FC2ブログ
ホーム

「誰でも、早く、正確に」作成できる理論が整っていない予算編成。予算編成に携わる全ての人に対して、新たな予算財務諸表の作成理論を提示し、そしてみなさんと一緒に、良い意味での「キャッチボール」をしながら、「予算会計」という分野を試行錯誤しながら、創っていければと思っています。

このブログ『予算会計を学ぶ』では、日々配信している無料の【予算会計メールマガジン】の内容を一部公開していきます。
内容をご覧いただき、是非メルマガ登録お願いします。

無料の予算会計メールマガジンの登録はコチラ




ブログ 予算会計を学ぶ 第1753回 「月曜日テーマ:予算会計クイズ_Q7」


━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━
本日のINDEX
━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━

1.「月曜日テーマ:予算会計クイズQ7」

<曜日別配信内容>

月曜日:予算会計クイズ 
火曜日:『企業予算編成マニュアル』解説
水曜日:業績予想の修正理由一覧
木曜日:予算実務知識Q&A
金曜日:予算実務のポイント


2.編集後記  

ほっと川柳

「 経営者
   計画未達で
     退場か?  」

投資家との対話促進の観点から、有価証券報告書は管理会計化し、同時に
経営責任の厳格化が問われている。

投資家の関心は「持続的成長をする会社か否か」にある。

「中期経営計画に合理性があるか否か」が重要になる。

従って、経営者はこのPDCAサイクルの状況を合理的に説明することが
必要となる。

有価証券報告書の
「経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」
(Management Discussion and Analysis。以下「MD&A」という。)は
このことを示している。

・・・編集後記

――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.「月曜日テーマ:予算会計クイズQ7」
――――――――――――――――――――――――――――――――――

(予算会計クイズQ7)

予算会計力クイズ7(損益分岐点売上高)
Q7 次の資料より、「損益分岐点売上高」はどれでしょうか?
(端数四捨五入)
【制限時間1分】 

売上高(1)100、商品売上原価(2)40、

人件費(3)30、支払家賃等(4)10、

販売手数料(5)8、減価償却費(6)5、契約書印紙代(7)2

<解答選択肢>

70  80 90 10


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【解答&解説】

変動費=商品売上原価(2)40+販売手数料(5)8
+契約書印紙代(7)2=50・・・(8)
限界利益=売上高(1)100-変動費(8)50
    =50・・・(9)

限界利益率=(9)50÷売上高(1)100×100%
=50%・・・(10)

固定費=人件費(3)30+支払家賃等(4)10
    +減価償却費(6)5
   =45・・・(11)

損益分岐点売上高
   =固定費÷限界利益率
   =(11)45÷(10)50% =90




―――――――――――――――――――――――――――――――――――
2.「編集後記」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


ほっと川柳

「 経営者
   計画未達で
     退場か?  」

投資家との対話促進の観点から、有価証券報告書は管理会計化し、同時に
経営責任の厳格化が問われている。

投資家の関心は「持続的成長をする会社か否か」にある。

「中期経営計画に合理性があるか否か」が重要になる。

従って、経営者はこのPDCAサイクルの状況を合理的に説明することが
必要となる。

有価証券報告書の
「経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」
(Management Discussion and Analysis。以下「MD&A」という。)は
このことを示している。

「経営者が経営方針・経営戦略等の中長期的な目標に照らして経営成績等をどの
ように分析・評価しているか」を記載する。

<2019.1改正点>(2020年3月決算から適用・早期適用可)
(追加)
キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性
に係る情報の記載に当たっては、資金調達の方法及び状況並びに資金の主要な
使途を含む資金需要の動向についての経営者の認識を含めて記載するなど、
具体的に、かつ、分かりやすく記載すること

(根拠開示法令)
(開示府令 第二号様式 記載上の注意(32)、第三号様式 記載上の注意(12)等)。


一方、役員の報酬について、報酬プログラムの説明(業績連動報酬に関する情報
や役職ごとの方針等)、プログラムに基づく報酬実績等の記載が求められる。
(参考参照)

(根拠開示法令)
(開示府令 第二号様式 記載上の注意(57)、第三号様式 記載上の注意(38)
等)

この両者は密接に関連する。

米国と同様に役員報酬のウエイトは中期経営目標の達成に連動する役員報酬(株
式報酬含む)の割合が増えてゆくだろう。

これは投資家の利益相反関係にあるので、投資家は厳しくチェックすることにな
る。(役員報酬の増加や株式報酬の増加は1株当たり利益の減少となる為)

従って、MD&Aの記載いつぃては、投資家は厳しくチェックすることになる。
「経営者の資質が問われる」ことになる。

中期経営目標は経営者による投資家へのコミットメントであり、未達成の場合は
合理的な説明が出来なければ、役員報酬の減額や経営者交代が迫られる時代に入
るだろう。

経営者は、中期経営計画に基づく、各期のPDCAサイクルを厳格に行うことが
必須となる。

計画の合理性、特に持続的成長分野へ継続的に投資する為のキャッシュ・フロー計画は
重要である。

これは、無理な損益計画により、不正会計を誘発するリスクをヘッジするためにも
重要である。

上場会社の経営者の資質として、管理会計能力がより一層問われることになるだろう。


<参考>

開示府令 第三号様式 記載上の注意
(38) 役員の報酬等
第二号様式記載上の注意(57)に準じて記載すること。この場合において、第二号様式
記載上の注意(57)中「届出書提出日」とあるのは「報告書提出日」と読み替えるものとする。

開示府令 第二号様式 記載上の注意(57)

4【コーポレート・ガバナンスの状況等】

【コーポレート・ガバナンスの概要】(54)

【役員の状況】(55)



【監査の状況】(56)



【役員の報酬等】(57)

(57) 役員の報酬等

提出会社が上場会社等である場合には、提出会社の役員(取締役、監査役及び執行役を
いい、最近事業年度の末日までに退任した者を含む。以下(57)において同じ。)の報酬等
(報酬、賞与その他その職務執行の対価としてその会社から受ける財産上の利益であって、
最近事業年度に係るもの及び最近事業年度において受け、又は受ける見込みの額が明らかと
なったもの(最近事業年度前のいずれかの事業年度に係る有価証券報告書に記載したものを
除く。)をいう。以下(57)において同じ。)について、次のとおり記載すること。

a 届出書提出日現在における提出会社の役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に
関する方針の内容及び決定方法を記載すること。

なお、当該方針を定めていない場合には、その旨を記載すること。

提出会社の役員の報酬等に、利益の状況を示す指標、株式の市場価格の状況を示す指標
その他の提出会社又は当該提出会社の関係会社の業績を示す指標を基礎として算定される
報酬等(以下(57)において「業績連動報酬」という。)が含まれる場合において、業績連動
報酬と業績連動報酬以外の報酬等の支給割合の決定に関する方針を定めているときは、
当該方針の内容を記載すること。また、当該業績連動報酬に係る指標、当該指標を選択した
理由及び当該業績連動報酬の額の決定方法を記載すること。

提出会社の役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する役職ごとの方針を定めている
場合には、当該方針の内容を記載すること。

提出会社が指名委員会等設置会社以外の会社である場合において、役員の報酬等に関する
株主総会の決議があるときは、当該株主総会の決議年月日及び当該決議の内容(当該決議が
二以上の役員についての定めである場合には、当該定めに係る役員の員数を含む。)を記載
すること。この場合において、当該株主総会の決議がないときは、提出会社の役員の報酬等
について定款に定めている事項の内容を記載すること。

b 取締役(監査等委員及び社外取締役を除く。)、監査等委員(社外取締役を除く。)、
監査役(社外監査役を除く。)、執行役及び社外役員の区分(以下bにおいて「役員区分」
という。)ごとに、報酬等の総額、報酬等の種類別(例えば、固定報酬、業績連動報酬及び
退職慰労金等の区分をいう。以下bにおいて同じ。)の総額及び対象となる役員の員数を
記載すること。
提出会社の役員ごとに、氏名、役員区分、提出会社の役員としての報酬等(主要な連結子会社
の役員としての報酬等がある場合には、当該報酬等を含む。以下bにおいて「連結報酬等」
という。)の総額及び連結報酬等の種類別の額について、提出会社と各主要な連結子会社に
区分して記載すること(ただし、連結報酬等の総額が1億円以上である者に限ることができる。)。
使用人兼務役員の使用人給与のうち重要なものがある場合には、その総額、対象となる役員の
員数及びその内容を記載すること。
提出会社の役員の報酬等に業績連動報酬が含まれる場合には、最近事業年度における当該業績
連動報酬に係る指標の目標及び実績について記載すること。

c 提出会社の役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の決定権限を有する者
の氏名又は名称、その権限の内容及び裁量の範囲を記載すること。

提出会社の役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の決定に関与する委員会
(提出会社が任意に設置する委員会その他これに類するものをいう。以下cにおいて「委員会等」
という。)が存在する場合には、その手続の概要を記載すること。
また、最近事業年度の提出会社の役員の報酬等の額の決定過程における、提出会社の取締役会
(指名委員会等設置会社にあっては報酬委員会)及び委員会等の活動内容を記載すること。

【株式の保有状況】(58)



                                 以 上


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

マンガでも納得!

・「キャッシュ・フロー予算」(上場審査編)
  PL脳からCF脳へ進化せよ!

・「キャッシュ・フロー予算」(機関投資家編)
  信頼の鍵はCF予算

https://www.3cc.co.jp/yosan/manga.php

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




===【 PR 】===================================

改訂増補「予算会計」(清文社)<共著>

-連結キャッシュ・フロー予算 の構築-
〈特徴〉
予算PL・BS・CF・資金計画の月次・部門別・予実管理・着地予想・
連結までのプロセス解説(数値連動)

はじめに
https://www.3cc.co.jp/user/files/2015.12kaiteizouho.yosankaikei.hajimeni.pdf

アマゾン
https://amzn.to/2dbzlQL

マイナスの評価コメントも読んでみて下さい。

============================================


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


実践編「予算会計会員」サービスのトピックス

下記の資料がダウンロードできます。

・「改訂増補 予算会計」(清文社)の全体が鳥瞰できる「予算作成・管理フロー図」

・改訂増補「予算会計」の演習版(EXCEL)

 第1問「実績予想:売上高」(EXCEL)
 第2問「実績予想:売掛金」(EXCEL)

・改訂増補「予算会計」の理解のポイント解説資料:中期経営計画管理資料(EXCEL)

・改定増補「予算会計」対応のエクセル資料演習問題1、2に対応しております。

構成は下記の通りです。

NO.1実績予想:担当者別相手先別販売計画表(田辺雄一・W社)
NO.2実績予想:担当者別相手先別販売計画表(鈴木一也・Z社)
NO.3実績予想:全社販売計画書
NO.4実績予想:損益計算書
NO.5次期予算編成方針:1.当期実績の概況と課題
NO.6実績予想:商品仕入兼在庫計画書
NO.7実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(田辺雄一・W社)
NO.8実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(鈴木一也・Z社)
NO.9実績予想:全社売上代金回収計画書
NO.10実績予想:消費税等計画書
NO.11実績予想:月次資金計画書
NO.12実績予想:比較貸借対照表
NO.13実績予想:キャッシュ・フロー組替仕訳
NO.14実績予想:キャッシュ・フロー計算書

第3問「予算編成方針:目標利益の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第4問「予算編成方針:目標売上高の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第5問「予算作成:売上高関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第6問「予算作成:売掛金・月次売上代金回収収入」(問題編・解説編・EXCEL)
第7問「予算作成:CF(直接法)「営業収入」関係・
   CF(間接法)売上債権の増減額関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第8問「予算作成:月次予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第9問「予算作成:部門別予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第10問「予算作成:連結予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第11問「当期実績予想:仕入高・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第12問「当期実績予想:買掛金関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第13問「予算編成方針:売上原価・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)

実践型のEXCEL計算シートもダウンロードできます。

・取締役会提出用「月次予実報告書(月次発生ベース)」
・取締役会提出用「月次予実報告書(月次累計ベース)」
・取締役会提出用「月次予算報告書(業績予想報告含む)」
・取締役会提出用「月次着地予想報告書(業績予想修正報告含む)」

・設例と図表による企業予算編成マニュアル<清文社>の第1章~第3章
 (リニューアル)

システム化等、より実践的な取組みに関心のある会計人の方
こちらから登録できます
   ↓
https://www.3cc.co.jp/yosanmember/top.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


スポンサーサイト

ブログ 予算会計を学ぶ 第1752回 「金曜日テーマ:予算実務のポイント【予算会計物語第二編「予算会計」第1話(その1) 『予算は何故必要か?』】」


━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━
本日のINDEX
━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━

1.「金曜日テーマ:予算実務のポイント」

<曜日別配信内容>

月曜日:予算会計クイズ 
火曜日:『企業予算編成マニュアル』解説
水曜日:業績予想の修正理由一覧
木曜日:予算実務知識Q&A
金曜日:予算実務のポイント


2.編集後記  


<ほっと川柳>

 「 改正で
    キャッシュ・フロー計画
     加速する! 」


投資家の関心は「持続的成長をする会社か否か」にある。
「中期経営計画に合理性があるか否か」が重要になる。

中期経営計画について、「Plan(計画)⇒Do(実施)⇒Check(検証)
⇒Action(改善)」のサイクルが合理的に回っているか、
中期経営目標に対しての進捗状況を合理的に開示を行うことが求められる。


・・・編集後記・・・

――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.「金曜日テーマ:予算実務のポイント」
――――――――――――――――――――――――――――――――――

予算実務のポイント

「予算会計物語」<2.予算会計編>
第1話(その1) 『予算は何故必要か?』


会計人は、「制度会計」を卒業して、「管理会計」に進んで行き、
「経営者の真の右腕」になってゆくべきと考えている。

でも、経営者は会計人に対して、こう言う。

「俺にわかるように一言で説明してくれ!」

会計に精通はしていない経営者に
簡潔明瞭に説明するためには、よほど
本質を理解していなければ説明できない。

そこで、半分エンジョイしながら読める様に
会話形式の「予算会計物語」を執筆して
ゆこうと考えております。


構成は下記3つから成っています。

1.実績会計編
  第1話 借方・貸方って何?
  第2話 財務諸表って何?
  第3話 何故、財務諸表を作成するのか?

  
2.予算会計編

  第1話 『何故、予算が必要なのか?』
  

本日は
「2.予算会計編」の
第1話(その1) 『予算は何故必要か?』
       
(登場人物)

田辺社長(2代目)

鈴木 経理部長

高橋 経理課長

鬼塚さん(ベテラン経理)

見田さん(新人経理)

会計士 児玉


本日は
「2.予算会計編」の
第1話 「何故、予算が必要なのか?」


(登場人物)

田辺社長(2代目)

鈴木 経理部長

高橋 経理課長

鬼塚さん(ベテラン経理)

見田さん(新人経理)

会計士 児玉


~前週からのつづき~


本日は「2.予算会計編」の
第1話 「何故、予算が必要なのか?」


会計士 児玉
「前回まで、1実績会計編について考察して来ました。」
「具体的には
1.実績会計編
  第1話 借方・貸方って何?
  第2話 財務諸表って何?
  第3話 何故、財務諸表を作成するのか?
について見て来ました。」

「今日から、2予算会計編に入りましょう。」

「今日のテーマは
 『何故、予算が必要になるのか?』です。」

「見田さん。予算について何かイメージできますか?」

見田さん(新人経理)
「全くイメージできません。」


「では、簡単な例で説明して行きましょう。」

「例えば、今年大学に入学したA君がいたとしましょう。

Aは、「1年後に免許をとって車を買おう」と思った。

費用として120万円が必要です。 生活費は月10万円、年間120万円かかります。
 漫然と学生生活をして、1年後、手元に120万円が残るはずもありませんよね。
 そこで、A君はアルバイトをして1年間240万円の収入、1カ月で20万円の収入を
得る目標を立てた。

 ここでいう240万円の収入目標が「年度予算」であり、20万円の収入が「月次予算」
となります。

 企業の予算は、A君個人の予算と本質的には同じでです。

違いは、企業の予算の場合には、1人ではなく複数の人たちが作成するという点です。

そこで、役割の分担をすることが必要となり、その責任単位が営業部門、製造部門、
管理部門といった部門になります。

 企業の予算を各部門に分割したものを「部門予算」といいます。

 個人の予算は、個人の強い意思により実現が可能ですが、企業の予算は複数の
人たちがそれぞれやる気を持って、互いに協調して努力することによってはじめて
実現が可能となります。

 複数の人たちの意思を1つにするための「経営目標」、目標を実現するための
具体的な行動計画としての「戦略」、それぞれの人たちにやる気を持たせるための
「予算達成の評価・報奨」、部門間の協調を図るための「予算審議会」が必要となります。

 では、年度予算以外になぜ「月次予算」が必要となるのでしょうか?

 たとえば山に登ろうとする時に、やみくもに一つのルートを歩いてゆくと、
途中でバテてしまうかもしれないし、最悪の場合には遭難することもあります。
 自分の体力に合わせて、途中に休憩や水の補給のための複数のポイントを決め、
到着時間を設定し、地図や磁石で自分自身の現在位置を把握して、各ポイントを
通過して頂上を目指すことになります。

 企業の予算についても、年度予算実現のために月次の目標としての月次予算を設定し、
月次の実績との差を把握し、軌道修正を継続的に行ってゆくことが必要となるのです。

 制度的には、企業の公開を前提とすると、月次予算制度の確立が求められるだけでなく、
「決算短信」上、次期業績予想としての売上高、経常利益、当期利益及び1株当たり
年間配当額の情報開示が求められます。
 連結重視の観点より、連結子会社等の範囲も拡大しており、当該子会社等に
ついては、単独の公開会社でなくても「連結決算短信」の次期予想の関係上、予算制度
の確立が求められることになります。

 このように、予算は、企業の内部管理のための利益管理の手法としての側面だけで
なく、公開企業を前提とした場合には、投資家への公開情報の基礎としての側面を
あわせ持つことになります。」

(「設例と図表でわかる企業予算編成マニュアル」<共著>(清文社)[絶版]より)


「見田さん、いかがですか?」

見田さん(新人経理)
「 児玉さん。少しイメージがわいて来ました。」

会計士 児玉

「 ギリシャの哲学者はこんな言葉を残しています。

 『人間は目標を追い求める動物である』

 従って、会社にとって目標である予算を設定する
 必要があります。」

「ところで、鈴木経理部長。ちょっと非礼ですが、
 会社にとっての財産って何ですか?」

鈴木部長
「それは貸借対照表に載っている財産、すなわち
 お金だと思いますが・・・。」


会計士 児玉

「確かに『お金』は会社にとっての重要な財産ですね。
 お金は人間に例えると血液ですから、資金繰りが
 悪化して、血液が止まると、人間は死ぬことになり、
 会社は倒産することになります。」

 「実はもう一つ大事な財産があります。
  鬼塚さん。何だと思います?」


鬼塚さん(ベテラン経理)

「えっ! ・・・わからないです。・・・」

会計士 児玉

「答えは、鬼塚さんやここにいる社員全員です。

 すなわち、貸借対照表に載っていない
 『人財』です。

 『働く』という字は『イ(人)』が『動く』
 と書きますよね。
 
 皆さんが日々働くから、利益としてのお金が
 増えてゆくのです。

鬼塚さん(ベテラン経理)

「児玉さん。何かうれいしいです。・・・」


会計士 児玉

「 もし、10人の会社があったとしましょう。

 10人の価値が3人の場合と10人の価値が
30人になる場合では
 10倍の成長の差が生まれることになります。

 経営の本質はお金と人です。

 目標を設定し、人を動かし、お金を増やす
 ことになります。

 前回まで実績会計のお話をしました。
 これは税法や会社法や金融商品取引法などの制度
 で決められたものなので、『制度会計』と
 いいます。

 経営、すなわち『人をいかに動かしてお金を増やして
 ゆくか』の手段が『管理会計』であり、
 その中心にあるのが『予算』になります。 」

「田辺社長。いかがですか?」

田辺社長(2代目)

「児玉さん。目からウロコです。
 確かに会社の財産は人ですわ・・・。
 社員には感謝しないといけないよな~・・・」

会計士 児玉

「田辺社長にそう言ってもらえると
 私も嬉しいです。」

「今日はここまでにしましょう。」



以上

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
2.「編集後記」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


<ほっと川柳>

 「 改正で
    キャッシュ・フロー計画
     加速する! 」


投資家の関心は「持続的成長をする会社か否か」にある。
「中期経営計画に合理性があるか否か」が重要になる。

中期経営計画について、「Plan(計画)⇒Do(実施)⇒Check(検証)
⇒Action(改善)」のサイクルが合理的に回っているか、
中期経営目標に対しての進捗状況を合理的に開示を行うことが求められる。

そこで、有価証券報告書の記載が求められている。

「財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」
(Management Discussion and Analysis。以下「MD&A」という。)

「経営者が経営方針・経営戦略等の中長期的な目標に照らして経営成績等をどの
ように分析・評価しているか」を記載する。

こちらはすでに2018年3月期から開示が始まっている。

「金融審議会 ディスクロージャーワーキング・グループ報告
-資本市場における好循環の実現に向けて-2018.6.28」は
下記の様にコメントしている。

・・・略・・・
我が国のMD&A 開示については、全体としてみると、
諸外国における開示と比して計数情報をそのまま記述しただけの記載や
ボイラープレート化した記載が多いとの指摘もあり、更なる取組みも必要で
あると考えられる。

この点、米国では、MD&A について、SEC 規則により、企業全体及びセグメン
トごとの経営成績のほか、 キャッシュ・資本の支出見込みと調達源、事業環境、
オフバランス取引、契約上の債務についての説明が、 また、SEC のガイダンス
10により、重要な会計上の見積り・仮定の説明も求められている。
・・・略・・・

この指摘を受けて、下記の開示法令の改正がなされている。

<2019年1月31日公布 開示法令改正点>
(2020年3月決算から適用・早期適用可)

(追加)

キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る
情報の記載に当たっては、資金調達の方法及び状況並びに資金の主要な使途を含む
資金需要の動向についての経営者の認識を含めて記載するなど、具体的に、かつ、
分かりやすく記載すること。

(根拠開示法令)

(開示府令 第二号様式 記載上の注意(32)、第三号様式 記載上の注意(12)等)。

注意すべき点は、2020年3月以降の有価証券報告書に例えばセグメント別の
営業CF・フリーキャッシュフロー(FCF)の計画・実績・差異 差異原因を記載すると
すると、このCF計画はすでに作成着手する必要があるという点である。

毎年ローリ-ングする中期経営計画において、利益に対応する営業CFやFCF計画
を明示し、持続的成長分野への投資資金の捻出との関係を明示することになる。

そして、PDCAサイクルのプロセスを丁寧に投資家へ説明してゆくことになると考える。

そもそも、キャッシュ・フロー経営とは、 キャッシュ・フローを目標とし、全社員が
お金を増やすように行動するようにマネジメントし、将来の成長分野へ持続的に投資を
行い、持続的成長を図る経営をいう。

 すなわち、キャッシュ・フロー予算を作成し、月次で予実差異を分析し、
継続的にキャッシュ・フローの改善を図ってゆく予算制度を基礎としてマネジメント
する経営スタイルをいう。

具体的には下記の様なPL&FCF予実管理を部門別に行う必要があると考える。

ポイント1
:部門別利益は出ているが、部門別営業キャッシュ・フローは計画通り生み出さ
 れているか?

ポイント2
:各部門別のFCF計画の範囲で投資がなされているか?


 部門別PL&管理可能FCF(予算会計エクスプレス出力例)

 部門:営業第1課 月次:5月

区分   科   目    予 算  実 績 差 異   差異原因等

PL  売上高        100  90  △10 新製品販売計画未達
    費 用        80  85  △ 5 クレーム費用発生
    部門利益       20   5  △15

管理可能 売上債権の増減   △6  △26  △20 不良債権の発生
営業CF たな卸資産の増減   10 △14  △24 販売計画未達
     減価償却費      15  15  -
     仕入債務の増減    16  10  △6 緊急現金仕入など

     管理可能営業CF   55 △10  △65

管理可能 固定資産の取得支出 △25 △35  △10 新規営業所開設
投資CF 固定資産の処分収入   5  3    2 処分見積差額
     管理可能投資CF  △20 △32  △12

     管理可能FCF    35 △42  △77


ご参考までに、予算会計エクスプレスの一括出力サンプルをご参照下さい。

読取用PDFファイル

予算会計エクスプレス出力サンプル_部門別PL&FCFサンプル

https://www.3cc.co.jp/user/files/yosankaikeiexpress_pl&fcf.yosankaikei.pdf


いよいよCF計画開示時代がやって来るのではないでしょうか?



□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

マンガでも納得!

・「キャッシュ・フロー予算」(上場審査編)
  PL脳からCF脳へ進化せよ!

・「キャッシュ・フロー予算」(機関投資家編)
  信頼の鍵はCF予算

https://www.3cc.co.jp/yosan/manga.php

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



===【 PR 】===================================

改訂増補「予算会計」(清文社)<共著>

-連結キャッシュ・フロー予算 の構築-
〈特徴〉
予算PL・BS・CF・資金計画の月次・部門別・予実管理・着地予想・
連結までのプロセス解説(数値連動)

はじめに
https://www.3cc.co.jp/user/files/2015.12kaiteizouho.yosankaikei.hajimeni.pdf

アマゾン
https://amzn.to/2dbzlQL

マイナスの評価コメントも読んでみて下さい。

============================================


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



実践編「予算会計会員」サービスのトピックス

下記の資料がダウンロードできます。

・「改訂増補 予算会計」(清文社)の全体が鳥瞰できる「予算作成・管理フロー図」

・改訂増補「予算会計」の演習版(EXCEL)

 第1問「実績予想:売上高」(EXCEL)
 第2問「実績予想:売掛金」(EXCEL)

・改訂増補「予算会計」の理解のポイント解説資料:中期経営計画管理資料(EXCEL)

・改定増補「予算会計」対応のエクセル資料演習問題1、2に対応しております。

構成は下記の通りです。

NO.1実績予想:担当者別相手先別販売計画表(田辺雄一・W社)
NO.2実績予想:担当者別相手先別販売計画表(鈴木一也・Z社)
NO.3実績予想:全社販売計画書
NO.4実績予想:損益計算書
NO.5次期予算編成方針:1.当期実績の概況と課題
NO.6実績予想:商品仕入兼在庫計画書
NO.7実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(田辺雄一・W社)
NO.8実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(鈴木一也・Z社)
NO.9実績予想:全社売上代金回収計画書
NO.10実績予想:消費税等計画書
NO.11実績予想:月次資金計画書
NO.12実績予想:比較貸借対照表
NO.13実績予想:キャッシュ・フロー組替仕訳
NO.14実績予想:キャッシュ・フロー計算書

第3問「予算編成方針:目標利益の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第4問「予算編成方針:目標売上高の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第5問「予算作成:売上高関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第6問「予算作成:売掛金・月次売上代金回収収入」(問題編・解説編・EXCEL)
第7問「予算作成:CF(直接法)「営業収入」関係・
   CF(間接法)売上債権の増減額関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第8問「予算作成:月次予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第9問「予算作成:部門別予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第10問「予算作成:連結予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第11問「当期実績予想:仕入高・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第12問「当期実績予想:買掛金関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第13問「予算編成方針:売上原価・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)

実践型のEXCEL計算シートもダウンロードできます。

・取締役会提出用「月次予実報告書(月次発生ベース)」
・取締役会提出用「月次予実報告書(月次累計ベース)」
・取締役会提出用「月次予算報告書(業績予想報告含む)」
・取締役会提出用「月次着地予想報告書(業績予想修正報告含む)」

・設例と図表による企業予算編成マニュアル<清文社>の第1章~第3章
 (リニューアル)

システム化等、より実践的な取組みに関心のある会計人の方
こちらから登録できます
   ↓
https://www.3cc.co.jp/yosanmember/top.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ブログ 予算会計を学ぶ 第1751回 「木曜日テーマ:予算実務Q&A:予算会計学NO.4」


━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━
本日のINDEX
━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━

1.「木曜日テーマ:予算実務のポイント」

<曜日別配信内容>

月曜日:予算会計クイズ 
火曜日:『企業予算編成マニュアル』解説
水曜日:業績予想の修正理由一覧
木曜日:予算実務知識Q&A:「予算会計学」
金曜日:予算実務のポイント


2.編集後記  

ほっと川柳

「 トップ分析
    有報開示
      の意味とは? 」


昨年の9月から「有価証券報告書の経営者による目標分析」の
セミナーを開催したが、思いがけなく好評であり、
昨日8回目のセミナーを開催した。

「財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」
Management Discussion and Analysis。以下「MD&A」という。


参加されている方は上場会社やIPO準備会社のCFOや
経営企画責任者が多く、忙しい中参加いただき、ただただ
感謝である。

でも、「みなさん優秀だな~」と感じることが少なくない。

昨日も御参加者の方からこんな質問を受けた。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.「木曜日テーマ:予算実務Q&A:予算会計学NO.4」
――――――――――――――――――――――――――――――――――


<予算会計学NO.4>(予算会計学の特徴:シミュレーション機能)

今回は予算会計学の特徴:シミュレーション機能ついて
考察してみよう。

3月決算の会社で2月28日に下記取引内容があった場合の
会計処理は下記のようになる、
売買契約書より
相手先:甲社
A商品15個 単価110千円(税抜)で販売
納期 2月20日

経理規程より
売上計上基準:検収基準

2月20日付納品書(控)

2月28日付検収書

下記の会計処理を会計システムに入力する。

2月28日

(売掛金) 1,782,000円
      /(売上高)   1,650,000円
       (仮受消費税等) 132,000円
<摘要>
A商品15個 単価110千円(税抜)で販売、
2月28日検収につき、売上計上する。


予算の場合を見てみよう。
来期の4月の甲社に対する売上高を予想する。

過去3年間の販売数量と販売単価の推移と次期計画

  期  販売単価 年間販売数量 月次平均販売数量
前々期   130千円    60個    5個
前期    120千円   120個    10個
当期予想  110千円   180個 15個

次期予算  100千円   240個    20個

予算業務:月次販売計画表(甲社)〈EXCEL計算〉

      4月 5月・・・翌3月 通期累計
販売単価  100 100 ・・・100
(千円)  
販売数量   20 20 ・・・ 20 240
(個)
売上高  2,000 2,000 ・・・2,000 24,000
(千円)

これを予算会計学で処理すると、4月は下記の様になる。

4月30日

(売掛金) 2,160千円
      /(売上高)   2,000千円
       (仮受消費税等) 160千円
<摘要>
次期予想販売単価100千円×次期4月月次販売
販売計画数量20個=4月売上高予算:
2,000千円(税抜)を予算計上する。

根拠資料
過去3年間の販売数量と販売単価の推移と次期計画
月次販売計画表(甲社)

A商品15個 単価110千円(税抜)で販売、
2月28日検収につき、売上計上する。
月次販売計画表(甲社)



・・・つづく・・・


2.編集後記  


ほっと川柳

「 トップ分析
    有報開示
      の意味とは? 」


昨年の9月から「有価証券報告書の経営者による目標分析」の
セミナーを開催したが、思いがけなく好評であり、
昨日8回目のセミナーを開催した。

「財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」
Management Discussion and Analysis。以下「MD&A」という。


参加されている方は上場会社やIPO準備会社のCFOや
経営企画責任者が多く、忙しい中参加いただき、ただただ
感謝である。

でも、「みなさん優秀だな~」と感じることが少なくない。

昨日も御参加者の方からこんな質問を受けた。

御参加者
「MD&Aは従来から記載が求められていましただが、今回の
改正で『経営者の』という表現が加わった意味は
どのように理解すれば良いでしょうか?
ご説明にあった様に計画比較の概念が新たに入るのは
わかるのですが、従前からあった前期比較についても
『経営者の』がつく意味はどう理解すれば良いでしょうか?」

実にするどい質問だ。

「前期比較について『経営者の』がつく意味については
深く考えていなかった・・・」

でも即答しなければならない。

私はこう答えた。

「あくまでも私見として、ご回答させていただきます。

 出発点は『持続的成長プラン』である『中期経営計画』に
 なります。『中期経営計画』は毎期ローリングしています。
 『中期経営計画』は投資家に対する経営者のコミットメント
 です。経営者としてそのPDCAサイクルを丁寧に説明する
 責任者があります。

 競争戦略上の制約を外すと、下記のように説明してゆくべきでは
 ないかと考えます。
 一つは計画実績を比較し、差異原因を予算原因と実績原因に区分し、
 改善策や中期経営戦略やアクション計画の見直し等を明示することに
 なると思います。

 <参考例>
 1.製品予算単価を保守的に設定する(予算の精度向上)
 2.不採算事業の撤退と人材再配置(経営戦略の見直し)
 3.利益率の高い新規事業の開拓など(新規事業戦略)

 前期比較の前期比率は実際の成長率のトレンドを表しますが、
 これと、毎年見直される中期経営計画及び次期予算(業績予想)との
 つながりを明確にして説明することがポイントになると思います。
 (なかなか表現が難しいですが・・・)」

確かに奥の深い問題だ。

「いつもながら、お客様から教えてもらうことが実に多い」と
昨日も深く感じた次第です。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

マンガでも納得!

・「キャッシュ・フロー予算」(上場審査編)
  PL脳からCF脳へ進化せよ!

・「キャッシュ・フロー予算」(機関投資家編)
  信頼の鍵はCF予算

https://www.3cc.co.jp/yosan/manga.php

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



===【 PR 】===================================

改訂増補「予算会計」(清文社)<共著>

-連結キャッシュ・フロー予算 の構築-
〈特徴〉
予算PL・BS・CF・資金計画の月次・部門別・予実管理・着地予想・
連結までのプロセス解説(数値連動)

はじめに
https://www.3cc.co.jp/user/files/2015.12kaiteizouho.yosankaikei.hajimeni.pdf

アマゾン
https://amzn.to/2dbzlQL

マイナスの評価コメントも読んでみて下さい。

============================================


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



実践編「予算会計会員」サービスのトピックス

下記の資料がダウンロードできます。

・「改訂増補 予算会計」(清文社)の全体が鳥瞰できる「予算作成・管理フロー図」

・改訂増補「予算会計」の演習版(EXCEL)

 第1問「実績予想:売上高」(EXCEL)
 第2問「実績予想:売掛金」(EXCEL)

・改訂増補「予算会計」の理解のポイント解説資料:中期経営計画管理資料(EXCEL)

・改定増補「予算会計」対応のエクセル資料演習問題1、2に対応しております。

構成は下記の通りです。

NO.1実績予想:担当者別相手先別販売計画表(田辺雄一・W社)
NO.2実績予想:担当者別相手先別販売計画表(鈴木一也・Z社)
NO.3実績予想:全社販売計画書
NO.4実績予想:損益計算書
NO.5次期予算編成方針:1.当期実績の概況と課題
NO.6実績予想:商品仕入兼在庫計画書
NO.7実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(田辺雄一・W社)
NO.8実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(鈴木一也・Z社)
NO.9実績予想:全社売上代金回収計画書
NO.10実績予想:消費税等計画書
NO.11実績予想:月次資金計画書
NO.12実績予想:比較貸借対照表
NO.13実績予想:キャッシュ・フロー組替仕訳
NO.14実績予想:キャッシュ・フロー計算書

第3問「予算編成方針:目標利益の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第4問「予算編成方針:目標売上高の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第5問「予算作成:売上高関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第6問「予算作成:売掛金・月次売上代金回収収入」(問題編・解説編・EXCEL)
第7問「予算作成:CF(直接法)「営業収入」関係・
   CF(間接法)売上債権の増減額関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第8問「予算作成:月次予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第9問「予算作成:部門別予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第10問「予算作成:連結予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第11問「当期実績予想:仕入高・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第12問「当期実績予想:買掛金関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第13問「予算編成方針:売上原価・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)

実践型のEXCEL計算シートもダウンロードできます。

・取締役会提出用「月次予実報告書(月次発生ベース)」
・取締役会提出用「月次予実報告書(月次累計ベース)」
・取締役会提出用「月次予算報告書(業績予想報告含む)」
・取締役会提出用「月次着地予想報告書(業績予想修正報告含む)」

・設例と図表による企業予算編成マニュアル<清文社>の第1章~第3章
 (リニューアル)

システム化等、より実践的な取組みに関心のある会計人の方
こちらから登録できます
   ↓
https://www.3cc.co.jp/yosanmember/top.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


ブログ 予算会計を学ぶ 第1750回 「水曜日テーマ:業績予想修正一覧309」


━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━
本日のINDEX
━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━

1.本日のテーマ「業績予想修正一覧NO.309」

2.編集後記  


<ほっと川柳>

「 運命を
   乗り越えてゆけ
     璃花子Swim! 」


来年の東京五輪のメダルに一番近い選手が水泳の池江璃花子選手(18)だ。

その強さと若い輝きからは想像もしなかった告白が告げられた。


・・・編集後記


――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.「水曜日テーマ:業績予想修正一覧NO.309」
――――――――――――――――――――――――――――――――――

「業績予想修正理由一覧NO.309」(累計3,090社)


1 化学<東二>(3月決算)[取締役兼管理本部長]

(通期業績予想の修正)

・ヨウ素及び天然ガス事業において、ヨウ素製品の販売数量が前回予想時の想定を
上回る見込みとなったこと等(+)
・ヨウ素製品での販売数量の増加や操業度上昇等によるコスト減(+)

上記より、売上高及び各利益上方修正。

2金属製品 (3月決算)[常務取締役管理本部長]

(通期業績予想の修正)

・生活機器事業のワイヤレススピーカーなどの耳関連商品の売上伸長(+)
・新たに参入した食品加工機械の売上が上乗せになったこと(+)
・2018 年10 月26 日に開示いたしました特別利益(負ののれん発生益)を
1億8千6百万円計上すること(+)

上記より、売上高及び各利益上方修正。

3 情報通信業(3月決算)[取締役]

(通期業績予想の修正)

・当社グループの事業に関連する業界においては、デジタル化やグローバル化の進展に
伴う、市場環境、消費者ニーズの急速な変容が進んでおり。この激変により、当社の
既存ビジネスである、音楽CD/DVD販売の一部商品を除く流通高減少(-)
・デジタル音楽配信における定額聴き放題のサブスクリプションサービスの拡大に伴う
収益性の高い一曲単位でのダウンロード販売の減少が生じていること(-)

 上記より、売上高及び各利益下方修正。

4 不動産事業<東一>(12月決算)[取締役管理本部長]

(通期業績予想の修正)

・不動産投資家に対する金融機関の融資姿勢の厳格化等の影響により上期までの販売が
計画を下回り、2018 年8月6日に業績予想の修正をしたこと(-)
・下期においても、引き続き、金融機関の融資姿勢の厳格化等により販売への影響を
受けましたが、販売価格の見直しによる需要喚起や販売体制強化等の積極的な営業活動、
また国内外投資家の物件取得意欲が継続したことにより、売上高は計画通りに推移した
こと(+)
・利益面では、投資用不動産の粗利率が前回発表を上回って推移したこと(+)
・2018 年12 月26 日に公表した「消費税の課税売上割合に準ずる割合の承認に伴う
仕入控除税額の計算方法の一部変更について」のとおり、2018 年12 月期以降の
消費税の仕入控除税額の計算においては、「消費税課税売上割合に準ずる割合の
適用承認申請」により承認された算定方法で、課税売上割合に準ずる割合を適用
することとなり、販売費及び一般管理費における控除不能消費税(租税公課)が
減少することとなり、この仕入控除税額の計算方法の一部変更及び下期の販売施策の
影響を精査したこと(+)

上記より、売上高及び各利益上方修正。

5 情報通信業<東一>(12月決算)[取締役]

(通期業績予想の修正)

・主業のポイントメディアにかかる売上高が堅調に推移すること(+)
・コンテンツメディアについても、これまでの投資効果により売上高が急速に
拡大していること(+)
・連結子会社の株式会社ゆめみにおける営業政策の奏功により連結売上高が大きく
押し上げられていること(+)
・増収効果とポイントメディアにおける費用圧縮により、コンテンツメディアにおける
広告宣伝費の増加をこなしていること(+)

上記より、売上高、営業利益及び経常利益上方修正。

・仮想通貨のマイニング(採掘)事業を行う目的で保有している複数の仮想通貨の
価格下落に伴い、約166 百万円の評価損を計上すること【特別損失】(-)
・ポイントサイトの統合によって発生したのれんの減損額74 百万円等【特別損失】(-)

上記より、親会社株主に帰属する当期純利益下方修正。

6 サービス業<東二>(6月決算)[常務執行役員経営統括部]

(通期業績予想の修正)

・本日公表いたしました「本社の移転および固定資産の減損損失の計上に
関するお知らせ』および「北陸支社の移転および固定資産の減損損失の
計上に関するお知らせ』のとおり、特別損失を計上したこと(-)

上記より、親会社株主に帰属する当期純利益下方修正。


7 建設業<東一>(3月決算)[経理部長]

(通期業績予想の修正)

・原子力発電所の安全対策関連や太陽光発電設備設置等の大型工事の延伸等(-)
・厳しい競争環境下において事業領域拡大等をする中での原価率の悪化等の影響(-)

上記より、売上高及び各利益下方修正。


8 情報通信業<東一>(6月決算)[財経本部長]

(第2Q業績予想の修正)

・売上高がほぼ予想通りであること[微減](-)

1.第2四半期会計期間の売上高については、「日本語女性向け」の既存タイトルは
全般的に好調に推移し、10月開始の新規タイトル「あやかし恋廻り」も好評でほぼ
想定通りの出だしとなったこと(±)
2.既存タイトルの一部に不具合が発生したこと(-)
3.「英語女性向け」「男性向け」も計画通りに推移したこと(±)

上記より、売上高下方修正(微減)。

・費用を大きく抑制させることができたこと(+)

1.第1四半期から継続して取り組んでいる「スマート運営」が奏功し、タイトル運営
に係る外注費やサーバー費用を大幅に抑制することができたこと(+)
2.1の結果、売上と費用をほぼ均衡させることができ、第2四半期会計期間の利益に
ついては、若干の赤字は残るものの、黒字近くまで回復させることができたこと(±)

上記より、各利益上方修正位。

9 サービス業<東二>(6月決算)[執行役員管理部長]

(第2Q業績予想の修正)

・廃棄物処理事業につきましては旺盛な処理需要が継続していること(+)
・受入廃棄物のカロリー上昇による処理数量の低下(-)
・外注委託先の受入制限など(-)
・廃棄物の受入単価を改定するとともに解体工事、収集運搬事業の拡大に努めて
きたことより、森林発電事業につきましては、発電事業において売電単価、稼働日数
並びに発電数量ともに計画を上回って推移していること(+)
・電力小売事業につきましても販売数量が計画を上回っていること(+)

・売上原価につきましては、廃棄物処理施設の修繕工事が第3四半期以降に変更された
ものもあり、維持管理費が計画を下回る見通しであること(+)
・森林発電事業の原価は概ね計画通り推移する見通しであること(±)
・電力小売事業の仕入単価が計画を下回る見通しであること(+)

上記より、売上高及び各利益上方修正。


10 輸送用機器 <東一>(3月決算)[広報部部長]

(通期業績予想の修正)

・電子部品事業における、高機能スマートフォン向けの販売の減少等により売上高が
減少する見通しであること(-)

上記より、売上高及び各利益下方修正。

セグメント別の業績につきましては現在精査中であり、平成31 年2月1日に予定して
おります第3四半期決算発表時に公表する予定です。また上記の状況を踏まえ「固定資産の
減損に係る会計基準」に基づき、電子部品事業の保有する固定資産について将来の回収
可能性を検討しております。業績への影響はわかり次第、速やかに公表する予定です。


予算会計メルマガ読者は、業績予想修正理由一覧NO.1~NO.309までの3,090社一式
ダウンロードできます。

読取用EXCELファイル


~つづく~

                     以 上

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

2.「編集後記」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

<ほっと川柳>

「 運命を
   乗り越えてゆけ
     璃花子Swim! 」


来年の東京五輪のメダルに一番近い選手が水泳の池江璃花子選手(18)だ。

その強さと若い輝きからは想像もしなかった告白が告げられた。

「この度、体調不良としてオーストラリアから緊急帰国し、検査を受けた結果、
「白血病」という診断が出ました。私自身、未だに信じられず、混乱している状
況です。ですが、しっかり治療をすれば完治する病気でもあります。」
(池江選手のツイッターより)

世界中から励ましのエールが殺到している。


お笑い芸人・カンニング竹山が12日、ツイッターを更新。
競泳の池江璃花子がSNSで白血病を公表したことを受け「絶対に治る!」と力
強いエールを送っている。竹山さんは相方・中島忠幸さんを急性リンパ球白血病
で亡くしている。

今は、治療に専念して欲しい。

国も医療業界も、白血病完治の為の最大限の支援をして上げて欲しい。


池江璃花子選手(18)の「不可能を可能にする」潜在的パワーが
運命の壁を乗り越えてゆくと思う。

そしてまた、輝く璃花子スマイルを見せてくれるだろう。

頑張れ!璃花子!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

マンガでも納得!

・「キャッシュ・フロー予算」(上場審査編)
  PL脳からCF脳へ進化せよ!

・「キャッシュ・フロー予算」(機関投資家編)
  信頼の鍵はCF予算

https://www.3cc.co.jp/yosan/manga.php

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



===【 PR 】===================================

改訂増補「予算会計」(清文社)<共著>

-連結キャッシュ・フロー予算 の構築-
〈特徴〉
予算PL・BS・CF・資金計画の月次・部門別・予実管理・着地予想・
連結までのプロセス解説(数値連動)

はじめに
https://www.3cc.co.jp/user/files/2015.12kaiteizouho.yosankaikei.hajimeni.pdf

アマゾン
https://amzn.to/2dbzlQL

マイナスの評価コメントも読んでみて下さい。

============================================


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



実践編「予算会計会員」サービスのトピックス

下記の資料がダウンロードできます。

・「改訂増補 予算会計」(清文社)の全体が鳥瞰できる「予算作成・管理フロー図」

・改訂増補「予算会計」の演習版(EXCEL)

 第1問「実績予想:売上高」(EXCEL)
 第2問「実績予想:売掛金」(EXCEL)

・改訂増補「予算会計」の理解のポイント解説資料:中期経営計画管理資料(EXCEL)

・改定増補「予算会計」対応のエクセル資料演習問題1、2に対応しております。

構成は下記の通りです。

NO.1実績予想:担当者別相手先別販売計画表(田辺雄一・W社)
NO.2実績予想:担当者別相手先別販売計画表(鈴木一也・Z社)
NO.3実績予想:全社販売計画書
NO.4実績予想:損益計算書
NO.5次期予算編成方針:1.当期実績の概況と課題
NO.6実績予想:商品仕入兼在庫計画書
NO.7実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(田辺雄一・W社)
NO.8実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(鈴木一也・Z社)
NO.9実績予想:全社売上代金回収計画書
NO.10実績予想:消費税等計画書
NO.11実績予想:月次資金計画書
NO.12実績予想:比較貸借対照表
NO.13実績予想:キャッシュ・フロー組替仕訳
NO.14実績予想:キャッシュ・フロー計算書

第3問「予算編成方針:目標利益の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第4問「予算編成方針:目標売上高の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第5問「予算作成:売上高関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第6問「予算作成:売掛金・月次売上代金回収収入」(問題編・解説編・EXCEL)
第7問「予算作成:CF(直接法)「営業収入」関係・
   CF(間接法)売上債権の増減額関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第8問「予算作成:月次予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第9問「予算作成:部門別予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第10問「予算作成:連結予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第11問「当期実績予想:仕入高・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第12問「当期実績予想:買掛金関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第13問「予算編成方針:売上原価・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)

実践型のEXCEL計算シートもダウンロードできます。

・取締役会提出用「月次予実報告書(月次発生ベース)」
・取締役会提出用「月次予実報告書(月次累計ベース)」
・取締役会提出用「月次予算報告書(業績予想報告含む)」
・取締役会提出用「月次着地予想報告書(業績予想修正報告含む)」

・設例と図表による企業予算編成マニュアル<清文社>の第1章~第3章
 (リニューアル)

システム化等、より実践的な取組みに関心のある会計人の方
こちらから登録できます
   ↓
https://www.3cc.co.jp/yosanmember/top.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ブログ 予算会計を学ぶ 第1749回 「月曜日テーマ:予算会計クイズ_Q6」


━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━
本日のINDEX
━━…━━…━━…━━…━━…━━━━…━━…━━…━━…━━…━━

1.「月曜日テーマ:予算会計クイズQ6」

<曜日別配信内容>

月曜日:予算会計クイズ 
火曜日:『企業予算編成マニュアル』解説
水曜日:業績予想の修正理由一覧
木曜日:予算実務知識Q&A
金曜日:予算実務のポイント


2.編集後記  

<ほっと川柳>

「 バケーションと
   仕事をつなげて
    Workation(ワーケーション)!  」


昨年11月から、若い起業家たちとの接点、
特に将来のAIとの融合の研究開発の一環として
WeWorkに入った。

今年に入って、「行こう」と思っていたが
予算会計エクスプレスの営業に追われ、行くことが
出来なかった。

先週末の夕方、ようやく行くことが出来た。

新規不動産事業を手掛ける友人と会食した。


・・・編集後記

――――――――――――――――――――――――――――――――――
1.「月曜日テーマ:予算会計クイズQ6」
――――――――――――――――――――――――――――――――――

(予算会計クイズQ.6)

予算会計力クイズ6(限界利益率)
Q6 次の資料より、正しい限界利益率はどれでしょうか?
【制限時間30秒】 

売上高(1)100、商品売上原価(2)40、
人件費(3)30、支払家賃等(4)10、
販売手数料(5)8、減価償却費(6)5、契約書印紙代(7)2

<解答選択肢>

20% 50% 52% 60%

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

=50%


予算会計メrマガ読者には解答と解説が配信されます。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
2.「編集後記」
―――――――――――――――――――――――――――――――――――


<ほっと川柳>

「 バケーションと
   仕事をつなげて
    Workation(ワーケーション)!  」


昨年11月から、若い起業家たちとの接点、
特に将来のAIとの融合の研究開発の一環として
WeWorkに入った。

今年に入って、「行こう」と思っていたが
予算会計エクスプレスの営業に追われ、行くことが
出来なかった。

先週末の夕方、ようやく行くことが出来た。

新規不動産事業を手掛ける友人と会食した。

借りるスペースも大幅に拡張し、順調に推移している
という。

WeWork のサイトでは見ていたが、湘南の一等地の
建物(200坪以上)を借りたという。

元来、慎重な彼にしては「ずいぶん思いきった投資を
したんだな~」と思った。

彼はこう言う。

WeWorkは「都市型の起業家向けのコワーキングスペース」であるが
「地方型の起業家向けのコワーキングスペース」を作りたい。

米国では「Workation(ワーケーション)」という言葉が一般化
している。
workとvacationを繋げた「仕事とバケーションを一緒にする」
という意味で、旅行やバカンスを楽しみながら、仕事をするという
ワークスタイルだ。

カリフォルニアではサーファー向けのWorkation(ワーケーション)
がたくさん作られ、大人気だという。

実験データによると、ワーケーションの場合の方が仕事の効率が
上がるという。

また、ストレス解消や心の病を防止する観点からも有効だという。

友人は最近入社した女性社員に、バリ島にある世界的に有名なWorkation
(ワーケーション)施設に調査をかねて出張させたという。

報告によると、世界中からWorkation(ワーケーション)契約をしている
人達が集まり、自由に楽しく仕事をしているという。

通常、3カ月滞在し、次に別のWorkation(ワーケーション)施設に移る
生活をしているという。

旅をしながら、仕事をしているスタイルだ。

ふと、思い出す。

30歳で公認会計士試験を受験していた時、毎朝プールへ行っていた。
健康管理もあるが、「泳いだ後の方が頭がスッキリして、模擬試験などの
点数が良かったから」だった。

仕事でも同じことが言えるだろう。

「仕事」と「遊び」は相対立するものであったが、
逆に「仕事」と「遊び」を一つにする時代が近づいている。

ただ、「自立した社会人にはフィットするが、意識の低い社会人はマネジメント
が必要だと思うが、どのようにマネジメントするのか?」につぃては疑問も残る。

働き方改革の本質は、残業時間数を減らすということではなく
「Workation(ワーケーション)」にあるのかも知れない。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

マンガでも納得!

・「キャッシュ・フロー予算」(上場審査編)
  PL脳からCF脳へ進化せよ!

・「キャッシュ・フロー予算」(機関投資家編)
  信頼の鍵はCF予算

https://www.3cc.co.jp/yosan/manga.php

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■




===【 PR 】===================================

改訂増補「予算会計」(清文社)<共著>

-連結キャッシュ・フロー予算 の構築-
〈特徴〉
予算PL・BS・CF・資金計画の月次・部門別・予実管理・着地予想・
連結までのプロセス解説(数値連動)

はじめに
https://www.3cc.co.jp/user/files/2015.12kaiteizouho.yosankaikei.hajimeni.pdf

アマゾン
https://amzn.to/2dbzlQL

マイナスの評価コメントも読んでみて下さい。

============================================


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


実践編「予算会計会員」サービスのトピックス

下記の資料がダウンロードできます。

・「改訂増補 予算会計」(清文社)の全体が鳥瞰できる「予算作成・管理フロー図」

・改訂増補「予算会計」の演習版(EXCEL)

 第1問「実績予想:売上高」(EXCEL)
 第2問「実績予想:売掛金」(EXCEL)

・改訂増補「予算会計」の理解のポイント解説資料:中期経営計画管理資料(EXCEL)

・改定増補「予算会計」対応のエクセル資料演習問題1、2に対応しております。

構成は下記の通りです。

NO.1実績予想:担当者別相手先別販売計画表(田辺雄一・W社)
NO.2実績予想:担当者別相手先別販売計画表(鈴木一也・Z社)
NO.3実績予想:全社販売計画書
NO.4実績予想:損益計算書
NO.5次期予算編成方針:1.当期実績の概況と課題
NO.6実績予想:商品仕入兼在庫計画書
NO.7実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(田辺雄一・W社)
NO.8実績予想:担当者別相手先別売上代金回収計画表(鈴木一也・Z社)
NO.9実績予想:全社売上代金回収計画書
NO.10実績予想:消費税等計画書
NO.11実績予想:月次資金計画書
NO.12実績予想:比較貸借対照表
NO.13実績予想:キャッシュ・フロー組替仕訳
NO.14実績予想:キャッシュ・フロー計算書

第3問「予算編成方針:目標利益の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第4問「予算編成方針:目標売上高の算定」(問題編・解説編・EXCEL)
第5問「予算作成:売上高関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第6問「予算作成:売掛金・月次売上代金回収収入」(問題編・解説編・EXCEL)
第7問「予算作成:CF(直接法)「営業収入」関係・
   CF(間接法)売上債権の増減額関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第8問「予算作成:月次予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第9問「予算作成:部門別予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第10問「予算作成:連結予算PL「売上高」関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第11問「当期実績予想:仕入高・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第12問「当期実績予想:買掛金関係」(問題編・解説編・EXCEL)
第13問「予算編成方針:売上原価・商品関係」(問題編・解説編・EXCEL)

実践型のEXCEL計算シートもダウンロードできます。

・取締役会提出用「月次予実報告書(月次発生ベース)」
・取締役会提出用「月次予実報告書(月次累計ベース)」
・取締役会提出用「月次予算報告書(業績予想報告含む)」
・取締役会提出用「月次着地予想報告書(業績予想修正報告含む)」

・設例と図表による企業予算編成マニュアル<清文社>の第1章~第3章
 (リニューアル)

システム化等、より実践的な取組みに関心のある会計人の方
こちらから登録できます
   ↓
https://www.3cc.co.jp/yosanmember/top.html


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


プロフィール

公認会計士・税理士 児玉厚

Author:公認会計士・税理士 児玉厚
-----------------------------------

はじめまして、児玉厚と申します。

私は、「予算会計」という新たな学問分野があっても良いのではないかと思っています。みなさんと一緒に、良い意味での「キャッチボール」をしながら、「予算会計」という分野を創っていければと思っています。


【自己紹介】
児 玉 厚(公認会計士・税理士)

<略歴> 

商社財務部の経理マン、
    監査法人の会計監査人、
         そして企業経営者に



昭和57年埼玉大学経済学部卒業。

神鋼商事㈱財務部、東陽監査法人を経て、
ゼロから起業を決意し、現在は、(株)スリー
・シー・コンサルティング
 代表取締役。


「決算報告エクスプレス・宝決算Ⅹプレス
(開示決算自動化システム)」<特許取得>

どれかひとつの立場に偏らず、全てを歩んできたからこそ見出すことができた「本質」を、みなさんにお伝えし、共有し、新しい時代における経理部の形、会計の世界を創造したいと真剣に考えています。


<主要著書>
『会社法決算書完全作成ガイド』
『開示決算ガイドブック』
『企業予算編成マニュアル』(清文社)
『有価証券報告書完全作成ガイド』(清文社)
『予算会計』(清文社)
 NEW!『<改定増補>予算会計』(清文社)

お知らせ
▼連載のお知らせ(11/2~)
税務研究会の「経営財務」にて3週連載します
 『キャッシュ・フロー予算制度構築』
第1回 損益予算からキャッシュ・フロー予算へ
第2回 キャッシュ・フロー予算の理解
第3回 キャッシュ・フロー予算制度構築の実務的ポイント
▼新刊発売のお知らせ
『<改定増補>予算会計』
キャッシュフロー予算作成プロセスの全体像が理解できる!
企業における目標管理の構築、実績の適正性を担保するために重要な財務諸表の作成手順を具体的に解説
新たに「応用編」を追加し、消費税率アップ等を織り込んだ最新版
 
book

カレンダー(月別)
01 ≪│2019/02│≫ 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
【カテゴリーツリー】
登録フォーム
20141127110808807.jpg


氏名
姓: 名:
E-Mail ※



ご登録いただきました個人情報につきまして

※「予算会計メールマガジン」は、いつでも配信解除できるようにしております。
 その都度お届けするメールマガジンの文末に、常に配信解除URLを設置しております。

※ご登録いただきました情報は、予算会計メールマガジンの配信以外では一切利用いたしません。
 よって、予算会計メールマガジン以外の不必要な情報が届くことは一切ございません。
リンク
ogo_mini.gif


kaijikaikeiblog.jpg


zaimu.gif


seibunsha.jpg


メール
kaijikaikeiblog.jpg
著書に関するご質問もお受けしています。
メールでお気軽にお問い合わせください。