ホーム

「誰でも、早く、正確に」作成できる理論が整っていない予算編成。予算編成に携わる全ての人に対して、新たな予算財務諸表の作成理論を提示し、そしてみなさんと一緒に、良い意味での「キャッチボール」をしながら、「予算会計」という分野を試行錯誤しながら、創っていければと思っています。

このブログ『予算会計を学ぶ』では、日々配信している無料の【予算会計メールマガジン】の内容を一部公開していきます。
内容をご覧いただき、是非メルマガ登録お願いします。

無料の予算会計メールマガジンの登録はコチラ




ブログ 予算会計を学ぶ 第1374回 「金曜日テーマ:予算実務のポイント」


━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━
本日のINDEX
━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━

1.「金曜日テーマ:予算実務のポイント」

<曜日別配信内容>

月曜日:予算会計クイズ 
火曜日:『企業予算編成マニュアル』解説
水曜日:業績予想の修正理由一覧
木曜日:予算実務知識Q&A
金曜日:予算実務のポイント

2.編集後記  

<ほっと川柳>

「 脱残業!
   セミナーはいつも
    ライブだね!
 」


今週の火曜日の6月20日に
久しぶりに大阪へ出張した。

宝印刷株式会社大阪支店の依頼で
株式会社 ICSパートナーズ主催のセミナーで
講演した。

『決算でも残業ゼロへ!
     経理部の働き方改革』セミナー
グランフロントタワーB

・・・編集後記

――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.「金曜日テーマ:予算実務のポイント」
――――――――――――――――――――――――――――――――――

予算実務のポイント77:帳票49「営業部 各営業マン 訪問・商談議事録」


ソフトウェアの開発・販売会社をモデルに
「営業部:販売計画PDCAサイクルフローチャート」を作成する。

「中期販売計画」「次期予算作成」「月次予実管理」に区分している。

帳票49「営業部 各営業マン 訪問・商談議事録」
(別紙ダウンロード資料参照)の作成手順は下記の通り。(3月決算を前提)


営業部の各営業マンの個別のお客様に対する営業活動を可視化するために
相手先別の「訪問・商談議事録」を作成し、上司はレビューし、適切なアドバイスを
加えて、営業力の育成に努めることが重要である。

営業日報は日々独立して記録されるが、「訪問・商談議事録」は商談の流れの連続性が
大事なので、追記する形で記録することが望ましいと考える。
組織的な営業力強化の共有財産としても重要である。


手順1 部署、氏名、日付、作成日及び相手先を記入する。

手順2 下記の形式で今日の訪問・商談内容を記入する。

1.NO :連番
2.訪問目的「具体的な訪問目的」を記入する。
4.「訪問日・時間」 :訪問の日付と時間帯を記入する。
5.「概要」:「初回訪問⇒デモ実施⇒お客様データのお預かり⇒個別提案書の作成
       ⇒個別提案(導入スケジュール&概算見積もり含む)⇒お客様の
       稟申⇒受注」という商談化の流れが進むように、お客様の質疑を
       具体的に記載し、次回アクションにつなげる様に進め、その内容を
       記載する。
6.「次回アクション」:次回の商談化のアクションと予定日を記入する。

7.「その他コメント」:上記以外の補足情報を記入する。
8.「上長コメント」 :上長のアドバイス等を記入する。

手順3 所定の承認欄に、担当者、課長、部長が日付、記名、押印する。


予算会計メルマガ読者は下記のEXCELファイルをダウンロードできます。
「営業部:販売計画PDCAサイクルフローチャート」


帳票1「前2014中期経営計画【販売実績(当期=実績予想)】」
帳票2「前2014中期経営計画【計画・実績差異分析表】」
帳票3「前2014中期経営計画【計画・実績推移表】」
帳票4「前2014中期経営計画【次期中期経営計画への課題一覧表】」
帳票5「現状のまま推移した場合の3年後(2020年3月)の姿【主要販売指標予想表】」
帳票6「3年後(2020年3月)のあるべき姿【主要販売指標予想表】」
帳票7「ギャップを埋めるための3カ年の営業戦略一覧」
帳票8「3カ年の営業アクション一覧表」
帳票9「3カ年の営業人員計画表」
帳票10「3カ年の設備投資等計画表」
帳票11「3カ年の営業費計画表」
帳票12「3カ年の営業部門リスク&対応策計画表」
帳票13「2017中期販売計画(営業部門)」
帳票14「2017中期経営計画(全社)(部門)の整合性チェック表」
帳票15「2017中期経営計画」(取締役会用)
帳票16「当年度(着地予想)全社・予実差異分析表」
帳票17「次年度全社予算編成方針」
帳票18 「当年度販売実績着地予想表」
帳票19「当年度予算・実績差異分析表」
帳票20「次年度販売予算の課題一覧表」
帳票21「次年度営業部門予算編成方針(2017.4~2018.3)」
帳票22「次年度ルート別営業作業フローチャート」
帳票23「次年度販売単価計画表」
帳票24「営業マン別スキル主要指標推移・計画表」
帳票25「営業マン別プロスペクト予定表」
帳票26「営業マン別次年度繰越受注残高予定表」
帳票27「営業マン別次年度行動計画表」
帳票28「営業マン別次年度月次受注計画表」
帳票29「営業マン別次年度月次売上計画表」
帳票30「営業本部次年度月次受注計画書」
帳票31「営業本部次年度月次売上高計画書」
帳票32「当年度実績予想:期末ユーザー数予想表」
帳票33「次年度保守解約率予想表」
帳票34「次年度ユーザー増減計画表」
帳票35「次年度保守料計画表」
帳票36「営業本部次年度予算編成方針との整合性1次チェック表」
帳票37「営業本部月次セミナー実施計画表」
帳票38「営業本部月次宣伝広告実施計画表」
帳票39「営業本部月次販売手数料計画表」
帳票40「営業本部月次販売費計画表」
帳票41「営業本部月次個別管理費計画表」
帳票42「営業本部月次人件費計画表」
帳票43「営業本部月次共通費配賦計画表」
帳票44「営業本部月次本社費配賦計画表」
帳票45「営業本部月次予算損益計算書」
帳票46「次年度営業本部予算編成方針チェック表」
帳票47「経営企画提出用:営業本部月次予算損益計算書」
帳票48「営業部 各営業マン  営業日報」

帳票49「営業部 各営業マン 訪問・商談議事録」

読取用EXCELファイル


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 「予算会計メルマガ」のご案内

CFOや経営企画や経理の方の愛読者が多数!

是非、お気軽にご登録下さい。

月:予算会計クイズ 
火:企業予算編成マニュアル
水:業績予想の修正理由
木:予算実務知識Q&A
金:予算実務のポイント

http://www.3cc.co.jp/yosan/top.php

時事ネタの予算川柳のファンも多い!

執筆者:代表取締役 (公認会計士) 児玉 厚
(主な書籍)・改訂増補「予算会計」・
「企業予算編成マニュアル」(清文社・共著)

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
2.「編集後記」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

<ほっと川柳>

「 脱残業!
   セミナーはいつも
    ライブだね!
 」


今週の火曜日の6月20日に
久しぶりに大阪へ出張した。

宝印刷株式会社大阪支店の依頼で
株式会社 ICSパートナーズ主催のセミナーで
講演した。

『決算でも残業ゼロへ!
     経理部の働き方改革』セミナー
グランフロントタワーB

(第一部)
基調講演
「決算でも残業ゼロを実現するための7つのポイント」
(児玉)

(第二部)
「問合せへのスピード対応から始める働き方改革」
(株式会社 ICSパートナーズ 山下さま)

(第三部)
エンディングセッション(ご希望の方のみ)

冒頭の中本さまのご挨拶の中で、
申込みが予想を超え、急に会場変更となった
ということでビックリした。

確かに会場は満員だった。

第一部では
事前にご了解を得て
経理部「決算でも残業ゼロ」への取組み  
(東亜ディーケーケー株式会社 経理部経理課 関根 利光様)
の内容を解説した。

次に7つのポイントから残業ゼロにするための具体的方策を
解説した。

1.「廃止」
2.「分業化」
3.「平準化」
4.「事前化」
5.「共有化」
6.「簡素化」
7.「自動化」

オマケで鉄鋼商社の経理時代に営業現場に振替伝票の
取引の内容を聞いて回り、次第に営業から事前相談を
受ける形になった話もした。

最後に、予測の数値の監査対応にかなり時間がとられている
ので、「どのようにKPIを設定して売上予算を構築するか」
の具体例を解説した。

第二部では山下さまより冒頭、
「児玉先生の予算会計メルマガを毎日読んでいます。
 内容もさることながら、時事ネタの川柳がとても
 面白い。・・・」

 ありがとうございました。
 その後、メルマガ読者が増えていました。

本題に戻すと、山下さまより
経理部の方が社長などからの問い合わせで
具体的に対応する実務を会話形式で
通常の場合と電子証憑にした場合の比較で
わかりやすく解説していただいた。

鉄鋼商社の経理時代、毎年国税調査が入り、
外部の倉庫から証憑ファイルの段ボールを
取り寄せて、台車で会議室に運んで準備し
終わったら、リストで漏れがないか確認し、
再度箱詰めし、配送の手続をしていたことを
思い出した。

「確かに証憑の管理って馬鹿馬鹿しいほど
 面倒だよな~。・・・
 保管コストだけ見ても相当だよな~。・・・」
と思った。

(第三部)
エンディングセッションは実は完全に失念して
いた。(笑)

10名近くのお客様が残っていただいていた。

マイクを渡された。

「みなさん、ご参加ありがとうございます。
 最初に名刺交換させていただいてもよろしいでしょうか?
 ・・・」とお断りし、お一人お一人と名刺交換をした。

その後、お一人お一人にマイクを向けてインタビューを
していった。

「今回のセミナーに参加された目的はどのような点ですか?」

「セミナーの内容についての率直な感想はいかがですか?」

「差支えなかったら、御社での課題をお伺いしてもよろしいでしょうか?」

・・・

例えば、こんなご発言があった。

「セミナーの中での『廃止』の例で、EXCEL資料を棚卸をし、
 有効性をチェックして、廃止を検討するという発想はなかったです。
・・・」

「・・・社内で残業ゼロの取り組みが始まっています。
 さきほどの話にもあった様に「廃止」の効果は非常に大きいと
 思います。・・・」

「・・・決算時に各現場からの請求書の提出が遅れるので、
 どうしても決算の締切が遅くなります。何か良い方法ありますか?」

児玉
「あくまでも一例ですが、作業は月内で完了しているはずなので
 発注書控えに完了日を記載して所定の捺印をしたものPDF化
したものをメールしてもらい、当該資料に基づいて未払金や買掛金等を
計上し、後日請求書を送ってもらうというルールにすることも
考えられると思います。いかがでしょうか?・・・」

最後に受けた質問は下記の通り。

「・・・開示業務における効率化のポイントは何でしょうか?」

児玉
「・・・開示業務はやるべきことが決まっているので
 開示業務そのものを劇的に効率化する方法はありません。
 開示業務をいかに事前作業化できるかがポイントだと
 思っています。いかがでしょうか?・・・」

でも、経理実務家のお話は本当に勉強になる。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

また、このような貴重な機会をいただいた
株式会社 ICSパートナーズの皆様にも
あらためて御礼申し上げます。

セミナー後、宝印刷の大阪支店長も合流して
ICSパートナーズの方と会食した。

とても盛り上がった。

翌朝は5時にホテルを出た。
大阪は土砂降りだった。

始発の6時の新幹線に乗った。

午前と午後に
予算会計エクスプレス関連の
コンサルティングのお客様との打ち合わせが
あった。

夜は新橋で会食した。

流石に歳なのだろう?

フラフラするのが酔いからなのか、
疲れからなのかわからない(笑)

でも、とても充実した2日間だった。

=================【 質問箱】=========================================

予算実務に関するご質問がありましたら、メルマガの返信メールでご質問下さい。

できるだけお役に立てる様にご回答させていただきます。

====================================================================


===【 PR 】===================================

改訂増補「予算会計」(清文社)<共著>

-連結キャッシュ・フロー予算 の構築-
〈特徴〉
予算PL・BS・CF・資金計画の月次・部門別・予実管理・着地予想・
連結までのプロセス解説(数値連動)

はじめに
https://www.3cc.co.jp/user/files/2015.12kaiteizouho.yosankaikei.hajimeni.pdf

アマゾン
https://amzn.to/2dbzlQL

マイナスの評価コメントも読んでみて下さい。

============================================


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



実践編「予算会計会員」サービスのトピックス

下記の資料がダウンロードできます。

・「改訂増補 予算会計」(清文社)の全体が鳥瞰できる「予算作成・管理フロー図」

・改訂増補「予算会計」の演習版(EXCEL)

 第1問「実績予想:売上高」(EXCEL)
 第2問「実績予想:売掛金」(EXCEL)


・改訂増補「予算会計」の理解のポイント解説資料:中期経営計画管理資料(EXCEL)

・改定増補「予算会計」対応のエクセル資料演習問題1、2に対応しております。

構成は下記の通りです。

NO.1実績予想:担当者別相手先別販売計画表(田辺雄一・W社)
NO.2実績予想:担当者別相手先別販売計画表(鈴木一也・Z社)
NO.3実績予想:全社販売計画書
NO.4実績予想:損益計算書
NO.5次期予算編成方針:1.当期実績の概況と課題
NO.6実績予想:商品仕入兼在庫計画書
NO.7実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(田辺雄一・W社)
NO.8実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(鈴木一也・Z社)
NO.9実績予想:全社売上代金回収計画書
NO.10実績予想:消費税等計画書
NO.11実績予想:月次資金計画書
NO.12実績予想:比較貸借対照表
NO.13実績予想:キャッシュ・フロー組替仕訳
NO.14実績予想:キャッシュ・フロー計算書

第3問「予算編成方針:目標利益の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第4問「予算編成方針:目標売上高の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第5問「予算作成:売上高関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第6問「予算作成:売掛金・月次売上代金回収収入」(問題編・解説編・EXCEL)
第7問「予算作成:CF(直接法)「営業収入」関係・
   CF(間接法)売上債権の増減額関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第8問「予算作成:月次予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第9問「予算作成:部門別予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第10問「予算作成:連結予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第11問「当期実績予想:仕入高・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第12問「当期実績予想:買掛金関係」(問題編・解説編・EXCEL)NEW!
第13問「予算編成方針:売上原価・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)


実践型のEXCEL計算シートもダウンロードできます。

・取締役会提出用「月次予実報告書(月次発生ベース)」
・取締役会提出用「月次予実報告書(月次累計ベース)」
・取締役会提出用「月次予算報告書(業績予想報告含む)」
・取締役会提出用「月次着地予想報告書(業績予想修正報告含む)」

・設例と図表による企業予算編成マニュアル<清文社>の第1章~第3章
 (リニューアル)

システム化等、より実践的な取組みに関心のある会計人の方
こちらから登録できます
   ↓
https://www.3cc.co.jp/yosanmember/top.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


スポンサーサイト

第1373回ブログ 予算会計を学ぶ 「木曜日テーマ:予算実務知識Q&ANO.340」


━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━
本日のINDEX
━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━

1.「木曜日テーマ:予算実務知識Q&ANO.340」

<曜日別配信内容>

月曜日:予算会計クイズ 
火曜日:『企業予算編成マニュアル』解説
水曜日:業績予想の修正理由一覧
木曜日:予算実務知識Q&A
金曜日:予算実務のポイント

2.編集後記  


<ほっと川柳>

「 
   失った時に
    会社死す!
 」


 大学時代は日々遊びだったが、唯一勉強したのが
卒業論文だった。
 
 「日本におけるマーケティング成立の条件」

 その中でこんな一節がある。

 「生産者主権」から「消費者主権」の時代へ。


 あれから35年経つが、「消費者主権」の大切さを
しみじみ感じる。


・・・編集後記

――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.「木曜日テーマ:予算実務知識Q&ANO.340
――――――――――――――――――――――――――――――――――

Q 「実行予算書」とは?

建築業における実行予算とは「予定原価」である。

現場担当者が、工事担当を会社から指名され、その工事にどのような手段で、
どれだけの費用を要し、どれだけの期間を必要とするのか。
会社にいくらの利益をもたらすのかを示したものである。
会社側が設定する工事一件当たりの利益も設定されているケースが多い。

サンプルは下記の通りです。


実行予算書

作成日 ××××年◯月◯日

【1】工事概要
現場名 :
工事場所:
注文者 :
受注形態:□元請□1次□2次□3次?

【2】受注内容

工種 数量 単位 単価 金額
1.
2.
3.
4.
5.                  [1]
合計

【3】原価

(1)労務費・外注費

工種・費目 数量 単位 単価 金額

1.
職長・世話役
特殊技能・職人
一般作業員
アルバイト等


2.
職長・世話役
特殊技能・職人
一般作業員
アルバイト等


3.
職長・世話役
特殊技能・職人
一般作業員
アルバイト等


4.
職長・世話役
特殊技能・職人
一般作業員
アルバイト等


合 計

(2)資材費

工種・費目 数量 単位 単価 金額


合計

(3)運搬費

工種・費目 数量 単位 単価 金額
大型車 台
4t・2t 台
普通車・ほか
合計

(4)機械費

工種・費目 数量 単位 単価 金額


合計

(5)材料費

工種・費目 数量 単位 単価 金額


合計

(6)現場経費

工種・費目 数量 単位 単価 金額

交通費(燃料)
交通費(通行料)
宿泊費・食費
お茶代

合計

原価合計                      [2]

【4】原価率

[1]受注金額 円
[2]原価合計 円
[3]原価率([2]÷[1])×100%         %
[4]目標原価率 %
[5]差異 [4]-[3]=[5]     %

                                以 上

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
2.「編集後記」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


<ほっと川柳>

「 
   失った時に
    会社死す!
 」


 大学時代は日々遊びだったが、唯一勉強したのが
卒業論文だった。
 
 「日本におけるマーケティング成立の条件」

 その中でこんな一節がある。

 「生産者主権」から「消費者主権」の時代へ。


 あれから35年経つが、「消費者主権」の大切さを
しみじみ感じる。

 タカタ株式会社は超優良の世界的会社が、欠陥リコール
の対応の甘さが原因で破たんへと転落した。

 1933年高田武三、滋賀県彦根市に高田工場を創業、
織物製造を開始。織物の技術を活かした救命索も製造。

1952米国で行われていた車にシートベルトを装備する研究に触発され、
パラシュート技術を応用したシートベルト研究に着手。

この時代に「シートベルト」の製造に着手したというのは
実に先見性のある経営判断だと思う。

日経新聞はこう伝えている。

タカタ失われた10年 甘えの構造、危機意識に蓋

 欠陥エアバッグ問題により迷走を続けてきたタカタが民事再生法の適用申請を
することで最終調整に入った。最初に不具合を把握してから10年余り。

日米を中心に約1億個に達するリコール(回収・無償修理)は途上で、不安は払
拭されないままだ。安全に関する部品を手掛けながら消費者目線を欠いた経営陣
の危機意識の低さ、甘えの構造が問題の抜本解決を遅らせた。

 繊維会社として1933年に創業したタカタが自動車部品に進出したのは60年。
高田重久会長兼社長の祖父で創業者、高田武三氏が米国の研究に触発され日本初
の2点式シートベルトを開発したのが始まりだ。
ホンダ車への標準装備を機にモータリゼーションの波に乗り、ロゴ「TAKATA」
は安全の象徴だった。

 リコールの主因は2000年ごろからエアバッグを膨らますのに爆発力が強い火薬
原料を使い始めたことだ。
高温多湿の環境に長期間さらされると劣化し、金属破片が飛び散るトラブルが
05年ごろから確認されるようになった。

 米運輸省高速道路交通安全局(NHTSA)は16年10月、異常破裂により女性が
亡くなったと発表した。米国では11人目となる死者だ。日本では死亡事故は発生
していないが海外ではこれまでに十数人が死亡しているとされる。

 最初のトラブルを軽視せず、本格的な調査や消費者への徹底したアピールをす
ぐに始めていれば、10年以上たった後にも悲劇が絶えない状況にはならなかった
のではとの声は多い。中古エアバッグが流用された異常破裂も見つかっており消
費者への周知は徹底できていない。日本国内でも累計1882万台がリコール対象と
なっているが、回収率は73%にとどまる。

 リコール費用の総額は約1兆3千億円になると見込まれている。大半を自動車メー
カーが負担しているが、早い時期に改良型が投入できていれば負担を軽減できた
可能性が高い。米司法省は1月に出した声明で「10年以上にわたり安全よりも納
期や利益を優先し、安全に関わる重要な試験データの情報を繰り返し偽ってきた」
と断罪した。

 自動車メーカーなどに背中を押される形で、弁護士らからなる外部専門家委員
会を立ち上げて経営再建に本腰を入れ始めたのが16年2月。米国で初の関連死亡
事故が起きてから約7年後のことだ。

 ただ、法的整理を求める自動車メーカーに対し、タカタ創業家は裁判所が関与
しない私的整理を求めた。15日終値ベースで時価総額は約400億円で、創業家は
約6割を握る大株主。経営陣として残る構想もあったもようだ。

 再建を主導するスポンサー選定をめぐっても当初、有力視されたのはエアバッ
グ世界最大手のオートリブ(スウェーデン)。ただ、長年敵対関係にあった同業
の支援を受けるのを嫌がりタカタ経営陣が猛反発した場面もあった。

 タカタの経営改革を遅らせた要因の一つに「日本式ケイレツ」の甘さもある。

 エアバッグは海外勢が先行していたが、タカタが80年代後半に量産に着手。日
本車メーカーとして初めてホンダがエアバッグ搭載車「レジェンド」を発売でき
たのはタカタの支えがあったからだ。

 こうした日系自動車メーカーの「身内」との密接な関係は、地震など非常時の
対応力などで強さを発揮する一方、もたれ合いの構図も生む。世界シェア2位の
経営が傾くと最も困るのは自動車メーカーで、簡単に厳しい姿勢には転じきれな
いからだ。

 タカタ問題への批判が集まりだしたのは14年ごろで、舞台は米国だった。日本
では大目に見てもらえる二人三脚も、消費者保護の意識が高く、訴訟社会の米国
では糾弾された。

 故障や欠陥を防ぐ努力は企業の責務だが要諦は起こってしまってからの対応だ。
慶応大学大学院経営管理研究科の小幡績准教授は「早期に対応していれば問題は
かなり小さく済んだ。
ガバナンス(統治)を唯一効かせられるはずだった自動車メーカーの対応もま
ずかった」と指摘する。

 安全へのハードルが格段に上がり、環境対応など多くの規制が強化され、ステー
クホルダー(利害関係者)からの目も厳しさを増す。タカタも安全関連部品で先
頭を走っていたが、対応を誤れば容易に脱落する。不具合が発生した場合にいか
に真摯に対応するか。タカタ問題は同社だけでなく、品質や安全の高さで成長し
てきた日本の企業全体に突きつけられた課題だ。
                        (白石武志、太田明広)

タカタの理念は、「交通事故の犠牲者がゼロになる日」だったはずなのに
「経営に魂が入っていなかった」のだろう。

5万人の家族のことを思うと胸が痛い。

社長は「公人」であり、「経営理念」に従って「志」のある経営を
していかなければならないということを改めて感じた。

============================================


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



実践編「予算会計会員」サービスのトピックス

下記の資料がダウンロードできます。

・「改訂増補 予算会計」(清文社)の全体が鳥瞰できる「予算作成・管理フロー図」

・改訂増補「予算会計」の演習版(EXCEL)

 第1問「実績予想:売上高」(EXCEL)
 第2問「実績予想:売掛金」(EXCEL)


・改訂増補「予算会計」の理解のポイント解説資料:中期経営計画管理資料(EXCEL)

・改定増補「予算会計」対応のエクセル資料演習問題1、2に対応しております。

構成は下記の通りです。

NO.1実績予想:担当者別相手先別販売計画表(田辺雄一・W社)
NO.2実績予想:担当者別相手先別販売計画表(鈴木一也・Z社)
NO.3実績予想:全社販売計画書
NO.4実績予想:損益計算書
NO.5次期予算編成方針:1.当期実績の概況と課題
NO.6実績予想:商品仕入兼在庫計画書
NO.7実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(田辺雄一・W社)
NO.8実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(鈴木一也・Z社)
NO.9実績予想:全社売上代金回収計画書
NO.10実績予想:消費税等計画書
NO.11実績予想:月次資金計画書
NO.12実績予想:比較貸借対照表
NO.13実績予想:キャッシュ・フロー組替仕訳
NO.14実績予想:キャッシュ・フロー計算書

第3問「予算編成方針:目標利益の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第4問「予算編成方針:目標売上高の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第5問「予算作成:売上高関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第6問「予算作成:売掛金・月次売上代金回収収入」(問題編・解説編・EXCEL)
第7問「予算作成:CF(直接法)「営業収入」関係・
   CF(間接法)売上債権の増減額関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第8問「予算作成:月次予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第9問「予算作成:部門別予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第10問「予算作成:連結予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第11問「当期実績予想:仕入高・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第12問「当期実績予想:買掛金関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第13問「予算編成方針:売上原価・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)

実践型のEXCEL計算シートもダウンロードできます。

・取締役会提出用「月次予実報告書(月次発生ベース)」
・取締役会提出用「月次予実報告書(月次累計ベース)」
・取締役会提出用「月次予算報告書(業績予想報告含む)」
・取締役会提出用「月次着地予想報告書(業績予想修正報告含む)」

・設例と図表による企業予算編成マニュアル<清文社>の第1章~第3章
 (リニューアル)


システム化等、より実践的な取組みに関心のある会計人の方
こちらから登録できます
   ↓
https://www.3cc.co.jp/yosanmember/top.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ブログ 予算会計を学ぶ 第1372回 「水曜日テーマ:業績予想修正一覧230」


━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━
本日のINDEX
━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━

1.「水曜日テーマ:業績予想修正一覧NO.230」

<曜日別配信内容>
月曜日:予算会計クイズ 
火曜日:『企業予算編成マニュアル』解説
水曜日:業績予想の修正理由一覧
木曜日:予算実務知識Q&A
金曜日:予算実務のポイント

2.編集後記  


<ほっと川柳>

「 野際さん
   クールビューティー
    永遠に
 」


39年前の浪人生時代に、立教中学・高校と
進んで立教大学に入ったが、一橋大学を受験
したいという友人がいた。

雑談の中でこんな話をしていた。

「…長嶋茂雄はとにかく成績が悪く、
 教授たちも本当に苦労したらしい。…
 それに対して歴代で最も優秀だったのが
 野際洋子。立教女学院中学校・高等学校、
 から立教大学文学部英米文学科に進んで
 首席で卒業したけど、楽々東大に入れる
 頭脳明晰な人だったらしい。・・・」

先日、女優 野際陽子さん(81歳)が
亡くなられた。

残念な気持ちはもちろんあったが、
「野際陽子さんほど、女性として
 かっこよく生きた人はいないのではないか」と
ふと思う。

・・・編集後記


――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.「水曜日テーマ:業績予想修正一覧NO.230」
――――――――――――――――――――――――――――――――――

「業績予想修正理由一覧NO.230」(累計2,300社)


1. その他製品<東一>(10月)[取締役経理部長]

<通期業績予想修正>

・木材事業において安価な国産杉丸太を原材料とした国内輸送用パレット用材
 の生産比率を高めるなど(+)
・納期短縮による競争力の強化を図ったこと(+)

 上記より、売上高上方修正。

・木材事業の製品販売価格は前回予想値と同水準となっているものの、
 原材料価格は、ニュージーランド産丸太の現地価格が最大消費国の中国需要が
 底堅く高止まりの状態で推移していること(-)
・昨年の11月から12月にかけての急激な為替円安の影響と相まって大幅に上昇し、
 前回予想値を5.8%上回る見込みであること(-)
・競合樹種である安価なチリ産製品の影響もあり、原材料価格上昇分の製品販売価格
 への転嫁に遅れがみられるなど(-)
・ハウス・エコ事業においては、売上高の確保を重視した営業活動の展開により、
 売上総利益率は前回予想値を1.7%下回る見込みであること(-)

 上記より、営業利益及び経常利益上方修正。

・繰延税金資産・法人税等調整額の計上(+)

 上記より、四半期純利益上方修正。


2.機械<東一>(3月)[会計責任者]

<通期業績予想修正>

・用地代・建築コストが依然として高止まりの状況にあることから引き続きマンション
 建設事業を抑制したこと(-)

上記より、売上高、営業利益及び経常利益下方修正。

・投資有価証券売却益の計上(+)

 上記より、親会社株主に帰属する当期純利益上方修正。

3.卸売業<東一>(4月)[取締役執行役員総務経理部部長]

<通期業績予想修正>

・防護服・環境資機材事業においては、前連結会計年度にありました官公庁関連の
 大口需要はなかったものの、化学工場やヘルスケア分野における防護服の新規需要
 の開拓や、各地で発生いたしました鳥インフルエンザ等に対し、自治体等への
 緊急物資供給等を行い、ほぼ予定通りの売上の見込みですが、前連結会計年度に
 引続き、たたみ資材事業、アパレル資材事業、中国子会社の低迷の影響(-)

 上記より、売上高下方修正。

・減収ではあるものの売上総利益率の確保に注力したこと(+)
・業務の効率化(+)
・販売体制の見直しに取り組んだこと(+)
・中国子会社においては、一層進展する案件のASEAN地域へのシフトへ十分対応
 しきれず、利益確保が厳しくなる見込み(-)

上記より、各利益上方修正。


4.情報通信業<東一>(6月)[取締役上席執行役員経営企画部長]

<通期業績予想修正>

・売上高は前回予想のとおりに推移していること(±)

 上記より、売上高不変。

・利益率の高いパッケージ製品の受注が伸び悩んだこと(-)
・不採算案件の発生等(-)

 上記より、各利益下方修正。


5.情報通信業<東一>(11月)[総務経理本部経理部長]

<第2Q期業績予想修正>

・当第2四半期連結累計期間の売上高につきましては、当初計画において
 第3四半期以降に検収を予定していた開発案件の一部が前倒しで検収
 されたことなど(+)
・原価率の改善など(+)

 上記より、売上高及び各利益上方修正。

6.サービス業<JQS>(6月)[事業管理室長]

<通期業績予想修正>

・コンストラクション・マネジメント(CM)業務および環境マネジメント業務や
 熊本地震の復旧・復興関連の受注増加を背景として、全社一体的な生産活動
 の結果、期中完成予定の業務量が増加したこと(+)
・採算性の改善(+)
・事業場移転に伴う特別損失の縮小(+)

 上記より、各利益上方修正。

7.食料品<東一>(12月)[グループコーポレートコミュニケーション担当ディレクター]

<通期業績予想修正>

・ブラジルの連結子会社の株式の100%を売却する株式譲渡契約を締結し、ブラジルの
 公正競争当局である経済擁護行政委員会(CADE)の承認がされ、株式譲渡が完了した
 ことより、平成29 年12 月期第1四半期のみを連結決算に取込み、第2四半期以降
 の9か月間は連結除外することとなったこと⇒売上高(-)・利益(+)

 上記より、連結売上高下方修正。連結営業利益及び連結経常利益上方修正。

・株式譲渡により計上される関係会社株式売却損(-)
・損失発生に伴う税効果(+)
・当社が所有する広島県安芸郡府中町の商業施設の土地及び建物、旧社宅の土地及び
 建物を始めとする固定資産の譲渡により、固定資産売却益の計上が見込まれること(+)

上 記より、親会社株主に帰属する当期純利益上方修正(+)


8.サービス業<東マ>(8月)[取締役兼執行役員管理部長]【非連結】

<通期業績予想修正>

 当社は、中堅・中小企業のM&A仲介事業を行っております。

・事業承継ニーズを中心にM&A市場が拡大する中で、当社上場による信用力の向上、
業務提携先の拡大もあり、好調に案件が成約していること(+)
・М&Aコンサルタントの積極採用に取り組んだことで、今後成約が見込まれる受託案件も、
順調に積み上がっていること(+)
・期初予想に比べ、成約案件数の増加、成約案件単価の上昇していること(+)

 上記より、売上高及び各利益上方修正。

9.その他製品<JQS>(4月)[取締役総務部長]【非連結】

<通期業績予想修正>

・利益貢献度の低い写真プリント販売が60百万円含まれており、主力の卒業アルバムは
 予想の達成が難しい状況にあること(-)
・費用につきましては、全般的にコストダウンを推進いたしましたが、第4四半期に
 おいて新工場立ち上りに関する費用等が想定以上に増加し、前回予想より20百万円
 の費用増となる見込であること(-)
・繰延税金資産計上に伴う法人税調整額(△は益)を、△30百万円計上(+)

 上記より、各利益下方修正。

10.化学<東一>(10月)[総務部長]

<第2Q期業績予想修正>

・売上高は、前年同期を下回る見込みですが、米国及び豪州においてアクシーブ剤の
 出荷が前傾されたこと(+)
・円安(+)

 上記より、売上高及び各利益上方修正。

<通期業績予想修正>

・経営統合したことによる業績への影響を精査中ですので、詳細がまとまり次第、
 速やかに公表いたします。

 上記より、当初予想を未記載に修正。


予算会計メルマガ読者は、業績予想修正理由一覧NO.1~NO.230までの2,300社一式
ダウンロードできます。


読取用EXCELファイル

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 「予算会計メルマガ」のご案内

CFOや経営企画や経理の方の愛読者が多数!

是非、お気軽にご登録下さい。

月:予算会計クイズ 
火:企業予算編成マニュアル
水:業績予想の修正理由
木:予算実務知識Q&A
金:予算実務のポイント

http://www.3cc.co.jp/yosan/top.php

時事ネタの予算川柳のファンも多い!

執筆者:代表取締役 (公認会計士) 児玉 厚
(主な書籍)・改訂増補「予算会計」・
「企業予算編成マニュアル」(清文社・共著)

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


             ~つづく~

以 上

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
2.「編集後記」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


<ほっと川柳>

「 野際さん
   クールビューティー
    永遠に
 」


39年前の浪人生時代に、立教中学・高校と
進んで立教大学に入ったが、一橋大学を受験
したいという友人がいた。

雑談の中でこんな話をしていた。

「…長嶋茂雄はとにかく成績が悪く、
 教授たちも本当に苦労したらしい。…
 それに対して歴代で最も優秀だったのが
 野際洋子。立教女学院中学校・高等学校、
 から立教大学文学部英米文学科に進んで
 首席で卒業したけど、楽々東大に入れる
 頭脳明晰な人だったらしい。・・・」

先日、女優 野際陽子さん(81歳)が
亡くなられた。

残念な気持ちはもちろんあったが、
「野際陽子さんほど、女性として
 かっこよく生きた人はいないのでは
 ないか」とふと思う。

 1958年に合格率0.2%の難関のNHKに
入局し、女性アナウンサーとして活躍。
 1963年にフリーアナウンサーになり、
TBS「女性専科」の司会、女優業を
スタートする。

1966年からフランスへ1年留学。

ミニスカート姿で帰国し、話題となる。

1968年から「キーハンター」が始まり、
5年間、30%以上の視聴率を記録する
人気だった。

女性がミニスカート姿でアクションする
というのは、小学生だった私にとっては
衝撃的だった。

主題歌「非常のライセンス」を
野際陽子が歌っている。

実に「クール」な歌だ。


非常のライセンス
         作詞:佐藤純弥/作曲:菊池俊輔
         うた:野際陽子

  ウフン ラムール(愛)ウフン ラモール(死)

 あ~あの日愛した人の  墓に花をたむけるあした
 あ~きのう恋して燃えて  きょうは敵とみかたの二人
 恋も夢も希望(のぞみ)も捨てて  命賭ける非常の掟
 あ~だから あ~もっと もっと愛して

 あ~あした知れない命  せめていまは恋していたい
 あ~燃えて愛して泣いて  やがて別れ別れの旅路
 恋も夢も希望も捨てて  命賭ける非常の掟
 あ~だから あ~もっと もっと愛して

  ウフン ラムール(愛)ウフン ラモール(死)

 あ~愛し愛されあって  きっといつか一緒に生きる
 あ~その日その時待って  今日も涙流さず泣こう
 恋も夢も希望もいつか  燃えて開く二人の夜明け
 あ~だから あ~いまは もっと愛して

1972年、共演した千葉真一と結婚して
翌年、娘 樹里を出産した。


1992年、テレビドラマ『ずっとあなたが好きだった』で息子を
溺愛する強かな姑を演じ、大ヒット。
以後、着物姿の姑役が定着し、TBSドラマの常連となった。

1994年、日本にいたかった野際陽子はアメリカに拠点を
移したかった千葉真一と離婚。

記者会見の際には同席してマスコミに臨み、
「私のわがままです。彼がハリウッド進出のため米国にいるのが
ほとんどで、千葉真一の妻という感覚が希薄になりフッと忘れてしまう
ことが多くなった。
けじめもつけたかったし、出会った『キイハンター』のころの友達に
戻りたかった」と理由を答えている。

なんてクールなんだろう。

千葉真一(78歳)はコメントしている。

「3年前に肺がんになったことを聞いて心配していたんです。
今はそっとしてあげたい」

一人娘の真瀬樹里(42歳)から連絡を受けた時も
「(野際さんを)見るまで信じない」と伝えた。

娘を通じて野際さんの様子を気にかけていた。

特にがんが分かってからは
「(がんにいいと言われる)酸素水を贈ったりしていました」

 娘からは「落ち着いたら一緒に墓参りに行こう」と言われている。
今後のことを考え「できれば樹里と一緒に生活しようと思っている」とも語った。

いかに愛されていたかを感じる。

いつもクールな野際陽子さんが死ぬ間際に「母親らしい本音」を事務所の社長に
伝えている。

「女優の真瀬樹里を事務所で受け入れてほしい」

ご冥福を心からお祈りします。


===【 PR 】===================================

予算革命!

◇予算を自動仕訳化◇【特許取得】✨

「予算会計エクスプレス」リリース

☆PL・BS・資金・CF予算自動化クラウドシステム☆

デモセミナー

https://www.3cc.co.jp/seminar/top.php

会計人は経営領域で活躍すべきという
理念から開発しました。
是非ご評価頂けたら幸いです。

============================================


===【 PR 】===================================

改訂増補「予算会計」(清文社)<共著>

-連結キャッシュ・フロー予算 の構築-
〈特徴〉
予算PL・BS・CF・資金計画の月次・部門別・予実管理・着地予想・
連結までのプロセス解説(数値連動)

はじめに
https://www.3cc.co.jp/user/files/2015.12kaiteizouho.yosankaikei.hajimeni.pdf

アマゾン
https://amzn.to/2dbzlQL

マイナスの評価コメントも読んでみて下さい。

============================================


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



実践編「予算会計会員」サービスのトピックス

下記の資料がダウンロードできます。

・「改訂増補 予算会計」(清文社)の全体が鳥瞰できる「予算作成・管理フロー図」

・改訂増補「予算会計」の演習版(EXCEL)

 第1問「実績予想:売上高」(EXCEL)
 第2問「実績予想:売掛金」(EXCEL)


・改訂増補「予算会計」の理解のポイント解説資料:中期経営計画管理資料(EXCEL)

・改定増補「予算会計」対応のエクセル資料演習問題1、2に対応しております。

構成は下記の通りです。

NO.1実績予想:担当者別相手先別販売計画表(田辺雄一・W社)
NO.2実績予想:担当者別相手先別販売計画表(鈴木一也・Z社)
NO.3実績予想:全社販売計画書
NO.4実績予想:損益計算書
NO.5次期予算編成方針:1.当期実績の概況と課題
NO.6実績予想:商品仕入兼在庫計画書
NO.7実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(田辺雄一・W社)
NO.8実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(鈴木一也・Z社)
NO.9実績予想:全社売上代金回収計画書
NO.10実績予想:消費税等計画書
NO.11実績予想:月次資金計画書
NO.12実績予想:比較貸借対照表
NO.13実績予想:キャッシュ・フロー組替仕訳
NO.14実績予想:キャッシュ・フロー計算書

第3問「予算編成方針:目標利益の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第4問「予算編成方針:目標売上高の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第5問「予算作成:売上高関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第6問「予算作成:売掛金・月次売上代金回収収入」(問題編・解説編・EXCEL)
第7問「予算作成:CF(直接法)「営業収入」関係・
   CF(間接法)売上債権の増減額関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第8問「予算作成:月次予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第9問「予算作成:部門別予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第10問「予算作成:連結予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第11問「当期実績予想:仕入高・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第12問「当期実績予想:買掛金関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第13問「予算編成方針:売上原価・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)


実践型のEXCEL計算シートもダウンロードできます。

・取締役会提出用「月次予実報告書(月次発生ベース)」
・取締役会提出用「月次予実報告書(月次累計ベース)」
・取締役会提出用「月次予算報告書(業績予想報告含む)」
・取締役会提出用「月次着地予想報告書(業績予想修正報告含む)」

・設例と図表による企業予算編成マニュアル<清文社>の第1章~第3章
 (リニューアル)

システム化等、より実践的な取組みに関心のある会計人の方
こちらから登録できます
   ↓
https://www.3cc.co.jp/yosanmember/top.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


―【登録内容変更/配信停止】―――――――――――――――――――――

内容変更:https://1lejend.com/stepmail/edit.php?no=xxzzkh
配信停止:https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=101100

――――――――――――――――――――――――――――――――――

―【発行者情報】――――――――――――――――――――――――――

 発行者 公認会計士 児玉 厚 
 運 営 株式会社スリー・シー・コンサルティング(http://3cc.co.jp)
連絡先 k.yosan.kaikei@3cc.co.jp
――――――――――――――――――――――――――――――――――

ブログ 予算会計を学ぶ 第1371回 「火曜日テーマ:『企業予算編成マニュアル』解説」


━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━
本日のINDEX
━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━

1.「火曜日テーマ:『企業予算編成マニュアル』解説」


<曜日別配信内容>

月曜日:予算会計クイズ 
火曜日:『企業予算編成マニュアル』解説
水曜日:業績予想の修正理由一覧
木曜日:予算実務知識Q&A
金曜日:予算実務のポイント

2.編集後記  


<ほっと川柳>

 経理作業
   RPAで
    なくなるの?
 」

 35年前に鉄鋼商社の経理に配属された時、
「これからはペーパーレス会計だ」と言われて
いたが、未だにペーパーレスにはなっていない。

システム化は進んでも、属人的なEXCEL業務は
拡大の一途を辿っている。

セミナーでは「会計人は『作業』から『経営判断』へ
シフトすべき」と伝えているが、現実との距離に
愕然とすることも事実だ。


働き方改革で、「残業をゼロにして労働生産性を
上げる」というが、賃金は上がるし、採用は難しいし、
おまけにすぐ辞めるという人的問題に頭をかかえている
経営者も少なくないと思う。

AI化による解決はまだまだ先の話だと思っていた。

でも、そうではないらしい。

マイナビニュースでこんな記事を目にした。


━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━

設例と図表でわかる企業予算編成マニュアル(清文社)<共著>

「管理部門予算編成プロセス」
「管理部門予算書:次期人件費計画表(その1)」(帳票)

━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━

「企業予算編成マニュアル」<共著>(清文社)のP167~171の
「管理部門予算編成プロセス」「人件費計画の作成(その1)」について見てみよう。

注:現在、同書の在庫はありません。

このメルマガで内容を説明して行きます。
(17年前の出筆なので、多少アレンジします。)

 社会保険料の計算については、全体の数値の整合性の観点より、
2000年当時の法令に準拠した内容をそのまま記載しております。
 実際の予算作成への利用にあたっては現行法の計算方法、保険料率など
へ置き換えて御利用下さい。

【作成目的】
 次期の役員および各部門従業員別に次期人件費を算出するために、
「人件費計画表」が作成される。

【ポイント】
1.次期の役員および従業員について、氏名を記載する。
 a.役員については、当期末役員名簿および「次期人員増減及び
   異動予定表」より転記する。
 b.従業員については、当期末従業員名簿および「次期人員増減
   および異動予定表」より、部門別に区分して転記する。
   なお、製造部門については、直接工と間接工に区分して 転記する。

2.次期給与額(役員報酬含む)を合理的に算定する。
 a.役員報酬および従業員給与について、給与・賞与管理台帳
   より、各人別に当期実績を記入する。なお、従業員において
   は、時間外手当を含む。
 b.労使交渉によるベースアップ率、個別の実状等を勘案して、
   各人別の次期昇給率を合理的に見積もる。
 c.次期給与額(役員報酬を含む)を算定する。
   当期給与実績×昇給率=次期給与額

3.次期従業員賞与額(役員賞与含む)を合理的に算定する。
 a.役員賞与については、「当期の剰余金処分方針」より、
   定時株主総会で決議される「次期の支給予定額」を記入する。
   また、「全社予算編成方針」より「次期の剰余金処分方針」
   の「役員賞与の役員別の内訳額」を記入する。

 b.従業員賞与について、給与・賞与管理台帳より、各人別に
   「当期実績」を記入する。
 c.従業員賞与について、各人別に当期支給月数を勘案して
   「次期支給月数」を記入する。
 d.次期従業員賞与を、次期給与額、次期支給月数を勘案して
   各人別に合理的に算定する。たとえば、便宜上、
   次期給与額÷12カ月×次期支給月数=「次期賞与額」
   と表すこともできる。

4.次期通勤費を合理的に見積もる。
 a.各人別の通勤費(当期実績)を記入する。
 b.原則として、当期実績を次期通勤費とする。
    当期中に入社した場合、住所変更があった場合、
   交通機関の値上げがあった場合等については、調整する。

5.次期法定福利費を合理的に算定する。
  各人別の厚生年金保険料(会社負担)、健康保険料(会社負担)、
 雇用保険料および労働保険料等について、当期実績、次期給与・
 賞与等を勘案して合理的に算定する。介護保険料等その他法定
 福利費は、当設例では便宜上省略する。
  たとえば、便宜上、各法定福利費細目別に次のように算定する
 ことができる。
 a.厚生年金保険料(会社負担)=(次期給与額÷12カ月+
   次期通勤費÷12カ月)×法定会社負担率(給与)+
   次期賞与額×法定会社負担率(賞与)
    ただし、限度額を上限とする。
 b.健康保険料(会社負担)=(次期給与額÷12カ月+
   次期通勤費÷12カ月)×法定会社負担率(給与)+
   次期賞与額×法定会社負担率(賞与)
    ただし、限度額を上限とする。
 c.雇用保険料(会社負担)=(次期給与額+次期通勤費
  +次期賞与額)×法定会社負担率
    ただし、役員については該当しない。
 d.労働保険料=(次期従業員給与額+次期通勤費+次期従業員
   賞与額)×(業種別)法定保険料率(建設業を除く)

6.次期役員退職給与引当金繰入額を合理的に算定する。
 a.当期末役員退職給与引当金資料より、各役員別の当期末役員
   退職給与引当金残高を記入する。
 b.役員退職給与規程等より、各役員別の次期末役員退職要
   支給額を算定し、記入する。
 
   役員退職給与引当金繰入額
   =次期末役員退職要支給額-(当期末役員退職引当金―
    次期役員退職者の当期末役員退職給与引当金)

7.次期従業員退職給付引当金に関する退職給付費用を合理的に
  算定する。(退職給付引当金計上基準より)
 a.当期末従業員退職給付引当金資料より、各従業員別の当期
  末従業員退職給付引当金残高を記入する。
 b.退職給与規程、退職給付引当金の計上方法等を勘案して、
  各従業員別の次期末従業員退職給付引当金を算定し、記入する。
 c.従業員退職給付費用(繰入額)を算定する。
   従業員退職給付費用(繰入額)=次期末従業員退職給付引当金
   -(当期末従業員退職給付引当金-次期退職予定従業員の
   当期末従業員退職給付引当金)

8.賞与引当金を合理的に算定する。
  たとえば、便宜上、次のように算定する。
 a.次期従業員賞与総額を算定する。
 b.賞与規程より、次期引当対象月数を求める。たとえば、3月決算
  の会社で支給対象期間が1月から6月の場合には、3カ月(4月から
  6月)となる。
 c.次期末賞与引当金を算定する。
   次期末賞与引当金=次期賞与支給額÷12カ月×次期引当金対象月数

9.各部門へ部門別次期人件費を伝える。
 a.販売部門:従業員給与、従業員賞与、通勤費、法定福利費、従業員
        退職給付費用を伝える。
 b.製造部門:従業員給与、従業員賞与、通勤費、法定福利費、従業員
        退職給付費用を、直接工と間接工に区分して伝える。
 c.管理部門:従業員給与、従業員賞与、通勤費、法定福利費、従業員
        退職給付費用、役員報酬、役員退職給与引当金繰入額を伝える。

10.総合予算書「次期貸借対照表」作成の基礎資料を経営企画室へ提供する。
 a.役員退職給与引当金
 b.従業員退職給付引当金
 c.賞与引当金

11.<資金計画関係>管理部門資金計画書「人件費支払計画表」へ基礎情報を
  提供する。

※「人件費計画表」の作成は、従業員の多い企業では極めて煩雑であるので、
 パソコン等によって自動計算できるプログラムを自社で作成することが
 望ましい。

 「人件費計画表(役員)」の帳票例について見てみよう。


(帳票例) 

       「人件費計画表<役員>」…(NO.1)

(SOURCE):当期末役員管理簿、剰余金処分方針および次期役員報酬
      等検討資料

【役   職】 代表取締役
【氏  名】 田中雄一
【兼務状況】 該当なし
【在職年数】 10年
【役員報酬】 (当期実績 ):40,000千円
        (昇給率  ):0%
       (次期予想額):「40,000千円」
【役員賞与】 (当期実績 ):10,000千円<前期の定時株主総会で確定>
       (昇給率  ):△40%
       (次期予想額):「6,000千円」<当期の定時株主総会で確定>
【通勤費 】 (当期実績) :360千円
       (次期予想額):「360千円」
【法定福利費】(厚生年金)  :662千円
       (健康保険)  :530千円
       (雇用保険)  :- 千円
       (計)    :「1,192千円」
<法定福利費負担率>(仮定)
 厚生年金→「給与:料率17.35%、会社負担率=8.68%、月額負担限度額
=51千円、年間負担限度額=612千円、標準月額限度額=575千円」
→「賞与:料率1.00%、会社負担率=0.50%」…注(留意)
 健康保険→「給与:料率8.20%、会社負担率=4.10%、月額負担限度額
=40千円、年間負担限度額=480千円、標準月額限度額=955千円」
→「賞与:料率1.00%、会社負担率=0.50%」…注(留意)
 雇用保険→「給与:料率1.450%、会社負担率=0.95%」
→「賞与:料率1.450%、会社負担率=0.95%」

  注:上記料率の内容は、書籍出版時(平成12年)の法令等に基づいて
  記載したものをそのまま掲載しています。理由は本書の予算数値
  はすべて連関して作られたものなので一部を修正することが
  適当ではないと判断した為です。
   現行の法律等との差異についてはご留意下さい。(以下同じ)

【役員退職給与引当金】
       (当期末引当金残高)  「100,000千円」
       (次期末引当金予想残高)「110,000千円」
       (次期引当金取崩額)   「  -千円」
       (次期引当金繰入額)   「 10,000千円」
【次期人件費計】          「 57,552千円」


【役   職】 取締役
【氏  名】 長谷川俊介
【兼務状況】 該当なし
【在職年数】 6年
【役員報酬】 (当期実績 ):25,000千円
        (昇給率  ):0%
       (次期予想額):「25,000千円」
【役員賞与】 (当期実績 ): 6,000千円<前期の定時株主総会で確定>
       (昇給率  ):△33.3%
       (次期予想額):「4,000千円」<当期の定時株主総会で確定>
【通勤費 】 (当期実績) :360千円
       (次期予想額):「360千円」
【法定福利費】(厚生年金)  :642千円
       (健康保険)  :510千円
       (雇用保険)  :- 千円
       (計)    :「1,152千円」
<法定福利費負担率>(仮定)(注)参照
【役員退職給与引当金】
       (当期末引当金残高)  「 25,000千円」
       (次期末引当金予想残高)「 29,166千円」
       (次期引当金取崩額)   「  -千円」
       (次期引当金繰入額)   「 4,166千円」
【次期人件費計】          「 34,678千円」


【役   職】 取締役
【氏  名】 森脇健介
【兼務状況】 該当なし
【在職年数】 4年
【役員報酬】 (当期実績 ):25,000千円
        (昇給率  ):0%
       (次期予想額):「25,000千円」
【役員賞与】 (当期実績 ): 6,000千円<前期の定時株主総会で確定>
       (昇給率  ):△33.3%
       (次期予想額):「4,000千円」<当期の定時株主総会で確定>
【通勤費 】 (当期実績) :360千円
       (次期予想額):「360千円」
【法定福利費】(厚生年金)  :642千円
       (健康保険)  :510千円
       (雇用保険)  :- 千円
       (計)    :「1,152千円」
<法定福利費負担率>(仮定)(注)参照
【役員退職給与引当金】
       (当期末引当金残高)  「 16,666千円」
       (次期末引当金予想残高)「 20,833千円」
       (次期引当金取崩額)   「  -千円」
       (次期引当金繰入額)   「 4,167千円」
【次期人件費計】          「 34,679千円」


【役   職】 監査役
【氏  名】 田中洋一
【兼務状況】 該当なし
【在職年数】 2年
【役員報酬】 (当期実績 ):15,000千円
        (昇給率  ):0%
       (次期予想額):「15,000千円」
【役員賞与】 (当期実績 ): 3,000千円<前期の定時株主総会で確定>
       (昇給率  ):△33.3%
       (次期予想額):「1,000千円」<当期の定時株主総会で確定>
【通勤費 】 (当期実績) :360千円
       (次期予想額):「360千円」
【法定福利費】(厚生年金)  :627千円
       (健康保険)  :495千円
       (雇用保険)  :- 千円
       (計)    :「1,122千円」
<法定福利費負担率>(仮定)(注)参照
【役員退職給与引当金】
       (当期末引当金残高)  「 5,000千円」
       (次期末引当金予想残高)「 7,500千円」
       (次期引当金取崩額)   「  -千円」
       (次期引当金繰入額)   「 2,500千円」
【次期人件費計】          「 19,982千円」


【役   職】 「役員合計」
【氏  名】 
【兼務状況】 
【在職年数】 
【役員報酬】 (当期実績 ):105,000千円
        (昇給率  ):
       (次期予想額):「105,000千円」
【役員賞与】 (当期実績 ): 25,000千円
       (昇給率  ):
       (次期予想額):「15,000千円」
【通勤費 】 (当期実績) : 1,440千円
       (次期予想額):「 1,440千円」
【法定福利費】(厚生年金)  : 2,573千円
       (健康保険)  : 2,045千円
       (雇用保険)  : - 千円
       (計)    :「 4,618千円」
<法定福利費負担率>(仮定)(注)参照
【役員退職給与引当金】
       (当期末引当金残高)  「146,666千円」
       (次期末引当金予想残高)「167,499千円」
       (次期引当金取崩額)   「  -千円」
       (次期引当金繰入額)   「 20,833千円」
【次期人件費計】          「146,891千円」


⇒「人件費計画表<総括>」へ転記する。


           ~つづく~


[コメント]

(1)人件費予算は部門別、個人別に予測額を積み上げて作成する。

(2) 役員人件費予算はトップシークレットなので、取扱いは
  厳重に行う。

(3) 次期の予算損益計算書上は、人件費関係の引当金繰入額も
  大きいので、合理的に予測する。

(4) 退職については、多額の資金支出を伴うので、合理的に
  予測する。

(5) 人件費予算がブレるリスクを洗い出し、事前に対応策を
  検討する。


 予算会計メルマガ読者は、「管理部門予算書:人件費計画表(役員)」(帳票)を
含む予算資料一式をダウンロードできます。


1.読取用EXCELファイル

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 「予算会計メルマガ」のご案内

CFOや経営企画や経理の方の愛読者が多数!

是非、お気軽にご登録下さい。

月:予算会計クイズ 
火:企業予算編成マニュアル
水:業績予想の修正理由
木:予算実務知識Q&A
金:予算実務のポイント

http://www.3cc.co.jp/yosan/top.php

時事ネタの予算川柳のファンも多い!

執筆者:代表取締役 (公認会計士) 児玉 厚
(主な書籍)・改訂増補「予算会計」・
「企業予算編成マニュアル」(清文社・共著)

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


○●○ 解説/コメント ○●○


          ~続く~


2.編集後記  


<ほっと川柳>

「 経理作業
   RPAで
    なくなるの? 


 35年前に鉄鋼商社の経理に配属された時、
「これからはペーパーレス会計だ」と言われて
いたが、未だにペーパーレスにはなっていない。

システム化は進んでも、属人的なEXCEL業務は
拡大の一途を辿っている。

セミナーでは「会計人は『作業』から『経営判断』へ
シフトすべき」と伝えているが、現実との距離に
愕然とすることも事実だ。


働き方改革で、「残業をゼロにして労働生産性を
上げる」というが、賃金は上がるし、採用は難しいし、
おまけにすぐ辞めるという人的問題に頭をかかえている
経営者も少なくないと思う。

AI化による解決はまだまだ先の話だと思っていた。

でも、そうではないらしい。

マイナビニュースでこんな記事を目にした。


「RPAが実現する働き方改革」


【連載特別企画】

今さら聞けない「RPA」の基本

1 RPAとはどんなもの? その役割と効果とは

過重労働が大きな社会問題となっている現在。競争力を維持、強化しつつ、人
的負担を軽減する施策に苦慮している企業も多いだろう。高齢化による生産年齢
人口の減少という問題もすぐ近くまで迫ってきている。こうした状況を乗りきる
一つの手段として、いま注目を集めているのが、RPA(Robotic Process
Automation;ロボティック・プロセス・オートメーション)だ。
海外企業では2000年代初頭から導入が進んでいるが、日本では大手企業の一部で
採用され始めた段階にある。

RPAとは具体的にどんなもので、どんな効果をもたらすのか?
導入の方法は? ―― いま企業が押さえておくべきRPAの基礎を、Kofax Japan(以
下、Kofax)に解説してもらった。

 同社はグローバルで500社以上に採用されているRPAツール「KOFAX KAPOW(コファッ
クス カパゥ)」の国内販売・サポートを手がけており、この分野について日本で
はトップクラスの経験と実績を持つ企業だ。

ソフトウェア・ロボットが事務作業を代行

これまで人間がPCに向かって、キーボードやマウスを使って行ってきた定型作
業を、コンピュータにインストールしたソフトウェア(ロボット)に記憶、代行さ
せるのがRPAだ。導入により、業務の効率化やそれに伴う人的負荷軽減、コスト
削減などが期待できる。

具体的な例を挙げて説明しよう。例えば「毎朝メールを受信して、添付されて
いるExcelファイルを開き、そこにリスト化されている注文品を一つずつWebの注
文フォームに入力(コピー&ペースト)、発注ボタンを押す」というルーチンワー
クがあったとする。もし注文数が多かったり、別のWebサイトにアクセスし直さ
なければ注文できないものや注文コードを変換しなければならないものがあれば、
ミスなく作業を終わらせるには相当の時間がかかるだろう。年間で換算すれば、
企業はかなりの時間と人件費をこの作業に割り当てることになる。

こうした作業を効率化するために、まず考えられるのが自動化システムを組む
という方法だろう。しかしメールソフト、Excel、Webなど、複数のソフトウェア
の連携や、注文コードを変換するプログラムの開発、セキュリティ対策の見直し
など、越えるべきハードルがいくつも存在し、実現には大きなコストと時間がか
かることになるだろう。アウトソーシングという方法もあるが、人件費やヒュー
マンエラーが発生するリスクは、社員が作業している場合に比べ、むしろ大きく
なってしまう可能性もある。

しかしRPAを利用すれば、ことは簡単に治まる。ソフトウェア・ロボットに作業
手順を教え、人が行うのと同じ要領で作業を進めさせるのだ。ロボットがメール
ソフトを開いてメールを受信、添付ファイルを展開し、注文サイトにログインし
てフォームにコピー&ペーストする。注文コードを変換する際の条件を教えてお
けば、それにも対応できるようになる。きちんと学習させればミスは皆無になり、
作業量が膨大になったとしても、疲れることなく24時間365日、働き続けてくれ
るのだ。

人間が様々なリソースを利用して行ってきた作業を、RPAならそのまま自動化で
きる

既存のソフトやシステムを利用しつつ効率化が図れる

Kofax Japan セールスエンジニア 神田 秀則氏


RPA先進国のアメリカでは、RPA化により人間が携わる業務の25~50%が削減で
きると言われているが、Kofaxが日本のとある生命保険会社で「KOFAX KAPOW」の
実証試験をしたところ、削減できる作業時間は50~80%にも上るという結果が出
たという。Kofaxのセールスエンジニアを務める神田 秀則氏はこう語る。

「日報や月報など社内的な報告書や、お客様に提出するレポートの作成など、
作業としては単純ではあるものの時間と手間のかかる作業が多い日本企業にとっ
て、RPAは非常に有効に働くと考えています」(神田氏)

既存の環境、ソフトウェアをそのまま活かせることも、RPAの大きな特長だ。新
たなシステムを構える必要も、従来の業務プロセスを変えることもなく、自動化
が実現できる。

「Excel、Accessなどのソフトウェアから、Web、SalesForce、基幹システムま
で、それぞれの『点』で行っていた作業をつなげ、『線』として自動化できるの
が、RPAのメリットです」(神田氏)

Kofax Japan ソリューション アーキテクト 三島 忠氏

また、IT化に伴って大規模なシステムをいくつも導入したものの、システム間
連携を図るためのデータ加工は人がやらざるを得ず、結局作業量が減らないと悩
んでいる担当者も多いという。Kofaxのソリューション アーキテクトである三島
忠氏は、RPAがそうした課題を解決すると説明する。

「RPAならそうした作業を自動化できますから、既存の様々なシステムを、簡単
に連携させられます」(三島氏)

簡単かつ短期間での運用開始が可能

RPAはソフトウェアであるため、導入にあたって大がかりな設備は不要だ。
Kofax製の「KOFAX KAPOW」を例に取ると、本体をインストールするサーバと、
「KOFAX KAPOW」でつくったソフトウェア・ロボットに作業させるPCがあればい
い。最初に人間がPCで通常通りの作業をしながら、要所要所で細かい設定を
「KOFAX KAPOW」に教え込んでいけば、バックグラウンドでフローが作られ、そ
の作業専用のロボットが完成する。ロボットをひとつ作るのにかかる時間は1日~
数日。システム構築に数ヶ月~数年が費されることを考えれば、あっという間だ
と言える。

RPAが普及すれば、企業の競争力は底上げされる

冒頭で触れた通り、労働環境の改善が問題になったこともあって、日本のRPA市
場は急速に拡大してきたと三島氏は言う。「KOFAX KAPOW」の需要も伸び、国内
導入企業は製造業、流通業、金融業など、既に50社以上にのぼり、国内で大きな
シェアを誇っている。これほどまでに「KOFAX KAPOW」が選ばれる理由はどこに
あるのだろうか。

「製品の性能はもちろんですが、営業および、製品の使用方法や活用方法のレ
クチャーや勉強会などといった導入前後のサポートを行うスタッフが日本人だと
いう安心感で選んでいただいている面も大きいと思います。日本市場で15年以上
の経験を持ち、100人を超える認定技術者を揃えていますから、お客様のお声掛
かりがあればすぐに対応できることで、重宝いただいているのではないでしょう
か」(三島氏)

RPAの需要は今後ますます高まることが予想されるが、それはつまり、企業の競
争力が全体的に底上げされることをも意味する。この変化の波に乗り遅れないよ
うにするためにも、まず社内の業務を「棚卸し」して定型作業を洗い出し、効率
化への糸口発見に取り組んでみてはいかがだろうか。

・・・略・・・

これからの会計人の仕事は、「RPAに代替できない経営判断」に集中して
ゆくべきではないだろうか?


===【 PR 】===================================

予算革命!

◇予算を自動仕訳化◇【特許取得】✨

「予算会計エクスプレス」リリース

☆PL・BS・資金・CF予算自動化クラウドシステム☆

デモセミナー

http://www.3cc.co.jp/seminar/top.php

会計人は経営領域で活躍すべきという
理念から開発しました。
是非ご評価頂けたら幸いです。

============================================


===【 PR 】===================================

改訂増補「予算会計」(清文社)<共著>

-連結キャッシュ・フロー予算 の構築-
〈特徴〉
予算PL・BS・CF・資金計画の月次・部門別・予実管理・着地予想・
連結までのプロセス解説(数値連動)

はじめに
https://www.3cc.co.jp/user/files/2015.12kaiteizouho.yosankaikei.hajimeni.pdf

アマゾン
https://amzn.to/2dbzlQL

マイナスの評価コメントも読んでみて下さい。

============================================


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



実践編「予算会計会員」サービスのトピックス

下記の資料がダウンロードできます。

・「改訂増補 予算会計」(清文社)の全体が鳥瞰できる「予算作成・管理フロー図」

・改訂増補「予算会計」の演習版(EXCEL)

 第1問「実績予想:売上高」(EXCEL)
 第2問「実績予想:売掛金」(EXCEL)

・改訂増補「予算会計」の理解のポイント解説資料:中期経営計画管理資料(EXCEL)

・改定増補「予算会計」対応のエクセル資料演習問題1、2に対応しております。

構成は下記の通りです。

NO.1実績予想:担当者別相手先別販売計画表(田辺雄一・W社)
NO.2実績予想:担当者別相手先別販売計画表(鈴木一也・Z社)
NO.3実績予想:全社販売計画書
NO.4実績予想:損益計算書
NO.5次期予算編成方針:1.当期実績の概況と課題
NO.6実績予想:商品仕入兼在庫計画書
NO.7実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(田辺雄一・W社)
NO.8実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(鈴木一也・Z社)
NO.9実績予想:全社売上代金回収計画書
NO.10実績予想:消費税等計画書
NO.11実績予想:月次資金計画書
NO.12実績予想:比較貸借対照表
NO.13実績予想:キャッシュ・フロー組替仕訳
NO.14実績予想:キャッシュ・フロー計算書

第3問「予算編成方針:目標利益の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第4問「予算編成方針:目標売上高の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第5問「予算作成:売上高関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第6問「予算作成:売掛金・月次売上代金回収収入」(問題編・解説編・EXCEL)
第7問「予算作成:CF(直接法)「営業収入」関係・
   CF(間接法)売上債権の増減額関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第8問「予算作成:月次予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第9問「予算作成:部門別予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第10問「予算作成:連結予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第11問「当期実績予想:仕入高・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第12問「当期実績予想:買掛金関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第13問「予算編成方針:売上原価・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)

実践型のEXCEL計算シートもダウンロードできます。

・取締役会提出用「月次予実報告書(月次発生ベース)」
・取締役会提出用「月次予実報告書(月次累計ベース)」
・取締役会提出用「月次予算報告書(業績予想報告含む)」
・取締役会提出用「月次着地予想報告書(業績予想修正報告含む)」

・設例と図表による企業予算編成マニュアル<清文社>の第1章~第3章
 (リニューアル)

システム化等、より実践的な取組みに関心のある会計人の方
こちらから登録できます
   ↓
https://www.3cc.co.jp/yosanmember/top.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ブログ 予算会計を学ぶ 第1370回 「月曜日テーマ:予算会計クイズ134」


━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━
本日のINDEX
━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━

1.「月曜日テーマ:予算会計クイズ」

<曜日別配信内容>

月曜日:予算会計クイズ 
火曜日:『企業予算編成マニュアル』解説
水曜日:業績予想の修正理由一覧
木曜日:予算実務知識Q&A
金曜日:予算実務のポイント


2.編集後記  

<ほっと川柳>

「 あ~開示
   投資者保護が
    迷走中!



 金融商品取引法の目的は「投資者保護」である。

 投資者保護とは何か?

 「正確性」「迅速性」「公平性」の3つの原則である。

「公平性」は情報に偏りがないこと、すなわちインサイダー取引の
禁止を意味している。

 本質を見失う時、王道から迷走へと脱線してゆくのが世の常である。

 決算短信の簡素化や四半期開示の是非等の議論を見ていると、
開示制度の迷走が始まっているのではないかと危惧する。

・・・編集後記

――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.「月曜日テーマ:予算会計クイズQ134」
――――――――――――――――――――――――――――――――――

予算会計クイズ134 (部門別予算BS科目の計算4:資本金 )

下記予算資料より、営業部の部門別予算BSの資本金を計算しなさい。
人員数を基礎として配賦する。(端数四捨五入)
当期末実績予想の貸借対照表の資本金は9,000。
次期増資計画として資本金4,500。
当期末実績予想の人員構成は下記の通り。
営業部30人・購買部8人・管理部7人。
次期人事増減は下記のとおり。
営業部+3人・購買部+1人・管理部+1人



予算会計メルマガ読者には、解答、解説及び予算会計クイズURLが
配信されます。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 「予算会計メルマガ」のご案内

CFOや経営企画や経理の方の愛読者が多数!

是非、お気軽にご登録下さい。

月:予算会計クイズ 
火:企業予算編成マニュアル
水:業績予想の修正理由
木:予算実務知識Q&A
金:予算実務のポイント

http://www.3cc.co.jp/yosan/top.php

時事ネタの予算川柳のファンも多い!

執筆者:代表取締役 (公認会計士) 児玉 厚
(主な書籍)・改訂増補「予算会計」・
「企業予算編成マニュアル」(清文社・共著)

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


               ~つづく~

                                以 上

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
2.「編集後記」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

<ほっと川柳>

「 あ~開示
   投資者保護が
    迷走中!



 金融商品取引法の目的は「投資者保護」である。

 投資者保護とは何か?

 「正確性」「迅速性」「公平性」の3つの原則である。

「公平性」は情報に偏りがないこと、すなわちインサイダー取引の
禁止を意味している。

 本質を見失う時、王道から迷走へと脱線してゆくのが世の常である。

 決算短信の簡素化や四半期開示の是非等の議論を見ていると、
開示制度の迷走が始まっているのではないかと危惧する。


日経新聞はこう伝えている。

減る企業情報 惑う市場 一段の開示後退も
(スクランブル)

 株式市場が「企業情報の減少」に直面している。アナリストは決算前の業績予
想を見合わせ、上場企業は決算短信の簡素化に動き始めた。国内の材料難に直面
し、株価はいきおい欧米の政治や金融政策など外部環境の影響を強く受けざるを
得ない。今年後半からは四半期決算そのものの是非を巡る議論も本格化する見通
しだ。投資家からは戸惑いの声が漏れている。

 16日の日経平均株価は5日ぶりに反発した。米利上げが続くとの見通しから円
が対ドルで大幅に下げ、輸出関連株を押し上げた。

 もっとも市場に浮かれたムードはない。野村証券の柏原悟志電子取引セールス
課長は「海外勢の動きの鈍さを考えると、目先はむしろ下値リスクに注意したい」
と話す。英総選挙や米利上げは通過したが、国内では株高を演出する材料が見当
たらない。これが米欧株と比べた日本株の出遅れが解消されない要因だ。

□   □

 国内の材料難の原因を探っていくと、上場企業を巡る情報の欠如という問題に
たどり着く。

 東京証券取引所が2017年3月期から認めるようになった決算短信の簡素化。16
年3月期は30ページあったトヨタ自動車の短信は21ページに圧縮された。同時に
公表した補足資料の方に記載されている項目もあるが、例えば北米市場の動向を
示す海外売上高など、重要な情報も姿を消した。

 トヨタ側は「簡素化を踏まえた措置で、6月下旬の有価証券報告書には記載す
る」(広報部)と説明する。証券アナリストは「開示を減らすなら、決算発表を
大型連休前に前倒しするなど速報性を高めてほしい」と注文を付ける。情報開示
のせい、とは言い切れないが、トヨタ株は短信開示直前と比べて5%安と横ばいの
日経平均を下回る。

 短信の簡素化では海外売上高のほか、配当など利益配分の説明を省く事例が目
立った。東証は「上場企業に直接聞くなどして実態の把握に努める」(幹部)構
えだ。企業情報が大幅に減少してしまったとしたら、投資家の適切な投資判断に
影響を及ぼすとの認識がある。

□   □

 企業の情報開示を巡り、さらなる事態が進行する兆しもある。「四半期開示に
ついては義務的開示の是非を検証する」――。政府が6月に公表した成長戦略
「未来投資戦略2017」に昨年までなかった一文が盛り込まれた。

 「株主の短期保有を助長しかねない(四半期開示の)制度は見直しを提案した
い」。成長戦略の土台となった1月の未来投資会議で、経団連の榊原定征会長は
こう語っていた。産業界には中長期の企業価値向上に四半期決算はプラスになら
ないとの考えがくすぶる。

 投資家の見方は真っ向から対立している。ドルトン・キャピタル・ジャパンの
松本史雄シニアファンドマネージャーは「中長期の成長を見極める定点観測の意
味でも四半期決算は欠かせない」と強調する。成長戦略では「18年春をメドに一
定の結論を得る」としており、金融庁などは今年後半から四半期決算を巡る議論
も本格化させるとみられる。


 公平な情報開示という名目で、アナリストの業績予想も格段に減っている。
「減りゆく企業情報」によって、市場の本来の価格発見機能が損なわれることは
ないのか。情報開示の後退がもたらす衝撃を、投資家も市場もまだ計り切れてい
ない。

                  (川上穣)


「決算短信の簡素化」において重要な情報が除かれるとしたら、
企業内部の関係者と一般投資家の間に情報格差が生じ、インサイダー取引が
発生するリスクが広がることになる。
つまり「公平性」の原則に反することになる。

もし四半期開示制度が廃止になるとしたら、適時性を欠くだけでなく、
同様にインサイダー取引が発生するリスクが広がるのである。

また、フェアディスクローズ制度によりアナリストの業績予想が減ると
したら、将来情報に関して企業内部の関係者と一般投資家の間に情報格差が生じ、
インサイダー取引が発生するリスクが広がることになる。

「計画数値」についても、投資者保護の「正確性」「迅速性」「公平性」の
原則に従って、積極的開示が行われてゆくべきと考える。


===【 PR 】===================================

改訂増補「予算会計」(清文社)<共著>

-連結キャッシュ・フロー予算 の構築-
〈特徴〉
予算PL・BS・CF・資金計画の月次・部門別・予実管理・着地予想・
連結までのプロセス解説(数値連動)

はじめに
https://www.3cc.co.jp/user/files/2015.12kaiteizouho.yosankaikei.hajimeni.pdf

アマゾン
https://amzn.to/2dbzlQL

マイナスの評価コメントも読んでみて下さい。

============================================================


=================【 質問箱】=========================================

予算実務に関するご質問がありましたら、メルマガの返信メールでご質問下さい。

できるだけお役に立てる様にご回答させていただきます。

====================================================================


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



実践編「予算会計会員」サービスのトピックス

下記の資料がダウンロードできます。

・「改訂増補 予算会計」(清文社)の全体が鳥瞰できる「予算作成・管理フロー図」

・改訂増補「予算会計」の演習版(EXCEL)

 第1問「実績予想:売上高」(EXCEL)
 第2問「実績予想:売掛金」(EXCEL)


・改訂増補「予算会計」の理解のポイント解説資料:中期経営計画管理資料(EXCEL)

・改定増補「予算会計」対応のエクセル資料演習問題1、2に対応しております。

構成は下記の通りです。

NO.1実績予想:担当者別相手先別販売計画表(田辺雄一・W社)
NO.2実績予想:担当者別相手先別販売計画表(鈴木一也・Z社)
NO.3実績予想:全社販売計画書
NO.4実績予想:損益計算書
NO.5次期予算編成方針:1.当期実績の概況と課題
NO.6実績予想:商品仕入兼在庫計画書
NO.7実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(田辺雄一・W社)
NO.8実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(鈴木一也・Z社)
NO.9実績予想:全社売上代金回収計画書
NO.10実績予想:消費税等計画書
NO.11実績予想:月次資金計画書
NO.12実績予想:比較貸借対照表
NO.13実績予想:キャッシュ・フロー組替仕訳
NO.14実績予想:キャッシュ・フロー計算書

第3問「予算編成方針:目標利益の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第4問「予算編成方針:目標売上高の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第5問「予算作成:売上高関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第6問「予算作成:売掛金・月次売上代金回収収入」(問題編・解説編・EXCEL)
第7問「予算作成:CF(直接法)「営業収入」関係・
   CF(間接法)売上債権の増減額関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第8問「予算作成:月次予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第9問「予算作成:部門別予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第10問「予算作成:連結予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第11問「当期実績予想:仕入高・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第12問「当期実績予想:買掛金関係」(問題編・解説編・EXCEL)NEW!
第13問「予算編成方針:売上原価・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)

実践型のEXCEL計算シートもダウンロードできます。

・取締役会提出用「月次予実報告書(月次発生ベース)」
・取締役会提出用「月次予実報告書(月次累計ベース)」
・取締役会提出用「月次予算報告書(業績予想報告含む)」
・取締役会提出用「月次着地予想報告書(業績予想修正報告含む)」

・設例と図表による企業予算編成マニュアル<清文社>の第1章~第3章

システム化等、より実践的な取組みに関心のある会計人の方
こちらから登録できます
   ↓
https://www.3cc.co.jp/yosanmember/top.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


プロフィール

公認会計士・税理士 児玉厚

Author:公認会計士・税理士 児玉厚
-----------------------------------

はじめまして、児玉厚と申します。

私は、「予算会計」という新たな学問分野があっても良いのではないかと思っています。みなさんと一緒に、良い意味での「キャッチボール」をしながら、「予算会計」という分野を創っていければと思っています。


【自己紹介】
児 玉 厚(公認会計士・税理士)

<略歴> 

商社財務部の経理マン、
    監査法人の会計監査人、
         そして企業経営者に



昭和57年埼玉大学経済学部卒業。

神鋼商事㈱財務部、東陽監査法人を経て、
ゼロから起業を決意し、現在は、(株)スリー
・シー・コンサルティング
 代表取締役。


「決算報告エクスプレス・宝決算Ⅹプレス
(開示決算自動化システム)」<特許取得>

どれかひとつの立場に偏らず、全てを歩んできたからこそ見出すことができた「本質」を、みなさんにお伝えし、共有し、新しい時代における経理部の形、会計の世界を創造したいと真剣に考えています。


<主要著書>
『会社法決算書完全作成ガイド』
『開示決算ガイドブック』
『企業予算編成マニュアル』(清文社)
『有価証券報告書完全作成ガイド』(清文社)
『予算会計』(清文社)
 NEW!『<改定増補>予算会計』(清文社)

お知らせ
▼連載のお知らせ(11/2~)
税務研究会の「経営財務」にて3週連載します
 『キャッシュ・フロー予算制度構築』
第1回 損益予算からキャッシュ・フロー予算へ
第2回 キャッシュ・フロー予算の理解
第3回 キャッシュ・フロー予算制度構築の実務的ポイント
▼新刊発売のお知らせ
『<改定増補>予算会計』
キャッシュフロー予算作成プロセスの全体像が理解できる!
企業における目標管理の構築、実績の適正性を担保するために重要な財務諸表の作成手順を具体的に解説
新たに「応用編」を追加し、消費税率アップ等を織り込んだ最新版
 
book

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
【カテゴリーツリー】
登録フォーム
20141127110808807.jpg


氏名
姓: 名:
E-Mail ※



ご登録いただきました個人情報につきまして

※「予算会計メールマガジン」は、いつでも配信解除できるようにしております。
 その都度お届けするメールマガジンの文末に、常に配信解除URLを設置しております。

※ご登録いただきました情報は、予算会計メールマガジンの配信以外では一切利用いたしません。
 よって、予算会計メールマガジン以外の不必要な情報が届くことは一切ございません。
リンク
ogo_mini.gif


kaijikaikeiblog.jpg


zaimu.gif


seibunsha.jpg


メール
kaijikaikeiblog.jpg
著書に関するご質問もお受けしています。
メールでお気軽にお問い合わせください。