FC2ブログ
ホーム

「誰でも、早く、正確に」作成できる理論が整っていない予算編成。予算編成に携わる全ての人に対して、新たな予算財務諸表の作成理論を提示し、そしてみなさんと一緒に、良い意味での「キャッチボール」をしながら、「予算会計」という分野を試行錯誤しながら、創っていければと思っています。

このブログ『予算会計を学ぶ』では、日々配信している無料の【予算会計メールマガジン】の内容を一部公開していきます。
内容をご覧いただき、是非メルマガ登録お願いします。

無料の予算会計メールマガジンの登録はコチラ




ブログ 予算会計を学ぶ 第1830回 「火曜日テーマ:『企業予算編成マニュアル』解説」


━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━
本日のINDEX

1.「火曜日テーマ:『企業予算編成マニュアル』解説」

<曜日別配信内容>

月曜日:予算会計クイズ 
火曜日:『企業予算編成マニュアル』解説
水曜日:業績予想の修正理由一覧
木曜日:予算実務知識Q&A
金曜日:予算実務のポイント

2.編集後記  
━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━


<ほっと川柳>

「 初値を越え
    中計開示
      合理性!  」


25年ほど前になるだろうか。監査法人時代に
独立して会計士事務所を経営している先輩と
会計士の勉強会を始めた。

今月も勉強会がある。

当時、先輩の会計士は株式の売買をかなりやっていた。

しかも、IPO銘柄専門だった。

「何故、IPO銘柄専門なのか?」は当時はわからなかった。

・・・編集後記

====================================

● メルマガ 予算会計を学ぶ

企業予算編成マニュアル(清文社)

※2000年発刊なので、陳腐化している部分についてはコメントを付し、
 読み替えていただけるようにして行きたいと考えています。

● 「(4)販売部門予算編成プロセス」「売上高予算表」(帳票)


 現在絶版となっている「企業予算編成マニュアル」<共著>
(清文社)のP85の「(4)販売部門予算編成プロセス」「売上高予算表」(帳票)
について考察してみよう。


「販売部門予算編成プロセス」「(8)売上高予算表」

        ~続く~

 【作成目的】

 次期売上高予算の製品構成、および値引率等の管理指標を
明らかにする必要がある。
 このための資料が「売上高予算表」である。

【ポイント】

(1) 「製品別販売計画書」より、製品別売上高を記入する。

(2) 「販売部門予算編成方針」より、次期許容返品率、
   次期許容値引率等を記入する。


 下記より、「売上高予算表」(帳票)をダウンロードして下さい。

読取用PDFファイル

https://www.3cc.co.jp/user/files/20190618kigyouhenseimanyuaru_p85.xlsx



                                 以  上

○●○ 解説/コメント ○●○

 別添の「売上高予算表」(EXCEL)は以下のような修正を
加えている。手順を示すと下記の通りである。

 下記の流れは計算上繋がっている。

担当者別販売計画表→製品別販売計画書→売上高予算表

[販売数量ベース(個)]

手順1:「(1)当期実績予想:販売数量」を入力する。
    (担当者別販売計画表(当期実績予想)より集計)
   「(2)前期実績販売数量」を入力する。
   「(3)前期比」を計算・表示する。
    {(1)‐(2)}÷(2)×100%=(3)

手順2:「(4):当期市場規模」を入力する。
    (シンクタンク・業界情報より)
    「(5)前期市場規模」を入力する。
   「(6)当期市場成長率」を計算・表示する。
    {(4)‐(5)}÷(5)×100%=(6)

手順3:「(7)当期の当社のシェア」を計算・表示する。
    (1)÷(4)×100%=(7)

手順4:「(8)次期市場成長率」を入力する。
    (シンクタンク・業界情報より)
    「(9)次期予想市場規模」を計算・表示する。
    (4)×{1+(8)}=(9)

手順5:「(10)次期シェア成長率」を入力する。
    (中期経営計画等より)

手順6:「(11)次期シェア」を計算・表示する。
    (7)×{1+(10)}=(11)

手順7:「(12)計算上の次期販売数量」を計算・表示する。
    (9)×(11)=(12)

手順8:「(13)次期販売数量」を転記・入力する。
    (「製品別販売計画書」より)
    (1)当期実績販売数量を入力する。
   「(14)当期比」を計算・表示する。
    {(13)‐(1)}÷(1)×100%=(14)

手順9:「(15)次期販売数量差異」を計算・表示する。
    (12)-(13)=(15)
    「(16)構成比率」を計算・表示する。
    (15)÷(12)×100%=(16)
    「(17)差異理由」を入力する。

[金額ベース(千円)]

手順10:「(18):当期実績予想:販売金額」を入力する。
    (担当者別販売計画表(当期実績予想)集計)
     「(19):前期実績販売金額」を入力する。
     「(20)前期比」を計算・表示する。
      {(18)‐(19)}÷(19)×100%=(20)

手順11:「(21):次期販売金額」を入力する。
    (製品別販売計画書より)
    「(22):(18)当期実績予想販売金額」を入力する。
    「(23)当期比」を計算・表示する。
     {(21)‐(22)}÷(22)×100%=(23)

手順12:「(24):次期平均販売単価」を入力する。
    (製品別販売計画書より)
    「(25):当期実績予想平均販売単価」を入力する。
    「(26)当期比」を計算・表示する。
     {(24)‐(25)}÷(25)×100%=(26)

手順13:「(27):販売部門予算編成方針の目標売上高」を入力する。
    (販売部門予算編成方針より)

手順14:「(28):販売部門予算編成方針の目標売上高をクリアー
     しているか」を評価・入力する。
    (21)≧(27)→「◎」
    (21)<(27)→「×」

[リスク]

手順15:「(29):(13)及び(23)の予算目標値がブレるリスクを入力する。」
    (「担当者別販売計画表」より)

手順16:「(30) 上記リスクが発生した場合にどのような対応策を講じるかを
     入力する。」(「担当者別販売計画表」より)
    
[管理指標]

手順17:「(31)製品別の定価を入力する。」
    (販売定価表より)

手順18:「(32)許容値引率を入力する。」
    (販売部門予算編成方針より)

手順19:「(33)許容返品率を入力する。」
    (販売部門予算編成方針より)

 上記目標値及び管理指標は、業績評価・人事評価の基礎となる。

 「次期販売数量」「次期平均単価」「次期売上高」のそれぞれの金額は、
「販売部門予算書」へ転記される。


以  上


  ~ 続く ~

2.編集後記  

<ほっと川柳>

「 初値を越え
    中計開示
      合理性!  」


25年ほど前になるだろうか。監査法人時代に
独立して会計士事務所を経営している先輩と
会計士の勉強会を始めた。

今月も勉強会がある。

当時、先輩の会計士は株式の売買をかなりやっていた。

しかも、IPO銘柄専門だった。

「何故、IPO銘柄専門なのか?」は当時はわからなかった。

でも、IPOの株価形成の仕組みを知るようになって
その意味がわかった。

先日の日経新聞にもその仕組みが解説されていた。


IPO、 値動きに「法則」 初値は上昇しやすく


5月の米ウーバーテクノロジーズなど、今年は世界で大型の新規株式公開(IPO)
が相次ぐ。小粒ではあるが日本でも成長が期待できる若い企業が登場している。
IPOは個人投資家に人気だが、独特の値動きには注意が必要だ。「法則」を知っ
て賢く投資したい。

「引き合い強い」

3月に東証マザーズ市場に上場したサーバーワークス。米アマゾン・ドット・コ
ムのクラウドサービスの企業向けシステム構築を手掛ける。上場2日目に付いた
初値は公開価格の3.8倍だった。

今年は国内で6月12日までに上場した29社のうち27社で初値が公開価格を上回っ
た。初値が公開価格を上回る「連勝記録」は、4日に福岡証券取引所へ上場した
大英産業が15で止めたが、「引き続きIPOへの引き合いは強い」(岡三証券の小
川佳紀日本株式戦略グループ長)という。

B 初値が高かった主な銘柄

社名:サーバワークス
事業内容:企業向けシステム構築
初値(公開価格比):1万8000円(3.8倍)
14日時点の株価:1万7,048円


社名:Welby
事業内容:健康データアプリ
初値(公開価格比):1万8,030円(3.5倍)
14日時点の株価:1万8,700円


社名:ハウテレビジョン
事業内容:就活情報サイト
初値(公開価格比):3,745円(3.1倍)
14日時点の株価:3,900円


社名:バルデス
事業内容:ソフト試験
初値(公開価格比):1,820円(2.8倍)
14日時点の株価:1,760円

社名:識学
事業内容:中小企業向けコンサル
初値(公開価格比):4,550円(2.5倍)
14日時点の株価:※ 2,095円

※識学は5月末に1株を3株に分割

社名:スマレジ
事業内容:クラウド型POSレジ
初値(公開価格比):3,225円(2.4倍)
14日時点の株価:3,270円


社名:ヴィッツ
事業内容:制御用基本ソフト(OS)
初値(公開価格比):6,100円(2.3倍)
14日時点の株価:6,050円


投資家の期待の表れともいえるが、実は初値が公開価格を上回りやすいのには理
由がある。

証券取引所に上場が承認されると、企業は「株価」を決めるため証券会社を通じ
機関投資家の意見を集める。それを基に、例えば「1000~1500円」のように幅を
持たせた「仮条件」を設定し、ブックビルディングを実施した後、公開価格が決
まる。

2~3割のディスカウント

上場済みの同業他社の株価やPER(株価収益率)などを参照するが、通常は「IPO
ディスカウント」という調整が加わり、適正価格(フェアバリュー)より低めに
設定される。(1)情報開示の履歴が少ない(2)価格変動リスクが読みにくい(3)株
式購入から上場までの市場変動リスクを負う――などが理由だ。「投資家からは
一般的に適正価格より2~3割のディスカウントが求められる」(SMBC日興証券)

A 新規上場企業の株価決定のお知らせ流れ

⑴ 取引所が上場承認
・ロードショー
(機関投資家向けの会社説明会)
・証券会社が機関投資家に聞き取り

約2週間後

⑵ 仮条件(価格帯)の決定
・ブックビルディング
(投資家が需要を申告)

約1週間後

⑶公開価格の決定
・投資家が申し込み

約1週間後

⑷ 上場日→初値

3〜6カ月後

・決算発表
・ロックアップ(既存株主などの
売却制限)解除


公開価格が割安な分、上場後の初値は上がりやすい。短期的な値上がりを見越し
た買いが、上場後の株価を一段と押し上げる要因となる。その後も株価が上昇す
ることはあるが、逆のケースも多い。今年上場した29社中、17社が初値を下回っ
ている。

下落の理由は需給の要素が大きい。公募・売り出しする株式は7~8割が個人投資
家向けだ。楽天証券の土居雅紹執行役員は「抽選に当たった個人投資家の大半が
初日に売却する」と話す。

機関投資家は投資信託の運用会社や年金、ヘッジファンドなど幅広く、短期で売
却か長期保有かはまちまちだ。一般的には「取得できた株式数が少ない場合や、
初値が高いほど手放す率は高まる」(国内大手運用会社)ようだ。

目論見書を確認

特定の既存株主の売却を一定期間制限する「ロックアップ」後も売り圧力が強ま
る。期間は90日か180日が一般的。制限の有無は目論見書で確認できる。

目論見書では既存株主の構成も見ておきたい。ベンチャーキャピタル(VC)は投
資資金を回収するため売りを出しやすく、保有比率が高い場合は注意が必要だ。

上場後初めての決算発表も注目のイベントだ。上場時に示した業績予想や成長戦
略の進捗、情報開示の姿勢などを確認できる。話題性や値動き重視の売買から、
「実力」を評価し、中長期の目線で資金が動き始める時期でもある。

通期決算であれば有価証券報告書で上場後の株式保有比率の変化を確認したい。
VCなど売り圧力の強い株主の保有が減っていれば、業績や成長性などの観点から
腰を据えた投資がしやすくなるだろう。

(成瀬美和)


一般的な株式需給から見ると、「公開価格<初値」は成立するが、
ロックアップ後は供給過剰になり、「株価<初値」となるケースが多くなる
だろう。

継続的に「初値<株価」を成立させるためには、持続的成長のシナリオである
「中期経営計画の合理性」が求められるだろう。

安定的な収益成長のためには、「フロービジネス」から「ストックビジネス」へ
のビジネスモデルの変革も重要になるだろう。

また、部門別のキャッシュ・フロー計画を明確化し、すべての社員が
「いかにキャッシュ・フローを増やすか」を意識して行動し、増えたキャッシュ
を成長分野へ投資してゆく仕組み、すなわち真のキャッシュ・フロー経営を
実践してゆくべきだろう。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

マンガでも納得!

・「キャッシュ・フロー予算」(上場審査編)
  PL脳からCF脳へ進化せよ!

・「キャッシュ・フロー予算」(機関投資家編)
  信頼の鍵はCF予算

https://www.3cc.co.jp/yosan/manga.php

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



===【 PR 】===================================

改訂増補「予算会計」(清文社)<共著>

-連結キャッシュ・フロー予算 の構築-
〈特徴〉
予算PL・BS・CF・資金計画の月次・部門別・予実管理・着地予想・
連結までのプロセス解説(数値連動)

はじめに
https://www.3cc.co.jp/user/files/2015.12kaiteizouho.yosankaikei.hajimeni.pdf

アマゾン
https://amzn.to/2dbzlQL

マイナスの評価コメントも読んでみて下さい。

============================================


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


実践編「予算会計会員」サービスのトピックス

下記の資料がダウンロードできます。

・「改訂増補 予算会計」(清文社)の全体が鳥瞰できる「予算作成・管理フロー図」

・改訂増補「予算会計」の演習版(EXCEL)

 第1問「実績予想:売上高」(EXCEL)
 第2問「実績予想:売掛金」(EXCEL)

・改訂増補「予算会計」の理解のポイント解説資料:中期経営計画管理資料(EXCEL)

・改定増補「予算会計」対応のエクセル資料演習問題1、2に対応しております。

構成は下記の通りです。

NO.1実績予想:担当者別相手先別販売計画表(田辺雄一・W社)
NO.2実績予想:担当者別相手先別販売計画表(鈴木一也・Z社)
NO.3実績予想:全社販売計画書
NO.4実績予想:損益計算書
NO.5次期予算編成方針:1.当期実績の概況と課題
NO.6実績予想:商品仕入兼在庫計画書
NO.7実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(田辺雄一・W社)
NO.8実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(鈴木一也・Z社)
NO.9実績予想:全社売上代金回収計画書
NO.10実績予想:消費税等計画書
NO.11実績予想:月次資金計画書
NO.12実績予想:比較貸借対照表
NO.13実績予想:キャッシュ・フロー組替仕訳
NO.14実績予想:キャッシュ・フロー計算書

第3問「予算編成方針:目標利益の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第4問「予算編成方針:目標売上高の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第5問「予算作成:売上高関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第6問「予算作成:売掛金・月次売上代金回収収入」(問題編・解説編・EXCEL)
第7問「予算作成:CF(直接法)「営業収入」関係・
   CF(間接法)売上債権の増減額関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第8問「予算作成:月次予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第9問「予算作成:部門別予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第10問「予算作成:連結予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第11問「当期実績予想:仕入高・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第12問「当期実績予想:買掛金関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第13問「予算編成方針:売上原価・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)

実践型のEXCEL計算シートもダウンロードできます。

・取締役会提出用「月次予実報告書(月次発生ベース)」
・取締役会提出用「月次予実報告書(月次累計ベース)」
・取締役会提出用「月次予算報告書(業績予想報告含む)」
・取締役会提出用「月次着地予想報告書(業績予想修正報告含む)」

・設例と図表による企業予算編成マニュアル<清文社>の第1章~第3章
 (リニューアル)

システム化等、より実践的な取組みに関心のある会計人の方
こちらから登録できます
   ↓
https://www.3cc.co.jp/yosanmember/top.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


スポンサーサイト

ブログ 予算会計を学ぶ 第1829回 「月曜日テーマ:予算会計クイズ_Q21」


━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━
本日のINDEX
━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━

1.「月曜日テーマ:予算会計クイズQ21」

<曜日別配信内容>

月曜日:予算会計クイズ 
火曜日:『企業予算編成マニュアル』解説
水曜日:業績予想の修正理由一覧
木曜日:予算実務知識Q&A
金曜日:予算実務のポイント


2.編集後記  

ほっと川柳

「AI化
管理会計
志向せよ!」

AIに代替される業務のNO.1が
経理業務と言われている。

そうは言ったって、先の話かと
私も思っていた。

でも、そんな時代は早くやってくるのかも
知れない。

日経新聞にこんな記事が掲載された。

・・・編集後記

――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.「月曜日テーマ:予算会計クイズQ21」
――――――――――――――――――――――――――――――――――
予算会計力クイズ21(予算売上高の計算その3)

Q21下記の当期資料を前提として次期売上高を計算しなさい。
<当期実績・次期増減予想>
店舗当たりの1日当たり平均客単価(1)10[次期(2)10%増]
店舗当たりの1日当たり平均客数(3)50人[次期(4)2%増]
年間営業日数=(5)360日
店舗数=(6)10店舗[次期(7)2店舗増加予定(期首開業)]

【解答選択】
2,376,000 2,160,000 2,423,520 2,471,040

【解答・解説】

・次期の店舗当たりの1日当たり平均客単価
=(1)10×(1+(2)10%)=11・・・(8)

・次期の店舗当たりの1日当たり平均客数
=(3)50×(1+(4)2%)=51人・・・(9)

・次期の店舗当たりの1日当たりの売上高
=(8)11×(9)51人=561・・・(10)

・次期の店舗当たりの年間売上高
=(10)561×(5)360日=201,960・・・(11)

次期店舗数=(6)10+(7)2=12店舗・・・(12)

・次期売上高
=(11)201,960×(12)12店舗=2,423,520



以 上


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
2.「編集後記」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


ほっと川柳

「AI化
管理会計
志向せよ!」

AIに代替される業務のNO.1が
経理業務と言われている。

そうは言ったって、先の話かと
私も思っていた。

でも、そんな時代は早くやってくるのかも
知れない。

日経新聞にこんな記事が掲載された。


ソフトバンク、RPAで4000人分の業務代行 孫氏が表明
2019年6月13日


ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長は13日、通信子会社のソフト
バンクで定型業務を自動化するロボティック・プロセス・オートメーション
(RPA)を活用し、2020年度末までに4千人分の業務を代行させる計画を明らか
にした。自らのグループでも生産性向上に取り組む。


傘下の10兆円ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」が出資するRPA大
手、米オートメーション・エニウェアが東京都内で開いたイベントで講演し、計
画を示した。ソフトバンクの従業員数は3月末で1万7100人。RPAによる代行で余っ
た人員は新規事業などに充てる。


孫社長は「RPAにAIを組み合わせることで、単純作業にとどまらず(様々な)業
務を自動化できる」と強調した。RPAなどが人の仕事を奪うという見方に対して
は「人間も進化する。人間ならではの付加価値の高い業務を見いだせる」と持論
を述べた。


ビジョン・ファンドは、オートメーション・エニウェアに3億ドル(約320億円)
を出資している。 (以上)

RPA(Robotic Process Automation=ロボティック・プロセス・オートメーション)
とは、バックオフィスにおけるホワイトカラー業務といった、 これまで人間が
手作業で行ってきた仕事を、ルールエンジンやAI、機械学習などの認知技術を取
り入れたロボットに代行してもらうことにより自動化や効率化を図る 取り組み
を指す。

例えば、会計システムや連結システムの入力が自動化されるのだろう。

「これは私にしか出来ない仕事!」と言って、離さない人がいるが、そういう
人はやがて社内失業者になって行くのだろう。

作業は標準システムやRPAへ積極的にシフトさせ、経営判断の領域に入って行く
べきである。

すなわち、会計人は制度会計を卒業して、管理会計人、「いかに人を動かしてお金を
増やすか」という予算制度(業績評価制度含む)の設計・運用管理を担う人になって
行くべきではないだろうか?


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

マンガでも納得!

・「キャッシュ・フロー予算」(上場審査編)
  PL脳からCF脳へ進化せよ!

・「キャッシュ・フロー予算」(機関投資家編)
  信頼の鍵はCF予算

https://www.3cc.co.jp/yosan/manga.php

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


===【 PR 】===================================

改訂増補「予算会計」(清文社)<共著>

-連結キャッシュ・フロー予算 の構築-
〈特徴〉
予算PL・BS・CF・資金計画の月次・部門別・予実管理・着地予想・
連結までのプロセス解説(数値連動)

はじめに
https://www.3cc.co.jp/user/files/2015.12kaiteizouho.yosankaikei.hajimeni.pdf

アマゾン
https://amzn.to/2dbzlQL

マイナスの評価コメントも読んでみて下さい。

============================================

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

マンガでも納得!

・「キャッシュ・フロー予算」(上場審査編)
  PL脳からCF脳へ進化せよ!

・「キャッシュ・フロー予算」(機関投資家編)
  信頼の鍵はCF予算

https://www.3cc.co.jp/yosan/manga.php

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


実践編「予算会計会員」サービスのトピックス

下記の資料がダウンロードできます。

・「改訂増補 予算会計」(清文社)の全体が鳥瞰できる「予算作成・管理フロー図」

・改訂増補「予算会計」の演習版(EXCEL)

 第1問「実績予想:売上高」(EXCEL)
 第2問「実績予想:売掛金」(EXCEL)

・改訂増補「予算会計」の理解のポイント解説資料:中期経営計画管理資料(EXCEL)

・改定増補「予算会計」対応のエクセル資料演習問題1、2に対応しております。

構成は下記の通りです。

NO.1実績予想:担当者別相手先別販売計画表(田辺雄一・W社)
NO.2実績予想:担当者別相手先別販売計画表(鈴木一也・Z社)
NO.3実績予想:全社販売計画書
NO.4実績予想:損益計算書
NO.5次期予算編成方針:1.当期実績の概況と課題
NO.6実績予想:商品仕入兼在庫計画書
NO.7実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(田辺雄一・W社)
NO.8実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(鈴木一也・Z社)
NO.9実績予想:全社売上代金回収計画書
NO.10実績予想:消費税等計画書
NO.11実績予想:月次資金計画書
NO.12実績予想:比較貸借対照表
NO.13実績予想:キャッシュ・フロー組替仕訳
NO.14実績予想:キャッシュ・フロー計算書

第3問「予算編成方針:目標利益の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第4問「予算編成方針:目標売上高の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第5問「予算作成:売上高関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第6問「予算作成:売掛金・月次売上代金回収収入」(問題編・解説編・EXCEL)
第7問「予算作成:CF(直接法)「営業収入」関係・
   CF(間接法)売上債権の増減額関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第8問「予算作成:月次予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第9問「予算作成:部門別予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第10問「予算作成:連結予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第11問「当期実績予想:仕入高・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第12問「当期実績予想:買掛金関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第13問「予算編成方針:売上原価・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)

実践型のEXCEL計算シートもダウンロードできます。

・取締役会提出用「月次予実報告書(月次発生ベース)」
・取締役会提出用「月次予実報告書(月次累計ベース)」
・取締役会提出用「月次予算報告書(業績予想報告含む)」
・取締役会提出用「月次着地予想報告書(業績予想修正報告含む)」

・設例と図表による企業予算編成マニュアル<清文社>の第1章~第3章
 (リニューアル)

システム化等、より実践的な取組みに関心のある会計人の方
こちらから登録できます
   ↓
https://www.3cc.co.jp/yosanmember/top.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ブログ 予算会計を学ぶ 第1828回 「予算会計」「2.予算会計編」の第3話 『次期予算作成』(その6)


━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━
本日のINDEX
━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━

1.「金曜日テーマ:予算実務のポイント」

<曜日別配信内容>

月曜日:予算会計クイズ 
火曜日:『企業予算編成マニュアル』解説
水曜日:業績予想の修正理由一覧
木曜日:予算実務知識Q&A
金曜日:予算実務のポイント


2.編集後記  


ほっと川柳

「 あ~社取
   人選だけは
     注意せよ!  」

経営者の暴走に歯止めをかける為に
東証は社外取締役の複数化をルール化した
こともあり、2018年7月31日の東証の調査によると
独立社外取締役を2名以上設置している上場会社は
東証一部 91.3%
JPX日経400 97.7%
となっている。

今年はさらに増えているだろう。

でも、実際は弊害の方が多いという。



・・・編集後記・・・

――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.「金曜日テーマ:予算実務のポイント」
――――――――――――――――――――――――――――――――――


本日は
「2.予算会計編」の
第3話 『次期予算作成』(その6)
になります。


第3話 『次期予算作成』(その6)

田辺社長
「次期の目標年間予算は、何故、月次予算に分ける必要があるんですか?」

会計士 児玉
「田辺社長。御社の売上高は毎月ほぼ同じ金額ですか?」

田辺社長
「いや違いますね。お客様の納期予定が4月・5月に多いので、売上高は4月・5月が
高くなるね。また、8月と2月が低いね。」

会計士 児玉
「そうすると、例えば、年間予算が120で4月の実績が11だった場合、
 実績は予定通りなのか、不足しているのかわからないですよね。
4月の予算が10の場合は予実差異は+1になりますが、4月の予算が
12の場合は予実差異△1になります。

   
月次予実報告書(4月)
予算科目 予算 実績 差異 原因 改善策
売上高   10 11 +1  略   略
・・・略・・・

月次予実報告書(4月)
予算科目 予算 実績 差異 原因 改善策
売上高   12 11 △1  略   略
・・・略・・・

仮に、4月:予算12・実績11、予算13・実績12
だったと仮定した場合、5月の予実差異報告書は下記の
通りになります。

月次予実報告書(5月)
(1)月次発生
予算科目 予算 実績 差異 原因 改善策
売上高   13 12 △1  略   略
・・・略・・・
(2)月次累計
予算科目 予算 実績 差異 原因 改善策
売上高   25 23 △2  略   略
・・・略・・・
(3)年間予算進捗率
予算科目 予算 実績 差異 原因 改善策
売上高(%) 25.0 23.0 △2.0  略   略
・・・略・・・

もう一つの理由として「着地予想(決算予想)」が
あります。
例えば、4月・5月の実績が出たところで、
実績の動向を踏まえて、未経過月の6月から
翌3月の予算額を見込値に修正し、
「経過月:実績+未経過月:予算額→見込値
 =着地予想(決算見通し)」を作成するのです。

簡単な例で示してみましょう。

  着地予想PL(5月末時点)
予算科目:売上高

   当初 経過月 未経過月 着地
   予算  実績  見込値  見込
4月  13 13 13
5月  12 12 12
6月  11 10 10
7月  11 10 10
8月  8 7 7
9月  9 8 8
10月 10 9 9
11月  10 9 9
12月  9 8 8
翌1月 10 9 9
翌2月 8 7 7
翌3月  9 8 8
通期計 120 15 85 100

着地予想の売上高は100になり、年間目標
予算120に対して20不足となり、16.7%
不足していることになります。

このように月次予実差異を分析・報告する点と
月次着地予想を作成する観点より、月次予算は
重要になります。」

田辺社長
「なるほどな~。月次予実比較以外に、月次着地予想も
作成するんですね。」

会計士 児玉
「はいそうです。では今日はここまでにしましょう。」



                            以 上

・・・つづく・・・


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
2.「編集後記」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

ほっと川柳

「 あ~社取
   人選だけは
     注意せよ!  」

経営者の暴走に歯止めをかける為に
東証は社外取締役の複数化をルール化した
こともあり、2018年7月31日の東証の調査によると
独立社外取締役を2名以上設置している上場会社は
東証一部 91.3%
JPX日経400 97.7%
となっている。

今年はさらに増えているだろう。

でも、実際は弊害の方が多いという。

ほとんどの上場会社の社長は
「社外取締役の人選を間違えた!」
「社外取締役なんて導入しなければ良かった」
という。

「とにかく経営を知らないし、実務を理解していないの
でとんちんかんな質問ばかりしてくる」

「プライドだけ高く、自分の保身とリスクだけを考えて
会社の利益を考えず、承認議案に反対し、次回持ち越しに
してゆく為にタイムリーな経営意思決定ができない」

(社長)「 新規事業はリスクがあるから反対というのなら
     どうやって持続的成長をしてゆくか、対案を出して
     下さい!」

(社外取締役)「 それはあなた方の仕事です」・・・


「役人上がりと学者は絶対に社外取締役にするな」という
のが暗黙の合言葉になっているらしい。


では、社長の暴走を食い止める社外取締役に必要な要件とは何だろうか?

一つは「経営を実際にやってきたことがあるか」という
点がある。

自分自身が経営者として失敗してきたことや苦しんできたこと
から出てくるアドバイスは極めて本質的であり、社長の暴走を
未然に食い止める可能性が高まると考える。

会社においては、経営層育成のために計画的なローテーションを
取って、海外子会社等の経営をしてきた人財を増やしてゆく
ことが重要であろう。

もう一つは、米国では圧倒的にベンチャー企業を起こして
経営を経験してきた人財が多いということがある。

日本としてベンチャー企業経営を目指す人財を増やす
教育や社会制度の整備をしてゆく必要がある。

二つ目は「多くの経営者の相談に乗って来た経験があるか」だろう。

多くの上場会社の社長は、「他の会社の社長はこういう場合どうするのか」
ということは知りたいと思っているはずである。

そういった観点から、社外取締役が助言できるとしたら、
社長の暴走を未然に食い止める可能性が高まると考える。

三つ目は「管理会計の実務を理解していること」という点がある。

単なる感情や思い付きではなく、数値に基づいて「いかに人を動かして
お金を増やしてゆくか」という実践的な予算実務を深く理解している
ことである。

この点から、今の組織制度や業績評価の在り方を実践的に
アドバイスできるしたら、まさに経営コンサルティングとしての
機能を果たしてゆくことになるだろう。

この点は、会計人が制度会計から管理会計へシフトしてゆくべき
ということとも繋がってくるだろう。

「多くの会計人が定年後も、上場会社の社長から、社外取締役に就任してほしい
というオファーを受ける時代」に是非なってもらいたいと思う



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

マンガでも納得!

・「キャッシュ・フロー予算」(上場審査編)
  PL脳からCF脳へ進化せよ!

・「キャッシュ・フロー予算」(機関投資家編)
  信頼の鍵はCF予算

https://www.3cc.co.jp/yosan/manga.php

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



===【 PR 】===================================

改訂増補「予算会計」(清文社)<共著>

-連結キャッシュ・フロー予算 の構築-
〈特徴〉
予算PL・BS・CF・資金計画の月次・部門別・予実管理・着地予想・
連結までのプロセス解説(数値連動)

はじめに
https://www.3cc.co.jp/user/files/2015.12kaiteizouho.yosankaikei.hajimeni.pdf

アマゾン
https://amzn.to/2dbzlQL

マイナスの評価コメントも読んでみて下さい。

============================================


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



実践編「予算会計会員」サービスのトピックス

下記の資料がダウンロードできます。

・「改訂増補 予算会計」(清文社)の全体が鳥瞰できる「予算作成・管理フロー図」

・改訂増補「予算会計」の演習版(EXCEL)

 第1問「実績予想:売上高」(EXCEL)
 第2問「実績予想:売掛金」(EXCEL)

・改訂増補「予算会計」の理解のポイント解説資料:中期経営計画管理資料(EXCEL)

・改定増補「予算会計」対応のエクセル資料演習問題1、2に対応しております。

構成は下記の通りです。

NO.1実績予想:担当者別相手先別販売計画表(田辺雄一・W社)
NO.2実績予想:担当者別相手先別販売計画表(鈴木一也・Z社)
NO.3実績予想:全社販売計画書
NO.4実績予想:損益計算書
NO.5次期予算編成方針:1.当期実績の概況と課題
NO.6実績予想:商品仕入兼在庫計画書
NO.7実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(田辺雄一・W社)
NO.8実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(鈴木一也・Z社)
NO.9実績予想:全社売上代金回収計画書
NO.10実績予想:消費税等計画書
NO.11実績予想:月次資金計画書
NO.12実績予想:比較貸借対照表
NO.13実績予想:キャッシュ・フロー組替仕訳
NO.14実績予想:キャッシュ・フロー計算書

第3問「予算編成方針:目標利益の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第4問「予算編成方針:目標売上高の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第5問「予算作成:売上高関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第6問「予算作成:売掛金・月次売上代金回収収入」(問題編・解説編・EXCEL)
第7問「予算作成:CF(直接法)「営業収入」関係・
   CF(間接法)売上債権の増減額関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第8問「予算作成:月次予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第9問「予算作成:部門別予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第10問「予算作成:連結予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第11問「当期実績予想:仕入高・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第12問「当期実績予想:買掛金関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第13問「予算編成方針:売上原価・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)

実践型のEXCEL計算シートもダウンロードできます。

・取締役会提出用「月次予実報告書(月次発生ベース)」
・取締役会提出用「月次予実報告書(月次累計ベース)」
・取締役会提出用「月次予算報告書(業績予想報告含む)」
・取締役会提出用「月次着地予想報告書(業績予想修正報告含む)」

・設例と図表による企業予算編成マニュアル<清文社>の第1章~第3章
 (リニューアル)

システム化等、より実践的な取組みに関心のある会計人の方
こちらから登録できます
   ↓
https://www.3cc.co.jp/yosanmember/top.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ブログ予算会計を学ぶ 第1827回 「木曜日テーマ:予算実務Q&A:予算会計学NO.17」


━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━
本日のINDEX
━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━

1.「木曜日テーマ:予算実務のポイント」

<曜日別配信内容>

月曜日:予算会計クイズ 
火曜日:『企業予算編成マニュアル』解説
水曜日:業績予想の修正理由一覧
木曜日:予算実務知識Q&A:「予算会計学」
金曜日:予算実務のポイント


2.編集後記  

ほっと川柳

「トップ給与
業績評価と
連動化!」

監査法人時代の1996年、こんな疑問を
持った。

「キャッシュ・フロー経営なのに
何故、目標になっていないのか? 」

当時も上場会社は、EXCELでPL予算だけを作っていた。



・・・編集後記につづく
――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.「木曜日テーマ:予算実務Q&A:予算会計学NO.16」
――――――――――――――――――――――――――――――――――

<予算会計学NO.16>(KPI数値:非会計数値の仕訳化(その2))

~前回まで~

<予算会計学NO.17>(KPI数値:非会計数値の仕訳化(その3:受注高))


売上高計画を作成する場合、先行指標として受注高は重要である。

新規受注高をKPIにした場合の非会計数値は下記の様になる。

基軸勘定:新規受注高を借方に表示し、増加原因を貸方側に表示する。

逆に、キャンセル等により基軸勘定:新規受注高が減少する場合には貸方に表示し、
減少原因を借方側に表示する。(予算作成時には発生しないが、月次着地予想を
する場合には発生する可能性がある。)

例えば、予算仕訳を表すと下記のようになる。

4月30日 当月計画:新規受注高を計上予定

(新規受注高)100百万円
/(新規受注高増加原因:新規受注)100百万円

5月31日 当月計画:新規受注高を計上予定

(新規受注高)120百万円
/(新規受注高増加原因:新規受注)120百万円


この場合の予算元帳を示すと下記の様になる。

           予算元帳

科目:新規受注高(借方科目)     単位:百万円

日付  内容   借方   貸方   残高
4.30 4月計上       100   100
5.31 5月計上       120 220
・・・略…

この場合の予算元帳は「新規受注計画表」になる。


新規受注高はPL型であるが、BS型の受注残高をKPIにする場合もある。

この場合、下記の構成になる。

(1)月初受注残高
(2)月次増加:新規受注高
(3) 月次減少:売上計上
(4)月末受注残高


4月初の受注残高を80百万円、受注から売上計上までのリードタイムを
1カ月とすると、予算仕訳・予算元帳は下記のようになる。


4月30日 当月計画:新規受注高を計上予定

(受注残高)100百万円
/(受注残高増加原因:新規受注)100百万円


4月30日 当月計画:売上計上(受注消化高)を計上予定

(受注残高の減少理由:売上高計上)80百万円
              /(受注残高)80百万円

5月31日 当月計画:新規受注高を計上予定

(受注残高)120百万円
/(受注残高増加原因:新規受注)120百万円

5月31日 当月計画:売上計上(受注消化高)を計上予定

(受注残高の減少理由:売上高計上)100百万円
              /(受注残高)100百万円


この場合の予算元帳を示すと下記の様になる。

           予算元帳

科目:受注残高(借方科目)     単位:百万円

日付  内容     借方  貸方   残高
4. 1 期首繰越             80
4.30 4月新規受注  100       180
4.30 4月売上高計上     80    100
5.31 5月新規受注  120      220
5.31 5月売上高計上     100 120

・・・略…

この場合の予算元帳は受注計画表になる。




~つづく~


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
2.「編集後記」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

ほっと川柳

「トップ給与
業績評価と
連動化!」

監査法人時代の1996年、こんな疑問を
持った。

「キャッシュ・フロー経営なのに
何故、目標になっていないのか? 」

当時も上場会社は、EXCELでPL予算だけを作っていた。

本屋に行っても、PL予算の具体的作成方法すら
解説した本が無かった。

いわんやをや、CF予算の具体的作成方法なんてカケラもなかった。

仕方がないので、製造業を基礎として、EXCEL200枚のマクロ計算によって
月次予算PL・月次予算CR・月次予算BS・月次予算CF及び月次資金計画書を
自動作成する簡易システムを3年がかりで構築した。

この内容をまとめた書籍「設例と図解でわかる企業予算編成マニュアル
(清文社)」が2000年に発刊され、4回増刷され、現在は絶版になっている。

その後、卸売業をベースにした簡易な「予算会計」(清文社)、さらに
連結予算に拡張した「改訂 予算会計」を発刊した。

2000年からキャッシュ・フロー予算演習講座を開催している。

今月の6月26日(木)にも、宝印刷主催のキャッシュ・フロー予算演習講座が
開催される。

演習講座の最後に、「売上高予算に基づく業績連動の営業マンの賞与算定」と
「営業収入予算に基づく業績連動の営業マンの賞与算定」の演習がある。

私はその中で、こう言っている。

「制度会計はお金を見ているが、 管理会計は人を見ている」

「管理会計の中核を担う予算制度は 『いかに人を動かしてお金を増やすか』
であり、業績評価制度と表裏一体の 関係にある」

でも、役員賞与を含む役員報酬は目標予算の達成状況と合理的な関係が
ない上場会社が多かったと言える。

しかしながら、3月決算の上場会社は役員賞与などの業績連動型の役員報酬
について「経営指標の目標と実績」を有価証券報告書へ開示しなければならない。

株主総会でも役員報酬の透明化が大きく進み始めているようだ。

日経新聞は次の様に伝えている。


増える「業績連動」 透明性向上課題
変わる総会(3)役員報酬


2019年の株主総会では「取締役に対する譲渡制限付株式
の割り当てのための報酬決定の件」という議案が目立つ。
自社株式を報酬に使うためでトヨタ自動車や京セラなどが
総会に諮る。報酬と株価の連動は株主目線での経営につな
がるとして導入が進んでいる。


野村証券によると総会終了時の6月末では株式報酬を
導入する上場企業は1500社強に達し導入比率は4割を超える。

目立つのが3~5年後に売却できる条件がついた「譲渡制限付き
株式報酬」(リストリクテッド・ストック=RS)。売却までの期間が
長く中期視点での経営につながるとして1年間で導入社数が約2倍
に増える。

総額や1億円以上受け取った取締役など「額」の開示だけでなく、
どんな過程を経ていくらに決まったのかという「透明性」への注目度も
高い。

18年改訂の企業統治指針(コーポレートガバナンス・コード)は
「客観性・透明性ある手続きで報酬制度を設計し具体的に決定すべき」
との文言を追加した。執行取締役に譲渡制限付き株式報酬を付与する
ソニーは「業績連動報酬の割合が金銭報酬全体の37.5%から50%」と明記。
武田薬品工業も業績の達成度合いなどに応じ報酬を定める。

今年の臨時国会で通過する見通しの会社法改正案では、報酬内容の決定に
関しより詳細な説明を求める予定だ。野村証券の橋本基美氏は「役員報酬の
開示については来年以降も議論が加速していくだろう」と指摘する。 (以上)

株式報酬が増えて行くことは何を意味するのだろうか?

株式市場から自己株式を取得すると、ROEは上昇する。

役員報酬によるキャッシュアウトがないので、プールされるお金を
成長分野へ投資することができる。

そんな背景があるのだろう。

会計処理は下記のようなイメージになるだろう。

【株式市場からの自己株式の取得】

BS自己株式 100 /BS現金預金 100

【40%分を役員に対する株式報酬に
充当する】

PL役員報酬 40 / BS自己株式 400
注:預り金(源泉税・社保等)は省略。

中期経営計画においても、どのように資金確保して
いくら自己株式を取得して、いくら株式役員報酬に付与するかの
厳格なBS計画や資金計画が必須になるだろう。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

マンガでも納得!

・「キャッシュ・フロー予算」(上場審査編)
  PL脳からCF脳へ進化せよ!

・「キャッシュ・フロー予算」(機関投資家編)
  信頼の鍵はCF予算

https://www.3cc.co.jp/yosan/manga.php

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



===【 PR 】===================================

改訂増補「予算会計」(清文社)<共著>

-連結キャッシュ・フロー予算 の構築-
〈特徴〉
予算PL・BS・CF・資金計画の月次・部門別・予実管理・着地予想・
連結までのプロセス解説(数値連動)

はじめに
https://www.3cc.co.jp/user/files/2015.12kaiteizouho.yosankaikei.hajimeni.pdf

アマゾン
https://amzn.to/2dbzlQL

マイナスの評価コメントも読んでみて下さい。

============================================


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


実践編「予算会計会員」サービスのトピックス

下記の資料がダウンロードできます。

・「改訂増補 予算会計」(清文社)の全体が鳥瞰できる「予算作成・管理フロー図」

・改訂増補「予算会計」の演習版(EXCEL)

 第1問「実績予想:売上高」(EXCEL)
 第2問「実績予想:売掛金」(EXCEL)

・改訂増補「予算会計」の理解のポイント解説資料:中期経営計画管理資料(EXCEL)

・改定増補「予算会計」対応のエクセル資料演習問題1、2に対応しております。

構成は下記の通りです。

NO.1実績予想:担当者別相手先別販売計画表(田辺雄一・W社)
NO.2実績予想:担当者別相手先別販売計画表(鈴木一也・Z社)
NO.3実績予想:全社販売計画書
NO.4実績予想:損益計算書
NO.5次期予算編成方針:1.当期実績の概況と課題
NO.6実績予想:商品仕入兼在庫計画書
NO.7実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(田辺雄一・W社)
NO.8実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(鈴木一也・Z社)
NO.9実績予想:全社売上代金回収計画書
NO.10実績予想:消費税等計画書
NO.11実績予想:月次資金計画書
NO.12実績予想:比較貸借対照表
NO.13実績予想:キャッシュ・フロー組替仕訳
NO.14実績予想:キャッシュ・フロー計算書

第3問「予算編成方針:目標利益の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第4問「予算編成方針:目標売上高の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第5問「予算作成:売上高関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第6問「予算作成:売掛金・月次売上代金回収収入」(問題編・解説編・EXCEL)
第7問「予算作成:CF(直接法)「営業収入」関係・
   CF(間接法)売上債権の増減額関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第8問「予算作成:月次予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第9問「予算作成:部門別予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第10問「予算作成:連結予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第11問「当期実績予想:仕入高・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第12問「当期実績予想:買掛金関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第13問「予算編成方針:売上原価・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)

実践型のEXCEL計算シートもダウンロードできます。

・取締役会提出用「月次予実報告書(月次発生ベース)」
・取締役会提出用「月次予実報告書(月次累計ベース)」
・取締役会提出用「月次予算報告書(業績予想報告含む)」
・取締役会提出用「月次着地予想報告書(業績予想修正報告含む)」

・設例と図表による企業予算編成マニュアル<清文社>の第1章~第3章
 (リニューアル)

システム化等、より実践的な取組みに関心のある会計人の方
こちらから登録できます
   ↓
https://www.3cc.co.jp/yosanmember/top.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ブログ 予算会計を学ぶ  第1826回 「水曜日テーマ:業績予想修正一覧325」


━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━
本日のINDEX
━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━

1.本日のテーマ「業績予想修正一覧NO.325」

2.編集後記  


ほっと川柳

「 総会で
   賞与根拠
    どう説明?  」

上場会社約2,000社の3月決算の定時株主総会が近づいている。

企業価値向上の為の株主との積極的対話を図る流れの中で
有価証券報告書に役員賞与などの業績連動報酬報酬に関して
経営指標の「目標と実績」の開示が義務付けられている。

この点は、株主総会での「第〇号議案 取締役賞与の件」
に関する株主からのかなり厳しい質問が出てくる可能性が
ある。

・・・編集後記


――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.「水曜日テーマ:業績予想修正一覧NO.325」
――――――――――――――――――――――――――――――――――

「業績予想修正理由一覧NO.325」(累計3,250社)

1 小売業 <東一>( 8月決算)[執行役員管理本部長 ]

(通期業績予想の修正)

上半期の業績不振を踏まえ、確固たる収益力を構築すべく、ビジネスモデルを抜本的に
見直しております。

・下半期の売上高は既存店売上高前年比103.0%と計画をしておりましたが、最大の商戦で
あるゴールデンウィークでの販売は苦戦し、第3四半期会計期間の既存店売上高前年比
は97.2%と計画から大きく乖離した状況にあること(-)
・同質化を招いてしまった商品群や前年からの持ち越し商品群など販売不振商品について、
夏のバーゲンでの販売計画を大幅に見直した結果、当初想定していた売上総利益率から大幅に
下回る見通しとなったこと(-)
・売上総利益率の悪化に伴い、特別損失が増加することを織り込んだこと(-)

上記より、売上高及び各利益下方修正。

<コメント>

特別損失の具体的な内容(例:減損損失等)を明示すべきと考える。


2 情報・通信業 ( 7月決算)[取締役専務執行役 ]

(通期業績予想の修正)

・当第3四半期連結累計期間における業績につきましては、システム開発の売上の増加と
採算性が向上したこと(+)
・引き続き、堅調な売上が見込まれること(+)

上記より、売上高及び各利益上方修正。


3 医薬品 <東マ>(12 月決算)[経営管理部長]

(通期業績予想の修正)

<背景>
当社グループが米国で開発中のMRX-5LBT:帯状疱疹後の神経疼痛治療薬(リドカインテープ剤)
について、FDAから要求された安全性等を確認するための臨床試験及び非臨床試験等を実施する
資金並びに新規の自社開発パイプラインの開発資金を確保するため、第三者割当による
新株式の発行及び第三者割当による第14回新株予約権(行使価額修正条項付)の発行を
行いました。

・本日、第14回新株予約権(行使価額修正条項付)の行使完了によりMRX-5LBTの開発資金が
確保されたため、2019年12月期第3四半期以降にかかる当該費用299百万円を販売費及び
一般管理費として追加計上したこと(-)

 上記より、各利益下方修正。


4 情報・通信業 <福証Qボード>( 5月決算)[ 取締役管理本部長 ]

(通期業績予想の修正)

・販売費及び一般管理費の削減(+)

上記より、各利益上方修正。


5 小売業 <東一 >( 10月決算)[取締役管理部長]

(第2Q期業績予想の修正)

・当社グループの主軸である蔦屋書店事業において、主力商品であります書籍と特撰雑貨・
文具の売上高が好調であり、売上高はほぼ当初計画通りの見通しであること(-)

上記より、売上高下方修正(微減)。

<コメント>

下方修正の理由と結びつかない。

(例)
・・・・、売上高はほぼ当初計画通りの見通しで進みますが、〇〇の点を考慮し、
下方修正しております。


・当期取り組みをしております粗利の改善や販促の見直し、セルフPOS導入等店舗運営効率化
による販管費の改善を着実に進めることができたこと(+)

上記より、各利益上方修正。

(通期業績予想の修正)

同様の理由で、売上高下方修正、各利益上方修正。


6 情報・通信業 (6 月決算)[ 執行役員 管理本部長 ]

(通期業績予想の修正)

・2018 年8月3日付「第28 期経営計画に関するお知らせ」において、エンジニア採用環境
の厳しさ等により、売上、利益ともに当初中期経営計画値を下回ると予想しておりましたが、
稼働率向上の取り組みや、パートナー企業の獲得によるプロジェクト稼働率の維持等により、
その予想を上回る見込みとなったこと(+)
・SI・ソフトウェア開発分野において前期に引き続き、メーカーのシステム更新に伴う常駐型
開発案件が寄与したこと(+)
・前述した稼働率の向上、プロジェクト管理の強化による付加価値向上への取り組みが成果を
上げたこと(+)
・IT 基盤・ネットワーク構築分野の業績も順調に推移したこと(+)
・当社茨城本部の社屋に係る修繕費用を当第4四半期に20 百万円計上する予定(-)

上記より、売上高及び各利益上方修正。


7 不動産業<東一>( 11月決算)[執行役員経営管理本部長兼経営企画部長 ]

(第2Q期業績予想の修正)

・売却物件の入替えにより利益率の高い物件を売却した(+)

上記より、各利益上方修正。


8 卸売業 ( 10月決算)[ 経理部長 ]

(第2Q業績予想の修正)

・緑化関連薬剤・資材事業は、暖冬の影響により、春季の除草剤および抑草剤の販売が順調に
推移したこと(+)
・産業用薬品事業は、主要剤の大型連休による前倒し販売および剥離・コーティング剤の販売が
好調に推移しましたこと(+)
・土木緑化工事事業は、完成工事が減少したこと(-)

上記より、売上高下方修正。

・緑化関連薬剤・資材事業および産業用薬品事業において自社独自品および高利益品目の
販売が増加したこと(+)
・原価低減策(+)

上記より、各利益上方修正。


9 機械  <東一>( 10月決算)[ 経理部担当取締役 ]

(通期業績予想の修正)

・機械製造販売事業において国内官需や海外向け案件の一部が失注や繰延べとなる見込みから
当初計画を下回ること(-)

・化学工業製品販売事業においても機能材料分野および電子材料分野の半導体製造用
途向けを中心とする販売の減少が見込まれることから、当初予想を下回る見込みである
こと(-)

上記より、売上高下方修正。

・化学工業製品販売事業において売上減や収益率の低下による利益の減少を余儀なく
されるものの、機械製造売事業における国内民需向けの増収効果や収益性の良い海外向け
部品修理の販売の伸びに伴う利益の増加がこれを補う見込みであること(+)

上記より、各利益不変。


10 その他製品 ( 1月決算)[IR担当 ]

(第2Q期業績予想の修正)

・第1 四半期では、海外販売において、米国向け「Magna-Tiles」の販売商品構成を
当四半期に入り見直したことから、当初計画していた既存品の出荷が第2 四半期に
集中する計画変更を余儀なくされたこと(-)

・同四半期の国内販売は、市況厳しい中でも自転車等の好調や、玩具部門ではGW 商戦の
前倒し受注等により想定を上回り推移していること(+)

 上記より、売上高及び各利益下方修正。


予算会計メルマガ読者は、業績予想修正理由一覧NO.1~NO.325までの3,250社一
式ダウンロードできます。


読取用EXCELファイル NO.1~NO.300

読取用EXCELファイル NO.300~NO.325


~つづく~

                     以 上

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

2.「編集後記」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――


ほっと川柳

「 総会で
   賞与根拠
    どう説明?  」

上場会社約2,000社の3月決算の定時株主総会が近づいている。

企業価値向上の為の株主との積極的対話を図る流れの中で
有価証券報告書に役員賞与などの業績連動報酬報酬に関して
経営指標の「目標と実績」の開示が義務付けられている。

この点は、株主総会での「第〇号議案 取締役賞与の件」
に関する株主からのかなり厳しい質問が出てくる可能性が
ある。

従前は、取締役報酬限度額を株主総会で決議し、取締役報酬の
決定は取締役会に一任し、個別の取締役報酬の決定は
代表取締役に一任するスタイルが一般的であった。

取締役賞与の議案についても、「取締役報酬限度額内であれば
よしとする」風潮であったと思う。

こんな質問は考え得るのではないだろうか?

想定Q1
「取締役賞与の算定ルールを教えて下さい。」

想定Q2
「取締役賞与が何故、業績連動になっていないんですか?
 中計の今年度目標の業績予想を大きく下回っている
 のに、何故、取締役賞与を払わなければならないんですか?
 我々株主の配当財源が何故、犠牲にならなければならないん
 ですか?」

想定Q3
「有価証券報告書に記載される取締役賞与等の業績連動報酬の
 経営指標の目標と実績について教えて下さい。
 未達の場合の取締役の責任について見解を示して下さい」


実際にこういう質問が出るか否かはわかりませんが、
適切に回答できる準備をする必要があるのではないでしょうか?



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

マンガでも納得!

・「キャッシュ・フロー予算」(上場審査編)
  PL脳からCF脳へ進化せよ!

・「キャッシュ・フロー予算」(機関投資家編)
  信頼の鍵はCF予算

https://www.3cc.co.jp/yosan/manga.php

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



===【 PR 】===================================

改訂増補「予算会計」(清文社)<共著>

-連結キャッシュ・フロー予算 の構築-
〈特徴〉
予算PL・BS・CF・資金計画の月次・部門別・予実管理・着地予想・
連結までのプロセス解説(数値連動)

はじめに
https://www.3cc.co.jp/user/files/2015.12kaiteizouho.yosankaikei.hajimeni.pdf

アマゾン
https://amzn.to/2dbzlQL

マイナスの評価コメントも読んでみて下さい。

============================================


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



実践編「予算会計会員」サービスのトピックス

下記の資料がダウンロードできます。

・「改訂増補 予算会計」(清文社)の全体が鳥瞰できる「予算作成・管理フロー図」

・改訂増補「予算会計」の演習版(EXCEL)

 第1問「実績予想:売上高」(EXCEL)
 第2問「実績予想:売掛金」(EXCEL)

・改訂増補「予算会計」の理解のポイント解説資料:中期経営計画管理資料(EXCEL)

・改定増補「予算会計」対応のエクセル資料演習問題1、2に対応しております。

構成は下記の通りです。

NO.1実績予想:担当者別相手先別販売計画表(田辺雄一・W社)
NO.2実績予想:担当者別相手先別販売計画表(鈴木一也・Z社)
NO.3実績予想:全社販売計画書
NO.4実績予想:損益計算書
NO.5次期予算編成方針:1.当期実績の概況と課題
NO.6実績予想:商品仕入兼在庫計画書
NO.7実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(田辺雄一・W社)
NO.8実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(鈴木一也・Z社)
NO.9実績予想:全社売上代金回収計画書
NO.10実績予想:消費税等計画書
NO.11実績予想:月次資金計画書
NO.12実績予想:比較貸借対照表
NO.13実績予想:キャッシュ・フロー組替仕訳
NO.14実績予想:キャッシュ・フロー計算書

第3問「予算編成方針:目標利益の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第4問「予算編成方針:目標売上高の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第5問「予算作成:売上高関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第6問「予算作成:売掛金・月次売上代金回収収入」(問題編・解説編・EXCEL)
第7問「予算作成:CF(直接法)「営業収入」関係・
   CF(間接法)売上債権の増減額関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第8問「予算作成:月次予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第9問「予算作成:部門別予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第10問「予算作成:連結予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第11問「当期実績予想:仕入高・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第12問「当期実績予想:買掛金関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第13問「予算編成方針:売上原価・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)

実践型のEXCEL計算シートもダウンロードできます。

・取締役会提出用「月次予実報告書(月次発生ベース)」
・取締役会提出用「月次予実報告書(月次累計ベース)」
・取締役会提出用「月次予算報告書(業績予想報告含む)」
・取締役会提出用「月次着地予想報告書(業績予想修正報告含む)」

・設例と図表による企業予算編成マニュアル<清文社>の第1章~第3章
 (リニューアル)

システム化等、より実践的な取組みに関心のある会計人の方
こちらから登録できます
   ↓
https://www.3cc.co.jp/yosanmember/top.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
プロフィール

公認会計士・税理士 児玉厚

Author:公認会計士・税理士 児玉厚
-----------------------------------

はじめまして、児玉厚と申します。

私は、「予算会計」という新たな学問分野があっても良いのではないかと思っています。みなさんと一緒に、良い意味での「キャッチボール」をしながら、「予算会計」という分野を創っていければと思っています。


【自己紹介】
児 玉 厚(公認会計士・税理士)

<略歴> 

商社財務部の経理マン、
    監査法人の会計監査人、
         そして企業経営者に



昭和57年埼玉大学経済学部卒業。

神鋼商事㈱財務部、東陽監査法人を経て、
ゼロから起業を決意し、現在は、(株)スリー
・シー・コンサルティング
 代表取締役。


「決算報告エクスプレス・宝決算Ⅹプレス
(開示決算自動化システム)」<特許取得>

どれかひとつの立場に偏らず、全てを歩んできたからこそ見出すことができた「本質」を、みなさんにお伝えし、共有し、新しい時代における経理部の形、会計の世界を創造したいと真剣に考えています。


<主要著書>
『会社法決算書完全作成ガイド』
『開示決算ガイドブック』
『企業予算編成マニュアル』(清文社)
『有価証券報告書完全作成ガイド』(清文社)
『予算会計』(清文社)
 NEW!『<改定増補>予算会計』(清文社)

お知らせ
▼連載のお知らせ(11/2~)
税務研究会の「経営財務」にて3週連載します
 『キャッシュ・フロー予算制度構築』
第1回 損益予算からキャッシュ・フロー予算へ
第2回 キャッシュ・フロー予算の理解
第3回 キャッシュ・フロー予算制度構築の実務的ポイント
▼新刊発売のお知らせ
『<改定増補>予算会計』
キャッシュフロー予算作成プロセスの全体像が理解できる!
企業における目標管理の構築、実績の適正性を担保するために重要な財務諸表の作成手順を具体的に解説
新たに「応用編」を追加し、消費税率アップ等を織り込んだ最新版
 
book

カレンダー(月別)
05 ≪│2019/06│≫ 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
【カテゴリーツリー】
登録フォーム
20141127110808807.jpg


氏名
姓: 名:
E-Mail ※



ご登録いただきました個人情報につきまして

※「予算会計メールマガジン」は、いつでも配信解除できるようにしております。
 その都度お届けするメールマガジンの文末に、常に配信解除URLを設置しております。

※ご登録いただきました情報は、予算会計メールマガジンの配信以外では一切利用いたしません。
 よって、予算会計メールマガジン以外の不必要な情報が届くことは一切ございません。
リンク
ogo_mini.gif


kaijikaikeiblog.jpg


zaimu.gif


seibunsha.jpg


メール
kaijikaikeiblog.jpg
著書に関するご質問もお受けしています。
メールでお気軽にお問い合わせください。