:売掛金」(EXCEL)

・改訂増補「予算会計」の理解のポイント解説資料:中期経営計画管理資料(EXCEL)

・改定増補「予算会計」対応のエクセル資料演習問題1、2に対応しております。

構成は下記の通りです。

NO.1実績予想:担当者別相手先別販売計画表(田辺雄一・W社)
NO.2実績予想:担当者別相手先別販売計画表(鈴木一也・Z社)
NO.3実績予想:全社販売計画書
NO.4実績予想:損益計算書
NO.5次期予算編成方針:1.当期実績の概況と課題
NO.6実績予想:商品仕入兼在庫計画書
NO.7実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(田辺雄一・W社)
NO.8実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(鈴木一也・Z社)
NO.9実績予想:全社売上代金回収計画書
NO.10実績予想:消費税等計画書
NO.11実績予想:月次資金計画書
NO.12実績予想:比較貸借対照表
NO.13実績予想:キャッシュ・フロー組替仕訳
NO.14実績予想:キャッシュ・フロー計算書

第3問「予算編成方針:目標利益の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第4問「予算編成方針:目標売上高の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第5問「予算作成:売上高関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第6問「予算作成:売掛金・月次売上代金回収収入」(問題編・解説編・EXCEL)
第7問「予算作成:CF(直接法)「営業収入」関係・
   CF(間接法)売上債権の増減額関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第8問「予算作成:月次予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第9問「予算作成:部門別予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第10問「予算作成:連結予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第11問「当期実績予想:仕入高・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第12問「当期実績予想:買掛金関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第13問「予算編成方針:売上原価・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)

実践型のEXCEL計算シートもダウンロードできます。

・取締役会提出用「月次予実報告書(月次発生ベース)」
・取締役会提出用「月次予実報告書(月次累計ベース)」
・取締役会提出用「月次予算報告書(業績予想報告含む)」
・取締役会提出用「月次着地予想報告書(業績予想修正報告含む)」

・設例と図表による企業予算編成マニュアル<清文社>の第1章~第3章
 (リニューアル)

システム化等、より実践的な取組みに関心のある会計人の方
こちらから登録できます
   ↓
https://www.3cc.co.jp/yosanmember/top.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ブログ 予算会計を学ぶ 第1725回 「月曜日テーマ:予算会計クイズ_Q1」


━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━
本日のINDEX
━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━

1.「月曜日テーマ:予算会計クイズQ1」

<曜日別配信内容>

月曜日:予算会計クイズ 
火曜日:『企業予算編成マニュアル』解説
水曜日:業績予想の修正理由一覧
木曜日:予算実務知識Q&A
金曜日:予算実務のポイント


2.編集後記  

ほっと川柳

「 WeWorkで
   Enjoyしながら
     WeWalk! 」


日々、予算会計エクスプレスの営業活動で
東方西走しているが、
12月からWeWork 銀座シックスに入った。


・・・編集後記

――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.「月曜日テーマ:予算会計クイズQ1」
――――――――――――――――――――――――――――――――――

(予算会計クイズQ.1 )

Q1 下記に基づいて、「次期売上高」を計算しなさい。
【制限時間30秒】

  販売数量:4~12月 累計110個
   翌1月:20個、2月:30個、3月40個
   予想販売単価 100円  

<解答選択>

9,000 11,000 20,000  21,600


予算会計メルマガ読者には解答・解説が配信されます。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
2.「編集後記」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


ほっと川柳

「 WeWorkで
   Enjoyしながら
     WeWalk! 」


日々、予算会計エクスプレスの営業活動で
東方西走しているが、
12月からWeWork 銀座シックスに入った。

入った理由は、ソフトバンクグループが
資金を出資し、AI関連企業が集まっている
からだ。

ソフトバンクグループの孫社長が決算説明会で
AI利用の主たる目的に「需要予測」であると
明言していた。

「AIによる需要予測機能+予算会計エクスプレス」
による新しい予算業務を創りたいと直感的に感じたからだ。

英語力がないから難しいかも知れないが、
世界中のWeWork で無料でセミナーも開けるというのも
魅力的だ。

7日(金曜日)に、WeWork 銀座シックスの忘年会が開催
された。

ビールを飲みながら、若いベンチャー企業の社長たちと
話をした。 30代が多いかなと思った。

リスクを背負って挑戦している若者はみんな魅力的だ。

「新しい風が吹いている」気がした。

こちらで活動できる時間は限られているので、
ベンチャー企業社長にとって役に立つテーマで勉強会・
セミナーでも開けたらと思う。

WeWork でEnjoyしながら、一緒にWeWalkして
ゆきたいと思う。




===【 PR 】===================================

改訂増補「予算会計」(清文社)<共著>

-連結キャッシュ・フロー予算 の構築-
〈特徴〉
予算PL・BS・CF・資金計画の月次・部門別・予実管理・着地予想・
連結までのプロセス解説(数値連動)

はじめに
https://www.3cc.co.jp/user/files/2015.12kaiteizouho.yosankaikei.hajimeni.pdf

アマゾン
https://amzn.to/2dbzlQL

マイナスの評価コメントも読んでみて下さい。

============================================


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


実践編「予算会計会員」サービスのトピックス

下記の資料がダウンロードできます。

・「改訂増補 予算会計」(清文社)の全体が鳥瞰できる「予算作成・管理フロー図」

・改訂増補「予算会計」の演習版(EXCEL)

 第1問「実績予想:売上高」(EXCEL)
 第2問「実績予想:売掛金」(EXCEL)

・改訂増補「予算会計」の理解のポイント解説資料:中期経営計画管理資料(EXCEL)

・改定増補「予算会計」対応のエクセル資料演習問題1、2に対応しております。

構成は下記の通りです。

NO.1実績予想:担当者別相手先別販売計画表(田辺雄一・W社)
NO.2実績予想:担当者別相手先別販売計画表(鈴木一也・Z社)
NO.3実績予想:全社販売計画書
NO.4実績予想:損益計算書
NO.5次期予算編成方針:1.当期実績の概況と課題
NO.6実績予想:商品仕入兼在庫計画書
NO.7実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(田辺雄一・W社)
NO.8実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(鈴木一也・Z社)
NO.9実績予想:全社売上代金回収計画書
NO.10実績予想:消費税等計画書
NO.11実績予想:月次資金計画書
NO.12実績予想:比較貸借対照表
NO.13実績予想:キャッシュ・フロー組替仕訳
NO.14実績予想:キャッシュ・フロー計算書

第3問「予算編成方針:目標利益の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第4問「予算編成方針:目標売上高の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第5問「予算作成:売上高関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第6問「予算作成:売掛金・月次売上代金回収収入」(問題編・解説編・EXCEL)
第7問「予算作成:CF(直接法)「営業収入」関係・
   CF(間接法)売上債権の増減額関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第8問「予算作成:月次予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第9問「予算作成:部門別予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第10問「予算作成:連結予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第11問「当期実績予想:仕入高・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第12問「当期実績予想:買掛金関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第13問「予算編成方針:売上原価・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)

実践型のEXCEL計算シートもダウンロードできます。

・取締役会提出用「月次予実報告書(月次発生ベース)」
・取締役会提出用「月次予実報告書(月次累計ベース)」
・取締役会提出用「月次予算報告書(業績予想報告含む)」
・取締役会提出用「月次着地予想報告書(業績予想修正報告含む)」

・設例と図表による企業予算編成マニュアル<清文社>の第1章~第3章
 (リニューアル)

システム化等、より実践的な取組みに関心のある会計人の方
こちらから登録できます
   ↓
https://www.3cc.co.jp/yosanmember/top.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


プロフィール

公認会計士・税理士 児玉厚

Author:公認会計士・税理士 児玉厚
-----------------------------------

はじめまして、児玉厚と申します。

私は、「予算会計」という新たな学問分野があっても良いのではないかと思っています。みなさんと一緒に、良い意味での「キャッチボール」をしながら、「予算会計」という分野を創っていければと思っています。


【自己紹介】
児 玉 厚(公認会計士・税理士)

<略歴> 

商社財務部の経理マン、
    監査法人の会計監査人、
         そして企業経営者に



昭和57年埼玉大学経済学部卒業。

神鋼商事㈱財務部、東陽監査法人を経て、
ゼロから起業を決意し、現在は、(株)スリー
・シー・コンサルティング
 代表取締役。


「決算報告エクスプレス・宝決算Ⅹプレス
(開示決算自動化システム)」<特許取得>

どれかひとつの立場に偏らず、全てを歩んできたからこそ見出すことができた「本質」を、みなさんにお伝えし、共有し、新しい時代における経理部の形、会計の世界を創造したいと真剣に考えています。


<主要著書>
『会社法決算書完全作成ガイド』
『開示決算ガイドブック』
『企業予算編成マニュアル』(清文社)
『有価証券報告書完全作成ガイド』(清文社)
『予算会計』(清文社)
 NEW!『<改定増補>予算会計』(清文社)

お知らせ
▼連載のお知らせ(11/2~)
税務研究会の「経営財務」にて3週連載します
 『キャッシュ・フロー予算制度構築』
第1回 損益予算からキャッシュ・フロー予算へ
第2回 キャッシュ・フロー予算の理解
第3回 キャッシュ・フロー予算制度構築の実務的ポイント
▼新刊発売のお知らせ
『<改定増補>予算会計』
キャッシュフロー予算作成プロセスの全体像が理解できる!
企業における目標管理の構築、実績の適正性を担保するために重要な財務諸表の作成手順を具体的に解説
新たに「応用編」を追加し、消費税率アップ等を織り込んだ最新版
 
book

カレンダー(月別)
11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
【カテゴリーツリー】
登録フォーム
20141127110808807.jpg


氏名
姓: 名:
E-Mail ※



ご登録いただきました個人情報につきまして

※「予算会計メールマガジン」は、いつでも配信解除できるようにしております。
 その都度お届けするメールマガジンの文末に、常に配信解除URLを設置しております。

※ご登録いただきました情報は、予算会計メールマガジンの配信以外では一切利用いたしません。
 よって、予算会計メールマガジン以外の不必要な情報が届くことは一切ございません。
リンク
ogo_mini.gif


kaijikaikeiblog.jpg


zaimu.gif


seibunsha.jpg


メール
kaijikaikeiblog.jpg
著書に関するご質問もお受けしています。
メールでお気軽にお問い合わせください。